メルカリ 評価してくれない。 メルカリで悪い評価をつけられたら売れない!?消してもらうことって出来るの!?

メルカリで購入者から受け取り評価の連絡がない時の対処法

メルカリ 評価してくれない

メルカリを使い始めて1年が経ちます。 久しぶりにメルカリにて購入者が受取評価をしてくれないトラブルが発生しました。 ヤフオクとメルカリは同じ仕様で、発送してから購入者が受取評価or受取通知をすることによって出品者へようやくお金が入るクソ仕様ですw 詐欺に巻き込まれない為に購入者側を配慮した仕様にするってのは納得がいきますが この仕様により、逆に出品者側も詐欺に巻き込まれる可能性がなくもない気がするのです。 配達完了しているにもかかわらず、「届かない」とか言われた場合ですね。 こうなったらどうなってしまうんだろう的な不安が膨らみますよw 受取通知がなかなかないことにより、イライラ。 僕の完全な愚痴なので、興味がある方だけどうぞ。 本件は受取評価の対応が確認できていないため、購入者へ商品の到着状況について通知を行いました。 万一、問題があった場合には、購入者から事務局へお問い合わせいただくようにお願いしております。 購入者から事務局へ連絡がなく02月18日 13時を経過しましたら、自動的に取引を完了いたします。 そのため、上記期限まではお待ちいただけますと幸いです。 なお、取引メッセージがありましたら、必要に応じて返答をお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 メルカリ事務局 2月18日13時を過ぎたら、事務局により取引完了としてくれるみたいですが 気になる文章が。 売上金は入ってくるけど、お互い評価はできなくなります。 悪い評価つけてやりたいのは山々ですが まぁ、売上金はしっかりと入ってくるし、その辺は仕方ないです。 しかし、今回の輩は事務局強制評価前になんかしらゴネてきそうな気がするんですよねw ゴネられた場合、事務局の強制評価による強制取引終了ができなくなる恐れがあります。 今回は、らくらくメルカリ便の匿名取引で送ったことが、せめてもの救いですw メルカリは、らくらくメルカリ便にして匿名発送した方が良いですよ。 変な輩が多いですからねw 現段階では、購入者から受取評価はしてもらえず、2月18日13時の事務局対応待ちの状況です。 2月18日13時を過ぎましたが、事務局による自動取引完了がされていません。 2月19日16時20分ごろ、事務局による強制取引終了となりました。 自動取引終了期限から27時間後で取引完了となりました。 しかし、18日23時位に事務局へお問い合わせをしています。 その後、19日16時20分頃に不安になってメルカリボックスへ書き込みました。 そしたら5分後位に取引完了となったんですよ。 メルカリの社員が書き込み見てたのかな?って思っちゃうくらいのタイミングでしたw 事務局の強制受取評価となった場合は、お互い評価ができません。 個人的に悪い評価10個位つけてやりたいんですけどねw メルカリの評価はあてにならない 以上のことから、メルカリでの評価は全くあてになりませんw 事務局側から強制取引終了となった場合お互い評価がつけられません。 受取評価をしなかったアホに対しては何の制裁もないんですよね。 悪い評価つけるときって大体「受取評価が遅い」が8割位占めていると思うんですよ。 しかし、購入者が受取評価をしない限り、出品者側は評価できないため 超評価が高い人がいたとしても、事務局強制取引終了の評価は闇のままになります。 例えば、何かしらトラブルがあって購入者が出品者に対してクレームを出したとしましょう。 クレームを出す基地外購入者は、商品に対して不満があり怒っているでしょうから まず、受取評価はしてくれないと思うんですよね。 また、システムを理解している購入者ならば、受取評価をしたら相手側も悪い評価をつけてくるだろうと予測して受取評価をしてくれないでしょう。 僕が購入者だったら、そう考えますもの(笑) 実際に、今回のトラブルで受取評価しなかったアホの評価は 良い30位で、悪いが2件ほどしかありませんでした。 なので、メルカリのシステム自体に欠陥があるように思います。 今後、改善してくれることを望みます。 受取評価をしないクソ購入者対策 なるべく追跡番号のある配送方法で発送する。 これは当たり前ですね。 メルカリだったら、らくらくメルカリ便が断然オススメです。 匿名取引になるってことと、送料が激安です。 あとね、こればっかりは仕方の無いことだと思っています(笑) 受取評価をしなければ、出品者にはお金が入らないシステム自体がクソなんですよw 購入者としては、お金を払って物を受取ることができれば、目的を達成しています。 となると、購入者側からすると受取評価は別にやらなくてもよいことなんですよねw そうすると、必ず受取評価をしないアホがでてきますよw さらには、ネットの世界ですから わざと受取評価をしない意地悪な人が出てきたり 受取評価をしなければ出品者にお金が入らないってことを逆手に取り 出品物以外でアレやコレやと要求してきたり 返金を要求して物とお金も奪ってやろうという悪意な購入者がでてくるんですよ。 もうね、こういう輩に当たってしまった時は、事故だと思って諦めた方が良いです(笑) 時間が経てば、売上金は入ってくるのですからね。 たぶんw.

次の

【メルカリ】相手が受取評価してくれないときの正しい対処方法

メルカリ 評価してくれない

みなさん、こんにちわ! メルカリは使われてますか? メルカリは片手で簡単に操作できるフリマアプリです。 ねぇぇ買いたいものあるの。 もう届いたはずなんだけど、、評価されないと収益受け取れない。 と評価が代金に関係していることを、印象付けします! これでも返事がない場合は、いよいよ最終段階の方法になってきますので、 最後にまとめてある、をご覧ください! また、今後はできるだけ場合追跡番号のある配送方法を選択しましょう! 忙しくてなかなか評価してくれない・されない 仕事や用事でなかなか評価してくれないパターンです。 しかし、評価が遅れるのであれば一言メッセージを送るのがマナーですし、受け取られているのであればその日遅くとも次の日には評価くらいできるでしょう。 対処方法 出品者としてもやはり早く評価してもらいたいので、評価が遅れている場合はこちらからメッセージを送ってみましょう!この時は丁寧で優しい文章にするようにしましょう。 それでも、メッセージがなかなか帰ってこない場合は1日から2日おいて再度送ってみましょう!! 商品の不具合や思っていた物と違う 購入者が商品を開封してからいざ開けてみると、あれなんか違う!と感じて評価をしてくれないパターンです。 メルカリにおいての受け取り評価は取引完了を意味していますのでこういう場合は評価されないですね。 この場合は出品者と購入者がよく話し合う必要があります。 対処方法 故障や不具合があって説明文にそういう内容がない場合は出品者側の責任ですので、謝って返送してもらい、返金しましょう。 こういう場合は評価悪いにされてもこちらの責任ですので仕方ないでしょう。 しかし、 どうゆう経緯で故障や不具合が起こってしまったかをしっかりと説明したり、また完全にこちらが悪くても誠意を込めて謝罪し、返金手続きも迅速に行えば、悪い評価にされない場合もあります。 自分のその後の対応次第で、なんとかなる可能性もあるということですね! こういったトラブルにならないためにも説明文には注意事項をしっかりと書いたり、少しでも気になる傷があったりした場合は画像をちゃんと載せましょう! ・出品者が発送通知をした8日後の13時以降 ・購入者との最後の取引メッセージをしてから3日後13時以降 できれば、メルカリ運営の手を煩わせたくはないですが、どうしても評価をしてくれない場合は、メルカリ運営に評価してもらえない旨の問い合わせメールを送りましょう! 注意点 ただし、出品者にも責任があり評価をしてくれない・されない場合は別問題で、運営が仲介をしてくれない可能性があるため、当事者間で話し合って和解して評価をしてもらうしかない場合があります。 まずは、一度運営に問い合わせてみるか、相手と話合ってどうしても解決しなさそうの時は、運営に問い合わせてみましょう! まとめ 以上が、 メルカリで受け取り評価してくれない・されない時の理由と対処方法! でした! 参考になりましたでしょうか? メルカリの受け取り評価は通販とかのレビューとは全く別物で終わらないと取引も完了しませんので、スムーズに行ってもらいたいですね。

次の

メルカリの受け取り評価はいつまで?購入者が評価をしなかったら出品者への売上金はどうなるの?

メルカリ 評価してくれない

評価を気にしすぎて疲れる メルカリをやっている人で、相手からの評価に傷ついたり、頭にきたりきたりしている人は多いと思います。 かくいう私もそのひとりです。 はじめて「よい」以外の評価をつけられると、数日気分が悪くなるくらいのショックを受けます。 そしてその後、また低評価をつけられるのではないかという 疑心暗鬼に陥ります(ちょっと大げさですが)。 特に出品者は、低評価を恐れて細かすぎる注意書きや過剰な梱包を続けるうちに、なんだか疲れを覚えるようになってきます。 低価格の商品を出品している場合は、なおさら徒労感が募ります。 それが高じると、もうメルカリやめようかなという気分になってきます。 売上には関係ないのに… 一度や二度の低評価が、売上にさほど響くとは思えません。 しかし、そういう問題ではないのです。 大げさにいえば、これは 心の問題なのです。 だからこそ、ショックなのです。 低評価をつけられるということは、相手が何らかの「不快」を感じたということです。 その原因は自分の言動にあるか、相手の誤解や感じ方にあるかのどちらかです。 日常生活で自分の言動が相手に不快感を与えてしまったとしたら、普通はどうするでしょうか。 まず謝って、それから埋め合わせをするでしょう。 たいていの場合は、それで相手の不快感は解消できますし、自分もショックから立ち直ることができます。 しかし、メルカリでそのようなやり取りはできません。 不快感の原因が相手の誤解や感じ方にある場合はどうでしょう。 これは第三者を立てて話し合うのがいちばんよい方法です。 しかし、メルカリはそのような調停はしてくれません。 対等なコミュニケーションで相手が不快を感じた場合、リアルの世界ではそれを取り除く方法はいくらでもありますが、メルカリではそれができません。 相手が感じた不快は自分のアカウントに「烙印」として、メルカリをやめない限り残るのです。 メルカリのためのシステム ネットサービスの多くは、コミュニケーションを簡単に早くおこなうためのものです。 面倒くさい手続きを極力省いてくれる便利なシステムと言い換えてもいいでしょう。 メルカリもそのひとつですが、不要品を売買するためのフリマアプリというお金が絡むサービスですから、信用の担保だけは省略できません。 この信用の担保を、メルカリはユーザーの相互評価という形でおこなっています。 そして(ここが大事なのですが)メルカリ自身はユーザーの相互評価に一切関与しません。 意地悪な言いかたをすれば、 メルカリは最も大事な信用の担保という仕事を、ユーザーに丸投げしているのです。 これはとても(ずる)賢いやりかたです。 信用の担保に少しでもメルカリ自身が関われば、それに伴うコストやリスクは膨大なものになるのは目に見えているからです。 極論をいえば、メルカリの評価システムは、ユーザーのためでなくメルカリを守るためにあるのです。 かくしてメルカリのユーザーは、コミュニケーションの煩わしさを免除された代償として、見知らぬ誰かによる一方的な烙印を容認させられるのです。 評価を気にしないために メルカリは私たちに素晴らしい便利さをもたらしてくれましたが、それはメルカリが面倒くさい手続きを「すべて」肩代わりしてくれているという意味ではありません。 メルカリは絶対に排除できない手続きである信用の担保を、ユーザーに丸投げしています。 私たちはお互いに評価しあい格付けし合うという、 心理的にとても大変な仕事を自分自身でやっているのです。 私はメルカリを批判したいのではありません。 そういうふうに冷静に考えることで、取引相手にたいして抱く理不尽な悪感情を浄化したいと思っているだけです。 古今東西、簡単便利なものには必ず、その代償としてのデメリットがあります。 メルカリも例外ではないと思います。 それをよく理解したうえで利用するのが大事です。 1年ほどメルカリをやって、捨てるはずだったものを現金に変えることができましたし、取引相手とのコミュニケーションも楽しめました。 まだもうしばらくはメルカリを続けたいと思っています。 それにはデメリットをよく理解して、それへの対処法を持っておくことが必要です。 ということで、評価を気にしすぎてメルカリ疲れをおこさないために、私は以下のような自分ルールを作っています。 写真の撮り方、説明文の書き方、値段の付け方、値引きコメントへの答え方、梱包の仕方など、メルカリでの自分の行動をすべてテンプレ化する。 テンプレ化は、相手が自分だったらという想定でおこなう。 実際の取引相手に応じた対応(テンプレからの逸脱)は最小限に留める。 購入者は「良い」と評価する。 以上を守ったうえでつけられた購入者からの低評価は、自分にとっては意味のないことなので気にしない。 今後も楽しいメルカリライフを続けていきたいと思います。

次の