クジラ の おなか から プラスチック。 楽天ブックス: クジラのおなかからプラスチック

クジラのおなかからプラスチック

クジラ の おなか から プラスチック

『クジラのおなかからプラスチック』 高橋 美徳 美人タレントが美しい海岸で人魚を演じているエステ店のCMを見た。 画像の中にプラスチックによる海洋汚染の短い2カットが挿入されていた。 1950年代から作られ始めた様々な種類のプラスチックは、その利便性からたちまち私たちの生活の中に溢れ、今やプラスチック製品の無い生活は考えられない。 軽くて丈夫でどんな形にも成形できる化学合成素材であるが、ひとたびゴミとなった時これ程の厄介者は無い。 焼却や埋め立て、リサイクルされなかったプラスチックは、風で運ばれたり川に流されたりで結局海に行き着く。 大きなプラゴミは景観を損ねるだけでなく、紫外線によって徐々に細かく砕かれマイクロプラスチックとなっていき、長年月を経ても完全には分解されない。 『クジラのおなかからプラスチック』は小学生向けに書かれていて、表紙や挿絵も可愛く平易な内容でわかりやすい。 サイエンスライターの著者は、将来の地球を真剣に心配して、行動を起こしてくれる読者として小学生を選んだ。 巻頭のプラスチック製の魚網に絡まったウミガメやポリ袋が纏わりついたシュバシコウの写真は人類の罪深さを我々に突きつける。 波間に漂うポリ袋は、クラゲにそっくりだ。 ウミガメやペンギンは餌としてクラゲを食べているので、間違えて飲み込んでしまう。 弱って死んだクジラの胃から80枚ものプラスチック袋が出てきて、死亡原因はポリ袋によって生じた吸収障害だろうと推定された。 小さくちぎれて5ミリメートル以下となったものをマイクロプラスチックと呼び、化粧品や洗顔料に含まれる1ミリメートル以下のマイクロビーズというプラスチックもある。 日本周囲の海は世界海洋の27倍のプラスチック濃度だそうだ。 自国からの汚染もあるが、隣国からの流入も相当量にのぼると考えられる。 東京湾で採れたカタクチイワシの8割の体内からマイクロプラスチックが見つかっており、結局ヒトに摂取されることになる。 プラスチックには有害物質が添加されていたかもしれないし、海でさまざまな有害物質を吸着している可能性もある。 ヒトに対する実害は未解明であるが、内分泌撹乱物質となる可能性が指摘されている。 現状のままプラスチックを作り続けていけば、2050年には海の魚重量をプラスチックゴミ重量が超えると推定されている。 世界主要国は2018年6月に「海洋プラスチック憲章」をまとめ、各国の努力目標を定めたが、日本と米国はこれに署名しなかった。 遅ればせながら日本も2019年4月からの使い捨てプラ削減基本方針をようやく閣議決定した。 使い捨てプラ生産を減らし、生分解性プラへ転換し、リサイクル率を上げる努力をしていかなければならない。 海洋に拡大してしまったプラスチックの回収は困難なので、今後の流出をとにかく減らしていかなくてはならない。 2016年3月、サイエンス誌にPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌が大阪府堺市のPETリサイクル工場のサンプルから見つかり、イデオネラ・サカイエンシスと名付けたとの記事が掲載された。 さらに2018年4月にはこの細菌を研究して米英チームが新種のプラスチック分解酵素を発見している。 今後のプラスチック分解研究発展からも目が離せない。 美しい海を次世代に引き継いでいくために、それぞれの最初の一歩を踏み出す時期に来ている。

次の

私たちも「プラスチックゴミ」を食べている 『クジラのおなかからプラスチック』

クジラ の おなか から プラスチック

最近話題のクジラやカメの中にプラスチックが沢山たまり、死んでしまうというお話。 写真絵本でも何冊か読みましたが、こちらの本はその原因が、子供にも分かりやすく、詳しく書かれています。 レジ袋が川から海へ流れ出て、それが海の生きもの達のおなかに・・・と思っていたのですが、レジ袋などのプラスチックが劣化して細かくなり、マイクロプラスチックとなって、小さな魚の中にも堆積されていく・・・という話には、震撼させられました。 小さな魚を大きな魚が食べ、それを人間が・・・ 海が汚れることは、人間に返ってくるのだというのは、水質汚染の歴史からも分かることですが、それがまた違った形で起こっているのです。 ビニール袋やプラスチック製品は便利過ぎて、使わないようにすることはなかなか難しいことですが、使わなくてもいいところは使わずに済ませる、それを一人一人が実践していかなければならないのだと、改めて考えさせられるのでした。 (hime59153さん 40代・三重県 男の子7歳) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) まったなし!海のプラごみ汚染。 このままでは2050年に海の魚の重量を上回るともいわれるプラスチックごみ。 いま、世界がもっとも注目する環境問題がよくわかる! 【目次】(「BOOK」データベースより) はじめにー世界はとても困っている/1 プラスチックってなんだ?-使うと便利、でも、ごみになると困りもの/2 プラスチックはなくならないー自然にかえらず、残り続ける/3 新たな大問題が起きている!-生態系をこわすマイクロプラスチック/4 海のプラスチックごみを減らすためにーできることからやってみよう 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 保坂直紀(ホサカナオキ) 東京大学理学部地球物理学科卒業。 同大大学院で海洋物理学を専攻。 1985年読売新聞社に入社。 おもに科学報道にたずさわる。 2010年に東京工業大学で博士(学術)を取得。 2017年まで東京大学海洋アライアンス上席主幹研究員。 現在はサイエンスライターとして、海洋や気象、環境問題などをテーマに執筆をおこなっている。 気象予報士の資格も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

クジラのおなかからプラスチックの通販/保坂 直紀

クジラ の おなか から プラスチック

投稿者: amisha - 児童書ですが、大人にも十分響く内容だ。 毎日の便利な暮らしの代償として、自然界で海で何がおきているのか? 沢山の生き物の命が犠牲になっており、その影響は間違いなくヒトにも及ぶ。 そもそも、プラスチックとはどのようなものなのか?どうやってできるのか、素材や性質についても、わかりやすくイラストで紹介されている。 地球の自然分解のサイクルの中では分解できず、ありとあらゆ面で悪影響を及ぼし、現在がある。 最後に、私たちひとりひとりが取り組める具体的な取り組み、社会や企業が目指しているゴールについても触れられており、ひとりひとりの取り組みが国を超えて世界中に反映されるためへの努力を惜しまないことの大切さも説かれている。 コロナ禍は、私たちに考えたり学んだりする時間も与えた。 生きるとは何か。 生き残ったら、これからの人生をどう歩むべきか。 若い人たちだけに委ねず、プラスチックを大量生産大量消費してきた私たちも一緒に答を導き出さねばならない。 紙の本 「捨てた後まで考えてなかった」を私たちは繰り返している。 投稿者: 銀の皿 - 鮮やかな青の網に絡まれたウミガメ、すっぽりとポリ袋に包まれてしまった海鳥。 巻頭の写真の印象がまず強烈だ。 打ち上げられて死んだクジラのおなかから出てきたというプラスチックがずらりとならんだ写真をみると「こんなところにまで」と恥ずかしながら現実に驚くしかなかった。 2018年、日常使われるストローをプラスチック製から紙製に変えていくというニュースが出て、海のプラスチック汚染は広く知られるようになった。 汚染の現状を、まずはプラスチックはどんなものかというあたりから本書はわかりやすく説明する。 プラスチックは現代社会を便利に発展させてきたものの代表の一つであろう。 長所があれば短所もある。 長所があるから急激に広まり、気づかないうちに短所が私たちを困らせるようになる。 公害(昔の言葉になってしまったようだ)や原子力廃棄物など、同じことを繰り返しているようで心が痛い。 「捨てた後まで考えてなかった」を私たちは繰り返している。 便利なものは一度手にするとなかなかやめられない。 せめてポイ捨てをしない、できるだけレジ袋をもらわないなどぐらいは、というのが「あたりまえ」になってほしい。 世界レベルで。 小学生にはまだ馴染みがなさそうな、原子の解説なので少し難しいかな?と感じましたが。 でも、それを踏まえてどんな風に地球に影響を与えているかを、詳しく丁寧に書いてあるところがとても良かったです。 自分の生活にプラスチックが溢れていることに、改めて気付かされるとともに、もうなくてはならない存在になっているものをどうすれば良いのか、頭を抱えたくなります。 絵本やもっと簡単な本を読んで、もっと詳しく知りたくなった子にはいい本かなと思いました。 大人にはあまり目新しい情報はなかった。 口絵のカラー写真は、昨年出たナショジオの写真だし、その時ナショジオで見て読んだ衝撃の方が大きかった。 中国がプラスチックゴミの受け入れを止めたという話も載っているが、その影響がどう現れるのかはよく分からなかった。 「日本国内のプラスチックゴミは、行き場を失いつつあります。 」 P150 ではなあ。 日々大量のプラスチックゴミが出ているはずなので、それはどうなっているのか。 焼却しているのか、細かく分けて他の国々に出しているのか。 それは難しそうだが。 ただ、生分解性プラスチックは、水と二酸化炭素に分解できるものと、普通のプラスチックを混ぜて作っているものとあり、混ぜて作っているものは、分解後プラスチックが残ること、分解する微生物の活動条件に合わないところに捨てられれば分解されないこと、生分解性プラスチックはリサイクルできないので使い捨てであること 考えたら当然なんだけど は知らなかった。 ここはためになった。 大人としては物足りないが、子どもには良い本だと思う。 しかし、プラスチックという文字だけゴシックでいちいち全て強調しなくても良かったのではないかとは思う。 やはり最初の4ページに衝撃的な写真があり、それだけでも、海ゴミの現状を嫌というほど思い知らされる。 私自身が注目した内容は、東日本大震災で津波で流された大量のモノが、その後どうなっているのかだった。 これは、私自身が常に疑問に思っていたのだが、ここで詳しく紹介されていた。 災害などは、意図せず海洋ゴミとなってしまったのだが、人間が暮らしに利用しているモノは、自然分解されないものが多いことを考えさせられる。 また、「マイクロプラスチック」というものが、いかにこの問題を重大なものにしているのかが説明されており、多くの人に知っておいてもらいたい内容である。 飴をくるんでいる小さなプラスチックの包装紙が風で遠くに飛ばされた所で、必死に追いかけて取りに行く人は少ないであろう。 でも、本書や他の関連書籍を読めば、そのうっかりで、生態系を脅かすほどの重大な問題へとつながることは、想像できる。 陸で生成されたプラスチックが風や雨などで行き着く先は、海なのだから。 本書に飴の話はないのだが、自分たちにできることからはじめよう、とよびかけている。 生分解性プラスチックの研究も進んでいるが、まずは極力プラスチック製品を買わないこと。 きちんと分別することだ。

次の