アクア 洗濯機 評判。 AQUA(アクア)の洗濯機、気になる電気代や特徴を徹底比較

洗濯機の人気メーカー一覧と特徴・評判を比較!おすすめ洗濯機も紹介

アクア 洗濯機 評判

パナソニック パナソニックは、大阪府門真市に本社を置く、日本を代表する電機メーカーです。 白物家電から住宅や車載の分野などを手掛けています。 国内の電機業界では、日立製作所、ソニーに次いで3位の規模です。 パナソニックの洗濯機の特徴と評判 パナソニックの洗濯機は、「泡洗浄」が便利で人気があります。 洗浄液を循環させることでたっぷりの泡を作り出し、頑固な汚れを洗い落とします。 その他にも、温風乾燥や温水洗浄、ニオイすっきりコースなど、さまざまな機能があります。 また、パナソニックには、ドラム式とタテ型の中間に「Cuble(キューブル)」というシリーズがあります。 このシリーズはおしゃれなデザインと洗浄力を両立しているモデルで、若い世代のユーザーに人気の洗濯機です。 日立 日立の正式名は「日立製作所」、国内最大の電気機器メーカーです。 日立は、電力・インフラシステム、情報・通信システムのほか、建設機械やヘルスケアなど、さまざまな分野に注力しています。 日立の洗濯機の特徴と評判 日立の洗濯機は、「ナイアガラ洗浄」を採用しているモデルがおすすめです。 ナイアガラ洗浄とは、大流量シャワーで高濃度洗剤液を衣類に浸透させて、「押し洗い」「たたき洗い」「もみ洗い」で、頑固な汚れをすっきり洗浄します。 繊維の奥からくる黒ずみも綺麗にします。 その他にも、大風量で衣類のシワを伸ばす「風アイロン」搭載のモデルや洗濯槽を自動で洗浄する「自動おそうじ」搭載のモデルなど、便利な機能を多く展開していく人気メーカーです。 東芝 東芝は、大手の電機メーカーであり、国内の売上高ランキングではパナソニックに次いで4位です。 事業として、エネルギー・社会インフラ・ストレージなど、人と地球の明日を支える目的で社会の基盤となる取り組みをしています。 東芝の洗濯機の特徴と評判 東芝の洗濯機は、パワフルで静かなモーターを使用した「ザブーン洗浄」搭載のモデルがおすすめです。 力強いモーターで、洗剤を衣類にしっかりと浸透させて、回転の力で汚れを掻きだします。 また、洗濯槽には洗濯板のような凸凹があり、洗浄に効果的です。 衣類によって水流を変えることができるパワーボタンを搭載しているので、型崩れが心配な衣類は弱めの洗浄が可能です。 静かなモーターを搭載しているので、アパートなどでも時間を気にせず安心して使えます。 シャープ シャープは、大阪府堺市に本社を置く、鴻海精密工業の傘下の電機メーカーです。 国内売上高ランキングは、7位キャノン、8位NECに次ぐ9位です。 白物家電から、電卓、スマホなどさまざまな分野で製品を展開しています。 シャープの洗濯機の特徴と評判 シャープは、プラズマクライスターイオンを搭載したモデルを増やし、除菌効果のアップや、マイクロ高圧洗浄によって洗浄力をアップさせています。 機種もドラム式洗濯乾燥機から、一人暮らしに最適な小容量のリーズナブルな機種まで、幅広くラインナップしています。 乾燥機能は、温風を当てて衣類をシワなく仕上げます。 見やすいタッチ画面も人気です。 AQUA アクア アクアとは、三洋電機の洗濯機部門から生まれ変わった名称です。 洗濯機、冷蔵庫、掃除機、業務用洗濯機など、洗濯機を主要事業として取り組んでいます。 AQUA アクア の洗濯機の特徴と評判 国内では珍しい、洗濯機能のみで乾燥機能がないドラム型洗濯機を発売しました。 フラット扉を採用し、すっきりとした印象が若者に人気です。 おしゃれな洗濯機が欲しい人には、おすすめのモデルです。 温水洗浄も搭載しています。 糸くず残りを大幅に抑えることができる「衣類おそうじ」という機能を搭載しています。 皮脂汚れや黄ばみもしっかり除菌することや、しつこい泥汚れに強い「泥んこ予洗いコース」など独自の機能が魅力的です。 ハイアールグループは、中国の家電メーカーです。 今後、日本市場でのニーズに応える製品・サービスを提供していきます。 ハイアールの洗濯機の特徴と評判 ハイアールは、比較的小型の洗濯機を展開し、リーズナブルなのが特徴的なメーカーです。 一人暮らし用の小容量の洗濯機を探している人には、おすすめです。 洗いと脱水が別々の「2層式洗濯機」を取り扱っている特徴的なモデルもあります。 機能は、誰でも簡単に使える、シンプルな機能を搭載しているモデルが多いので、始めて洗濯機を購入する人にも人気があります。 価格は安いですが、性能も国産メーカーと比べて大きな差はありません。 ハイセンス ハイセンスジャパンは、ハイセンスグループです。 グループの拠点は中国にあります。 ハイセンスは、デジタル・マルチメディア技術から、家電、通信、不動産まで、あらゆる分野の多角化経営を確立しています。 ハイセンスの洗濯機の特徴と評判 ハイセンスの洗濯機は、リーズナブルな価格帯なので、一人暮らしの人に人気があります。 操作もシンプルで使いやすいのが特徴です。 洗濯機能については、2種類の羽を配置したパルセーターと、タテ水流・ヨコ水流により、洗濯物を揉むように洗い汚れを掻きだします。 これにより、頑固な汚れもスッキリ落とすことができます。 おすすめ洗濯機19選 おすすめの洗濯機を紹介します。 ハイセンス全自動洗濯機HW-G75A 最初に紹介するおすすめの洗濯機は、「ハイセンス全自動洗濯機HW-G75A」です。 ハイセンス HW-DG75Aの仕様・製品情報 洗濯機スタイル 簡易乾燥機能付洗濯機 洗濯容量 7. 5㎏ 開閉タイプ 上開き 標準コース目安時間 42分 標準使用水量 105L ハイセンス HW-DG75Aのおすすめポイント3つ• ハイグレードタイプ• こだわりの洗浄力• 汚れを掻きだすパルセーター ハイセンス HW-DG75Aのレビューと評価 家族分の洗濯物をしっかり洗浄できるハイグレードな洗濯機 独自のパルセーターを搭載し、手洗いのように汚れを掻きだします。 洗濯槽は、洗濯板のような凸凹設計のステンレス槽なので、洗浄力があります。 また、タテ水流とヨコ水流を作り出し汚れを浮かせて取ります。 ハイアール Haier 全自動洗濯機 JW-K70M• ハイアール JW-K70Mの仕様・製品情報 洗濯機スタイル 簡易乾燥機能付洗濯機 洗濯容量 7. 0㎏ 開閉タイプ 上開き 標準コース目安時間 41分 標準使用水量 107L ハイアール JW-K70Mのおすすめポイント3つ• お急ぎコース搭載• らせん状の水流でしっかり洗浄• つけおきモード搭載 ハイアール JW-K70Mのレビューと評価 頼れる洗浄力と時短機能が魅力の洗濯機 新型の3Dウィングパルセーターが、らせん状の水流を生み出し強力洗浄を実現しました。 がんこな汚れは「つけおきモード」と、高濃度洗浄機能でしっかり洗浄します。 時間のない時や、汚れが少ない時は「お急ぎコース」で時短が可能です。 アクア AQUA Hot Water Washing AQW-FV800E• アクア AQW-FV800Eの仕様・製品情報 洗濯機スタイル ドラム式洗濯機 洗濯容量 8. 0㎏ 開閉タイプ 左開き 標準コース目安時間 39分 標準使用水量 57L アクア AQW-FV800Eのおすすめポイント3つ• 泥汚れもしっかり洗う「泥んこ予洗いコース」搭載• 節水性能に優れたドラム式• 安心の除菌機能 アクア AQW-FV800Eのレビューと評価 泥汚れもしっかり落とす機能を搭載したドラム式洗濯機 気なる皮脂汚れや黄ばみも、除菌してしっかり洗浄する「除菌コース」を搭載しています。 標準使用水量は、約57Lで節水性能に優れています。 泥汚れに最適な「泥んこ予洗いコース」で、元気なお子様がいるご家庭でも安心です! シャープ SHARP 全自動洗濯機 ES-GE4B• シャープ ES-GE4Bの仕様・製品情報 洗濯機スタイル 簡易乾燥機能付洗濯機 洗濯容量 4. 5㎏ 開閉タイプ 上開き 標準コース目安時間 34分 標準使用水量 95L シャープ ES-GE4Bのおすすめポイント3つ• スタンダードモデル• 1人暮らしにおすすめ• シワ抑えコースで優しく洗浄 シャープ ES-GE4Bのレビューと評価 一人暮らしにおすすめのスタンダード洗濯機 ボタンひとつで「時短コース」を簡単設定できます。 高濃度洗浄で、頑固な汚れも楽々落とします。 脱水の最後にはパルセーターをゆっくり運転させ、洗濯物の絡みをほぐすので、出しやすくなります。 日立 HITACHI ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SG100BL• 日立 BD-SG100BLの仕様・製品情報 洗濯機スタイル 洗濯乾燥機 洗濯容量 10㎏ 開閉タイプ 左開き 標準コース目安時間 45分 標準使用水量 78L 日立 BD-SG100BLのおすすめポイント3つ• 自動おそうじ搭載• 風アイロン搭載の洗濯乾燥機• 見やすい液晶画面 日立 BD-SG100BLのレビューと評価 アイロンがけなしで、そのまま着れる仕上がりを実現しました 風アイロンを搭載しているので、改めてアイロンがけする必要のない、きれいな仕上がりになります。 洗濯機の気になる汚れも「自動おそうじ」機能で、清潔感をキープします。 見やすい液晶画面で、操作も簡単です。 まとめ いかがでしたか?今回は、洗濯機のおすすめメーカーと、人気機種についてご紹介してきました。 メーカーによって、さまざまな洗濯機が登場しています。 それぞれの特徴をよく比較して、ご家庭に合った洗濯機を見つけてください。 合わせて見たい関連リンク.

次の

【楽天市場】アクア AQUA ドラム式全自動洗濯機 AQW

アクア 洗濯機 評判

【口コミ】私が【アクア 全自動洗濯機 7キロ】を購入した決め手!3つのメリット! 「AQW-GV70G-W」を購入する決め手は【3つ】ありました。 1つ目の理由は、この洗濯機はインバータ機能があるということです。 通常の洗濯機だとモーターは全力回転か止まるの動作しかありませんが、インバータ機能が付いていると回転数を必要に応じて変えてくれるので、音が静かになるというメリットがあります。 これは、特に賃貸アパートやマンション暮らしの場合、騒音が気になりにくいということですので、賃貸暮らしの私にはとても魅力的でした。 実際、運転中にリビングでくつろいでいても音は気になりませんでした。 また、インバータモデルだと消費電力も少なくなるのでオススメです。 2つ目の理由ですが、この洗濯機は、洗濯容量が7キロあるという点です。 私はこまめに洗濯が出来ない人間ですので、洗濯物を貯めてしまうのですが、7キロあると1週間に一度の洗濯でも、問題なく洗濯することが出来ます。 3つ目の理由ですが、この洗濯機は、他の同等機能の洗濯機と比較しても価格が安いという点です。 インバータモデルで7キロだと他社メーカーでは7万円程度しましたが、こちらの商品だと5万円程度ですので、お財布に優しいのです。 【口コミ】アクア 全自動洗濯機 7キロのデメリット! アクア 全自動洗濯機 7キロ(AQUA AQW-GV70G)のデメリットですが、インバータモデルですのでインバータがない普通の洗濯機よりはどうしても価格が高くなってしまうこと。 他社インバータ機能搭載モデルは、水の流れかたなど各社工夫が見られるが、こちらの商品には特にそのような付加機能がない点です。 ですが、インバータ搭載モデルの静音性や省電力だけが必要な方には、価格も安いのでおすすめの洗濯機だと感じました。 上記で、「水の流れかたなど、各社工夫が見られるが、こちらの商品には特にそのような付加機能がない」と言いましたが、アクア 全自動洗濯機もいろいろな機能がございます。 次は機能をご紹介致します。 ガラス面なので、お手入れもサッと拭くだけで大丈夫です。 やわらか脱水 アイロンがけをしたくない衣類やしわになってほしくない衣類や小物の脱水に最適です。 (シャツなど) やさしくコース 布傷みや布絡みを抑えやさしく仕上げてくれます。 標準7. 0kg• すすぎ1回7. 0kg• おいそぎ7. 0kg• 念入り7. 0kg• やさしく7. 0kg• 自分流7. 0kg• 毛布・ふとん毛布4. 2kg• ふとん1. 8kg• おしゃれ着1. 5kg• 槽洗浄あり• 槽乾燥あり 洗濯・脱水容量 7. また、洗濯容量が7キロありますので、一人暮らしで洗濯物を貯めてしまいやすい人やまた、4人家族にもオススメ出来る洗濯機です。 洗濯をこまめにしない!仕事が終わるのが遅い!洗濯機を回せるのが夜間しか無い!という方が使うにはおすすめの洗濯機だと感じました。 特にインバータの静音性は予想以上に素晴らしく、部屋でくつろいでいる時などは、洗濯機を回したことを忘れてしまうほどのものでした。 ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

AQUA(アクア)の洗濯機、気になる電気代や特徴を徹底比較

アクア 洗濯機 評判

我が家の洗濯機は東芝ですが購入してから28年になりました。 さすがにもう黒いカビがいっぱいで汚くなっています。 そこで新しく「アクアAQA-GV80G」の洗濯容量8kgを購入して使った感想です。 ・古い洗濯機は28年も使ってきたので、黒いカビでとにかく汚いです。 触っていると店員さんがやって来ました。 そしてだんだんと機種が絞れてきました。 ドラム式は腰をかがめるので、 将来年をとったらぎっくり腰になるように思いました。 (ドラム式は水道代は安いが値段が高いです) そこで昔ながらの縦型の全自動洗濯機を探しました。 各操作パネルは手前にあるものを選びました。 洗濯脱水容量としては7から8 kg を探していました。 (中が見えにくい機種が多いです。 あっても小さいです。 ) ・アクアという製品に信頼感が出てきました。 ・値段が安いです。 ・蓋を閉める時、手を離すとゆっくりとフタが閉じます。 これってすごい高級感ですね(笑) ・風呂水ポンプが付いている。 ・槽の自動掃除機能が付いている。 (洗濯槽の裏側に付着する洗剤かす等を、水で洗い流してカビの発生を防ぐ。 機種によって日本製と中国製があります。 今回私が購入したのは中国製になります。 店員さんの話では、 アクアは現在は中国の会社です。 ですが技術者は元三洋電機の社員だそうです。 理由は三洋電機が倒産してパナソニックに吸収されました。 しかし洗濯機部門は中国の会社に吸収されたからです。 三洋電機は洗濯機に関しては日本のリーダー的存在で、 次々と新しい機能を開発してきたので、安心できるメーカーだと言っていました。 コインランドリーにはよく、アクアが使われていると言いました。 これで私の不安はなくなりましたね。 汚れを落とす能力も特別変わらないように思います。 カタログに書いてある「風乾燥」は、 別に扇風機があって風を送って乾燥するのではなくて、 洗濯槽の中は凹凸状なので、 高速回転すると風が発生すると言うことだそうです。 たくさん入れると衣類が左右、上下に移動しないので汚れが落ちません。 それどころか洗濯槽の羽根と衣類とが擦れて生地が傷みやすいそうです。 少ない衣類でも水を少し多めに入れた方が、 衣類が上下に回転移動してよく落ちるそうです。 この辺の衣類の状態が透明なガラスの蓋なので、洗濯の状態が よくわかります。 万が一の水漏れを受けるメリットもありますが、 掃除する時に面倒だそうです。 なるほどと私も思いました。 最後に このように「アクア」の全自動洗濯機は、安くて品質も良いし、 透明な蓋なので洗濯の状態がよくわかって、 使いやすいです。 満足しています。

次の