マクロン 大統領 来 日。 コロナ禍「フランス」は1週間で様変わりした マクロン大統領の演説から生活が一変

マクロン氏「悪魔が再び」 ナショナリズムに懸念 (写真=ロイター) :日本経済新聞

マクロン 大統領 来 日

「努力によって、われわれは日々前進を遂げました。 公務員、医療従事者、医師、看護師、看護助手、救急救命士、軍人、消防士、薬剤師は、第一線で命を救い、治療するために全力を尽くしました。 彼らは持ちこたえました。 フランスの医療機関は、すべての患者を治療することができました。 ここ何日間、ここ何週間は、市中でも医療機関でも、医療従事者の名誉であり、今後もそうあり続けるでしょう。 第二線では、農業者、教師、トラック運転手、配送業者、電気技師、荷物仕分け作業員、レジ要員、ゴミ収集作業員、警備・清掃要員、公務員、ジャーナリスト、社会福祉職員、市区町村長、地方議会議員など、あまりに多くのフランス国民が献身的に取り組み、助けてくれたので、とても全員を挙げることができません。 これらすべての人たちが生活を続けさせてくれたのです」 エマニュエル・マクロン大統領、2020年4月13日 マクロン大統領は国民に向けた演説の中で、第一線と第二線における国の総力結集によって、国が持ちこたえたとともに、医療システムが多くの命を救えたことを強調しました。 われわれは努力によって日々前進しました。 しかし希望が再び生まれた一方で、まだ何も得られていません。 それゆえにマクロン大統領は、社会、経済、政治の各界関係者から幅広い意見を聴取し、それを踏まえて 「最も厳格な」外出制限を5月11日まで延長することを決定しました。 外出制限の解除はウイルスの感染拡大ペースを常により一層抑えることを目的に徐々に進められます。 継続されるルールの適用• 「感染予防行動」(手洗い、せきエチケットなど)の励行が継続されます• 慢性疾患がある、またはその他の疾病にかかっているフランス人は、かかりつけ医の診察を受け続けることができます• 医療機関と高齢者施設は、終末期の患者や入居者に近親者が適切な感染防護をした上で面会できるようにします• 労働者と事業者の安全は十分に保証されます 労働者、企業、最も脆弱な立場の人を支援するための経済対策• 労働者と企業のための保護対策(部分的失業、資金調達)が維持されます• 危機による長期的な影響を受けた業種(観光、飲食、ホテル、文化、イベントなど)のために特別計画が実施されます。 負担金の免除や特別補助が実施されます。 子どもがいる低所得世帯と不安定な立場にある学生のために特別補助が実施されます 5月11日 この日に新しい段階が開始します。 新段階のルールはすべての国民の健康という目標に合わせて整備されます。 託児所、小学校、中学校、高等学校は5月11日から徐々に再開されます。 これは優先課題です。 というのも現在の状況が不平等を拡大させているからです。 これらの施設では、特別な運営ルールが生徒の受け入れに向けて整備されます。 わが国の産業を再開させるため、 大多数の国民が職場復帰を許可されます。 政府は労使双方と連携しながら、職場の従業員を保護するため、活動再開の準備を進めます。 大勢の人が集まる場所は閉鎖されたままです。 大勢の人が集まる大規模な集会は、7月中旬まで許可されません。 高齢者、最も脆弱な立場の人、慢性疾患がある人は慎重に行動し、第1段階では自宅にとどまっていなければなりません。 外出制限解除の多くの課題に対応する新しい仕組み 公的・民間のすべての検査機関を動員し、 高齢者、医療従事者、最も脆弱な立場の人を優先しながら、日常の検査数を増やします。 外出制限解除時には、すべての有症状者が検査を受けることができます。 感染者は隔離され、医師による治療と経過観察を受けます。 一部のヨーロッパ諸国と連絡を取りながら、専用アプリが開発されます。 このアプリによって、自由意思に基づき、新型コロナウイルス感染者との接触者を知ることができます。 マクロン大統領はこれについて国会が議論し、管轄官庁がわれわれに明確に示すよう希望しています。 国は基本的人権と民主主義制度が尊重されるよう留意します。 国は市区町村長と連携し、輸入と国内生産の大幅な増産によって、 市民が「一般用」マスクを入手できるようにします。 政府は15日以内に「5月11日以降」計画と、日常生活の編成の詳細を発表します。 われわれが講じられた措置に順応できるように、また物事の調整を定期的に共同で決定できるように、定期的に会合が行われます。 「その後の世界」を準備 マクロン大統領は危機管理期間を通じて、政府の行動の指針となる大原則を改めて表明しました。 それは謙虚さ、透明性、明晰性、冷静さ、気丈さであり、それらをもって行動すべきです。 「その後の世界」は、 社会正義と連帯の原則に基づいて、低炭素社会を追求しながら、「長期」にわたり築かれます。

次の

マクロン大統領、国民に向けて3回目のテレビ演説

マクロン 大統領 来 日

「努力によって、われわれは日々前進を遂げました。 公務員、医療従事者、医師、看護師、看護助手、救急救命士、軍人、消防士、薬剤師は、第一線で命を救い、治療するために全力を尽くしました。 彼らは持ちこたえました。 フランスの医療機関は、すべての患者を治療することができました。 ここ何日間、ここ何週間は、市中でも医療機関でも、医療従事者の名誉であり、今後もそうあり続けるでしょう。 第二線では、農業者、教師、トラック運転手、配送業者、電気技師、荷物仕分け作業員、レジ要員、ゴミ収集作業員、警備・清掃要員、公務員、ジャーナリスト、社会福祉職員、市区町村長、地方議会議員など、あまりに多くのフランス国民が献身的に取り組み、助けてくれたので、とても全員を挙げることができません。 これらすべての人たちが生活を続けさせてくれたのです」 エマニュエル・マクロン大統領、2020年4月13日 マクロン大統領は国民に向けた演説の中で、第一線と第二線における国の総力結集によって、国が持ちこたえたとともに、医療システムが多くの命を救えたことを強調しました。 われわれは努力によって日々前進しました。 しかし希望が再び生まれた一方で、まだ何も得られていません。 それゆえにマクロン大統領は、社会、経済、政治の各界関係者から幅広い意見を聴取し、それを踏まえて 「最も厳格な」外出制限を5月11日まで延長することを決定しました。 外出制限の解除はウイルスの感染拡大ペースを常により一層抑えることを目的に徐々に進められます。 継続されるルールの適用• 「感染予防行動」(手洗い、せきエチケットなど)の励行が継続されます• 慢性疾患がある、またはその他の疾病にかかっているフランス人は、かかりつけ医の診察を受け続けることができます• 医療機関と高齢者施設は、終末期の患者や入居者に近親者が適切な感染防護をした上で面会できるようにします• 労働者と事業者の安全は十分に保証されます 労働者、企業、最も脆弱な立場の人を支援するための経済対策• 労働者と企業のための保護対策(部分的失業、資金調達)が維持されます• 危機による長期的な影響を受けた業種(観光、飲食、ホテル、文化、イベントなど)のために特別計画が実施されます。 負担金の免除や特別補助が実施されます。 子どもがいる低所得世帯と不安定な立場にある学生のために特別補助が実施されます 5月11日 この日に新しい段階が開始します。 新段階のルールはすべての国民の健康という目標に合わせて整備されます。 託児所、小学校、中学校、高等学校は5月11日から徐々に再開されます。 これは優先課題です。 というのも現在の状況が不平等を拡大させているからです。 これらの施設では、特別な運営ルールが生徒の受け入れに向けて整備されます。 わが国の産業を再開させるため、 大多数の国民が職場復帰を許可されます。 政府は労使双方と連携しながら、職場の従業員を保護するため、活動再開の準備を進めます。 大勢の人が集まる場所は閉鎖されたままです。 大勢の人が集まる大規模な集会は、7月中旬まで許可されません。 高齢者、最も脆弱な立場の人、慢性疾患がある人は慎重に行動し、第1段階では自宅にとどまっていなければなりません。 外出制限解除の多くの課題に対応する新しい仕組み 公的・民間のすべての検査機関を動員し、 高齢者、医療従事者、最も脆弱な立場の人を優先しながら、日常の検査数を増やします。 外出制限解除時には、すべての有症状者が検査を受けることができます。 感染者は隔離され、医師による治療と経過観察を受けます。 一部のヨーロッパ諸国と連絡を取りながら、専用アプリが開発されます。 このアプリによって、自由意思に基づき、新型コロナウイルス感染者との接触者を知ることができます。 マクロン大統領はこれについて国会が議論し、管轄官庁がわれわれに明確に示すよう希望しています。 国は基本的人権と民主主義制度が尊重されるよう留意します。 国は市区町村長と連携し、輸入と国内生産の大幅な増産によって、 市民が「一般用」マスクを入手できるようにします。 政府は15日以内に「5月11日以降」計画と、日常生活の編成の詳細を発表します。 われわれが講じられた措置に順応できるように、また物事の調整を定期的に共同で決定できるように、定期的に会合が行われます。 「その後の世界」を準備 マクロン大統領は危機管理期間を通じて、政府の行動の指針となる大原則を改めて表明しました。 それは謙虚さ、透明性、明晰性、冷静さ、気丈さであり、それらをもって行動すべきです。 「その後の世界」は、 社会正義と連帯の原則に基づいて、低炭素社会を追求しながら、「長期」にわたり築かれます。

次の

マクロン仏大統領、ロンドン市に仏最高勲章

マクロン 大統領 来 日

来歴 [ ] 1977年、マクロンはで有名なで生まれた。 パリのナンテール大学()で哲学を学び、で公共問題を修了、2004年に(ENA)を卒業した。 彼はの上級公務員として働いたのち、の支店ロスチャイルド&Cie銀行 ()の投資家となった。 2014年8月、彼はビジネスライクな改革を推進した第2次内閣において経済・産業・デジタル大臣に任命された。 2016年8月、翌年の大統領選挙に立候補するため、大臣職を辞任した。 2006年から2009年にかけて社会党に属したのち、マクロンは中道の政治団体「En Marche! ()」を結成する。 2017年5月7日、決選投票で66. 1パーセントの投票を獲得し、のに勝利した。 マクロンは39歳という歴史上でもっとも若いフランス大統領となり、首相に を任命した。 2017年6月の総選挙でマクロンの党は、「(、LREM)」へと改名し、その同盟である「(、MoDem)」とともに、国会で過半数を確保した。 2019年4月、反、反マクロン政権を標榜し、非常に長い期間に渡って続くへの緩和処置の一環として、自身も卒業したエリート養成校の閉校を宣言した。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] 1977年12月21日、である父ジャン=ミシェル・マクロンと、医師である母フランソワーズ・マクロン=ノゲスの息子として生まれる。 父と母は2010年に離婚している。 夫婦の最初の子供は死産した。 弟に1979年生まれのロラン、妹に1982年生まれのエステルがおり、エマニュエルは3人兄弟の長男である。 非宗教的な家庭で育ったマクロンは、12歳のとき、自らの要求でのを受けた。 現在は者であるとされる。 マクロン家の先祖は、フランス北部オー=ド=フランスのオーティ村にさかのぼる。 マクロンの父方の祖母の父(曾祖父)は英国人でので生まれた。 母方の祖父母はの麓の町から来ている。 マクロンは彼を「子猫ちゃん=Manette 」と呼ぶ祖母と会うため、を訪れている。 彼は祖母に読書の楽しさと左派的な政治傾向を教わった。 祖母は駅長の父と母に慎ましく育てられ、教師となり中学校校長を務め、2013年に亡くなった。 アミアン音楽学校ではピアノの学位を取得した。 に合格後、そのまま同校(CPGE)に進学。 を志望するも試験に2度失敗し 、3回生に入学、に関する論文で学位を取得した。 このころ、1999年から2000年にかけて歴史学教授の紹介で哲学の名誉教授の著作執筆の編集助手を務め、リクールの大著『記憶、歴史、忘却』(2000年)の序言にはマクロンへの謝辞が記されている。 その後は(シアンスポ)、というフランスにおける官吏養成のコースを卒業する。 マクロンは当時のIGFトップから指導を受けた。 また財政監査官のあいだ、入学試験準備のためエリートの私立学校である の「prep'ENA」(ENA入学試験のための特別塾)で夏季レクチャーを行った。 2007年8月、マクロンはの「フランス成長解放委員会」の報道官に任命された。 2008年、政府契約から自身を買い取るために5万ユーロを支払った。 その後、ロスチャイルド&Cie銀行の高額給与ポジションの投資銀行家となった。 2010年3月、委員会のメンバーに任命された。 投資銀行家 [ ] 2008年9月、マクロンは監査官を辞め、ロスチャイルド&Cie銀行()に勤めた。 が大統領に選出されたために政府関係の職から離れたといわれる。 マクロンはの監督委員会を務める実業家アラン・マンク( )と関係を結んだ。 同年、マクロンはマネージングディレクターに任命され、が乳幼児飲料を中心としたの最大の子会社の買収を担当した。 この総額90億ユーロにものぼる取引での分担金により、マクロンは億万長者となった。 マクロンは2010年12月から2012年5月の間に200万ユーロを稼いだと述べた。 公式文書によれば、2009年から2013年の間にマクロンはおよそ300万ユーロを稼いでいたとされる。 オランド政権 [ ] 経済相 [ ] 2012年から府副事務総長としてフランス大統領の側近を務めるようになる。 2014年には主導の緊縮財政路線を批判して更迭された ()のあとを引き継ぎ、第2次内閣の経済・産業・デジタル大臣に就任した。 1962年の以来最年少の大臣であった。 モントブールはユーロ懐疑派で左翼であったのに対し、マクロンは親EUであり、メディアはマクロンを「 アンチ・モントブール」と称した。 大臣として、マクロンはビジネスライクな改革を推進する最前線に立った。 マクロンはルノー社の持ち株比率を15パーセントから20パーセントに引き上げ、それからフロランジュ法( )を施行し、3分の2の株主がそれを覆すことを表明しない限り、2年以上の長期株主に対して二重議決権を付与した。 これはフランスに少数株を与えたが、のちにマクロンはフランス政府はルノー内でその権限を制限すると述べている。 またマクロンは大臣時代、にあるエコポラ工場の閉鎖を防ぐことができないと広く批判された。 2015年8月、マクロンは、もはや社会主義党員ではなく、自分は独立していると語った。 「マクロン法」 [ ] 2014年12月、オランド政権が目指す主要な経済改革政策を盛り込んだ「経済の成長と活性のための法律案」(通称「マクロン法」)を議会に提出する。 100条を超えるこの法案では、年間5回に定められていた商店の営業を年間12回に緩和することや、長距離バス路線の自由化など多種多様な規制緩和策が提案されたが、多くの反対意見を呼び、与党である社会党からも反発の声が上がった。 2015年2月17日、法案の成立を急いだは、年に一度しか行使できない49条3項()の特別処置に訴え、の表決を経ることなく法案を採択させた。 同年8月7日、での審議を終えて法案は発効された。 政治運動 [ ] 2016年4月、「左派右派のあらゆる良き意思を結集」して「左派でも右派でもない政治」を目指すと宣言し、中立の政治団体「 (:前進!、:En Marche! )」を結成した。 2017年6月、党は、「(共和国前進!)」(LREM)へと名を変えた。 大統領選への出馬が噂されるなか、同年8月30日に経済相を辞任。 辞任の理由については「フランスの景気低迷や社会的な格差拡大に対し、独自の解決策を打ち出せるようにするためだ」と説明し 、苦境に陥ったフランスに「変革」をもたらすという決意を述べたものの、取り沙汰されていた次期大統領選への出馬を表明するには至らなかった。 しかし、経済界からも厚い支持を集める左派閣僚として注目され 、経済相辞任は大統領選出馬を見据えた動きとみられた。 2017年大統領選挙 [ ] 2016年11月16日、への立候補を正式に表明する。 2017年3月18日、自身が率いる「前進!」からの支持を受け、独立系候補として立候補を届け出た。 4月23日の第一回投票で852万8,585票(得票率23. 86パーセント)を獲得して首位に立ったが、得票数が有効票の過半数に満たなかったため、5月7日に決選投票が実施されることになった。 決選投票ではを降して2,075万3,797票(得票率66. 06パーセント)を獲得し当選した。 5月14日、第25代フランス大統領に就任した。 なお、39歳での大統領就任は、1848年に40歳で大統領に就任したの年齢を更新する、史上最年少での就任となった。 6月11日と18日に行われたの結果、マクロン与党「共和国前進!」陣営が6割を超える350議席を獲得し、政権基盤を固めた。 反マクロン運動の高まり [ ] 2018年11月17日より蛍光色の安全ベストを着た市民が軽油・ガソリン燃料費値上げや燃料税の引き上げに対する抗議活動を開始し、フランス全土でマクロン退陣を求める激しいデモ、暴動、略奪に拡大した()。 道路網の封鎖をメインとし、都市部では自動車や市庁舎への放火、店舗略奪、破壊行為が行われた。 暴動としては1968年の以来の規模となった。 12月5日、マクロン政権のフィリップ首相は燃料税引き上げ断念を発表した。 2019年4月25日、マクロンは大統領になって初の記者会見を行い、黄色いベスト運動の説得も兼ねて全国規模で行われていた大討論大会の統括と運動への対策案を発表した。 このなかで大統領は低所得者や平均的な所得者へ総額50億ユーロ規模の所得税削減と年金の増額を約束した。 さらに自身も卒業したフランスのエリート校(ENA)の閉鎖を約束(貧困家庭から学生を募集しないためここ数十年来、批判にさらされてきた )し、フランスの統治システムは変わるべきだと述べた。 マクロンは自らの施政を「後悔」しているとも言い、より「ヒューマン」な政治を誓ったが、運動のなかで起きたユダヤ人や同性愛に対する憎悪や暴力を「道徳」と「教育」の衰退だと表現し、全力で戦うとした。 家族など [ ] 2017年5月26日、妻ブリジットと• 高校生だった15歳当時、同級生の少女ロランスの母であり教師だった24歳年上の女性 ()に愛を告白し、そのまま接吻した。 マクロンの両親は2人のあまりの熱愛ぶりに動転し、マクロンをパリの名門高校に転校させたという。 2人は遠距離交際などを経て、ブリジットの離婚が成立した翌年の2007年、彼が29歳のときに結婚した。 期間中もいたるところでハグやキスを交わした。 妻ブリジットには元夫の銀行家オジエールとの間の子が3人(エンジニアの長男、医師でマクロンの同級生だった長女、弁護士の次女)おり、その子どもたちは7人の孫をもうけている。 ブリジットの実家は19世紀創業で7軒の店舗を持つアミアンの菓子・チョコレート屋のジャン・トロニューで、地元ではが名物となっている。 ネモという名のファーストドッグをで飼育している。 内政 [ ] 内政 [ ] 経済政策 [ ] 財政改革としてマクロ数値目標(財政赤字の対GDP比率の引き下げ)を設定している。 税制問題では増税措置が先行しており、社会保障費をまかなう一般社会税(CSG)の増税を行った。 減税措置については2022年までに段階的に実施予定である。 減税の中心は法人税が予定されており、22年までに法人税33パーセントから25パーセントまで下げることが計画されている。 また富裕税(ISF)の減税(富裕税の課税対象を不動産に限定)やキャピタルゲイン減税(30パーセントのフラットタックス導入)などを2019年までに実現することを目指している。 家庭向けの減税としては80パーセント世帯を対象に地方住民税廃止を22年までに実現する計画である。 公務員12万人の削減も計画している。 グローバリズムを支持している。 労働市場改革 [ ] 雇用と賃金の両面で労働市場の調整力を高めることを目指し、労働市場改革を訴えている。 2018年1月までに解雇補償額の上限引き下げ、グローバル企業の解雇要件の緩和、解雇不服申し立て期間の2年から1年の短縮などを実現した。 徴兵制・普遍的国民奉仕 [ ] フランスでは2001年以来、徴兵制が廃止されていたが 、マクロンは徴兵制復活を大統領選挙の公約に掲げた。 マクロンは徴兵制について「軍や憲兵隊の下で行う。 1か月間、若い国民が体験を分かち、国の結束を強める機会になる。 危機に際し、国防の支えになる」と述べ 、「若者の国民としての義務感や団結感を強める」と論じている。 マクロンが掲げていた徴兵制度とは、18 - 21歳の男女を対象に約1か月の兵役を課すというものであり、までに徴兵制を復活させたい考えを示していた。 しかしこれに対し、約1か月という短期間だけ兵役を課す意味合いが乏しいとの指摘や、予算がかかりすぎるとの批判が出た。 大学や青年団体も10の組織が徴兵制に反対する声明を出し、その中で「押し付けには反対。 奉仕活動は国民が選べるようにするべきだ」と訴えた。 そうした批判のため、徴兵制ではなく公共奉仕活動の義務化に変更された。 2018年6月27日に閣議決定された「普遍的国民奉仕」計画は、16歳の国民全員に対して4か月から1年あまりの警察や消防や軍での奉仕活動、あるいは慈善活動を行う義務を課すとしている。 奉仕活動の最初1か月は義務であり、共同生活を送る。 その後、第二段階として16歳から25歳の若者が3か月から1年間任意で奉仕活動に参加する。 義務奉仕の一部は夏休みに行うことを予定しており、軍の役割や人命救助を学ぶ。 任意参加の第二段階については軍や消防、公共機関での職業訓練に近いものを想定している。 移民規制 [ ] 大統領就任後の移民・難民政策は移民規制強化の方向が目立つ。 2018年4月には移民法を可決させたが、難民申請の期限を早めたり、不法移民を勾留できる期間を倍にしたり、不法入国に対して禁錮1年の処罰を導入するなど実質的には移民規制を内容としているため、人権擁護団体などから批判を受けている。 外交 [ ] 対米外交 [ ] 2018年、マクロン、米大統領、カナダ首相。 2012年政権下において、フランスの親米組織 ()のリーダーを務めたものの、2017年から大統領に就任したの米国第一主義や保護主義的な態度を批判している。 2018年4月の訪米の際には、においてアメリカ政府の離脱や離脱などの単独主義を批判し、「多国間主義を作り出したのは米国であり、これを維持して再生させる役割を担うのも米国だ」と論じた。 2018年10月、アメリカが(INF)から離脱を表明した際にもトランプと電話会談を行い、「この条約は、とりわけ欧州の安全保障と我々の戦略的安定にとって重要だ」と伝えて再考を促した。 2018年11月11日にパリで開かれた第一次世界大戦終結100周年記念式典では「『我々の利益が第一で、ほかはどうでもいい』という考えは、国家にとってもっとも大切な精神的価値を失うこと」とし、地球温暖化などの諸課題に国際社会がともに取り組むべきであると主張した。 この演説はトランプ大統領の一国主義への当てこすりと報じられた。 2019年6月6日、戦後の民主主義同盟の礎ともなった第二次大戦の75周年式典に際して、環境問題の合意とイランの核合意を放棄し、NATOを去ると脅しさえしたトランプ大統領に「親愛なるアメリカは、他人の自由のために戦ったときほど偉大なことはなかった」と指摘し、自由主義体制の根本である「ノルマンディーの約束」を守るようにと呼びかけた。 また両者はオマハビーチの米戦没者墓地を訪れ、参加した退役軍人らに勲章を贈った。 対欧州外交 [ ] マクロンとドイツ首相メルケル (EU)の統合強化を推進することを基本的立場とする。 アメリカのトランプ大統領がNATOへの脅しに近い発言を繰り返すことを受け、欧州安全保障の米国依存からの脱却とEUによる安全保障強化を訴えている。 2018年8月27日には「欧州は自らの安全保障についてもはや米国に依存することはできない。 欧州の安全保障は私たち次第だ」と述べた。 2018年11月5日には、ラジオ番組の中で「真の欧州軍」の創設が必要であるとの認識を示した。 それについて「我々は中国とロシア、さらには米国に対しても自衛しなければならない」「1980年代に欧州を襲ったミサイル危機後に締結された重要な軍縮条約から、トランプ大統領が離脱すると発表するのを目にするとき、主たる犠牲者は誰になるだろうか。 それは欧州とその安全保障だ」「真の欧州軍を持つと決意しない限り、我々は欧州市民を守ることにならない」と論じた。 マクロンの「欧州軍」構想について、アメリカのトランプ大統領は「侮辱的な話だ」「欧州はNATOに公平な分担 金 を支払うことが先決だ」と反論した。 逆にロシアのプーチン大統領は「欧州軍」構想について「欧州が安全保障の独立を目指すのは当然。 世界の多極化のためによい」と発言し、米欧の分断を煽っている。 ドイツの首相は「欧州軍」構想について11月13日の欧州議会で「我々は真の欧州軍をいつか創設するためのビジョンを話し合うべきだ」「欧州各国の間で二度と戦争をしないというメッセージになる」と賛意を示したうえで「欧州軍はNATOに敵対するものではなく、むしろよい、そして無駄のない補完になる」としてトランプ大統領の懸念は当たらないとの見解を示した。 英国 [ ] 英国のEU加盟時に強硬な態度をとったよろしく、EU統合保持の立場からには強硬な態度で臨んでいる。 EL PAIS紙はメルケル独首相の「よい警察官」に対し、「悪い警察官」の役割を演じているのだと評した。 ほかのEU指導者たちがおしなべてメッセージを外交的な綿で包み込み調停的であるのに対して、条件を定め、できるだけ早い解決を望んでいる。 またメイ首相とのEU間の交渉も「正直なところ、現実的に対応しているとは思えない」と批判している。 イタリア [ ] 2019年2月7日、アンチエスタブリッシュ()で知られるイタリアの副首相ルイジ・ディマイオが黄色いベスト運動のリーダーと面談したことを受け、在イタリア大使の召還を発表した。 これにより両国の関係は第二次大戦以後最悪なものとなった。 ディマイオは「新しいヨーロッパは黄色いベストから生まれる」と述べ、フランス政府はこれは「挑発」であり、受け入れることはできないとした。 欧米を席巻すると右傾化とは一線を画した姿勢を保っている。 対ロシア外交 [ ] 以来経済制裁を受けているへの制裁継続を支持しており、、、、といった親露的なフランスの政治家とは立場が異なる。 2017年2月、マクロン陣営の報道担当者バンジャマン・グリボーは、フランス大統領選挙の運動を妨害する目的で虚偽情報を拡散しているとしてロシアを非難した。 また、マクロン陣営のウェブサイトや電子メールサーバーに対する相次ぐサイバー攻撃の背後にロシア政府の存在があるとして、ロシアに対して大統領選挙に介入しないよう警告した。 2018年7月のの準決勝とにの応援で訪露し、ロシアのプーチン大統領との首脳会談も行った。 折しもイギリスでロシアの元スパイが毒殺された事件をめぐってイギリスとロシアの関係が悪化していた時期であるため、仏露の接近として物議をかもした。 、にての首相とともに、ウクライナの大統領とロシアのプーチン大統領の会談を仲介。 捕虜の相互解放と停戦の履行を確認する共同声明を出すことに貢献する。 アジア太平洋地域外交 [ ] 中国 [ ] 中国メディアは、マクロンが大統領に当選した際、2014年12月に当時経済相だったマクロンが、フランス政府が保有するの株式60パーセントのうち49. 99パーセントを中国企業に売却することを支持、売却に反対する政治家を批判し、インタビューでやの語録を引用して「フランスと中国は非常に重要な歴史的関係を持っている。 現在の中国は経済や外交、軍事の強国で、フランスが中国の存在を認めることで両国の関係には大きな力が生まれる。 中国とは正常な関係を維持していきたい」と発言したとして中国を重要な盟友と見ている政治家だと報じた。 他方、就任直後のマクロンは中国への警戒感をあらわしている。 2018年2月、中国企業が仏国内において投機的な農地買収を行っている件について「フランスの農地はわが国の主権が関わる戦略的な投資だと私は考えている。 よって購入の目的も把握しないまま、何百ヘクタールもの土地が外資によって買い上げられるのを許すわけにはいかない」と述べ、中国企業の農地買収を封じる規制予防策を講じることを言明した。 3月22日のでのEU加盟国の首脳会議で中国に対する新たな戦略が協議され、貿易の不均衡是正などに向けた対応を進めることで合意した。 これを受けてマクロンは「中国に甘い考えを抱く時代は終わった」と宣言した。 いっぽうで、同年3月26日の中国の訪仏に際して、ドイツのメルケル首相やEUの欧州委員長も招待して四者会談を行った。 四者会談にしたのはEUの対中外交を統一するためだった。 マクロンは我々(欧州と中国)には、考え方の違いがある」として両者が競合関係にあることを強調する一方、「ともに多国間主義を推進したい。 中国と協力し、対話する用意がある」とも述べた。 25日の共同記者会見では「中国と欧州は相互に利益を尊重し、バランスのとれた関係であるべきだ」と主張して中国の投資攻勢を牽制したが、同時に航空、エネルギー、造船分野など約400億ユーロの経済協力に合意している。 日本 [ ] 2017年5月26日、とマクロン 2018年7月には日本との間に自衛隊と仏軍が物資や役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)を締結し、日仏両国の海洋対話を本格化させた。 同年10月に訪仏した日本の内閣総理大臣と首脳会談を行い、両首脳は日仏の連携をアピール。 海洋進出を強行する中国と保護主義的なアメリカを牽制した。 2019年4月23日、G20の大阪サミットを前にした安倍首相が意見調整のためフランスを訪れ、会談した。 安倍はへのお見舞いを述べ、両者はスリランカでのテロや自由貿易の価値共有などを強調した。 会談ののち、マクロンは日本語で「日本とともに、我々は多極主義への信頼を再構築するという同じ野心を有する。 幾多の障害や緊張や閉塞状況が存在することは分かっているが、日本もフランスもそれで諦めてしまうような習性は持っていない 」と、ツイートを飛ばした。 首脳会談でマクロンは「いいときも悪いときもパートナー以上の友好国だ」と述べ、中国の強引な海洋進出の強行を念頭に、防衛・経済両面で日仏の関係を深めることで両首脳は一致した。 近く行われる仏海軍空母シャルル・ド・ゴールと海上自衛隊の共同訓練を踏まえ「自由で開かれたインド太平洋」実現のための防衛協力加速を申し合わせた。 また北朝鮮に完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)を実現させるまでは制裁を維持することが重要との認識でも一致した。 北朝鮮 [ ] 北朝鮮問題についてはの非核化を重視する立場である。 2018年10月に韓国大統領が訪仏した際に北朝鮮への経済制裁の緩和を求められても「フランスは北朝鮮がCVID(完全かつ不可逆的で検証可能な核廃棄)によるプロセスを始めることを期待する」としつつも「そのときまで国連制裁を継続しなければならない」として断っており 、制裁緩和に賛成する中露とは異なる立場を示した。 なお、フランスと北朝鮮には国交はない。 中東・イスラム圏外交 [ ] 中東政策では親路線を採用し、の国家承認に否定的な立場である。 ()にも反対している。 シリア問題では政権の退陣・追放を主張し、反体制派武装勢力への支持、あるいはアサド政権打倒のための軍事攻撃の必要性を打ち出した。 発言 [ ]• に施行されたを「これではフランスは太陽のないになってしまう」と批判した。 富裕税は施行の2年後に廃止されている [ ]。 2016年6月に実施されたに関して、「がを離脱すれば、英国は国際社会からと(のように小さい島々)のように扱われるだろう」と述べた。 マクロンは「EUは初のグローバルな国内市場である」と述べており、イギリスが今日の強さを保っているのはEUに加盟しているからで、イギリスの鉄鋼産業についてと議論するときに英国が信用されるのはイギリスがEUの一部であるからだと主張した。 マクロンはさらに、「中華人民共和国の国内市場と比較して英国の国内市場はたちにとって関心がなく、(EUを離脱した場合には)イギリスは中国と1対1で交渉できなくなるだろう」とも述べている。 脚注 [ ]• 1981年、大統領の社会主義政権によりロスチャイルド銀行が国営化された後、1984年に3人のロスチャイルド家のメンバーによって再建された銀行。 100万ドルほどの資本で創立され、わずか3人の従業員で始まった。 当初、「パリ・オルレアン・バンク」の名だったのは、フランス国内で家族名の使用が禁止されていたためである。 その制限は1986年に消え、銀行は「Rothschild et Associes Banque」と「Rothschild&Cie Banque」に改名された。 ロスチャイルド&Cie銀行は現在、ロスチャイルドグループのフランス支店であり、合併買収に関するアドバイスやを専門としている。 France 24 2019年4月27日. 2019年5月14日閲覧。 Gala. 2018年12月10日閲覧。 La Voix du Nord. 2018年12月10日閲覧。 Amiens, Lara Marlowe in. The Irish Times. 2018年12月10日閲覧。 SudOuest. 2018年12月10日閲覧。 やで知られるも同校出身になる。 2017年5月30日• ポール・リクール『記憶、歴史、忘却』上巻• フランス語. Le Monde. 2012年5月16日. 2018年12月10日閲覧。 フランス語. Challenges. 2018年12月10日閲覧。 Challenges. 2018年12月10日閲覧。 誰がマクロンのミステリアスな上昇の背後にいるのか? イギリス「ザ・スペクター紙」の記事。 Biography. 2018年12月10日閲覧。 , 4 mars 2010 , 2018年12月10日閲覧。 フランス語. Le Monde. 2017年5月10日. 2018年12月10日閲覧。 2018年12月10日閲覧。 フランス語. Challenges. 2018年12月10日閲覧。 France News Digest• LExpress. fr 2014年9月2日. 2018年12月10日閲覧。 ロイター 2014年8月27日• 東洋経済オンライン 2018年5月15日. 2018年12月9日閲覧。 Financial Times. 2018年12月9日閲覧。 Magnaudeix, Mathieu. Mediapart in French. FIGARO 2015年2月18日. 2018年12月9日閲覧。 NHK ONLINE 2015年2月23日• 国立国会図書館調査及び立法考査局• (2016年11月17日、)• 2017年4月24日 , , 2017年4月24日閲覧。 (2017年5月8日、)• BBC News. 2017年5月14日. 2017年5月14日閲覧。 産経新聞. 2017年6月19日. 2017年6月29日閲覧。 2018年12月4日. 2018年12月18日閲覧。 産経新聞. 2018年12月6日. 2018年12月18日閲覧。 France 24 2019年4月27日. 2019年5月14日閲覧。 Chrisafis, Angelique 2019年4月25日. The Guardian. 2019年5月14日閲覧。 スマフラ/スマートフラッシュ]• AFP 2017年10月23日. 2018年3月21日閲覧。 DIAMOND ONLINE. 2018年8月21日閲覧。 2018年6月28日. 2018年11月15日閲覧。 (日本経済新聞 2017年12月19日)• 2018年10月26日. 2018年11月1日閲覧。 2018年4月26日. 2018年11月1日閲覧。 2018年10月22日. 2018年11月6日閲覧。 産経新聞. 2018年11月12日. 2018年11月13日閲覧。 Bassets, Marc 2019年6月6日. スペイン語. 2019年6月7日閲覧。 AFP BBnews. 2018年8月28日. 2018年11月6日閲覧。 AFP BBnews. 2018年11月6日. 2018年11月6日閲覧。 産経新聞. 2018年11月10日. 2018年11月13日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月14日. 2018年11月17日閲覧。 BBC. 2018年11月15日. 2018年11月17日閲覧。 Bassets, Marc 2019年4月10日. スペイン語. 2019年5月21日閲覧。 2019年2月8日. 2019年5月19日閲覧。 Chrisafis, Angelique 2019年2月7日. The Guardian. 2019年5月19日閲覧。 2017年2月14日. 2017年2月26日閲覧。 2017年2月15日. 2017年3月14日閲覧。 フランス通信社 2017年2月19日. 2017年3月14日閲覧。 AFP BBnews. 2018年7月12日. 2018年11月8日閲覧。 CNN 2019年12月10日. 2019年12月10日閲覧。 レコード・チャイナ. 2017年5月8日. 2018年11月1日閲覧。 AFP BBnews. 2018年2月23日. 2018年11月1日閲覧。 産経新聞. 2019年5月30日. 2018年11月1日閲覧。 産経新聞. 2019年3月26日. 2019年5月30日閲覧。 産経新聞. 2018年10月17日. 2018年11月1日閲覧。 Emmanuel Macron [ EmmanuelMacron] 2019年4月24日. ツイート. より 2019年5月21日閲覧。 産経新聞. 2019年4月23日. 2019年6月13日閲覧。 産経新聞. 2018年10月30日. 2018年11月6日閲覧。 産経新聞. 2018年10月28日. 2018年11月6日閲覧。 産経新聞. 2018年10月16日. 2018年11月6日閲覧。 TheIssue. 2017年4月7日. 、2015年2月17日閲覧• 朝日新聞デジタル 2015年5月16日• Riley-Smith, The Daily Telegraph, 17 Apr 2016 外部リンク [ ]• (フランス語) 公職 先代: - 次代: (現職) 先代: () 経済・生産再建・デジタル大臣 経済・産業・デジタル大臣 - 次代: () 経済・財務大臣 先代: - 次代: (現職).

次の