ガンマ アミノ 酪酸。 Γ

【認パフェ】脳の神経伝達物質・γ

ガンマ アミノ 酪酸

関連する用語 てんかん発作(欠神発作)に対する治療薬。 ヒストン脱アセチル化酵素の阻害作用を持つ。 妊婦が内服した場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れがある。 商品名はデパケン。 ナトリウムチャネルとT型カルシウムチャネルの抑制およびGABAトランスアミナーゼの阻害にってGABAを増量させると考えられている。 脊髄性筋萎縮症で減少するSMNタンパク質の量を増やすことが知られている。 コハク酸を介して最終的にクエン酸回路に入る。 抑制性シナプスの神経伝達物質として働くアミノ酸。 GABA(ギャバ)とも表記される。 前駆体はグルタミン酸で、グルタミン酸のカルボキシル基が外れた構造を持つ。 血液脳関門を通過できないため、神経細胞内でグルタミン酸がグルタミン酸デカルボキシラーゼ(グルタミン酸脱炭酸酵素)によって触媒されて生成される。 GABA受容体に結合して神経の興奮を抑える抑制性神経伝達物質として働く。 支持細胞や神経膠細胞とも呼ばれる。 哺乳類の脳には神経細胞の数倍〜数十倍のグリア細胞が存在する。 GDNFやBDNFなど複数の神経栄養因子を貯蔵している。 報酬刺激(快感情)によって細胞外グルタミン酸濃度を減少させ、嫌悪刺激(不快感情)に対しては逆にそれを増加させることで報酬系を維持する。 この調節が破綻するとうつ病の原因となることが示唆されている。 -アストロサイト(星状膠細胞)-オリゴデンドロサイト(稀突起膠細… 2-オキソグルタル酸のこと。

次の

ギャバが含まれる食品一覧|含有量が高いのは穀物・野菜・果物類

ガンマ アミノ 酪酸

脳内で興奮を鎮める神経伝達物資として機能する• 脳内でリラックスや興奮を鎮める作用を示すことがわかっている物質です。 脳障害の後遺症やアルツハイマー型認知症の予防・改善、脳活性化という目的においても有用ではないかという説があります。 [] 認知症に関連する研究では、アルツハイマー病のモデルマウスを使った実験で、GABA抑制機構の異常促進により、記憶障害が発症することが発表されています。 [] ただしGABAは脳の毛細血管にある血液関門が通過できず、サプリメントで経口した場合にも直接脳には届きません。 認知症に対する効果については現時点で十分な研究結果はないため、摂取に関しては今後の研究結果を踏まえて慎重に考えるべきでしょう。 抑制性とはリラックスや興奮を鎮める作用のことです。 英語名はGamma Amino Butyric Acidで。 精神安定化・鎮痛、血圧正常化、内臓機能活性化など多方面の生理作用の研究がなされ、GABAを含む発芽玄米が近年注目されています。 脳機能改善においては脳を活性化せたり、脳障害の後遺症やアルツハイマー型認知症の予防・改善にも有効であるという報告もあります。 [] この中でGABA抑制の阻害剤を投与したマウスと塩水を投与したマウスのモリス水迷路を用いた比較実験も行われており、GABA抑制の阻害剤を投与したマウスの方では記憶障害が改善することを確認しています。 なおGABAは脳の毛細血管にある血液関門を通過できないため、仮にサプリメントなどで経口したとしても直接脳に届くことはありません。 様々な作用があるGABAですが、効果の有無や今後の研究結果などをしっかり整理して摂取に関しては慎重に考えた方がよいでしょう。

次の

γ

ガンマ アミノ 酪酸

Key: BTCSSZJGUNDROE-UHFFFAOYAC 特性 C 4H 9NO 2 103. 17 p K a 4. 23 carboxyl , 10. 機能 [ ] の中枢では、主に、、などに存在し、また・でも神経伝達物質として用いられている( 下の項目を参照のこと)。 では、シナプス前膜から放出され、後膜の膜上にあるGABAに対すると結合して作用を発揮する。 神経伝達物質として [ ] が基本的に興奮性の神経伝達物質であるのに対し、GABAは基本的に抑制性の神経伝達物質である。 GABA作動性のニューロンとしてはのからの投射ニューロン(中型有棘細胞)や、小脳のなどがある。 薬理学 [ ] GABA受容体のないし、GABAの量を増加させる薬は、主として鎮静、抗痙攣、抗不安作用を有している。 この種の薬はしばしばを引き起こす。 GABAはを通過しない物質であることがわかっており、体外からGABAを摂取しても、それが神経伝達物質としてそのまま用いられることはない。 を低下させる作用からか抑制系の反応が現れることもある。 またでは興奮性の神経伝達物質として機能することも明らかとなった。 ラットにおいては、GABAは(の前駆体)への異化作用を増強した。 このようにメラトニンの合成に関与しているため、GABAには睡眠や生殖機能の調節効果があるかもしれないと推測されている。 GABA作動薬 [ ]• Data for Biochemical Research. Oxford: Clarendon Press. 1959 [ ]• 「血圧が高めの方に適する」とされるがある。 GABA含有発酵乳に関する報告があるが、有効性に関する信頼できるデータは不十分。 Beg, A. ; Jorgensen, E. 2003. Nat. Neurosci. 6 11 : 1145-1152. Reproduction, Nutrition, Development 23 1 : 151—60. 1983. J Physiol Sci 58 5 : 317—322. 2008. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報()• - 脳科学辞典 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の