風 が 吹け ば 桶屋 が 儲かる。 風が吹けば桶屋が儲かるの意味は?儲かる確率を計算してみる

「風が吹けば桶屋が儲かる思考がステキ!」/南山城村のリアルな地方創生

風 が 吹け ば 桶屋 が 儲かる

こんにちは!ろっきーです。 とうとう、2014年もすでに半分が終わってしまいました。 恐ろしくもあり、怖くもあります。 僕にとってこれは恐怖以外の何物でもありません。 そりゃ冒頭の赤ちゃんも頭抱えますよ。 ところで、最近は天気が荒れていますね。 雨がとんでもなかったり、都内では雹が降った地域もあるみたいです。 風もびゅんびゅん吹いていますしね。 日本語というものは面白いもので、天候に様々な名前をつけています。 たとえば、風に限ってみれば、ちょっと前には「 」でしたが、5月は「 薫風」、今の季節なら「 青嵐」と言ったところでしょう。 日本に生まれてよかったと感じるのは、こういった多彩な表現で微妙なニュアンスを感じることができる点でしょうか。 本日は、そんな風にまつわる、このことわざを取り上げたいと思います。 " 風吹けば桶屋が儲かる" 風吹けば桶屋が儲かるとは、ある事柄により、一見まったく関係のなさそうなことに影響が及ぶことのたとえである。 この背景は、 1. 大風で土ぼこりが立つ 2. 土ぼこりが目に入って、盲人が増える 3. 盲人が三味線を買う 当時の盲人が就ける職に由来 4. 三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される 5. ネコが減ればネズミが増える 6. ネズミは桶をかじる 7. 桶の需要が増え桶屋が儲かる という流れによる。 ご存知でしたでしょうか。 僕はご存知でした。 風が吹いただけで桶屋が儲かるとは一見無関係のようですが、このように段階を踏んでいくことで、お互いに根拠が結び付くということなのでしょうね。 しかし、今回のことわざ。 説明されたとはいえども、現代の人間にはなかなか理解のしにくいものなのではないでしょうか。 まず桶屋さんが身近になくなってしまいましたし、三味線弾きが盲目の人が就く職業だなんて、時代背景が分からないと想像もつきません。 ましてや、三味線が猫の皮でできているなんて、さんレベルの雑学王じゃないと知らないでしょう。 ネズミ駆除も何も、舞浜あたりではもてはやされていますね。 時代とともに人が移り変わるように、言葉も同じように移り変わっていくもの。 というわけで、今日はこのことわざをもっと今風に、わかりやすいものに変えてしまうことで、より身近に「 風吹けば桶屋が儲かる」を感じてもらいたいと思います。 日本語だからこその楽しみを感じていただきながらゆっくりとろっきーの株をあげ、ゆくゆくは日本語を支配しようと考えているので、そこらへんをよろしくお願いします なにかを それでは僕が深夜に考え付いた作品たちをご覧ください。 風吹けば、桶屋が儲かる 1. 風が吹く 2. 木々が倒れ、交通網が壊滅する 3. 通売が完全にストップする 4. ところで風呂桶がない 5. 桶屋が儲かる すいません。 桶屋の仕事がイメージできないので、桶屋オチはやめましょう。 アイドルのライブで、富士山がキレイに! 1. アイドルのライブが開催される 2. 人の密集で気温が上がる 3. 局地的な雨を降らす積乱雲ができる 4. コンビニに雨宿りに駆け込む 5. お茶を買う 6. 静岡県が潤う 7. 富士山整備に取り組み始める 8. 富士山がキレイになる 時代はエコですからね! 晴れたなら、教師が増える 1. 晴れる 2. みんながウォーキングをする 3. 散歩での出会いで会話が弾む 4. 新しいカップルができる 5. 家を買う 6. 子供が生まれる 7. 学校が必要になる 8. 教員がたくさん採用される かなり長い目で見すぎでしょうか。 のタッチで、警察官が忙しい 1. でタッチする 2. 田舎者驚く 3. 地元で自慢する 4. みんな都会に来たがる 5. 人口密度が高まる 6. 肩がぶつかり喧嘩が起きる 7. 「どこ見てんじゃワレ!」 8. 警察が忙しくなる 安全な街づくりをしましょう! 風吹けば 、ガソリンスタンドがつぶれる 1. 風が吹く 2. がいい感じになる 3. 安価に電気が供給される 4. がより売れる 5. ガソリンを用いた車の使用が少なくなる 6. ガソリンスタンドの利用客が減る 7. ガソリンスタンドがつぶれる にも効果的ですね! 風吹けば恋 1. 風吹けば恋 2. 推進力 3. three sheep 『 風吹けば恋』は、 の8枚目のシングル。 2008年6月25日発売。 Rock• provided courtesy of 風吹けば、薬局が儲かる 1. 風が吹く 2. 現象でめくれていく 3. ちょっと見える 4. 男性陣に変化が起きる 5. 鼻血が出る 6. ティッシュが売れる 7. いろいろある薬局が儲かる 男性陣の悲しき性 サガ いかがだったでしょうか。 最後の最後に下ネタに走るという、全年齢ブログにあるまじき愚行を反省しております。 そんでもって、だんだん飽きてきたのが目に見えてわかる結果ですね。 はいはい。 いやーそれにしてもなかなか難しいですね。 ありきたりですとつまらないので、いい意味で飛躍するような話に持っていくのは相当なテクニックが必要なようです。 ですが、このように考えていくのもたいへん面白く、連想ゲームみたいで頭もつかうので楽しかったです。 ボケ防止になりそうですね。 まあ、最後の最後に下ネタでボケてるんですけどね。 みなさんもぜひ、「風吹けば桶屋が儲かる」のオリジナルバージョンを作ってみてはいかがでしょうか?いい頭の体操にもなりますし、お題のように考えていくと大勢でクイズ大会のようになるかもしれませんよ! それでは、せっかくなので、お題をおいて行こうと思います。 ぜひ、我こそはという方は、「風吹けば桶屋が儲かる」方式で、途中のプロセスを作っていただけると嬉しいです。 いきます! 雨 降れば、海外旅行。 ではまた!.

次の

風が吹けば桶屋が儲かる

風 が 吹け ば 桶屋 が 儲かる

どのようなことわざか 風が吹けば桶屋が儲かる、とは ある出来事が、 ほとんど関係のないことに影響を及ぼす、 思いもよらない結果になる、という意味です。 なんのこと? となりますが 意味の由来は次のもの。 大風が吹くと砂ぼこりが舞う• 砂埃が目に入って失明する人が増える• 失明した人は三味線弾きになる• 三味線の売れ行きが伸びる• 三味線の皮に使われる猫が減る• 猫が減るのでネズミが増える• ネズミが増えるので桶をかじられる• 桶を買う人が増えるので桶屋が儲かる ……というもの。 こういう馬鹿馬鹿しい話、 結構好きな人多いのではないでしょうか。 僕も好きです。 ただ「そんな話あるもんか!」 と思われた人もいるでしょう。 あるいは「なんで?」 と思われた人もいるでしょう。 順に説明していきます。 江戸時代の話なもので このことわざが出来た 正確な時期は不明ですが 「東海道中膝栗毛」という話に 似た話が出ているので 江戸時代から言い伝えられているようです。 なので、現代の感覚だと よく分からないことがありますが 当時の時代背景を考えると理解しやすいでしょう。 大風が吹くと砂ぼこりが舞う 2. 砂埃が目に入って失明する人が増える 風が吹いただけで失明するかな! という疑問がすぐ浮かびますが、 昔は道路も舗装されていないので砂埃が舞いやすく 衛生環境や医学も発達していないので 目が炎症を起こして失明する人も多かった、 などの理由が考えられます。 失明した人は三味線弾きになる 4. 三味線の売れ行きが伸びる 当時は 失明した人は マッサージ師や三味線弾きになる人が多かったので、 このような例えが成り立ったのです。 三味線の皮に使われる猫が減る 三味線は猫の皮を張ったものが もっとも音が良くなります。 現在ではほとんど猫の皮は使われませんが 昔はその辺にいた猫が使われることもあったようです。 猫が減るのでネズミが増える 今では可愛がるために飼われていますが 以前は ネズミを取らせるためにも 飼われていました。 ネズミが増えるので桶をかじられる 今はプラスチックのものがほとんどですが 昔は木の桶だったためでしょう。 桶を買う人が増えるので桶屋が儲かる そして桶屋が儲かります。 まあ、それにしても強引な話ですね。 なので次のような意味合いで 使われることもあります。 スポンサーリンク このような使い方の例も 「東海道中膝栗毛」は笑い話で そのため「風が吹けば桶屋が儲かる」も 馬鹿馬鹿しい話としてとらえられることが多いです。 実際、馬鹿馬鹿しいぐらい 回りくどい例えですからね。 なので、風が吹けば桶屋が儲かる ということわざは あてにならない、 起こり得ない出来事を期待すること この意味での使い方の例は、 「そんな、風が吹けば桶屋が儲かるようなことに期待するなよ」 また、 例えや因果関係が無理矢理なこと この意味での例は 「なんだか、風が吹けば桶屋が儲かる みたいな話で、どうも信じられないなあ」 といった感じになります。 まあ、もともとが 笑い話に使われるくらいだったので このような使用例もあるということですね。 しかし、次のような使い方を されることもあります。 真面目な話に使われることも 本来の意味ではありませんが 「先の先まで読め」 という話の例で持ち出されることがあります。 たとえばパソコンが普及したら 目を酷使する人が増えるので 目薬やメガネが売れる、みたいな感じです。 テレビなどで 「今、こんなものが売れています」 と紹介されるものって、 原因は本来まったく関係ないもの だったりしますからね。 そのようなことを あらかじめ先読みできれば たくさん物を売ることが できるということですね。 他に「ドミノ理論」「バタフライ理論」 「カオス理論」といった難しい話の例としても 風が吹けば桶屋が儲かる、ということわざが 使われることがあります。 興味があれば、 それらについて調べるのも面白いでしょう。 (ただし、これらの理論と 風が吹けば桶屋が儲かるの意味は ちょっと違いますが) 類語としては 風が吹けば箱屋が儲かる 大風が吹けば桶屋が儲かる 大風が吹けば桶屋が喜ぶ といったものがあります。 意味はおんなじですね。 また、予想もつかない 出来事が起こるという意味では という言い方もあります。

次の

「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味と具体例 バタフライ効果との違いとは?

風 が 吹け ば 桶屋 が 儲かる

「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざを使ったことはありますか? 風が吹くことで桶屋が儲かる・・・どういう経緯でそうなるのか、ちょっと想像してみてください。 調べてみると「え、そんな経緯なの?!」と思うと同時に、「そんなこと可能かなぁ?」と不思議に思ってしまいます。 「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味を知ると、その可能性が低いことがわかるかもしれません。 「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味と由来とは? 「風が吹けば桶屋が儲かる」とは、 ある事象が発生することにより、全く関係がないと思われる場所や物事に影響が及ぶことの例えです。 江戸時代の浮世草子(うきよぞうし・江戸時代前期~中期に生まれた小説の一種)である 「世間学者気質 かたぎ 」に出てくるお話しが由来ですが、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の中に同じような話が登場しています。 「風が吹けば桶屋が儲かる」の具体例 なぜ桶屋が儲かるかというと、以下のようなストーリーになっています。 ・風が吹くことで土埃が立つ ・土埃が目に入って、失明する人が増える ・失明した人が三味線を買う(当時は失明した人の職業のひとつとされた) ・三味線を作るために猫の皮が必要なので、猫が乱獲される ・猫が減るのでネズミが増える ・ネズミが桶をかじる ・桶の需要が増えるので桶屋が儲かる また、他にも 「桶」は「棺桶」のことを指していて、風が吹くと火事になりやすくなるため、火事のせいで死者が多くなり棺桶がたくさん必要になるので儲かるという俗説もあります。 「桶屋が儲かる」ことと「風」には全く因果関係がないように思えますが、流れをちゃんと知ると「昔はそういうこともあったのかもしれない」と思ってしまいますよね。 「風が吹けば桶屋が儲かる」の使い方 桶屋が儲かるまでの流れは、とても可能性が低いので現在は「可能性が低い因果関係を無理やりつなげ、こじつけた理論や言いぐさ」に対し、用いられる場合が多いです。 例えば、可能性が低い出来事を期待する人や机上の空論を言っている人に対して「風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話をするなよ」と言ったり、因果関係を無理やりこじつけている人に対して「風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話でとても信じられないよ」というように使用します。 英語で何ていうの? 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざと同じ意味の英語はないようですが、英訳すると以下のようになります。 似たようなものとして、「誰のためにもならない風は吹かない」という英語もあります。 バタフライエフェクト(バタフライ効果)とは? 「風が吹けば桶屋が儲かる」の類語として バタフライエフェクトというものがあります。 バタフライエフェクトとは、アメリカの気象学者エドワード・ローレンツが提言したもので、「ブラジルの蝶の羽ばたきがテキサスにトルネードを起こす原因に繋がらないとは否定できない」という考え方で、「 ほんの些細なことが徐々にとんでもなく大きな現象の引き金になる」というものです。 微少な初期条件の違いによって結果に大きな違いを生み出す現象や予測のつかないような複雑な現象を扱う 「カオス理論」を象徴的に表現したものとして知られています。 「風が吹けば桶屋が儲かる 」と「バタフライエフェクト」の違い 「風が吹けば桶屋が儲かる」は原因から結果までの経緯がはっきりしていおり論理的に説明可能であるのに対し、「バタフライエフェクト」は途中に予測のつかない複雑な要素が入るため、原因から結果までの因果関係を正確に把握することは不可能で論理的に説明できないという違いがあります。 風が吹けば桶屋が儲かる仕組みは、とてもまわりくどくて「そんなことが本当にありえるの?」と思ってしまうものでしたね。 実際、土埃で失明してしまう人がどれくらいいたのでしょう。 また、三味線を作るためにどれくらいの猫が乱獲されれば、ネズミが増えて困るほどになるか・・・などいろいろ考えていたら、桶屋が儲かる可能性はとても低いような気もしますが、思いもよらぬことが全く関係のなさそうなものに影響を及ぼすという考え方は不思議で面白いと思いませんか? -.

次の