セフロキシム 市販。 バナン(セフポドキシムプロキセチル)

バナン(セフポドキシムプロキセチル)

セフロキシム 市販

ジンナット タイでの販売名 同じ有効成分を含むお薬でも、製薬会社 メーカー や販売国、発売期間によって違う名前がついている事があります。 「服用中のお薬と同じ商品名が見つからない!」と思ったらまずは成分と容量を確認してみましょう。 処方箋がないと買えません。 但し、海外では市販薬として販売されている国もあり処方箋がなくても買えますので、日本在住の方でも個人輸入という形であれば購入できます。 アマゾンや楽天のようなネット通販でオラセフ錠250mg ジンナット を買えますか?ネット通販で購入すると違法になりませんか? アマゾン、楽天のような日本国内発送の通販サイトやメルカリ、ヤフオク!、ラクマ といったフリマアプリではオラセフ錠250mg ジンナット は買えません。 違法となります。 [参考] 一方海外から個人輸入するという方法であればネット通販で購入する事ができます。 外国から商品を取り寄せるイメージです。 こちらは違法にはなりません。 当店ではメール等のやり取りはすべて日本語対応・日本円でのお支払いですので、日本のネット通販と同じようにご利用頂けます。 オラセフ錠250mg ジンナット 購入の際、医師による処方箋や診断書の提出は必要ですか?健康保険証や身分証明証は要りますか? 処方箋や診断書の提出、ネット上での問診や健康保険証・身分証明書の提示などすべて不要です。 オラセフ錠250mg ジンナット はどの位買えますか?買って良い量に制限はありますか? 個人 お一人様 で使用する事を前提とし、一度のご注文で1ヶ月分までお買い求め頂けます。 但しお薬の使用量は個々人の体質及び症状や治療の段階により異なりますのでご自身でのご判断をお願い致します。 海外製のお薬に不安があります。 日本の病院で処方されたオラセフ錠250mg ジンナット と全く同じメーカー、パッケージ、外観のお薬はありますか? 残念ながら輸入という性質上、日本と全く同じ物は買えません。 メーカーや主要成分等が同じ商品であっても、パッケージデザイン、包材、販売名 商品名 、表記言語などなどすべて販売国用に変更されます。 どうしても日本メーカーの販売する日本語表記のキレイなパッケージじゃなきゃ嫌だ!という方はやはり日本の病院を受診し、お薬を処方して貰うほか方法はありません。 [参考] オラセフ錠250mg ジンナット をネット通販・個人輸入を利用して買うメリット・デメリットを教えてください。 [メリット] 忙しくて病院に行く時間がない、近所・行きやすい場所に病院がない等通院が難しい方の時間と費用負担の軽減になります。 [デメリット] 日本の病院を利用する場合と異なり、お薬の使用はすべてお客様ご自身の責任のもと行って頂く事となります。 その為、お薬の効果・飲み方・使用方法・回数・副作用等のリスクについてはこれまでの処方歴 お薬手帳等 を確認したり、公開されている添付文書を確認するなどして事前に把握しておけば、間違ったお薬を買ったり、誤った使用をしてお薬が効かない、といった危険性が減らせます。 また海外からお届けの為、病院での処方に比べると入手までにある程度の時間がかかります。 残薬のチェックを行い、余裕を持ったスケジュールで購入してください。 長期的に治療を行われる方は、症状の変化や加齢によりお薬の効き方が変わってくる可能性もございます。 定期的に病院で受診するなどして体の状態を確かめましょう。 オラセフ錠250mg ジンナット を自宅以外で受け取りたいのですが、可能ですか? 普段ご自宅にほとんどいない等ご自宅でのお受取りが難しい場合は、ご希望の郵便局にてお受け取り頂く「郵便局留め」をご利用頂けます。 [参考] 尚会社・お店・団体等は個人輸入とみなされないため配送先としてご指定頂けません。 オラセフ錠250mg ジンナット の服用方法・使用方法・薬効・効果・副作用を知りたい 当店のサービスは、お客様のオラセフ錠250mg ジンナット の個人輸入を代行するものです。 またお薬の中には一部日本国内では未承認のものが含まれます。 医薬品を法律に定められた範囲内で個人輸入する事は認められており、違法とはなりませんが、オラセフ錠250mg ジンナット の服用方法、使い方、効果・薬効、副作用、保存方法などについて当店がお客様に個別に指示・診断・提案を行う事は法律で禁じられています 説明書の翻訳のウェブページへの掲載も禁止です。 そのためこれらの情報については医師・薬剤師の指導を受ける、お薬手帳など受診・処方履歴を確認する、各医薬品の添付文書を確認する等事前にお客様にて十分にご確認の上ご利用頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。 [参考] オラセフ錠250mg ジンナット を使っている人の体験談・口コミ・レビューを知りたいのですが。 オラセフ錠250mg ジンナット の様な処方薬の使用は個人差が大きく、他の人の使用体験談や口コミ、人気比較ランキング しばしば宣伝やアフィリエイト広告目的等無責任なモノも見られます を参考にして信じてしまうのは危険と考えます。 その為当店ではレビューの募集や掲載を一切行っておりません。 オラセフ錠250mg ジンナット が効かないような気がするのですが、代わりになる他のお薬を教えてもらえませんか? 使用方法同様、当店ではお客様の診断はできません。 治療の経過や加齢によりお薬の効き目に変化が出てきた場合は、一度お医者様にご相談下さい。 オラセフ錠250mg ジンナット の使用をやめたいのですが、やめても問題ないでしょうか?どのようにやめたら良いでしょうか? 使用方法同様、当店では判断できません。 一度病院にて医師にご相談下さい。 現在病院に通っている、定期検診で受診する事があるのですが、病院と通販を両方利用しても良いのでしょうか? 病院の利用方法、治療の進め方はあくまでお客様ご自身の判断に委ねられており、医師や薬剤師が決めるものではありません。 ご自身の生活状況や考え方に合わせて選択して下さい。 但し自己管理は必要です。 治療履歴、使用しているお薬の内容などは記録しておきましょう。 オラセフ錠250mg(ジンナット の関連医薬品一覧• お買い物上の注意点 ご注文ご購入の際は必ず、、も併せてご確認・ご了承の上ご利用をお願い致します。 時期によりお取扱いできる配送方法やサービス内容が異なりますので、最新の配送状況についてはご注文時に個別にご案内させて頂きます。 お客様のご都合に合わせて配送方法をご選択下さい 内容をご確認頂いてからのお支払いとなりますのでご安心下さい。 当面、平常時よりもお届けまでに日数がかかる状況が続く見込みです。 ・いつもより数か月早めに注文 ・いつもよりまとめて注文 と、余裕をもってご注文頂けましたら幸いです。 この度は充分なサービスをご提供できず申し訳ございません。 私どもとしましても、早期に平常のサービスに戻れるよう努めて参ります。 何卒ご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。 送料・手数料 1 サイト内の商品の表示価格には商品代金、送料、代行手数料が含まれております。 別途料金を頂く事はございません。 2 速達をご希望の場合、商品代金に荷物1口あたり 4,500円追加する事で国際エクスプレスメール(EMS をご利用頂けます。 お荷物が2口以上になる場合は別途料金をご連絡させて頂きます。 お支払い方法 代金は前払いとなります 後払い・代引きのお取り扱いはございません。 代金のお支払いには 銀行振込み・ 郵便振替がご利用頂けます。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• 郵便振替 ゆうちょ銀行• 予めご了承下さい。 配送方法 1 国際書留郵便 REG :通常は 国際書留郵便 REG でお届け致します。 配送期間は商品発送日よりおよそ7~14日程度です。 3 ご入金確認後の発送となります。 4 発送後ご案内する「郵便追跡番号」にてお荷物の配送状況をご確認頂けます。 「お荷物がなかなか届かない」「不在票が入っていない」等配送中ご不明な点はお早めにまでお問い合わせをお願い致します。 上記日数はあくまで目安となり保証されるものではございませんので、予めご了承頂けますようよろしくお願い致します。 その際は個別にご連絡致しますので、ご了承下さい。 お届け先の指定について 1 郵便局留め:ご自宅での受け取りが難しい場合に利用できます。 ご注文時にご希望の郵便局住所・郵便局名をご連絡下さい。 2 勤務先へのお届け:お断りさせて頂いております。 会社・店舗・その他団体や機関宛ご住所へのお届けは「個人輸入」とみなされません。 これらのお届け先を指定されトラブルとなった場合は当店では一切の責任を負えませんので、予めご了承ください。 3 お届け先の変更: ご入金後にお届け先を変更される場合は、お客様ご自身にて担当郵便局までお問合せ下さい。 当店での手続きはできません。 またご注文時に間違ったお届け先を入力され 氏名・建物名・部屋番号の間違いや不足等 お荷物が届かなかった場合、当店では責任を負いかねますので、予めご了承下さいませ。 日本以外の国への配送 日本以外の国 海外 へのお届けをお希望の方はコチラをご覧下さい。 商品について ・輸入品という特性上、商品については下記ご了承の上ご利用頂けますようよろしくお願い致します。 ・サイト内の商品画像はイメージです。 デザイン変更等により実際の商品の外観とは異なる場合がございます。 ・各品名に「箱」「瓶」等の記載がない商品は原則シート・袋小分け等個包装単位でのご提供となります。 外箱・説明書がつかない形となります。 また稀に「箱」「瓶」等の品名の商品も急な規格変更により外箱等をご用意できない、または形態が変更となる場合がございます。 ・当店の商品は海外からの輸入品となりますので、日本で販売される商品とは商品名・外観・お薬の形状 錠剤・カプセル等 ・販売単位 錠数・容量等 ・メーカー名が異なる場合がございます。 ・主にジェネリック医薬品につきましては様々なメーカーから発売されている為、ご注文時に最適な物を当店にてお選び致します ページ上の商品名と、実際にお届けするお薬の商品名が異なる場合がございますが、成分・容量・薬効等は同じです。 上記より、商品の中身 成分・容量 の変質、破損、不足を除いてキャンセル・返金・交換の対象とはなりません。 予めご了承下さいませ。 ご注文のキャンセル・返品・返金 ご入金後 お客様のご入金手続き後 のお客様のご都合によるキャンセル・返品・返金はお受けできません。 ご入金前に必ずご利用方法等をご確認下さいませ。 なおご入金前はキャンセル・変更が可能です。 お早めにご連絡下さいませ。 よろしくお願い致します。 防災グッズに持病治療薬の備蓄を!• 阪神淡路大震災から25年。 11から9年。 近年自然災害が各地で増えています。 また現在新型コロナウイルスの世界的な感染症拡大に見られる医療・社会インフラの混乱も持病のある方には不安です。 おくすりショップからお客様へ 2020年6月• 梅雨の季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか?新型コロナウイルスについて、各国少しずつではありますが、日常を取り戻すべく動きつつありますね。 これから蒸し暑い季節が始まり、コロナ疲れも重なって体調を崩しやすいかと思われます。 安全な薬個人輸入の為に取扱不可の商品• 詳しくは下記ページをご覧下さい。 You can buy prescription drugs and medicines by personal import. 日本在住外国人の方へ、英語でもお薬を購入頂けます ネット通販で安くお得に買える!個人輸入購入サイトのご紹介• お取り寄せで海外販売の珍しい商品を入手できます! ガラケー・フィーチャーフォンをご利用の方へ• 2019年1月をもちまして、ガラケー・フィーチャーフォン専用ショッピングカートのサービスが終了致しました。 お得なジェネリック医薬品もあります!.

次の

抗生物質,セフロキシムアクセチルの活性定量のための微生物生物分析の開発と検証

セフロキシム 市販

セフェム系抗生物質の特徴• ペニシリン系と同様に、元々はグラム陽性菌に対して抗菌力がある。 グラム陰性菌に対しても効くように開発されてきた。 第一世代から第四世代まである。 グラム陽性菌に対しての強さは、第一世代と第四世代が強い。 グラム陰性菌に対しての強さは、第三世代と第四世代が強い。 つまり、第四世代のものが一番幅広い種類の菌に効く。 グラム陽性と陰性については、 の記事で説明しています。 セフェム系抗生物質の世代 第一世代• セファゾリン(商品名:セファメジン)CEZ• セファレキシン(商品名:ケフレックス、センセファリン、ラキシリン)CEX• セファクロル(商品名:ケフラール)CCL• セファロンチン(商品名:コアキシン)CET• セファトリジン(商品名:セフラコール)CFT• セフロキサジン(商品名:オラスポア)CXD• セファドロキシル(商品名:ドルセファン)CDX グラム陽性菌と一部のグラム陰性菌に有効です。 具体的にセファゾリンは、ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、クレブシエラ、プロテウス菌の5つの菌にしか効かない。 第二世代• セフメタゾール(商品名:セフメタゾン)CMZ• セフォチアム(商品名:パンスポリン、ハロスポア)CTM• セフロキシムアキセチル(商品名:オラセフ)CXM-AX• フロモキセフ(商品名:フルマリン)FMOX• セフミノックス(商品名:メイセリン)CMNX• セフブペラゾン(商品名:ケイペラゾン、トミボラン)CBPZ グラム陽性菌と一部のグラム陰性菌に有効です。 第一世代に改良を加え、より広い範囲のグラム陰性菌まで効くようになった。 その変わり、 グラム陽性菌のブドウ球菌や連鎖球菌に対する抗菌力は少し弱くなった。 スポンサーリンク 第三世代• セフカペンピボキシル(商品名:フロモックス)CFPN-PI• セフジトレンピボキシル(商品名:メイアクト)CDTR-PI• セフテラムピボキシル(商品名:トミロン)CFTM-PI• セフジニル(商品名:セフゾン)CFDN• セフポドキシムプロキセチル(商品名:バナン)CPDX-PR• セフィキシム(商品名:セフスパン)CETB• セフォペラゾン(商品名:セフォペラジン、セフォビッド)CPZ• セフトリアキソン(商品名:ロセフィン)CTRX• セフタジジム(商品名:モダシン)CAZ• セフォタキシム(商品名:クラフォラン、セフォタックス)CTX• セフメノキシム(商品名:ベストコール)CMX• セフチブテン(商品名:セフテム)CETB• セフォジジム(商品名:ケニセフ)CDZM• ラタモキセフ(商品名:シオマリン)LMOX• セフチゾキシム(商品名:エポセリン)CZX グラム陽性菌とグラム陰性菌に有効です。 緑膿菌に、効くものと効かないものがあります。 黄色ブドウ球菌に、効くものと効かないものがあります。 効く菌の種類が増える一方で、 グラム陽性菌のブドウ球菌に対する抗菌力はさらに弱くなってしまって、中には効かないものも出てきてしまいました。 第四世代• セフェピム(商品名:マキシピーム)CFPM• セフピロム(商品名:ブロアクト・ケイテン)CPR• セフォゾプラン(商品名:ファーストシン)CZOP グラム陽性菌とグラム陰性菌に有効です。 緑膿菌にも有効です。 第三世代で、緑膿菌と黄色ブドウ球菌に対して効かないものが出てきたので、その部分を改良するために作られました。 第一世代と第三世代の良い所取りの薬です。 幅広い抗菌スペクトルを持つので、原因がわからない感染症の治療に役立ちます。 しかし、緑膿菌に効果を持つ貴重な薬の一つです。 むやみやたらと乱用すると耐性菌が出現して、いずれ抗生物質が効かない菌が出現します。 人が抗生物質の乱用をすることで、耐性菌を生み出してしまうんですね。 この成分を合わせることで、 通常では分解されてしまうセフェム系抗生物質を安定化させて、抗菌作用を発揮します。 まとめ• セフェム系抗生物質は、グラム陽性菌に有効な抗生物質。 開発が進むにつれて、グラム陰性菌まで効くようになった。 病院でもらうことが多いのは、第三世代のフロモックス、メイアクトなど。 スポンサーリンク 他の記事へのリンク.

次の

オラセフ錠250mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セフロキシム 市販

歴史 [ ] セファロスポリンが最初に単離されたのは、の排水溝で採取された の培地からにイタリア人科学者 ()により発見された。 彼は、の原因となるに対して効果がある物質を産生する培地に注目していた。 に社によりセファロスポリンは上市された。 他の多くのセファロスポリンの開発はに詳しい。 作用機序 [ ] セファロスポリンはと同様な機序での細胞壁の合成に干渉して、架橋のために必要な最終段階のペプチド間結合反応を阻害する。 すなわち、の場合はペプチドグリカン合成阻害により、細胞膜が浸透圧に抗しきれず溶菌現象を経て「殺菌作用」として働く場合が多いのに対して、セファロスポリンの場合は、細胞壁の変性により細胞分裂を阻害することで細菌の増殖を抑える場合が多いのでこの作用は「静菌作用」と呼ばれる。 両者の違いは阻害する酵素の違いと、ペニシリンが主にグラム陽性菌に対して利用され、グラム陽性菌の細胞壁の場合は溶菌しやすいことにもよる。 特徴 [ ] 原型であるセファロスポリンCとペニシリンGとを比べた場合、ペニシリンがほとんどグラム陰性菌に対して作用しないのに対して、セファロスポリンは一部グラム陰性菌にも作用を持つ。 また、安定性の面ではセファロスポリンはもともと酸に対する安定性が高く、またペニシリン分解酵素にもある程度の耐性を持つ。 1950年代当時は、ペニシリンが細菌感染症治療の主力であったが、ペニシリンは酸に不安定で注射剤以外の利用は困難であり、院内での治療にのみ使用されるのみであった。 また1960年代頃からペニシリンは耐性菌の問題が発生し始め、その当時の耐性発現は主にペニシリナーゼによるものであったため、ペニシリナーゼによる不活化を生じないセファロスポリンは徐々にペニシリンと置き換えられるようになった。 また、セファロスポリンの場合はペニシリンショックのような重篤なアレルギー症状の発現頻度が低いと言われていた点も挙げられる。 第二世代セファロスポリンの頃から、酸に安定な性質から経口剤が開発されるようになり、グラム陰性菌への抗菌スペクトル拡大と共に、通院治療にも利用できる万能感染治療薬としての地位を固め、1980年代以降はセファロスポリンが抗菌剤の主力となった。 1980年代に入ると、グラム陽性菌にやや作用の弱い第三世代セフェムに抵抗する多剤耐性のMRSA等が台頭し、特に大手術等で免疫機能の低下した患者に日和見感染を引き起こす院内感染が問題とされるようになった。 すなわち、セフェムが静菌的であり第三世代がグラム陽性菌にやや作用が弱いことで、風邪などの軽症患者をも含めたセファロスポリンの多用が人体とその周囲に常在するグラム陽性菌の中から耐性菌を選抜する状況を引き起こしたとも考えられている。 副作用 [ ] セファロスポリン側鎖にチオテトラゾールを持つものは、代謝により遊離するチオテトラゾール類がを阻害するので、少量の摂取でも酩酊するので注意が必要な場合がある。 また、を起こしやすいことが知られている。 (CLDM、リンコマイシン系抗菌薬、商品名ダラシン)などが有名だが、セファロスポリンも同程度の頻度で起こすことが知られている。 生合成 [ ] 産生菌におけるセファロスポリンの生合成は、途中まではと同一であり、ペニシリンNより生合成される。 1 によりセファロスポリン類も生合成されている。 また3位アミノ側鎖のカルボン酸成分は基質特異性の低い酵素N-acyltransferaseの作用により交換され、Cephalosprin C、P等のセファロスポリン類が生成する。 世代 [ ] セファロスポリン骨格は修飾により異なった特性を得ることができる。 日本では第一世代セフェム、第二世代セフェム、第三世代セフェムと称するが、欧米で言うところのセファロスポリンの世代と一部合致しない。 非常によく用いられている分類だが、これは発売時期によって分類されたもので一概に個々の抗菌薬の性質を表してはいないとの意見もある。 しかし概ね世代が上になるほどグラム陰性菌へのスペクトルが増し、グラム陽性菌に関しては効果が薄くなる傾向がある。 しかし第4世代は第3世代よりグラム陽性菌への効果が高い。 また、以下の例示には日本国内で未承認の医薬品も含む。 括弧内は、一つ目は成分名、その後列挙されるのは商品名。 第一世代セフェム [ ] 第一世代のセファロスポリンは名前に'ph'の綴りを含むものが多い(第二世代以降は"Cef-"と綴るものが大半)。 第一世代セフェムはとペニシリナーゼ産生菌、メチシリン感受性を含むに を持つが、これらが起因菌の感染症の薬剤としては選択されない。 、やにいくらか作用するが、Bacteroides fragilis、腸球菌、メチシリン耐性連鎖球菌、、アシネトバクター属、エンテロバクター属の菌、インドール陽性プロテウス菌、には作用を持たない。 セファロチン(cephalothin; Ceporacin, Keflin, Seffin)• セファピリン(cephapirin; Cefadyl, Lopitrex)• (cephalexin; Cefanox, Ceporex, Keflet, Keflex, Keforal, Keftab, Keftal, Lopilexin)• セファラジン(; Anspor, Askacef, Velosef)• セファドロキシル(cephadroxil; Baxan, Bidocef, Cefadril, Cefadrox, Cefroxil, Ceoxil, Cephos, Crenodyn, Duracef, Duricef, Kefroxil, Longacef, Moxacef, Oradroxil, Ultracef)• セフロキサジン 第二世代セフェム [ ] 第二世代セフェムはの増強され、球菌の一部は作用が残るが後のは作用は減弱した。 また、に対して比較的安定になった。 セフマンドール(cefamandole; Kefdole, Mandol, Mandokef)• セフロキシム(; Ceftin, Elobact, Kefurox, Oracef, Oraxim, Zinacef, Zinadol, Zinat)• セフォニシド(cefonicid; Monocid)• セフォラニド(ceforanid; Precef)• セファクロル(cefaclor; Ceclor, Distaclor, Keflor, Kefral, Panacef, Panoral)• セフプロジル(cefprozil; Cefzil)• セフポドキシム(cefpodoxime; Banan, Vantin)• ロラカルベフ(loracarbef; Lorabid)…カルバセフェム系• ロラカルベフ 第三世代セフェム [ ] 日本では欧米で言うところの第三世代セファロスポリンと第四世代セファロスポリンとを併せて第三世代セフェムと呼ぶことが多い。 第三世代セファロスポリン [ ] 第三世代セファロスポリンは、腸内グラム陰性桿菌に作用する広域抗菌スペクトラムを持ち、特にグラム陰性桿菌による外科の術後感染の治療に有用である。 また、一部を除きを通過しやすいという特性を持ち、化膿性髄膜炎の治療にも用いられる(特にセフトリアキソン、セフォタキシム)• (ceftriaxone; Rocephin)• セフォタキシム(; Cefotax, Claforan)• セフチゾキシム(ceftizoxime; Ceftix, Cefizox, Epocelin)• (; Cefortime, Ceptaz, Fortaz, Fortum, Glazidim, Kefadim, Modacin, Tazicef, Tazidime, Tanicef)• セフォペラゾン(cefoperazone; Cefobid, Cefoperazin, Sulperazon)• セフスロジン(cefsulodin; Pseudocef, Pseudomonil, Takesulin, Tilmapor)• セフチブテン(; Cedax, Procef, Seftem)• (cefixime; Cefspan, Suprax)• セフェタメット(cefetamet; Globocef)• セフジトレン ピボキシル(cefditoren; Meiact)• セファマイシン(Cephamycins)とは、の1つで、 セファロスポリンに類似の構造を持つ。 セファロスポリンと共にと呼ばれる抗生物質の分類を形成する。 セファマイシンは元はストレプトミセス属の菌より産生されたものを起源とするが、合成的に生産されたものも同様に分類する。 もともとセファマイシンはセファロスポリンに比べて、グラム陰性菌に対する作用が強く、ベータラクタマーゼに対する安定性も高い。 セフォキシチン(Cefoxitin; Mefoxin, Mefoxitin)• セフォテタン(Cefotetan; Apacef, Cefotan, Yamatetan)• セフメタゾール(Cefmetazole; Cefmeazon, Cefmetazon, Zefazone)• セフブペラゾン(Cefbuperazone; Keiperazon, Tomiporan)• セフミノクス(Cefminox; Meicelin)• フロモキセフ 主なセフェム系抗生物質 [ ]• セファロスポリン系(cephalosporins)注射剤 一般名 英名 略号 14改正収載名 商品名 備考 セファゾリン cefazolin CEZ セファゾリンナトリウム セファゾリンナトリウム水和物 セファメジン 第一世代セフェム セファピリン cefapirin CEPR セファピリンナトリウム セファトレキシール 第一世代セフェム セファロチン cefalotin CET セファロチンナトリウム ケフリン 第一世代セフェム セファロリジン cefaloridine CER セファロリジン ケフロジン 第一世代セフェム セフテゾール ceftezole CTZ タイファロゾール 第一世代セフェム セファマンドール cefamandole CMD セファマンドールナトリウム ケフドール 第二世代セフェム セフォチアム cefotiam CTM パンスポリン、ハロスポア 第二世代セフェム セフロキシム cefuroxime CXM セフロキシムナトリウム ジナセフ 第二世代セフェム セフェピム cefepime CFPM マキシピーム 第四世代セフェム セフォジジム cefodizime CDZM ノイセフ、ケニセフ 第三世代セフェム セフォセリス cefoselis CFSL ウインセフ 第三世代セフェム セフォゾプラン cefozopran CZOP ファーストシン 第四世代セフェム セフォタキシム cefotaxime CTX セフォタキシムナトリウム クラフォラン 第三世代セフェム セフスロジン cefsulodin CFS セフスロジンナトリウム タケスリン 第三世代セフェム セフタジジム ceftazidime CAZ セフタジジム モダシン 第三世代セフェム セフチゾキシム ceftizoxime CZX セフチゾキシムナトリウム エポセリン 第三世代セフェム セフトリアキソン ceftriaxone CTRX セフトリアキソンナトリウム ロセフィン 第三世代セフェム セフピミゾール cefpimizole CPIZ アジセフ、レニラン 第三世代セフェム セフピラミド cefpiramide CPM セフピラミドナトリウム セパトレン、サンセファール 第三世代セフェム セフピロム cefpirome CPR ケイテン、ブロアクト 第四世代セフェム セフペラゾン cefoperazone CPZ セフォペラゾンナトリウム セフォペラジン、セフォビット 第三世代セフェム セフメノキシム cefmenoxime CMX ベストコール 第三世代セフェム• 経口用セファロスポリン系(cephalosporins) 一般名 英名 略号 日本薬局方14改正収載名 商品名 備考 セファクロル cefaclor CCL セファクロル ケフラール、セファクロル 第一世代セフェム経口剤 セファトリジン cefatrizine CFT セファトリジンプロピレングリコール ブリセフ、セプチコール 第一世代セフェム経口剤 セファドロキシル cefadroxil CDX セファドロキシル セドラール、サマセフ 第一世代セフェム経口剤 セファレキシン cephalexin CEX セファレキシン ケフレックス、ラリキシン 第一世代セフェム経口剤 セフラジン cefradine CED セフラジン セフロ 第一世代セフェム経口剤 セフロキサジン cefroxadine CXD セフロキサジン オラスポア 第一世代セフェム経口剤 セフォチアム ヘキセチル cefotiam hexetil CTM-HE セフォチアム ヘキセチル パンスポリンT 第二世代セフェム経口剤 セフロキシム アキセチル cefuroxime axetil CXM-AX セフロキシム アキセチル オラセフ 第二世代セフェム経口剤 セフィキシム cefixime CFIX セフィキシム セフスパン 第三世代セフェム経口剤 セフジトレン ピボキシル cefditoren pivoxil CDTR-PI セフジトレン ピボキシル メイアクト 第三世代セフェム経口剤 セフジニル cefdinir CFDN セフジニル セフゾン 第三世代セフェム経口剤 セフチゾキシム ceftizoxime CZX エポセリン坐薬 第三世代セフェム経口剤 セフチゾキシム アラピボキシル ceftizoxime alapivoxil CZX-AP 第三世代セフェム経口剤 セフテラム ピボキシル cefteram pivoxil CFTM-PI セフテラム ピボキシル トミロン 第三世代セフェム経口剤 セフポドキシム プロキセチル cefpodoxime proxetil CPDX-PR バナン 第三世代セフェム経口剤 セフェタメット ピボキシル cefetamet pipoxil CEMT-PI セフカペン ピボキシル cefcapene pivoxil CFPN-PI フロモックス 第三世代セフェム経口剤 セフチブテン ceftibuten CETB セフチブテン• セファマイシン系(cephamycins) 一般名 英名 略号 日本薬局方14改正収載名 商品名 備考 セフォキシチン cefoxitin CFX セフォキシチンナトリウム マーキシン 第二世代セフェム セフメタゾール cefmetazole CMZ セフメタゾールナトリウム セフメタゾン 第二世代セフェム セフォテタン cefotetan CTT セフォテタン ヤマテタン 第三世代セフェム セフブペラゾン cefbuperazone CBPZ セフブペラゾンナトリウム ケイペラゾン、トミポラン 第三世代セフェム セフミノクス cefminox CMNX セフミノクスナトリウム メイセリン 第三世代セフェム• オキサセフェム系(oxacephems)注射剤 一般名 英名 略号 日本薬局方14改正収載名 商品名 備考 フロモキセフ flomoxef FMOX フロモキセフナトリウム フルマリン ラタモキセフ latamoxef LMOX ラタモキセフナトリウム シオマリン• 緑膿菌用セフェム 一般名 英名 略号 14改正収載名 商品名 備考 セフスロジン CFS タケスリン、チルマポア セファロスポリンの臨床的分類 [ ] 注射薬 [ ] 前述のように世代による分類は十分に薬物の特性を反映していない。 例えばセフタジジム(CAZ、商品名モダシン)はグラム陰性桿菌であるに対して非常に効果的でありグラム陽性菌にはほとんど効かないという第三世代に特徴的な特性を持つが、同じく第三世代に分類されるセフトリアキソン(CTRX、商品名ロセフィン)は緑膿菌には効果がなくグラム陽性菌に非常によく効き、市中肺炎の第一選択となる。 このように世代分類のみに頼ると抗菌薬選択のミスを犯す可能性がある。 しかしセファロスポリンは種類が多すぎるためある程度の分類が必要である、そのため臨床現場ではセファロスポリン全体の適応疾患を考え、次のような使い分けをすることが多い。 、といった軟部組織感染症や術前の創部感染予防に用いることが多い。 日本には黄色ブドウ球菌に効果があるが販売されていないため、黄色ブドウ球菌に対して切り札である。 重症時は一日6gの大量投与を行う。 髄液移行性が悪いため、黄色ブドウ球菌によるには適応がない。 市中肺炎や尿路感染症に用いるセファロスポリン 市中肺炎やなどに用いるセファロスポリンとしてはセフォチアム(CTM、商品名パンスポリン)やセフトリアキソン(CTRX、商品名ロセフィン)、セフォタキシム(CTX、商品名セフォタックス)、また経口剤ではセフロキシム(CXM-AX、商品名オラセフ)がある。 セフトリアキソン(CTRX、商品名ロセフィン)は一日一回投与で血中濃度を維持でき、また肝臓代謝であるので腎機能に関係なく使用することができるので貴重な薬である。 なお淋菌によるの場合はクラミジア感染が合併することが多いのでであるアジスロマイシン(AZM、商品名ジスロマック)を併用した方が良いとされている。 腸内細菌、嫌気性菌に用いるセファロスポリン 、に用いるセファロスポリンとしてはといわれる物質があげられる。 セフメタゾール(CMZ、商品名セフメタゾン)やセフブペラゾン(CBPZ、商品名トミポラン)である。 これらの抗菌薬はに極めて安定だがにはほとんど効かないと言われている(適応はある)。 なお全てのセファロスポリンに言えることだが、や髄膜炎で有名なには全く効果がない。 緑膿菌に用いるセファロスポリン 緑膿菌に効果が高いものとしてはセフェピム(CFPM、商品名マキシピーム)やセフタジジム(CAZ、商品名モダシン)があげられる。 セフェピムの方がグラム陽性菌への抗菌力もあり、髄液移行性がよく髄膜炎にも適応があるという点で優れている。 を最も警戒する状況は好中球減少時の発熱や院内感染の重症例である。 このような場合、想定する起因菌は黄色ブドウ球菌、皮膚ブドウ球菌、緑膿菌などだが、グラム陰性桿菌の方がをおこすので致命的となるのでまずはセフェピムやセフタジジムを用いることが多い。 セフタジジムではブドウ球菌をカバーできないが、こちらをカバーするのは緑膿菌が否定できてからでも遅くはない。 経口薬 [ ] 第1世代薬と第3世代薬がそれぞれ1種類あれば十分と考えられている。 外来注射薬としてはセフトリアキソン(CTRX、商品名ロセフィン)が1日1回投与可能なためオプションとして用いられる。 第1世代薬 第一世代薬は皮膚、軟部組織感染症(SSTI)、歯科治療時などで用いられる。 SSTIは黄色ブドウ球菌やレンサ球菌が原因であるためグラム陰性桿菌をカバーする必要性は乏しい。 セファレキシン(商品名 ケフレックス)などがよく用いられる。 顔面の蜂窩織炎や咬傷ではグラム陰性桿菌をカバーする必要があるため第3世代薬を用いる。 第3世代薬 顔面の蜂窩織炎、咬傷、市中肺炎で用いられる。 市中肺炎の原因である肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラキセラカタリラーリス、マイコプラズマ、レジオネラ、クラミジアのうち前者3つをカバーできる。 そのためアジスロマイシンなどマクロライド系抗菌薬を併用すればほぼすべてをカバーできる。 セフジトレン ピボキシル 商品名メイアクト 200mg1日3回、(商品名ジスロマック)500mg1日1回の併用療法がよく知られている。 映画による紹介(科学技術映画) [ ] 日本国内においていずれも「第一世代セフェム」に分類される2つの、セファゾリンとセファレキシンについて各々紹介する短編映画2作品が、いずれもヨネ・プロダクションの手により1970年代初頭に製作され公開されている。 Micro-Hunter … 1970年。 カラー・18分。 企画「」 抗生物質セファレキシンについて紹介する短編映画。 本作品は、セファレキシンが標的としている類()の中から、、を例として取り上げ、細菌の構造の説明〔特に細菌の外周に形成される「細胞壁(Cell Wall)」については当該抗生物質による薬効も併せて解説〕や、当該抗生物質を一定量含有した培地上における各細菌の状態観察の紹介を行っている《各細菌の観察経過については、比較のため、これに先立って当該抗生物質を含まない培地上における状態観察を行い提示している》。 セファメジン … 1971年。 カラー・20分。 企画「(現・)」 抗生物質セファゾリンについて紹介する短編映画。 作品タイトル名「セファメジン」は、開発・製造元であり本作品を企画した藤沢薬品(当時)による商品名。 冒頭の作品タイトルと企画者表示、および終末部のスタッフ陣のクレジット表示が全て右から左へのにて為されているのが特徴的。 前記『Micro-Hunter』が標的とする細菌()に対する薬効をメインに取り上げているのに対し、本作品では当該抗生物質の開発および製造過程を見せることを主眼に制作されている《尤も、作品の終盤あたりで当該抗生物質による薬効の提示(上ほか)が為されているが》。 本作品によると、藤沢薬品は1960年より「」を使った新たな抗生物質の開発に日本で初めて着手、物質生成から病原菌に対する薬効、さらに人体への影響の確認に至るプロセスを約2千回繰り返した末、1970年に一つの物質に行き着き、この物質に「セファメジン」という名前を与えている。 その後、本作品が完成・公開された翌1971年に日本国内において発売開始された。 上記2作品とも、現在『』Webサイト上にて無料公開されている。 出典 [ ]• 彦根麻由、相野田祐介、「外来で経口第3世代セファロスポリン系薬を使う機会は限られているってホント? 」 medicina. 882-885, :• 日経メディカル ナーシング 記事:2015年12月14日• プレスリリース , (旧・), 2000年10月26日 , の2009年12月3日時点におけるアーカイブ。 , 2014年8月15日閲覧。 《》 参考文献 [ ]• 感染症レジデントマニュアル• 抗菌薬の考え方、使い方 中外医学社• レジデントのための感染症診療マニュアル• 青木の感染症大原則• 岩田の感染症アップグレード(第1巻)• 岩田の感染症アップグレード 第2巻• 岩田の感染症アップグレード 第3巻• 岩田の感染症アップグレード 第4巻 関連項目 [ ]•

次の