鎧塚 サーパイン。 ケンガンアシュラ アニメ無料動画フル視聴サイト一覧

鎧塚サーパイン|アニメ「ケンガンアシュラ」公式サイト

鎧塚 サーパイン

裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫の人生が一変する。 争いを収めるための手段として300年前から続く代表闘技者同士の戦い、拳願仕合の新しい闘技者である十鬼蛇王馬の世話役を命じられ、王馬と行動を共にすることに。 王馬と一夫の雇用主である乃木は拳願会会長の片原滅堂に挑戦状をたたきつけ、会長指名権を賭けた「拳願絶命トーナメント」の開催が決定。 乃木グループは従来の正闘技者である初見 泉を代表とし、いつの間にか山下商事として起業させられた一夫も拳願会会員の資格を勝ち取って王馬を闘技者とした。 そして野望を抱く拳願会会員たちは次々と強い闘技者を立てていき、その中には王馬と過去に因縁のある桐生 刹那の姿もある。 バトルロワイヤル形式の予選と水面下での戦いを経て、一行は決戦の地「願流島」に到着し、32社によるトーナメント本戦が開幕。 1回戦を終え次の闘技者が2回戦へ進んだ。 "絞殺王"今井 コスモ 、"処刑人"阿古谷 清秋、 暗殺一家の"禁忌の末裔"呉 雷庵 、"阿修羅"十鬼蛇 王馬、歴代最多勝利者の"猛虎"若槻 武士、"モンスター"ユリウス・ラインホルト、"虐殺者"ムテバ・ギゼンガ、"獄天使"関林ジュン、"吼える闘魂"鎧塚サーパイン、"雷神"御雷 零、"魔槍"黒木 玄斎、"美獣"桐生 刹那、"浮雲"初見 泉、死刑囚の"血染めの象牙"坂東 洋平、"タイの闘神"ガオラン・ウォンサワット、"滅堂の牙"加納 アギト 場外では東洋電力の速水をはじめ裏工作や侵入者の存在が明らかとなる一方、王馬は次なる戦いに向けたイメージトレーニングのなかで師匠の二虎と再会。 二虎流ではない覚醒技「前借り」には重大なデメリットがあり、代償で寿命が削られていることや、今の自分が本来の実力とはかけ離れていることを自覚するのだった。 1回戦を終えたところで「闘技者の変更を一度だけ認める」という追加ルールが発表され、各社の裏工作が加速していく。 そんななか2回戦が始まり、コスモ・王馬・若槻が勝利を挙げて3回戦へ。 第4仕合ではムテバと関林が対決。 あくまでプロレススタイルを貫く関林を攻めあぐねるムテバ。 2人の闘いはまだ始まったばかりである。 18巻のあらすじを振り返ってみましょう。 以下ネタバレ注意です。 2回戦第4仕合 ムテバ・ギゼンガvs関林ジュン 続き 徒手格闘の専門家でないものの、的確に関林のウィークポイントを突いて攻めるムテバ。 関林は目つきなど絶対に受けてはならない攻撃だけを巧みに防ぎながら、逆にムテバの両耳の鼓膜を破壊。 聴覚を失ってなお関林の動きを把握していたムテバは関林の心臓めがけて手刀を差し込み、必殺の「心臓抜き」で関林に致命的なダメージを与える。 ムテバはリスペクトを込めて棒立ちの関林にプロレス技をかけ、フォール勝ちを飾る。 視力・聴覚が利かなくとも嗅覚で相手の位置を把握する術をもったムテバの完勝だった。 2回戦第5仕合 鎧塚サーパインvs御雷零 闘技者として国の兄妹たちのために闘い命を落とした兄 ネウィンパインの遺志を継ぎ、並々ならぬ気合で試合に臨むサーパイン。 それもそのはず、東洋電力が夜明けの村に 「右ブロックを勝ち上がらなければ村を潰す」という脅しを耳にしてしまったからである。 ともに負けられない者同士の戦い。 御雷の素早い攻撃を持ち前の防御力ですべて受けることを前提に構えるサーパインは、一撃必殺の頭突きを武器にカウンターを狙うが当たらない。 サーパインもまた攻撃を跳ねのけながら強烈な攻撃をねじこみ、二発で御雷の左腕にヒビを入れた。 御雷にとって防御力に優れるサーパインは相性の悪い相手かと思われたとき、ついに御雷がサーパインに捕まる。 すぐさまサーパインが一撃必殺の頭突きを繰り出すが、御雷は発勁のカウンターを完璧にあて、さらにサーパインの脳震盪を増幅させるように猛ラッシュ。 2回戦第6仕合 黒木玄斎vs桐生刹那 2回戦第6仕合は黒木玄斎vs桐生刹那。 黒木は刹那の使う技が 亡き親友の平良 厳山の「狐影流」であることを見抜き、平良を殺めた刹那に敵討ちを決める。 第5仕合では御雷が大会最高クラスの防御力を誇るサーパインを倒し切り、3回戦へ進出。 そして第6仕合では黒木と刹那が対峙。 刹那が矢継ぎ早に攻めるが、黒木は危なげなく凌ぐ展開となる。 次巻へ続きます。 この漫画をもう一度読みたい方はこちら.

次の

『ケンガンアシュラ』登場人物(キャラクター)まとめ

鎧塚 サーパイン

タイの王家に仕える護衛でもあり、当代のラルマー13世に絶対的な忠誠を誓っている。 で史上最強のナックモエ(ムエタイ選手)と賞されていたが、パンチを軽視する現代のムエタイでは実戦でラルマーを守ることは出来ないと考え、打撃を極めるためにボクサーに転向した経緯がある。 世界最高峰のストライカーであり、デトロイトスタイルから繰り出される連続フリッカージャブは、グローブをつけた状態でひと呼吸の間に13発というあまりの速さから『フラッシュ』と称される。 その強さを見込まれて八頭貿易の代表闘技者にスカウトされ、拳願絶命トーナメントに出場した。 無愛想で自他共に厳しい人間であり、他人にあまり心を開かない堅物である。 戦いの場を神聖視しており、金と名声をリングに求める者や卑怯な戦い方をする者などは心底軽蔑している。 しかしこの漫画の登場人物の例にもれず、おまけマンガではレストランの椅子で正座して食事したり、と登山するなどコミカルな部分も描かれる。 過去に判定勝ちし、大声でリベンジを挑みまくってくるに対してはあまりの鬱陶しさに呆れて押し負けており、よく一緒にいるが再戦はしない。 日本人の名前を呼ぶ際は「スエキチ・カネダ」「オウマ・トキタ」とフルネームでカタカナ表記になる点が、事情や条件こそ違うもののと似ている。 本作におけるベストバウト量産名人の一人で、ガオラン自身もキャラクター人気投票では堂々の第一位に選ばれている。 活躍 以下ネタバレ注意 ケンガンアシュラ 拳願絶命トーナメント第一回戦ではと対戦。 体格で明らかに有利なガオランは得意の猛攻を食らわせる。 体力で大きく劣る金田だが、鍛え上げた『先読み』により微妙に打撃を外しつつ、得意の投げ技を決めて腕を折りにかかる。 しかしガオランは投げられた姿勢からパンチを繰り出して躱し、すかさず猛攻を加えてあっさり金田をダウンさせた。 ガオランは、明らかに弱者でありながら正面から自分の拳を受けてきた金田を認めつつ、勝者として去ろうとする。 しかし金田は手心を加えられたと感じ、弱者に対しても本気で来いと魂の叫びを聞かせた。 「弱者が最強目指して 何が悪いんだよ!!!?? 」(金田) これはガオランに本気を出させて、事前にビデオて見て研究していた技を出させるための金田の策略(半ば本音)であったが、ガオランは真摯に聞き、改めて「闘技者」として敬意を払って改めて本気で戦う。 金田は10手の読みの先でガオランの得意技を捉えてカウンターを繰り出そうとするが、最後は読みをガオランに上回られて敗北した。 決着後ガオランは金田を「強敵(友)」と呼んで認め、二人は親しくなり、トーナメント中一緒に居るようになった。 第二回戦ではと対戦。 拳願会最強の『牙』としてあらゆる格闘技術を備えるアギトはガオランにボクシングで挑むが、ガオランは真っ向からボクシングで迎え撃つ。 腕のリーチが長いアギトが有利に思われたが、カウンターを決めてからは一瞬アギトの記憶を飛ばすほどに打ちまくり、「『今はまだ』お前のボクシングには及ばん」と実力を認めさせた。 そこでアギトはボクシング以外の技術で挑もうとするが、ガオランは巧みな駆け引きで結局アギトにボクシングをせざるを得ない状況を作り出し、アギトに「『亀』に改名しろー!」とヤジが飛ぶほどにここでも一方的に打ちまくった。 その直後、機が熟したアギトは「適応」したときの凶悪な笑みを見せる。 攻め方を変え、『システマ』(ロシアの合気道)を対ガオラン用にチューニングし、ガオランの打撃を抑え込んだ。 必勝パターンに入ったことで、会場は「やはり牙には勝てないのか」と諦めの空気が漂う。 アギトはすでに勝ったかのようにガオランに「を使え、持てるすべての力で挑め」と上から目線で挑発した。 しかしガオランはこれを意地になって否定せず、逆に挑発にも乗らず、涙のように血を流しながら不気味で不敵な笑みを浮かべてこう言い放つ。 「貴様が見るのは、『さらに先』だ」 寡黙でポーカーフェイスで時々(サーパイントの絡みで)コミカルだった彼が初めて浮かべるゾッとするような笑みに、全ての読者の鳥肌が立ったであろう名シーン。 作中ガオランが吊り目になること・笑うことはこのシーンが初めてであり、相手のことを「貴殿」と呼ぶガオランが「貴様」と言っているのも地味ながらポイントである。 ガオランはボクシングを主体にムエタイの技を駆使する独自の戦術を展開し、覚醒したはずのアギトを打ちまくって苦戦に追い込む。 サーパインや金田に向けた「許せよ、決して手を抜いていたわけではない。 オレはいつも本気だった。 勝負の範疇で本気だった。 ここから先は、生殺の領域だ」というモノローグが入り、勝負は佳境に入る。 引き続きガオランはアギトを完全に打撃で圧倒。 アギトはを一撃で葬ったカウンターパンチを繰り出してガオランの平衡感覚を狂わせるが、打撃を防御していた腕のダメージが深刻で致命傷を与えられなかった。 さらにガオランの拳を肘で防御しながら破壊するが、それでもガオランの猛攻はやまず打たれまくる。 しかし最後はアギトが大久保からコピーした投げ技を繰り出して決着を見た。 敗れたガオランは右腕の感覚がなくボクサーとしての復帰が危ぶまれたが、戦い抜いたことに後悔はなく、またアギトが再起不能にしなかったことから「まだ上を目指せる」とすっきりした気持ちで上を向いていた。 その後最終話では復活できたことが明らかになっている。 逆に勝ったはずのアギトは、打撃では最初から最後まで一切ガオランに敵わなかったこと、拳の骨が折れたはずのガオランが一切勢いを止めずに襲いかかってくる様(=『さらに先』)に恐怖を感じたことを自覚して下を向いており、薄氷のフェイントと駆け引きで勝ったことに「これで牙を名乗る資格があるのか?」と忸怩たる思いに塗れるほどで、初戦の余裕ぶりとチートキャラ感からは想像できないほどの憔悴ぶりであった。 それまでの展開からアギトは強さの理由に説明のないただのチートキャラ、どうせ牙が勝つんだろ?といったようなシラけた空気が読者たちの中にあったが、ガオランの戦いぶりはそれを見事にブッ飛ばし、ベストバウトの一つとなった。 ケンガンオメガ ネタバレ注意 日本の古武術に学んだ部位鍛錬をやり遂げ、最強の右拳を手に入れて『煉獄』との交流戦における拳願会チームの代表選手として登場。 味方のメンツについて、信念がなく結束力が弱いと喝破していた。 第一試合に誰が出るかでチームが揉めているのを収めるために最初に名乗りを上げ、「古今東西唯一俺より格上に位置する」と認めるメキシコ人ボクサーのカーロス・メデルと対戦。 得意の『フラッシュ』を上回るメデルの神速ぶりに苦戦するが、かつて金田末吉を破った読みの鋭さでメデルの動きも捉え、体重差で最終的にはメデルを追い込む。 しかし最後の一撃の瞬間、メデルは『煉獄』の「場外に出たら負け」というルールを利用。 ガオランの拳が先に場外の床についたという判定により、傍目には明らかに勝っていたはずのガオランが敗者となった。 拳願会ルールでは見られない、あまりに理不尽すぎる、あまりに手痛すぎる敗北。 タオルを頭から被って落ち込み詫びるガオランに、アギトやのような無愛想な面々すら慰めの言葉をかけるほどであった(ただしだけは「チャンプ様がざまあねぇな」と相変わらずであった)。 しかしこの敗北により拳願会チームはまとまりを見せるようになった。 また、相手の土俵で闘っているということを再認識するきっかけにもなった。 関連タグ …劇中に登場するジムの光栄ボクシングジムに所属しているらしく写真に載っている :タイに実在するナックモエでボクサー。 『ガオラン』でと出てくる。 彼がガオラン・ウォンサワットのモデルかは不明である。 関連記事 親記事.

次の

The Anthems : ケンガンアシュラ

鎧塚 サーパイン

裏路地でのバトルを偶然目撃したことから冴えないサラリーマンの山下一夫の人生が一変する。 争いを収めるための手段として300年前から続く代表闘技者同士の戦い、拳願仕合の新しい闘技者である十鬼蛇王馬の世話役を命じられ、王馬と行動を共にすることに。 王馬と一夫の雇用主である乃木は拳願会会長の片原滅堂に挑戦状をたたきつけ、会長指名権を賭けた「拳願絶命トーナメント」の開催が決定。 乃木グループは従来の正闘技者である初見 泉を代表とし、いつの間にか山下商事として起業させられた一夫も拳願会会員の資格を勝ち取って王馬を闘技者とした。 そして野望を抱く拳願会会員たちは次々と強い闘技者を立てていき、その中には王馬と過去に因縁のある桐生 刹那の姿もある。 バトルロワイヤル形式の予選と水面下での戦いを経て、一行は決戦の地「願流島」に到着し、32社によるトーナメント本戦が開幕。 1回戦を終え次の闘技者が2回戦へ進んだ。 "絞殺王"今井 コスモ 、"処刑人"阿古谷 清秋、 暗殺一家の"禁忌の末裔"呉 雷庵 、"阿修羅"十鬼蛇 王馬、歴代最多勝利者の"猛虎"若槻 武士、"モンスター"ユリウス・ラインホルト、"虐殺者"ムテバ・ギゼンガ、"獄天使"関林ジュン、"吼える闘魂"鎧塚サーパイン、"雷神"御雷 零、"魔槍"黒木 玄斎、"美獣"桐生 刹那、"浮雲"初見 泉、死刑囚の"血染めの象牙"坂東 洋平、"タイの闘神"ガオラン・ウォンサワット、"滅堂の牙"加納 アギト 場外では東洋電力の速水をはじめ裏工作や侵入者の存在が明らかとなる一方、王馬は次なる戦いに向けたイメージトレーニングのなかで師匠の二虎と再会。 二虎流ではない覚醒技「前借り」には重大なデメリットがあり、代償で寿命が削られていることや、今の自分が本来の実力とはかけ離れていることを自覚するのだった。 1回戦を終えたところで「闘技者の変更を一度だけ認める」という追加ルールが発表され、各社の裏工作が加速していく。 そんななか2回戦が始まり、コスモ・王馬・若槻が勝利を挙げて3回戦へ。 第4仕合ではムテバと関林が対決。 あくまでプロレススタイルを貫く関林を攻めあぐねるムテバ。 2人の闘いはまだ始まったばかりである。 18巻のあらすじを振り返ってみましょう。 以下ネタバレ注意です。 2回戦第4仕合 ムテバ・ギゼンガvs関林ジュン 続き 徒手格闘の専門家でないものの、的確に関林のウィークポイントを突いて攻めるムテバ。 関林は目つきなど絶対に受けてはならない攻撃だけを巧みに防ぎながら、逆にムテバの両耳の鼓膜を破壊。 聴覚を失ってなお関林の動きを把握していたムテバは関林の心臓めがけて手刀を差し込み、必殺の「心臓抜き」で関林に致命的なダメージを与える。 ムテバはリスペクトを込めて棒立ちの関林にプロレス技をかけ、フォール勝ちを飾る。 視力・聴覚が利かなくとも嗅覚で相手の位置を把握する術をもったムテバの完勝だった。 2回戦第5仕合 鎧塚サーパインvs御雷零 闘技者として国の兄妹たちのために闘い命を落とした兄 ネウィンパインの遺志を継ぎ、並々ならぬ気合で試合に臨むサーパイン。 それもそのはず、東洋電力が夜明けの村に 「右ブロックを勝ち上がらなければ村を潰す」という脅しを耳にしてしまったからである。 ともに負けられない者同士の戦い。 御雷の素早い攻撃を持ち前の防御力ですべて受けることを前提に構えるサーパインは、一撃必殺の頭突きを武器にカウンターを狙うが当たらない。 サーパインもまた攻撃を跳ねのけながら強烈な攻撃をねじこみ、二発で御雷の左腕にヒビを入れた。 御雷にとって防御力に優れるサーパインは相性の悪い相手かと思われたとき、ついに御雷がサーパインに捕まる。 すぐさまサーパインが一撃必殺の頭突きを繰り出すが、御雷は発勁のカウンターを完璧にあて、さらにサーパインの脳震盪を増幅させるように猛ラッシュ。 2回戦第6仕合 黒木玄斎vs桐生刹那 2回戦第6仕合は黒木玄斎vs桐生刹那。 黒木は刹那の使う技が 亡き親友の平良 厳山の「狐影流」であることを見抜き、平良を殺めた刹那に敵討ちを決める。 第5仕合では御雷が大会最高クラスの防御力を誇るサーパインを倒し切り、3回戦へ進出。 そして第6仕合では黒木と刹那が対峙。 刹那が矢継ぎ早に攻めるが、黒木は危なげなく凌ぐ展開となる。 次巻へ続きます。 この漫画をもう一度読みたい方はこちら.

次の