マイクロ ツーリズム と は。 マイクロツーリズム

札幌でプチ贅沢を過ごせる高級ホテル マイクロツーリズムのすすめ「GoTOキャンペーン」は7月下旬スタート

マイクロ ツーリズム と は

マイクロツーリズムとは? 星野リゾート公式サイトより参照 マイクロツーリズムとは、 県境をまたがずに、3密を避けて安全に地域(地元)で過ごす旅を意味します。 「旅」というと海外や国内遠方へ行くことがイメージされますが、マイクロツーリズムは名前の通り「小さい旅」。 あくまでコロナウイルスの感染を拡大させないことを最優先に、地元・地域で安全に旅を楽しむことで、県内の観光の内需喚起を行っていく考え方です。 ポイントとしては、以下の3つ。 家から10分、15分、30分、1時間の範囲を観光する• 地域の魅力を再発見してもらう• 観光産業の雇用を維持する Withコロナ期において、地元の魅力を再発見していこうということで観光産業全体の大きなトレンドになっていく模様です。 参考: 様々なマイクロツーリズムの楽しみ方 「マイクロツーリズム」の流れに伴って、様々な楽しみ方が提案されています。 具体的には、ヨガ・ストレッチ・ウォーキング・ランニング・トレッキング・瞑想などがそれに当たります。 ネイチャーツーリズム 名前の通り、自然の中に身を委ねて楽しむ旅の形です。 日常生活の喧騒から離れて自然の景観を散策して楽しむものです。 散歩やハイキングなど、最も手軽にできそうですね! ローカルキャンプ キャンプ場の企画・運営を手がける は、お住まいの地域にあるキャンプ場でキャンプをし、地元を楽しむ「ローカルキャンプ」を提案しています。 遠出が難しい今だからこそ、普段なかなか行く機会がない自分の住む地域のキャンプ場でキャンプを楽しんほしい、というものです。 それに伴って、感染拡大防止に向けた取り組みと、7月14日までキャンプ場所在地と同都道府県内にお住まいの方に向けた特典なども提供しているそうです。 参考: 1988年、茨城県生まれ。 明治学院大学卒業後、某ITベンチャー企業にて約7年間のSaaSセールスを経験後、独立。 フリーでB2B企業のセールス顧問・コンサルを1年ほど転々とした後にスタートアップに参画。 現在は2社目のスタートアップにてインバウンド向けのWEBアプリを開発中。 都内のオフィスで働きつつ、衣食住はゲストハウスやホステルなどを転々と住み歩くアドレスホッパー生活。 仕事も私生活も「旅するような暮らし」について、イベントや当メディアを通じて発信中。 関連する記事• 2020. 19 こんにちは。 アドレスホッパーのTomoki です。 今回から数回にわけて、Withコロナ時代の新しい旅の形ということで注目されてる「マイクロツーリズム[…]• 2020. 27 こんにちは。 アドレスホッパーのTomoki です。 前回に引き続き、マイクロツーリズムシリーズ第二段ということでお送りします! 目次 1[…].

次の

たった15分でできる最強の「マイクロツーリズム」という考え方

マイクロ ツーリズム と は

マイクロツーリズム・県越え移動・星野リゾート・緊急事態宣言全面解除 政府は5月25日、東京を含む5都道県への緊急事態宣言を解除した。 4月7日に発令した宣言は約7週間ぶりに全面解除となった。 新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立をめざす基本的対処方針も決めた。 新型コロナ第2波を警戒しつつ経済活動を再開させる新たな段階に移る事になる。 いち早く緊急事態宣言が解除された地方と首都圏では、人の動きに違いがみられる。 例えば東京などは、緊急事態宣言前から多くの人が外出し、天気の良い5月の日曜日、日光浴やショッピング楽しむ姿がみられた。 一方、石川県の知人から聞く話では、繁華街である金沢市中心の片町でも人通りが戻っていないといいう事である、これには地方と首都圏のマインドの違いが影響しているように思われる。 街角のインタビューは市井の代表コメントではない 例えば、2020年5月24日付けの石川県の地元紙である中日新聞ではこのような記述がみられた。 道の駅近くの千里浜なぎさドライブウェイは、三十一日まで全線通行止めの予定。 野間駅長は「絶対量は少ないのでまだまだだが、流れが変わってきた。 少しずつ元に戻る兆しが見えてきたかなという思い」と話した。 ただ、都道府県をまたぐ移動の自粛が呼び掛けられる中で、県外ナンバーの車も増えており「手放しでは喜べない」と複雑な心境も示した。 テレビや新聞をみている視聴者や読者の多くの人は気づかないかもしれないが、一般人として紹介されているコメントというのは、決して一般人のの代表でなく、マスコミのディレクターや編集者が自分が表現したい意見をピックアップしているだけのものである。 つまりは、常に意図的なものが含まれていると思ってみた方が良いという事である。 複雑な心境を示したとあるが、複雑な心境なのは、黒川検事長と賭け麻雀をしていた同業の産経新聞や朝日新聞の社員(元社員含む)で、経済を潤すも近場の観光を開放的な空間で楽しむ人たちではない。 なぜ同業者を追求しないのか。 それは追求しないのでなく、追求できないと考えた方が良いだろう。 これからの観光業の戦略について、星野リゾート代表の星野氏の新型コロナ後の観光産業についてYoutube動画「NewsPicks」でのデスカッションが非常に興味深い内容だった。 マイクロツーリズムとは? 先日、星野リゾートの星野代表のアフターコロナの観光産業についてのディスカションが非常に興味深く参考になりました。 星野代表が提唱するのは、 マイクロツーリズムです。 マイクロツーリズムとは、県をまたがない観光、近場の観光の事です。 星野氏によると、日本の観光市場というのは26. 1兆円。 なんとインバウンド需要というのは、そのうちの4. 5兆円しかないという。 とういことと差し引き、21. 6兆円が日本人による日本国内の観光によって占められているという。 ターゲット顧客を3つにカテゴリーに分けると 1. 近場からの観光客 2. 首都圏からの観光客 3. 海外からの観光客 となる。 という事で、緊急事態宣言が全面解除された今、まずは1. 近場の観光客からのターゲットに絞って戦略と施策を準備する事が観光業、宿泊業者にとっては重要になってくる。 26日も、緊急事態宣言が全面解除された事を受けて、日経平均株価は上昇(午前の終値で前日比+455. 39の上昇)を見せた。 これからの観光業の復帰に期待する動きもみられ、個別株では菓子大手でお土産ものを中心に地域限定の菓子製販会社を統括する寿スピリッツは午前だけでも約10%の上昇を見せた。

次の

#がっちりマンデー X マイクロツーリズム

マイクロ ツーリズム と は

みなさん、旅行に行きたくてうずうずしていませんか?自由に旅行できるのをもう少し先のことになりそうですが、新型コロナウイルスによって大きなを苦境に立たされる中、旅行業界では、VRを活用したバーチャルツーリズムや、徹底した感染防止対策などウイズコロナの時代に対応したさまざまな取り組みがなされています。 今回は、旅行の下準備もかね、いつかは行ってみたいあの場所のバーチャルツアーや、誰もが知る有名企業の斬新な取り組みについてご紹介。 ゴールデンウイークで我慢した分、夏休みや秋シーズンの楽しい旅行を想像しながら読んでみてくださいね。 バーチャルツーリズムが流行の兆し 世界中で移動の自由が失われるなか、Googleの「ストリートビュー」を使ったバーチャルツーリズムが旅行業界に根付きつつあります。 以前の記事では、海外の事例をいくつか取り上げてみましたが、国内でも流行の兆しを見せています。 近畿日本ツーリストでは、誰もがいちどは行ってみたいと願う世界各地の有名旅行スポットを360度画像で紹介。 画面にタッチして指をくるくるさせれば、またたくまに旅行したような気分に。 名前だけしか知らないような世界遺産も360度画像で体験すれば、旅行したときの具体的なイメージを鮮明に想像できるのが良いですね。 自分の狭い視野が広げられ、まったく想定していなかった新たな旅行先を発見できるのもまたバチャルツーリズムの醍醐味ではないでしょうか。 古代文明からのメッセージを描いた『スプリガン』というアクション漫画が大好きな筆者は、マヤ文明で知られるカンクンに行きたくてたまらなくなってしまいました。 リアルな旅行の下見としても活用可能なバーチャルツーリズムは、コロナ後も世界中で利用され続けることでしょう。 ハワイやニューヨークにアメリカの大自然セドナ、チェンマイやカンボジア、ベトナム、スリランカなど、近畿日本ツーリストでは世界中のさまざまな観光地を紹介しているので、みなさんも、ぜひお気に入りの旅行スポットを探してみてくださいね。 他にもが「新宿から3秒でハワイ」をテーマに店内でVRゴーグルをかけることでハワイへ旅をするVR旅行事業が立ち上げられるなど旅行業界ではVR、360度動画は定番になりそうです。 チェックイン・アウト、食事、客室、温泉・大浴場・プール、パブリックスペースとすべてのロケーションにおいて、徹底した3蜜回避のサービスを実施し、利用者に心を尽くした安心・安全を提供。 動画を見てもわかるようにこれをやるべきだなという取り組みが総じてなされており、ウイズコロナ時代の新しいおもてなしサービスが細やかに設計されています。 それに加え、ホテル単位でそれぞれの環境に応じたコロナへの対応を講じ、YouTube動画の形でわかりやすく公開。 これまでの当たり前が通用しない困難なミッションを創意工夫で乗り越えていこうとする姿勢が素晴らしいですね。 そのための方策として星野佳路さんが掲げているのが、県をまたがない旅行を楽しむ「 マイクロツーリズム」です。 マイクロツーリズムとは、15分〜1時間圏内の地元の人が主体となった旅行のありかたのことで、海外旅行が高嶺の花だった80年代前半までは日本の観光業の中心であったものです。 例えば、神奈川県在住の人が江の島や箱根へ東京都の人が秋川渓谷や奥多摩に行くといった形でしょうか。 移動にともなう感染拡大のリスクがなく、休日以外での需要も見込めるマイクロツーリズムは、雇用の維持にもつながり、ウイズコロナ時代の観光業にとって欠かせぬ旅行形態となるはずです。 そのためには、地域一体となって情報を発信していくことが大切であり、その一つとして映像の力で地元住民の方々におらが町の魅力を再発見してもらうことで、映像業界が観光関連事業の未来を明るくするようなお手伝いをすることも出来るのではないかと感じています。 すでにYouTubeでは地元の魅力を再発見するようなマイクロツーリズムをテーマにした動画が数多くあがっています。 映像・動画にまつわることであれば、どんな些細なことでも構いませんので、弊社にもご気軽にご相談いただけますとうれしいです。 オンラインでのご相談、フルリモートでに制作にも対応しております。

次の