分割定期券 計算。 知ってた!?定期券は普通に購入するより区間を分割した方が安く買える場合があるぞ!【交通費節約術】

JR定期券の分割購入は違法(違反)じゃないの?会社的にOK?|ぷにたび。Z

分割定期券 計算

目次情報• 乗車券の分割をすると安くなる例 僕が以前サラリーマンをしていた時に良く使っていた区間で説明します。 路線図で調べています。 分割するだけで50円も差額が発生してしまうんですね。 普通に切符を買う場合は別に降りなくても良い。 ) なぜ、こういう事が起こるのか?はJRの運賃の計算方法に依存します。 こういう計算方式を取っているため、乗車券を分割したほうが全体の運賃が安くなるという事例が発生します。 下記は「JRおでかけネットの乗車券ルール」から引用してきた、JR本州3社の営業キロ毎の区間料金です。 赤色で囲った枠の所を見て欲しいのですが、営業距離が「11キロから15キロ」は240円、「26キロから30キロ」は500円となっています。 つまり、「11キロから15キロ」の乗車券を2枚買っても、「26キロから30キロ」の乗車券を1枚買っても、 乗車できる最大距離は30キロで同じという事になります。 しかし、料金は?となると「11キロから15キロ」が2枚の場合は480円、「26キロから30キロ」が1枚の場合は500円となりますので、「11キロから15キロ」を2枚購入した方が20円お得になります。 注意:こういう計算方法を取っているので、下手な所で乗車券を分割してしまうと、逆に運賃が高くなってしまう事も有ります。 他にも特定運賃区間の料金体系とか色々と有るようなので、JRの運賃の決まり方について詳しく知りたい方は下記記事を御覧ください。 路線図とかで使って調べても良いのですが、JRの全区間を網羅して、乗車券分割によるお得金額を算出してくれるサイトが有りますので、そちらを利用しましょう。 定期券も同じ理論で節約できます 今までは、普通乗車運賃に限定した説明をして来ましたが、当然「乗車券分割」の考え方は 「定期代金」にも適用できます。 その場合は 「7,790円-220円=7,570円」が、自分の財布に入るなんて事もあり得るかもしれませんね。

次の

分割定期で節約

分割定期券 計算

分割定期で節約 分割定期 購入で節約?! 先日JRの定期を購入する際、分割購入して通常金額より約12%OFFできた。 以前よりパソコンソフト(駅すぱあと)にて、定期券を2分割購入する事で節約できる事を 知って実行してきたが、今回は通勤現場が替わった関連で、分割していた定期券の一方を さらに分割(結果3分割)にしてみて、最大限に節約してみた。 月当たり約¥2,800節約できたので、昨今高騰するガソリン代位はカバーでたかナ!! < 利用区間を分割購入する事で安くなる訳 > JRの運賃は、距離に比例して一定金額で段階的にアップする訳ではありません。 なるべく安い金額の距離区間で分割購入するとトータル的に安くなるわけです。 また定期は6ヶ月でないと効果がありません。 < 分割で定期を購入する時の注意 > Suica(ICカード)で分割購入して使う事はできません。 磁気式の定期券を複数持つ事になります。 現在、自動改札を通過する際、入場・出場の記録が打ち込まれ 揃っていなければ、エラー(メッセージが出る、ゲートが閉まる等)となります。 複数の磁気式定期券を使う場合、当然入場・出場の記録が無い状態となりますので、 エラーにならないように、事前に定期券の 連結処理をしてもらいましょう。 処理は「みどりの窓口」てはなく、改札係員のパソコンで、連続ビット処理をしてもらいます。 連結する定期を渡して「連結処理してください」と言えば、1分足らずで処理してくれます。 分割定期購入は、一般的ではありませんが、 合理的かつ合法的な利用で、 JR東日本としても自動改札機にその為の仕組みを(わざわざ余分な費用をかけて)設けています。 運賃料金体系の矛盾を根本的に見直したら、 JR東日本としては相当収益ダウンでしょう。 Suicaでの分割定期利用が可能となると、分割購入が一般的に浸透し、それも好まないようです。 「ICOCA」 (JR西日本版のSuica)は、分割定期券が1枚で出来るそうです。 さすが、値切りの関西ですね・・・ < Suica (ICカード)1枚で分割購入する裏技 > 分割購入したいが、磁気式定期券を敬遠する方に Suica(ICカード)1枚にまとめられるかも知れない可能性、裏技があります。 それは、「二区間定期」で発行する方法です。 二区間とはA〜BとC〜Dと言った一筆書き出来ない二つの区間です。 この二区間がT状(Y状)に分岐あるいはX状に接続点がある場合 Suica(ICカード)1枚で二区間定期を作る事が出来ます。 これを応用すれば、定期区間分割ポイントが上手く分岐点に一致すれば、 使い勝手の良いSuica(ICカード)1枚を通常価格より安く、 且つ 分岐点から支線のおまけまで付けて発行出来るのです。

次の

JRの通勤定期券は区間を分けて購入(分割購入)すると安くなる!

分割定期券 計算

事例 まずは、具体的な事例のご紹介から。 八王子駅から日暮里駅までの定期を購入すると、 6か月定期代: 114,780 円 それに対して、乗り換えする新宿駅で区切って経路を分割してそれぞれ購入するとどうなるでしょうか。 「この買い方だと、定期券を 2枚持つことになるわけでしょ? 」 と、思われるかもしれません。 実は 1つの定期券にまとめることができるのです。 分割定期券の購入方法 上記の後者の事例のように経路を分割して購入する方法を、「 分割定期券」と呼びます。 この分割定期券の購入方法は、定期券を購入する際に申請すれば 1枚の定期券にまとめて購入することが可能です。 」と伝えれば良いのです。 こうすれば、 1枚の定期券で区間を分割して定期を購入することができるのです。 JRのみしか適用されないことに注意。 今まで見てきた分割定期券による割引は、 JRのみで適用されます。 メトロなどの他社線にまたがっていると、1枚の定期券にまとめて経路を分割して購入することができませんので、要注意です。 どうしても経路を分割して購入したい場合は、定期券を 2枚持ちにするしかありません。 なぜ、安くなるの? 経路を分割して購入すると、なぜ安くなるのでしょうか? 理由は、 他社との競争が激しい区間だからです。 他の鉄道会社との競争が激しい区間では、JR は競争に負けないためにその区間の運賃を通常よりも低く設定しております。 この区間のことを「 特定区間」と呼びます。 この「特定区間」に該当する経路では、定期券代が通常より割安になります。 ただ、割安が適用されるためには、乗車駅と降車駅がどちらも特定区間内である必要があります。 特定区間内の駅から特定区間外の駅までの経路の定期券だと、割安が適用されません。 そのため、経路を分割して購入するか・しないかによって定期券代が変わってくるのです。 上記の例の場合は、八王子駅から新宿駅までが特定区間のため、分割定期券にすることで割安になったのです。 特定区間の詳細は下記サイトをご覧ください。 どの経路が特定区間なのかは下記サイトで検索ください。 通勤手当の節約は、社会保険料の節約になる 定期券実費代を通勤手当として支給している会社がほとんどだと思います。 この場合、支給された通勤手当は非課税となります。 そのため、分割定期券で手当額を低くしたからと言って、社員にとってはメリットが感じにくいかもしれません。 しかし、通勤手当は社会保険料の対象にはなります。 つまり、通勤手当の節約は社会保険料の節約につながるのです。 実際、いくらの節約になるのか。 最初に見た例をもとに、八王子から日暮里の経路で計算をしてみました。 分割購入しなかった場合: 114,780 円• 分割購入した場合 : 96 ,170 円 (どちらも6か月定期) 分割購入をして、通勤手当 18,610円を節約した場合、社会保険料はどれぐらいの節約になるのでしょうか。 雇用保険料 本人負担: 56円 会社負担: 111円 合計 : 167円 通勤手当は所得税の対象にはなりませんが、雇用保険の対象にはなります。 雇用保険料の本人負担分は0. 健康保険料・厚生年金保険料 健康保険料や厚生年金は他の給与額との兼ね合いにより決まるため、一概には言えません。 ただ、 6か月定期分で 18,610円節約ということは、ひと月当たりでみると 3,101円節約したことになります。 月額が3,000円違えば、社会保険料の算定の際に 1等級違ってくる可能性があります。 例えば、 20等級 320,000円が 19等級 300,000円に下がれば、厚生年金の自己負担額は 毎月 1,830円節約できます。 (平成30年5月時点) 毎月1,800円手取り額が変わってくるのは大きいのではないでしょうか。 健康保険料は加入する組合によって料率が異なります。 このように定期券の分割購入というちょっとした工夫をすることで、社会保険料を節約することができます。 ぜひみなさんもご自身の経路がこの制度に該当するかどうか、確かめてみてはいかがでしょうか。

次の