首吊り 確実。 女の自殺は失敗するが、男の自殺は確実に死ぬ理由

【1553】息子が首をつって自殺しました

首吊り 確実

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。 新しい記事を書く事で広告が消えます。 | 一番簡単なのは首吊り• 一番簡単で確実に逝けるのは首吊り。 自殺方法についてはよく調べた。 結果、薬で自殺しようとしてる人は遊びにしか見えない。 まだ手首や首を切りつける方が死に近いと思う。 簡単とはいえどんな方法だって痛い。 苦しい。 とはいえ、他の自殺方法を試したこともないんだから 比べようがないんだけど。 自殺出来る人ってすごい。 人間は生きるように出来ている。 そのインプットされたデータを完全無視して バグを起こすんだからウイルス同様の破壊力。 いつもはBボタンでダッシュするのに、 ある日突然Bボタンで予備の羽が落ちてくるくらいのバグ。 一番楽に死ねるのは他殺だと思う。 よっぽどの拷問思考の人間じゃなければだけど。 首吊りは失敗が少ない方法らしい。 低い位置のドアノブ自殺は駄目。 無意識のうちにお尻を付けようとしてしまう。 ロープは上から、 よくドラマにあったように 椅子を蹴れば宙に浮いて首吊れますよってのが 一番確実だと思う。 体重が首に行くんだから それはもう凄い力で首が締まる事だろう。 運が良ければ気絶して簡単に逝ける。 完全に運。 運が悪ければ助かって もう二度と自殺できない体になる。 今までは「いつでも死ねる」なんて言えたのに そんな逃げすら叶わない。 「生きてて良かった」なんて嬉しそうな顏を 死んだ目で眺めるだけ。 自殺は甘え。 現実逃避。 人気者で友達がたくさんいて、自慢の恋人がいてお金にも恵まれて ギャンブルで稼ぐことも簡単で、顔も良くて 全てが上手くいく人なら死なない。 死ぬ必要が無いから。 あまりに上手く行き過ぎれば ゲームを全クリしたときのような気持ちになって リセットボタンを押すかもしれないけど、 現実の世界でそんな人の方が珍しいだろう。 自殺するなら一度きり。 思い切ってやること。 私はできそうなことから始めたから 死ぬまでの道のりが長い。

次の

自殺の種類

首吊り 確実

jpさんに掲載された記事です。 はじめまして、生きているだけで限界なわとりんと申します。 メンタル不調を起こしたのはおよそ7年前で、そこから騙し騙し生きてきました。 後にブラック企業に就職してしまい、2年ほど前にメンタルが爆発四散して異常行動を取るようになり、入院・双極性障害と診断され今に至ります。 現状は比較的安定しておりますが、日常生活もままならない日々を送っています。 タイトルの通り、少し暗い話ですが自殺について書きたいと思います。 メンヘラ. jpを見ている方の多くは「死にたい」と思ったことはあるのではないでしょうか?私も毎日のように「死にたい」「(自分に向かって)死ね」って言ってますね。 意識的にではなくほとんど反射的にです。 「熱いやかんに手を触れると勝手に手が引っ込む」みたいな、そんなレベルです。 さて、私は死ぬ可能性の高い自殺方法を3つ試しました。 首吊り・服毒・ガス自殺です。 これを書いているということは、当然いずれも失敗しました。 様々な自殺方法を試した末の結論について、それぞれの体験から書いていきたいと思います。 1.首吊り自殺 私が初めて試した死ぬ可能性の高い自殺方法です。 決行した当時は一人暮らしをしていました。 具体的な方法は書きませんが、ベランダで身長を伸ばす感じで首吊りをしました。 わんわん泣きながら首吊りをしたことをハッキリ覚えています。 普通は首を吊れば死ぬと思うじゃないですか?でも死ななかったんですよ。 確実に意識は飛んだはずなんですが、朦朧とした意識の中でわけもわからず暴れだしたんですよね。 それで落ちてぐったりしていました。 人生で初めて経験するレベルの頭痛に襲われて、身体は全く動かず、排泄物も撒き散らし、口からは吐瀉物が流れ出し、ベランダで1日以上動けずにいました。 頭痛は本当にひどく、何日も続いて、死んだほうがマシだと思うレベルです。 2.服毒自殺 とあるルートで劇物を手に入れ、致死量の倍以上を摂取しました。 当然これも失敗でした。 文字通りの意味で血反吐を吐き、暫くは動けたので救急車を自力で呼びました。 よく覚えていませんが、胃洗浄と中和剤の点滴を打つなどの処置を受けたそうです。 2日ほど入院し、そのまま返されました。 代償はこれもまた、死んだほうがマシとも思える消化器系のダメージによる痛み(ガチで針千本飲んだような痛み)と、頭痛、嘔吐、吐血、酷いものでした。 死んだほうがマシと思える苦痛でした。 ダメ押しに、びっくりするくらいの治療費と入院費がかかりました。 これで親バレしました。 ガス自殺 ガスによる窒息死による自殺です。 詳しい方法は書きません。 このときは実家ぐらしでした。 失敗した後の代償は首吊りと似たようなものでした。 違うのは家族に救急搬送してもらい、酸素吸入とか検査とか色々して数日入院したところです(何も異常はなく医者の先生曰く、運が良かったとのことでした。 滅茶苦茶怒られました。 しかし、3回目はさらなる代償が追加されました。 いわゆる「 」です。 親と医師の合意で、強制的に入院させられました。 自殺未遂を犯した人が医療保護入院になると「保護室」というものに入れられます。 どういう部屋かというと、何もない部屋です。 あるのはベッドと着替えを入れる床頭台、トイレ(洋式おまる)です。 しかもトイレットペーパーとかありません。 そこに1日中閉じ込められます。 かなりつらいですよ。 何もない部屋に閉じ込められて過ごすわけです。 想像以上に辛いです。 私の場合は3日程度で出してもらえました。 しかし人によっては何週間も閉じ込められます。 自分の場合3日で頭がおかしくなりそうになったことを考えると、恐ろしいものがあります。 さて、自殺をしても全くいいことがないことがお分かりいただけたでしょうか。 これだけ書いても「自殺に成功すればいいじゃん」って思う方もいるかもしれません。 関連記事.

次の

首吊り自殺の仕組みと方法

首吊り 確実

首吊り(縊頸) [ ] 固定された索状物に首を掛け本人の体重で頸部を斜めに圧迫すると、頸部の(と)、などが強く圧迫され、脳虚血または窒息状態となる。 これらにより、またはがに供給されなくなり、中枢の機能が停止し絶命に至る。 このことを、法医学では縊頸(いけい、いっけい)と呼ぶ。 多くの場合、自殺に用いられる。 必ずしも足が完全に地面から浮いていることは要さず、足や尻をついた状態でも縊死は成立し得る(非定型縊頸)。 における首吊りは、を使用し、高所より落下するエネルギーを用い、その衝撃で損傷などを起こし、即、意識を失い、確実に死に至らしめる。 頚骨骨折で即死する場合もある。 やの方法である頚椎脱臼と理屈は同じである。 現在の日本の死刑で採用されている絞首刑は、頚動脈洞の圧迫し、血流を阻害する。 へ行く血液が少なくなり、脳幹での酸素量減少で失神状態に陥らせ、死に至らしめる。 過去の歴史や海外の絞首刑では、こうした落下式ではなく、首に掛けた縄を引き上げる方式も存在する。 通常の首吊りの場合でも、(頸動脈洞)が圧迫されるため、(頸動脈洞反射)によって急激に血圧が低下し、痛みも苦しみもなく、平均で約7秒で意識喪失にいたる。 この頸動脈洞反射が起きるため、首吊りは安楽な自殺方法であると言われる。 『』では、「身も蓋もない結論を言ってしまうようだが、首吊り以上に安楽で確実で、そして手軽に自殺できる手段はない。 他の方法なんか考える必要はない。 」と書かれている。 さらに首吊り自体が苦しくない典拠としては「首吊り芸人」というものがあり、これはなどで芸人がゆっくりと首を吊ってみせ意識を失う前に助手に合図して外させる芸で、では定番芸だった()。 の作家、の作品には縊死の描写が多く、『』で縄の滑りを良くし円滑に縊死するための工夫として縄と首にベットリと石鹸水を塗りつける描写がある。 ただし逆に、この頸動脈洞から圧迫箇所がずれてしまうと、窒息で意識を失うまで長く苦しむことになる。 しかし、通常首吊りは角度がつくため、頸動脈洞から圧迫箇所がずれると言うことはまずない。 もちろん、手で首を絞められた場合は、頸動脈洞からずれることもあり、その場合、苦しんで意識を失うことになる。 日本では、自殺の大半が首吊りによるものである。 第三者の発見や紐や縄が切れた外れたなどの理由で未遂の場合は、脳細胞の破壊により重篤な脳障害を残す可能性がある。 や首吊り、あるいは作業現場の宙吊り、乳幼児の不測事態などで、事故として縊死する場合も稀にある。 縊死者の頸部に残る、頸部を絞搾した縄索の痕を「縊溝(いっこう)」 [ ]または、索状の痕なので、索状痕、または、索痕という。 索状痕(索痕)のうち、明らかに溝状に陥凹しているものを索溝と呼ぶ。 ただし、縊死の場合に必ず体表に現れるわけではない。 たとえば着衣の襟に、または頸部に巻かれた襟巻きの類に隔てられ、あるいは用いられた布片の性質によって、肉眼的には、表皮の変化は判然としないことがある。 しかし、全ての場合、死亡に至る圧力が加えられた箇所には顕微鏡的検査により組織破壊が確認出来、また、ほとんどの場合、解剖により、皮下の脆弱な組織に肉眼的に確認できる損傷が観察される。 皮下組織に頸部を周る縊溝の走り方は2ある。 定型的な縊溝は、前頸部を横に通過し、頸の左右両側を同じように上後方に向かって斜めに上昇し、耳の後ろに達し、左右からの縊溝は相近づき、有髪部に消える。 以下の二通りがある。 頸の周りで縄索を結ばずに首を吊る開放係蹄の場合• 頸の周囲で縄索を結び首を吊る結節係蹄の時結節が後頭部中央線に位置するような場合• 非定型的な縊溝は、結節係蹄の時に結節が後頭部中央線以外に位置する時に生じる。 結節が頸部の前方や耳前に位置するような際に生じ、縊溝の走り方は結節と反対側に始まり、結節に向かって斜めに上昇し、結節に当たる箇所で消える。 後遺症 [ ] 首吊り後、早くに脱出あるいは救助されれば、ほぼを残さず生き残れる可能性もあるが、脳血流停止後3 - 4分 を超えてからはやなどに関与する様々な後遺症を残す可能性が高く、また、頚椎、頸髄などに物理的な損傷が加わっていれば、さらに後遺症を悪化させる要因になる。 のは、10月に首吊りを図り一命を取り留めたが、懸命のにもかかわらず、自分の名前の読み書きは出来る・かつての自分の持ち歌をカラオケで歌える・散歩はできるといった程度の回復が限界で、見舞いに訪れた友人の識別ができないなど、重篤なによるやなどを残していた。 首吊り自殺の現場は、いくらかの時間を経て誰かに目撃・発見されることになるが、目撃・発見者は大きなショックを受けるため、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や強迫性障害などの様々な重篤な精神障害を発症する場合が多い。 もちろん、実際の目撃・発見者以外も自殺当事者にかかわったことのある人々もその事実を伝え聞いたとき非常に大きなショックを受け、トラウマや罪責感、大きなショックなど様々な心理的苦痛に圧倒され、PTSD、鬱病、不安障害、希死念慮などの深刻な精神障害・疾患を患う場合が多い。 首絞め(絞頸・扼頸) [ ] ・などの索状物を巻きつけて頸部を水平に圧迫し、気道(喉頭から気管を含む)を閉塞させることで呼吸が出来ないようにすることを、では絞頸(こうけい)と呼ぶ。 絞頸による死を 絞死(こうし)といい、絞頸によるを 絞殺(こうさつ)という。 絞頸による(自絞死)の例は稀であり、結び目を作ったり機械的な動力を利用して絞め上げを補助したりするなど、意識を失っても索状物が緩まないための何らかの工夫を伴う。 手や腕で頸部を圧迫することを扼頸(やくけい)と呼ぶ。 扼頸による死を 扼死(やくし)といい、扼頸による殺人を 扼殺(やくさつ)という。 扼頸による自殺はまず不可能である。 これらは縊死ではない。 出典 [ ].

次の