プラウド クラッド。 プラウド・クラッド|ファイナルファンタジー7/FF7 完全攻略(インターナショナル/for PC版対応)

【FF7リメイク】バトルシミュレーター攻略法~トップシークレッツ

プラウド クラッド

聖なる魔法陣を発動させた後は、ATBゲージが2本溜まるまで通常攻撃でダメージを与える。 ファイガを連発する ATBゲージが2本溜まったら、エアリスを操作して、ファイガを聖なる魔法陣の上で発動しよう。 聖なる魔法陣の上で魔法を発動することによって、2回ファイガが発動するため、効率よくダメージを与えられHEAT状態にもできる。 氷の結界を張られたらファイアで剥がす シヴァが「氷の結界」を発動すると、魔法攻撃でダメージを与える事ができなくなるため、ファイアで結界を1つずつ剥がしていこう。 MPが少なくなっている場合は「アスピル」でMPを回復しつつ動こう。 2バトル目|対デブチョコボ戦 デブチョコボの弱点・耐性 物理 魔法 炎 氷 耐性 弱 - - - 雷 風 毒 沈黙 - - 無効 無効 睡眠 スロウ ストップ カエル 無効 無効 無効 - 即死 バーサク いかり かなしい - 無効 - - 固定ダメージ 割合ダメージ 耐性 強 耐性 強 物理攻撃・アビリティ技でとにかく攻める デブチョコボはHPが高いが、強力な技を持ち合わせていないので、開始からアビリティ技を使ってダメージを与える。 一定ダメージをを与えるとHEAT状態になるので、バースト効果の高い技でゲージをあげよう。 追加された魔物は優先して撃破 戦闘中にモーグリのプレゼントから出現した魔物は、優先的に攻撃して撃破しよう。 プレゼントの中でも、トンベリの姿をした「????」は、即死攻撃持ちなので最優先。 バースト中は「正拳突き」で倍率を上げる デブチョコボはバーストの時間が長いので、ティファのアビリティ「正拳突き」を使ってバースト倍率を上げていこう。 「ATBバースト」マテリアのおかげで、バーストした直後からアビリティ技を使える事が多い。 3バトル目|対リヴァイアサン戦 リヴァイアサンの弱点・耐性 物理 魔法 炎 氷 - 耐性 弱 耐性 強 耐性 弱 雷 風 毒 沈黙 弱点 - 無効 無効 睡眠 スロウ ストップ カエル 無効 無効 無効 - 即死 バーサク いかり かなしい - 無効 - - 固定ダメージ 割合ダメージ 耐性 強 耐性 強 ウォータービームを誘発する 戦闘開始と同時に操作キャラを「エアリス」に切り替える。 リヴァイアサンは、攻撃対象が離れている場合「ウォータービーム」と「ウォーターボール」の使用頻度が高いため、近接キャラの2人が攻撃に集中できる。 聖なる魔法陣を発動しておく リヴァイアサンがHEATやバースト状態になった際に、効率よくダメージを与えるため、聖なる魔法陣を発動しておこう。 魔法陣を発動した後は通常攻撃でATBゲージを溜めておこう。 近距離の2人はアビリティ技で攻撃 リヴァイアサンが「ウォータービーム」を使用したら、クラウドかティファに切り替えて攻撃する。 ATBゲージが1本溜まる毎にアビリティ技でダメージを与えよう。 ウォータービームが終わる直前に、操作キャラをエアリスに戻しておこう。 HEAT状態になったらサンダガを発動 リヴァイアサンがHEAT状態になったら、エアリスは魔法陣の上で「サンダガ」の詠唱を始める。 近接の2人は、バースト効果の高い「バーストスラッシュ」と「バックフリップ」を使ってバーストを狙おう。 バースト時にもサンダガを連発 リヴァイアサンがバースト状態になったら、ティファは倍率をあげるために「正拳突き」、クラウドは「ブレイバー」、エアリスは「サンダガ」を使って一気にダメージを与えよう。 空を飛んだら雷魔法か遠距離攻撃 リヴァイアサンが「ダイダルロア」を使うと、本体は宙に移動して近接攻撃が当たらなくなる。 エアリスを操作して「雷魔法」でダメージを与えよう。 竜巻は操作キャラで誘導できる タイダルロアは、リヴァイアサンが空中で舞っている間、フィールドに3本の竜巻が発生する。 3本の竜巻は、自分が操作しているキャラに向かって移動してくるので、操作キャラに竜巻が近づいてきたら、残りの2キャラ空中のリヴァイアサンを攻撃しよう。 4バトル目|対バハムート戦 バハムートの弱点・耐性 物理 魔法 炎 氷 - - - - 雷 風 毒 沈黙 - - 無効 無効 睡眠 スロウ ストップ カエル 無効 無効 無効 - 即死 バーサク いかり かなしい - 無効 - - 固定ダメージ 割合ダメージ 耐性 強 耐性 強 ブレイブモードでカウンターを取る バハムート戦が始まったら、クラウドをブレイブモードに変更してカウンターを狙う。 カウンターで溜まったATBゲージは「反撃の構え」に使い、ティファとエアリスは、クラウドの回復を優先に立ち回る。 反撃の構えでカウンターを取れる技 通常攻撃 反撃の構えで対処可能 ダーククロー 反撃の構えで対処可能 フレアブレス 反撃の構えで対処可能 インフェルノ 反撃の構えで対処可能 エアリアルレイブ 反撃の構えで対処可能 オーラ発動 発動時の衝撃波を反撃の構えで対処可能 クローラッシュ 反撃の構えで対処可能だが、攻撃が長いためガード推奨 ヘビーストライク 対処不可 メガフレア 対処不可 カウントダウンは攻撃に集中 バハムートがカウントダウンを始めたら、3人で集中攻撃する。 カウントダウン中はバハムートからの攻撃が発生しないため、攻撃に専念しよう。 一定ダメージを与えるとHEAT状態に移行するため、バースト効果の高いアビリティで攻撃しよう。 バハムートが浮き上がったら反撃の構えを発動 HEAT状態からバハムートが体勢を立て直した後、「オーラ」を発動させる。 オーラをは「反撃の構え」でカウンターを取れるため、ATBゲージがある場合は狙ってみよう。 ヘビーストライクは左に回避後に右に回避 バハムートが使うヘビーストライクは、ガード不可の魔法攻撃のため回避を強いられる。 メガフレアはウォールを使用していない限り、チームメンバー全員が即死してしまう。 メガフレアの対策として、バハムートが上空から突進してくる「エアリアルレイブ」を使用したタイミングでカーバンクルを召喚するのがおすすめ。 メガフレアによってチームが全滅した場合、カーバンクルが蘇生してくれるためだ。 バハムートだけ集中攻撃 イフリートの攻撃は炎属性だけなので、クラウドの防具に連結させた「ほのお」と「ぞくせい」のマテリアのおかげでHPを回復することができる。 また、どちらの攻撃も操作キャラを対象とするため、回復しつつ攻撃ができる。 メガフレアを打たれると戦闘不能は免れない。 残ったイフリートを倒す バハムートを倒した後、残ったイフリートを倒す。 クラウドを操作しておけばダメージを受ける事がないため、時間をかけても倒せる。 5バトル目|対プラウド・クラッド零号機 プラウド・クラッド零号機の弱点・耐性 物理 魔法 炎 氷 - - 耐性 弱 - 雷 風 毒 沈黙 雷属性 - 無効 無効 睡眠 スロウ ストップ カエル 無効 無効 無効 - 即死 バーサク いかり かなしい - 無効 - - 固定ダメージ 割合ダメージ 耐性 弱 無効 背後に回って攻撃する プラウド・クラッドの攻撃は前方を範囲として強力な攻撃が多いため、背面に回って攻撃する。 プラウド・クラッドの動きは遅いため簡単に後ろを取ることも簡単だ。 エアリスでサンダガを使う プラウド・クラッドは雷属性が弱点になため、エアリスで「聖なる魔法陣」を発動した後、サンダガを連発してダメージを与えよう。 プラウド・クラッドがエアリスの方向を向いてる場合は、クラウドかティファを操作して向きを変えよう。 クラッチで捕まった仲間は放置 プラウド・クラッドに「クラッチ」で捕まると、救出することが不可能なので、右腕を攻撃せずに足や本体を狙ってダメージを与えよう。 バハムート戦より難易度は低いので、落ち着いて対処しよう。

次の

ファイナルファンタジー13:ボス攻略[プラウド・クラッド(1回目)]-FF13攻略通信

プラウド クラッド

皆様こんにちは! 如何お過ごしでしょうか。 コロシアムとバトルシミュレーターのクエストを全部クリアすると、挑むことができます。 HARDモード限定で戦うことができます。 倒すと神々の黄昏という、リミット技が使い放題になるチート級アクセサリが手に入ります。 というわけで、さっそく攻略法について、解説したいと思います。 よろしくお願いいたします。 トップシークレッツ攻略法解説 では、さっそく攻略法について、解説していきます。 パーティーは火力で攻めたいので、クラウド、ティファ、バレットがおすすめです。 始める前に準備 始める前に、準備をします。 準備さえ怠らなければ、勝てます。 まず、 HPアップとMPアップは必ず2つずつ装備しましょう。 これしないとかなりきついです。 そして、 任意の2人の防具にぞくせいとれいきを入れましょう。 これで1回戦ノーダメ突破余裕です。 私はバレットとティファに入れました。 さらに、 1人にじかん、1人にはんいかとバリアを入れましょう。 ヘイスト要因とウォール要員ですね。 私はバレットにじかん、クラウドにはんいかとバリアを入れました。 これで準備万端。 では、攻略していきましょう! 1回戦 シヴァ戦 シヴァは防具にぞくせいとれいきマテリアをセットすれば、ノーダメージで倒すことができます。 あとはバーストさせてバーストしている時に一気に畳み掛ければ勝てます。 ここは余裕です。 作業です。 2回戦 デブチョコボ戦 2回戦はデブチョコボ戦です。 デブチョコボは弱いです。 対策はいらないです。 ティファでデブチョコボの後ろから殴ってればすぐ倒せます。 闘気スフィアを使えばハメられますし、バーストゲージも溜められるのでおすすめです。 3回戦 リヴァイアサン戦 リヴァイアサンは近づけば安全です。 とにかく近づきましょう。 そしてひたすら攻撃すればOKです。 はんいかにバリアをセットし、全体にウォールをかけると被ダメが減って楽になります。 リジェネをかけるのも良いでしょう。 大海衝の構えをしたら、ウォールをかけたほうがよいですね。 召喚は使えるようになったらすぐ使います。 リヴァイアサンがバーストしたらチャンス。 一気に畳み掛けましょう! 後半は空を飛びます。 こうなったら勝利は目前。 バレットで撃っていればバーストして落ちてきます。 ここで一気に畳み掛ければ勝てるはずです。 ここまではなんとかなる。 次が最大の難関。 まぁ、 頭おかしいよね!笑 バハムートとイフリートの同時狩猟です。 モンハンかな? バハムートはカウントダウンをしてきて、0になるとヘルフレアを放ってきます。 イフリートも来るし、焦って攻撃するとやられてしまうので、ヘルフレアは撃たせる気持ちで戦いましょう。 ウォールをかければヘルフレアに耐えられます。 ただ、5000くらいのダメージは受けるので、ヘルフレアの前は体力を回復しておきましょう。 まず、ウォールを全体にかけます。 そして、ガードやカウンターを駆使しながら、慎重に少しずつ攻めて行きます。 焦りは禁物。 例えばですが、クラウドにウォール、バレットにヘイスト、ティファにリジェネをかけさせたりすると、安定します。 役割分担しましょう。 できれば、 ヘルフレアを撃たせてからイフリートを召喚させたほうが、楽かもしれません。 ダメージを調整すると良いかも。 バハムートの体力を減らすと、イフリートがきます。 こうなるとこちらは非常にピンチなので、早いうちにバハムートを倒してしまいましょう。 イフリートを召喚したということは、バハムートはもうすぐ倒せます。 連続で攻めてバーストした瞬間に圧倒的火力で攻めましょう!意外とすぐ沈むはずです。 向こうも実は追い詰められてた。 バハムートさえ倒せれば、イフリートは余裕です。 実は体力は低めに設定されています。 かなり弱いです。 あっさり倒せるはず。 裏ボスは弱いので、実質ここが最難関です。 ここを突破できればクリアできたも同然なので、頑張りましょう!多分HARDモード中最強の難易度です。 どうしてもやられてしまって勝てなければ、 一人防具にぞくせいとほのおを入れてくるのもありです。 自分の一番使うキャラに入れてくると良いでしょう。 これでほのおを無効化できるので、イフリートが驚異ではなくなります。 その場合最初のシヴァ戦はぞくせいとれいきを積んだキャラ一人で倒しましょう。 他の2人がやられても蘇生させずに無視。 どうせ次で生き返ります。 5戦目 プラウドクラッドゼロ号機戦 ラストは裏ボス戦ですが、まぁ、こいつは…弱いです笑 ここまで来れた猛者なら何の問題もなくクリア出来ると思います。 ウォールを全体にかけて、体力が減ったら回復しましょう。 一人捕まったら他の二人で殴ります。 捕まってる一人の体力が減ったら回復すれば死なせずに助けられます。 足を攻撃するとダウンしやすいです。 まぁ、正直普通に戦ってれば倒せると思います。 お疲れ様でした。 総括 いかがだったでしょうか。 正直トップシークレッツ、かなり難しいですよね。 4戦目が鬼門かな。 HPアップとMPアップを2個ずつ装備して、全体にウォールをかけるのがコツです。 そうすれば、割となんとかなるはず。 あとはまぁ、慣れかな? よければ下記の動画をご視聴下さい。 まぁ、多少グダってますが笑 今回の記事及び下記の動画が、少しでも参考になりましたら幸いです。

次の

プラウド・クラッド|ファイナルファンタジー7/FF7 完全攻略(インターナショナル/for PC版対応)

プラウド クラッド

FF7 FF7に登場するボスで、寸胴な本体の頂上から両サイドに2本の腕が伸びたような三脚の青いロボット。 本体と、の3パーツで構成されている。 でのヒュージマテリア作戦の際、の潜水艦ドックで戦うことになる。 時折「」という全体攻撃を仕掛けて大ダメージを与えてくるが、 これは実は。 ただし通常版のみで、インターナショナル版では修正されている。 インターナショナル版ではまたはで軽減するのが有効。 但し、先制で使われる場合もあるので、予め状態になっておくといい。 また、本体を叩くと「」で味方1人を捕まえて行動不能にしてしまう。 しかもその状態で腕に攻撃を仕掛けると、ダメージがそのまま味方に伝わってしまう(これは回復魔法でも同じ)。 この技は耐性無視で回避も一切出来ない。 捕まえた人数によって攻撃パターンが変化する。 味方が1人捕まっている時は空いている方の腕による攻撃か「ラピスレーザー」を使用し、 本体を攻撃した時は反撃の「アームキャッチ」で更にもう1人を捕まえる。 2人捕まっている時は「ラピスレーザー」一辺倒。 3人とも健在の場合は本体を攻撃すると「アームキャッチ」、通常時は腕攻撃か「ラピスレーザー」で攻撃してくる。 「アームキャッチ」で捕まった味方は、捕らえた腕を破壊するか戦闘不能になれば復帰するが、 2人が捕まって1人が戦闘不能になるとゲームオーバーになる。 1人が捕まって他2人が戦闘不能の場合でも同じ。 二人が捕まって戦闘不能になる際、ゲームオーバーの音楽と共に捕まったアームでぐるぐる回る光景はとてもシュール。 海底魔晄炉に登場する機械系の敵は機械でありながら雷属性が弱点ではないことが多いが、 キャリーアーマーは一般的な機械系の敵の例に漏れず雷属性を弱点にしている。 反対に、毒と重力属性は無効。 また、MPも少ないため、「」を数発放てばMP不足を起こし、「ラピスレーザー」を使用出来なくなるので、それを攻略の糸口としたい。 ただし魔法防御が尋常じゃなく高いため、魔法防御無視の以上の召喚のほうがよほど効くのは秘密。 FF7の弱点付きモンスターは総じて魔法防御が高いため、「弱点を突けば楽勝」ではなく「弱点を突けばやっと互角」をコンセプトにしているのだろうか(魔法防御無視の召喚がある以上無意味もいいところだが)。 加えて、ステータス異常全般が無効で、スロウやストップすら効かない(意味はないがヘイストも無効化する)。 「ラピスレーザー」は本体のみの技だと思われがちだが、実は腕の攻撃ターンでも使用することがある。 そのため、両腕が空いているときは最大で「ラピスレーザー」を3連発されることもあるので注意。 腕はラピスレーザーは使用しない。 3連発されることはありえない。 どう考えてもなどより遥かに厄介なため、しばしば「神羅最強のメカ」と称される。 見かけが大きくすれば強い何て言う考えは捨てろと言いたいのかも。 プラウド・クラッドも キャリーアーマーを応用して造られたのなら強かったのかも知れないね。 どこまでも詰めが甘いだろう兵器開発部門。 ただの運搬作業用の機械が自分達のとっておきの対ウェポン兵器より優れていると知ったらが発狂しそうw 登場する時の足音がガシャンガシャンとうるさい。 ラピスレーザーは、1500程度のダメージを与える全体魔法攻撃。 連発されると危ないので、強めの雷属性攻撃やリミット技で一気に押し切ったほうがいい。 初見ではと並んで苦戦させられる。 運搬が主目的のロボットであるはずだが、物語後半のボスたちにも引けを取らない耐久力、侵入者を一瞬にして消し炭と化してしまうレーザーの装備、一度つかんだものは完全に破壊するまで離さない(物品を運搬する際には困る)アームの握力など、神羅の他のどの戦闘用ロボットよりも兵器として優秀である。 そもそもただの運搬用のロボットにレーザーは搭載しないだろうどう考えてもwwww• 前作にもものエネルギーで飛空艇を揺らすがいたな。 こちらも作業用の機械なのに強すぎるだろwww。 もしかしてコイツの設計者は元々優秀な兵器開発者だったかもしれないがハイデッカー辺りに左遷させられ、土木機械を作る仕事をさせられていたが、うっぷん晴らしにコイツを作ったとかみたいな妄想をしてみたり。 久々に更に闘う者達で闘えるので、テンションも上がるのでは?• ちなみに本編中で必ず戦わないといけないボスのうち、をバックに戦うボスはオリジナル版ではこいつで最後となる。 (インターナショナル版ではまだが控えている) アームキャッチといいラピスレーザーといい、どうしてこんな素晴らしい兵器をのちの機械モンスターに搭載しなかったのだろう? プラウド・クラッドなんぞ造るよりこいつを量産した方がよかったのではないだろうか (プレイヤーにとっては悪夢だが) 倒すとを落とす。 こいつのアームキャッチの「脅威的握力」を考えると、ある意味トンチが利いた落とし物に思える。

次の