日産 サニー 事件。 『サニー32』実話!佐世保小6女児同級生殺害事件(ネバダ事件)を映画化!

日産サニー事件(にっさんさにーじけん)とは

日産 サニー 事件

佐世保小6女児同級生殺害事件 2004年6月1日午後、長崎県佐世保市の市立大久保小学校で、6年生の女子児童が、同級生の女児にカッターナイフで喉と左手を切られ死亡した事件。 被害者女子の傷は深く、左手の甲は骨が見えていた。 小学生の女子児童による殺人事件でかつ学校が舞台であり、世間に大きな衝撃と波紋を広げた事件。 記憶から消えかけていましたが、この映画を観て思い出しました。 こんな事件があったんだと… そして、何故に NEVADA ネバダ 事件と言われるのか? それは、事件後で回った写真が原因となります。 加害者少女の来ていた服に「NEVADA」と言う文字がプリントされていたから… その写真から少女は「ネバダたん」とネット上で呼ばれるようになり、犯罪史上最もかわいい殺人鬼として、ネット上でアイドルに祭り上げられました。 海外でもその影響から「Nevada tan」というニューメタルバンドまで結成されています 後に改名。 ピースが3と2で、サニー 32 … だからサニー事件と呼ばれたという事です。 ネバダ事件と、その後のネットでのアイドル化…それを基に 事件から数年後の大人になった加害者少女の運命を描いた作品が『サニー32』と言う映画なのです。 これだけでめっちゃ観たくなる! そんな良い題材と白石和彌監督を要してなんでダメだったのか? 北原里英の演技が下手 一番ダメだったのは、主人公の女性教師藤井赤理を演じる 北原里英です。 ファンの方には申し訳ないですけど、アイドルっていうほど可愛く無い気がするのは俺だけか? まあ、とにかくその北原里英の演技が自然では無いんですよ。 不自然というか、下手なんです。 そんな北原里英演じる藤井赤理は、ピエール瀧やリリーフランキーに誘拐され、初めはキャーキャー騒ぐんですけど、ある時ブチ切れサニー32として開花して行くんですけど、順風満帆なところで…本物のサニー32と名乗る女が出てきちゃうんです。 その本物のサニー32と名乗る女を 門脇麦が演じているんですよ。 ドローン少年ノエルと2ch、ニコ生 映画としては面白く無かったですが、所々に面白い試みもありました。 それはインターネットを使った演出。 ドローン少年ノエルと同じ格好をしたドローンを使う少年が出てきたり、2chやニコ生を使った演出方法。 この部分は現代っぽくて面白かったですね。 キタコレ!とかいう言葉も調べてしまいましたよ。 てか、ドローンって人間乗せて飛べるんですか!? 実際の事件でもネット民の過剰な盛り上がりで、問題となっています。 実際の事件を犯した少女や家族の現在を書いた記事もありましたね。 監督がサニー32で描きかった事 この映画で監督が言いたかった事は、加害者側の気持ちと救いです。 何故なら、加害者の気持ちは濃厚に描かれているけど、被害者家族の気持ちは薄く描かれています。 被害者の部下の記者である川名壮志氏が 「謝るなら、いつでもおいで」というルポルタージュを出版しています。 映画で本物のサニー32を演じた門脇麦の言葉… 人を殺すと罪は償えなくなる…その通りだと思います。 死んだ人は帰って来ないのだから。 門脇麦を主演に、サニー32のその後を描いた方が良い映画になったでしょう。 許されない事件、そして加害者の末路、二度と事件を起こさない為に… 最後は被害者家族と会うと言う様な、実際の事件を、救いのある物語で描いて欲しかった。 白石和彌監督を要して、この映画の出来栄えは残念ですね。 これじゃ、被害者家族の感情を逆なでするようなもの。 佐世保小6女児同級生殺害事件 ネバダ事件 をモチーフに作るべき映画では無かった気がします。 8 あらすじ 冬の新潟の或る町。 仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理 北原里英 は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。 やったのは二人組で、柏原 ピエール瀧 と小田 リリー・フランキー という男。 雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁。 柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。 そのいたいけなルックスゆえに「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」とネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。 赤理は正気を失っていきながらも、陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みるが、それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった——。 公式サイト 予告編(トレイラー).

次の

日産サニー事件(にっさんさにーじけん)とは

日産 サニー 事件

9代目 後期型 販売期間 - (全9世代) ボディタイプ 4ドア 2ドアセダン(初代 - 4代目) (初代 - 6代目) 3ドア(5 - 6代目) 5ドア(4 - 7代目) (初代 - 4代目) (初代 - 2代目) 駆動方式 (初代 - 4代目) (5 - 9代目) (6 - 9代目) 後継 別名 ・サニー 初代~4代目まで サニー( SUNNY)は、がからまで製造・販売していた()。 本項目ではサニーシリーズの基本型となるを中心に記述する。 また、この項目では以下のモデルについても便宜上記述する。 サニークーペ(4代目まで、ただし6代目は名義)• サニーバン(4代目まで、ただし5代目は名義)• サニーエクセレント(2代目、および3代目のみ)• 以下、ハッチバック系。 サニーハッチバック(5代目のみ)• 仕向地によって名称が異なるが、型式がB17であることからB15以前からのサニーの正式な後継車と言える(B15以前の時代も仕向地によって名称が異なっていた点は変わりない)。 概要 [ ] 初頭、日産では型系の堅調な人気を反映し、その後継となる1,000cc - 1,200cc級の小型乗用車・(初代・310型系)が大成功を収め、続く2代目モデルの410型系はスタイリングが市場の不評を買ったものの、小型車市場での地歩を確実に固めつつあった。 しかし、410型系ブルーバードが1,200cc以上を主力とするモデルに移行したため、日産には、それより若干小型で700cc - 1,000cc級のベーシックカーが空位となった。 当時最大のライバルであったは、700cc級のをエントリーモデルとして市場に送り出し、一定の成果を収めつつあり、その他の中堅メーカー各社も、700cc - 1,000cc級の小型車で市場参入を進めていた。 開発陣は開発などの名目で川又社長を説き伏せ、ようやく小型ベーシックカーのにこぎ着けた。 サニーが大成功したことで、川又も部下たちに対し「(サニーの開発を)やっておいて良かったな」と反省の弁を残している。 サニーは日産の最小クラスを担う主力車種として、期から期までのベストセラーカーとなった。 日本のの中でもと双璧をなす存在で、その最盛期には「CS戦争」ともいわれる、販売台数の熾烈な争いを繰り広げたことで知られる。 ボディタイプは2ドアセダンからスタートし、4ドアセダン、2ドア、、2ドア、3ドアクーペ、4ドアライトバン、()、3ドアなどのバリエーションが存在した。 競合車種のカローラ同様に実用性と経済性、信頼性、安心感に優れた大衆車として市場の地位を長い間保っていたが1990年代中期以降、日産車全体の低迷と小型セダン離れ、そして度重なる層の高年齢化などから、での存在感も次第に希薄となり、2004年を以って日本国内での当の消滅を迎えた。 以後そのポジションは(後にラティオと改称、2016年12月を以って海外仕様のみとなり、国内モデルとしてはブランド終了)が担う事となった。 歴史 [ ] 初代 B10型系(1966年 - 1970年) [ ] ピックアップトラック(B20)のみ:1967年 - 1971年 ダットサン・サニー(初代) B10型系 製造国 販売期間 4月 - 1月 5人 2・4ドア 2ドア 2ドア 型 1. 0L 駆動方式 FR 3速AT フロア式4速MT コラム式3速MT 前: ・横置きリーフ 後: 全長 3,820mm 全幅 1,445mm 全高 1,345mm 2,280mm 車両重量 645kg ブレーキ 前: 後: データモデル 1000 当初は2ドアから先行発売された。 大型材を有効に用い、少ない点数で組み上げられた軽量ボディのデザインは、サイズや横置きリーフスプリング使用の前輪構造ともども、(37年)にされた(当時)の、(その版にあたるの・ヴィーヴァを含む)の影響が非常に強いものであった。 の製小型乗用車からの影響は、後輪駆動時代のサニー、カローラ双方において非常に色濃い。 また、この初代サニー用に開発されたのは上好成績をあげ、その後改良を受けつつ30年にわたって作り続けられ、傑作エンジンの評価を得た(当初、1,000ccハイカムシャフト 、、の)。 軽量、簡潔でバランスの良い経済型エンジンであるだけでなく、低回転域の柔軟性と高回転まで軽快に回る良好な特性を備え、エンジンとしてののポテンシャルも高かった。 は当初3仕様だったが、後に5ベアリングとなって強化されている。 発売されると市場で好成績を収めたものの、続いて発売されたトヨタ・カローラのデラックスさをアピールするの前に後塵を拝し、以後長年にわたる両車の販売競争が勃発することになった。 翌1966年2月、約800万通の応募からサニー が決定された。 2月19日 - 東京・の(当時)でサニーの車名発表会が開催される。 同発表会には日産創業者のも立ち会っている。 1966年4月23日 - B10型サニー2ドアセダンを販売開始。 発売当初の車名は「 サニー」(上の車名も「ダットサン」)である。 当初のグレードは「スタンダード」と「DX」の2グレードで構成され、トランスミッションはの3速の1種類のみの設定だった。 4月 - 4ドアセダン発売。 「DX」に4速MT・の「スポーツ」シリーズ、および、クラス初となる3速車を追加。 1967年7月 - 最初のマイナーチェンジ。 3月 - スタイルの2ドア(KB10型)を追加。 荷室はユースに対応したスルー式となった。 1968年10月 - マイナーチェンジ。 テールランプに橙色を追加してブレーキ・ウインカーを独立。 8月 - 一部改良。 これに伴い上級グレードの「GL」を設定。 モータースポーツ• (昭和42年)10月 - の500マイルレースに出場、ワンツーフィニッシュを飾る。 ロクスバーグル・ホワイトフォード組(ともにオーストラリア)がクラス優勝 、・大石秀夫組が2位となる。 これがB10型サニーのメジャーレースでの初陣である。 (昭和43年) - GPでクラス優勝 、総合で6位。 1968年(昭和43年)8月 - 全日本選手権、雨ので宿敵カローラを下す。 ドライバーは。 初代の生産台数は44万7031台• 製造国 販売期間 日本:1月 -5月 5人 2・4ドアセダン 2ドアクーペ バン ピックアップトラック 型 1. 2L 直4 OHV 型 1. フロントサスペンションに本格的な式を採用するとともに、車体はスクエアな形態を保ちつつ若干大型化され、初代モデルの簡素で華奢な印象を払拭した。 1,000ccエンジンを搭載していた初代サニーに対し、1,100ccエンジンを搭載して「プラス100ccの余裕」のコピーを掲げた初代カローラを意識した発売時の広告コピーである「隣のクルマが小さく見えます」は、良くも悪くもこの時代のメーカーと大衆双方が持っていた上昇志向を象徴するものとして、後年まで広く伝えられている。 エンジンは直列4気筒ターンフローOHVの型1,200ccエンジンで、高回転化に適した5ベアリング式へ変更され、当初から5ベアリング4気筒ターンフローOHVを採用していたカローラのに対抗し、それを凌駕することを目指して改良された。 更には、より排気量の大きいエンジン(直列4気筒OHVの等)を搭載したモデルを追加したカローラに対抗するため、ブルーバード1400用の直列4気筒ターンフローの1,400ccエンジンを搭載した上級シリーズの「エクセレント」を中途追加している。 この代にもピックアップトラック型の B120型 が設定されたが、このモデルは乗用車系のB110型生産終了後もマイナーチェンジを繰り返し、日本国内向けは3月までの23年間、海外向けにいたっては9月まで37年間の長きにわたり生産が続けられ、の発売後に至っても在庫分が併売されていた。 後継モデルのB210型系がピックアップトラック化を考慮していないスタイルであったことが理由であるが、B120型の設計が優れていたことも一因である。 B120型系列は「サニトラ」の愛称で広く親しまれている。 市場では当時の市販車中、最良の省車であることが燃費テストによって判明し、市場から評価され、日産車の販売実績向上に貢献した。 1月 - B110型にモデルチェンジ。 1970年4月 - セダン、クーペに型ツインを搭載するスポーティグレード「GX」追加。 2月 - トラックもフルモデルチェンジでB120型へ。 1971年4月 - 4ドアセダン、クーペに「エクセレント・シリーズ」を追加。 オリジナル車に対してが40mm、フロントが130mmそれぞれ延長された。 当初このシリーズの目玉とすべく開発が続いていたは間に合わず、のみでのスタートとなったが、サニーとしては初となる、エンジンである、 のL14型・1,400ccを搭載。 同時期のE20系カローラが1,400cc・直列4気筒 OHVのを搭載して性能面でアピールしていたことに対抗したものである。 1月 - マイナーチェンジ。 内外装の小変更。 1972年8月 - 1200GXシリーズに5速MT搭載車「GX5」を追加。 この56A型トランスミッションは1速が左手前に来るシフトパターンで、5速もでは無く、1. 0:1. 0となるであり、「5速直結」、「GXミッション」などと通称される。 1972年10月 - 第19回に 搭載車を参考出品。 モータースポーツ 日本では、レース(TSクラス)のベース車としても大きな成功を収めており、生産終了後も長期に渡ってで強豪モデルとしての地位を保ち続けたことでも知られる。 110型系の生産終了後、その重量と寸法の増大から後継の210型系での開発・出走を嫌った多くのユーザーからの「」により、数度の延長が行われているが、これは車両の進化が速いレースの世界にあっては極めて異例の措置である。 また軽量で運動性が良く、空気の少ない車体や、旧態依然とした(リーフスプリングに吊られたリジッドアクスル)ながら、高いトラクションとコーナリング性能を発揮する足回りなどとの相乗効果で新鋭のマシンを下す場面もあった。 前述のとおり210型系では積極的なレース活動は行われていないが、310型系のツーリングカーにこの資産は引き継がれている。 11月23日 - 「全日本200マイルレース」TS1300クラスでレースデビュー。 ドライバーは。 鈴木誠一が設立者の一人であるからのプライベートエントリー。 5月 - 「'73」TS aクラスにて「エクセレントクーペ」優勝。 ドライバーは。 その後、B210型の登場後もB110型は1982年までレースで活動を続けた。 5月 - 「74全日本選手権鈴鹿フォーミュラレース」SS1クラスにて「サニークーペ」優勝。 1974年11月 - 「74 JAFグランプリ」SS1クラスにて「サニークーペ」1 - 2位獲得。 5月 - 「75日本グランプリ」TSクラスにて「サニークーペ」2位獲得。 6月 - 「JAF富士グランプリ」TSクラスにて「サニークーペ」2位獲得。 製造国 販売期間 5月 - 11月 5人 2・4ドアセダン 3ドアハッチバッククーペ 2・4ドアバン 型 1. 2L 直4 OHV 型 1. 4L 直4 SOHC 型 1. 5月 - B210型にモデルチェンジ。 ひと回り大きくなり、同社のや、、などにも通じる、市場を意識した曲面要素の多い、抑揚の強いスタイルとなる。 は各型共通で、エクセレントシリーズのみフロントを若干延長している。 この代からクーペは大型の(テールゲート)を持つ形状になった。 エクセレントのクーペはテールランプを丸型3連としたことから、ユーザーからはの噴射口になぞらえて「ロケット・クーペ」、「ロケット・サニー」と呼ばれた。 また、先代同様、1,200ccの型エンジンとエクセレント用1,400cc・型エンジンの2種の排気量を持ち、それぞれにシングルキャブ仕様(GXを除く全車)とツインキャブ仕様(GX)を設定。 引き続きツインキャブのGXグレードには5速ミッション車も用意されていた。 エクセレントにはサーボ付ディスクブレーキが全車に標準装備。 ただし、サニー1200ではデラックス以下はドラムブレーキとなる。 2月 - マイナーチェンジが行われ、エクセレント用のエンジンが1,400cc・SOHCの型から1,600cc・SOHCの型に変更された。 また、1,400ccエンジン車にはかわりにF10型用のOHV・型エンジンが搭載された。 1,200ccのA12型は引き続き搭載。 1976年7月 - 一部改良。 A14 型エンジンにツインを装備した1400GXツイン GX-T 、1400バン(A14型シングルキャブレター) 、1200バンスーパーデラックスを追加。 1200セダン・クーペデラックス系にリアデフォッガーをオプション設定。 2月 - 一部改良。 1400セダン・クーペGL-L・GX-L及び1400 4ドアセダンデラックスを追加。 1400GL以上のバンパーにオーバーライダーを、L仕様車に電動式リモコンミラーを、デラックス以上に灰皿照明をそれぞれ採用しエクセレント1600系にアルミロードホイールをオプション設定。 製造国 販売期間 バン以外: 11月-10月 バン: 11月-7月 5人 2・4ドアセダン 3ドアハッチバッククーペ 2・4ドアバン 型 1. 2L 直列4気筒 OHV 型 1. 3L 直列4気筒 OHV 型 直列4気筒 1. 4L OHV 型 1. 11月 - B310型にモデルチェンジ。 同月、国内登録累計300万台達成。 後のベーシックカーとして、華美に傾き過ぎたB210系での反省から先々代のB110型を彷彿とさせる機能的で簡潔な直線的造形へと原点回帰した。 エクセレントシリーズはがそのコンセプトを引き継いだことから廃止され、全車OHV・エンジン搭載車(1,200ccのA12A型と1,400ccのA14型)のみとなった。 また、このモデルは(トラックはB120型)サニーとしては最後の後輪駆動車である。 北米市場では ダットサン・210として販売された。 2月 - 電子制御噴射装置を搭載する「1400GX-E」及び「1400SGX-E」を追加。 1978年5月 - セダンに「シティ DX」追加。 1978年8月 - 輸出累計200万台を突破。 12月 - 一部改良が行われ、フロンドディスクブレーキが拡大採用され、衝撃吸収バンパーが新設された。 また、バンに「シティ DX」及び「スーパーデラックス -A」を追加し、バンのスタンダード仕様はこの一部改良でさらに廉価仕様となる。 1月 - バックドアを大きく寝かせた、バンとは異なるシルエットを持つ の「 」を追加。 1979年10月 - マイナーチェンジ。 バン以外のフロントノーズのスラント化と同時にリヤナンバープレートの位置がバンパー上に移動され、当時流行の角型ヘッドランプなどを採用(バンを除く)した。 バンは従来顔のまま昭和54年排出ガス規制適合でB311型へ。 11月 - マイナーチェンジ。 1200を1300(1,300ccの型)に、1400を1500(1,500ccの型)にそれぞれ変更し、外装は、フロントグリル中央横方向に一本、カラーラインが入った。 また、フロントグリルはファミリータイプには横バーグリルに青い「S」バッジ、スポーティタイプにはハニカムグリルに赤い「S」バッジが採用されていた。 10月 - セダン・クーペ・ワゴン販売終了。 バンはマイナーチェンジしB312型となる。 10月 - の登場で4ドアバン販売終了。 2ドアバンは継続。 7月 - サニーADバン2ドアの追加により2ドアバン販売終了。 最後のFR駆動モデルであり、B110型同様にTSレースや富士フレッシュマンレースといった下位クラスのレースで活躍した。 5L 直4 CD17型 1. へ移行、もサニー初の駆動となる。 それまで日本国内で「ダットサン」ブランドで販売されていたサニーも、B11型へのフルモデルチェンジを機に正式車名を「 日産 サニー」へと切り替える。 ボディタイプは4ドアセダン、3ドア、5ドアワゴン (カリフォルニア)。 先代モデルまで存在した2ドアセダンは国内向け廃止。 輸出仕様のには継続して設定され、バンはB11型のコンポーネンツを流用した として独立している。 日本国外への輸出ではこれまでのダットサン210から北米のセントラとメキシコのツル以外では「日産サニー」となった。 10月 - B11型にモデルチェンジ。 2月 - 米環境保護庁より北米向けサニーである「」の1. 1の燃費効率と発表される。 9月 - 4ドアセダンと3ドアハッチバッククーペに1. 5Lとしては国産初となる 付 E15ET型搭載の「 TURBO LEPRIX(ターボ ルプリ)」が追加された。 鏡文字で「TURBO」ロゴが入るを特徴とする。 同時に小変更の実施(1. 1982年10月 - 4ドアセダンおよびカリフォルニアにサニー初の車が設定され、直列4気筒SOHC・1. 7Lのを採用した。 最高出力はグロス値で61馬力を発生した。 1月 - 日産創立50周年記念限定車 「サニー50スペシャル」を発売(限定3000台)。 1983年10月 - マイナーチェンジ。 さらにコンパクトカーで世界的に主流となっていたスタイルの3ドアを追加。 搭載エンジンはE15SとE15ETの2種。 同時にカリフォルニアのE15Eエンジン搭載車も廃止となったため、E15Eエンジン搭載車は4ドアセダンのみとなった。 さらにこれと同時に「NISSAN」のロゴが同年の創立50周年を機に導入されたフォントに変更され、廃止された"S"をモチーフとしたサニーエンブレムに代わってフロントグリル右側に付くようになった。 1983年秋 - 第25回にはB11型サニーをベースとした「ニッサン NRV-II」が参考出品された。 樹脂材料を活用した軽量化、E13型エンジンをベースにしたターボエンジンを搭載する等、数多くの技術が盛り込まれていた。 2月 - GLエクストラ発売。 1984年5月 - 特別仕様車GLスペシャル発売。 1984年7月 - 3ドアハッチバック特別仕様車発売。 1984年10月 - 「4ドアセダン1300 GL EXTRA」を追加。 この年、国内販売がカローラに次いで2位となる。 ターボ車のターボチャージャーが式から信頼性と耐久性に優れる式に変更された。 6代目 B12型系(1985年 - 1990年) [ ] 日産・サニー(6代目) B12型系 製造国 販売期間 9月 - 1月 設計統括 5人 4ドアノッチバックセダン 2ドアノッチバッククーペ 米国のみ 3ドアハッチバック ワゴン CA16DE型 1. 5L 直4 E13S型 直4 1. 3L CD17型 ディーゼル1. ボディタイプは4ドアセダン、3ドアハッチバック(1. 3L:303, 1. 5L:305)、5ドアワゴン (カリフォルニア)。 4ドアセダンとほぼ同じスタイルを持った2ドアクーペは国内仕様のラインナップにはない。 さらに、ボディ一体型のウレタンバンパー(上級モデルはカラードバンパー)を採用し、直線・平面基調の独特なデザインとなる。 B11後期で一度消滅したサニーエンブレムが、丸円にSの文字をモチーフにした形に変わって復活。 B13型前期まで踏襲された。 車重はやや増加したが、ボディ剛性や品質面を改善した。 この代から高張力鋼板およびを用いた防錆鋼板 が用いられるようになった。 この点ではデザインともどもVWサンタナの影響が強い。 また、サニー初のはパートタイム方式で、唯一セダンのみに設定されており、リアサスペンションもとなっている。 この代からホイールのが100. 海外でも前作B11型同様、北米は「セントラ」、メキシコでは「ツル」として販売。 アジア圏でもタクシーなどで使われることも多く、香港・マレーシア・インドネシアでもタクシー車として重宝されていた。 9月 - B12型にモデルチェンジ。 「トラッド・サニー」の愛称で呼ばれた。 2月 - クーペのが追加された。 エンジンは型。 1986年9月 - 4ドアセダン及びカリフォルニアにフルオート・フルタイム式4WD(式四輪駆動方式)車を、4ドアセダンに「1500 Super Saloon E」を追加。 同時期の月間販売台数ランキングで首位を獲得(その後、2016年11月のまで日産車は月間販売台数ランキング首位を獲得することができなかった)。 5月 - 4ドアセダンに「Elegant Saloon」を追加。 9月 - マイナーチェンジが行われ、外装ではフロントマスクと特にリアコンビネーションランプやナンバー取付け位置などが変更された。 また1,500ccガソリン車のエンジンが「スーパー・インテークエンジン」と呼ばれる直列4気筒SOHC・12バルブの型 に変更された。 3L車は従来どおりキャブレター仕様のE13S型のみ。 これに伴いE15ETターボエンジン搭載車はモデル廃止。 グレードは「1300 GL」及び「1500 GL」が「1300EX Saloon」及び「1500 EX Saloon」に改名。 また、「1500 SGL」に代わって新たに「1500 SX Saloon」を設定。 セダン及びカリフォルニアの「1500 Super Saloon」系に設定されたフルオート・フルタイム4WD車にはメカニカル式がメーカーオプションで設定された。 1月 - セダンのSuper Saloon系に「ツインエアロルーフ仕様」 および向けの「1600 VR TWINCAM」をそれぞれ追加。 エンジンは5速クロスミッション付きの型を搭載した。 同時に、マニュアルエアコンを標準装備した特別仕様車「1300 EX Saloon G」及び「1500 EX Saloon G」を発売。 1988年6月 - トリプルビスカス式4WD車を追加。 同時に「1500 Super Saloon」及び「1500 Super Saloon E」をベースに後期型「Super Saloon TWINCAM」とほぼ共通のインテリアデザインを採用したほか、オートエアコンとマットガード、専用ホイールカバー、フロントサイドオーナメント、ゴールドエンブレム等を特別装備した特別仕様車「1500 Super Saloon TRAD」と「1500 Super Saloon E TRAD」を発売。 車体色はクリスタルホワイトのみ。 1月 - セダンを中心に一部改良(実質的には仕様変更扱い)。 最終型となる。 「1600 Super Saloon NISMO」および「1500 Super Saloon E NISMO」を追加。 「Super Saloon」シリーズは装備の追加およびシート表皮等の変更に伴い「Super Saloon SPLEND」シリーズに改称。 また、「1300 EX Saloon」及び「1500 EX Saloon」は外内装の仕様変更に伴いグレード名を「1300 EX」及び「1500 EX」にそれぞれ改称。 これに伴い、グレード整理の対象として「1500 SX Saloon」が廃止された。 1989年5月 - セダンの「1500 EX」をベースにマニュアルエアコン、ホイールカバー、全席パワーウィンドゥ、電動リモコンドアミラー等を標準装備した特別仕様車「Elegant Saloon」発売。 前期型以来、2年ぶりにグレード名が復活した。 製造国 販売期間 日本:1月 - 1月 設計統括 5人 4ドアセダン 1. 8 SR18DE 1. 6 GA16DE 1. 5 GA15DS 1. 3 GA13DS ディーゼル 1. ボディは4ドアセダンのみ。 クーペモデルはサニーの名を冠せずとなり、の後継としての役割を担う。 エンジンはガソリンエンジン全車をDOHC化。 シングルチェーンを用いた上下2段のでカムシャフトを駆動している。 6LのGA16DE型のみ同社初にしてサニー初のメカニカル式機構が装備されている。 サニー初の1. 8Lガソリンエンジンも設定された。 グレードは1. 8GT-Sで、専用外装パーツ、DOHC16バルブ・プレミアムガソリン仕様・140仏馬力の型を搭載。 上級グレードであるスーパーサルーン系は、エンジンや駆動方式を問わず、8種類用意された外装と内装を自由に組み合わせることができるスーパーセレクション方式を採用。 組み合わせにより、外観はノーマルのままで内装のみ「GT-Sインテリア」という選択や「ラグジュアリーインテリア」に「GT-Sルック」という選択も可能であった。 また、ラグジュアリーインテリアとラグジュアリールックを同時選択した場合のみ、このクラスとしては極めて珍しい「電子制御式サスペンション」も装着可能であった。 このモデルから多くのグレードに油圧式のがメーカーオプション。 なお、1. 8GT-S以外のグレードでABSをメーカーオプションで装着するとリアブレーキがとなる。 一部の塗装色に限り、メーカーオプションでスーパー・ファインコート塗装(樹脂塗装)が選択することが出来た。 4WDは1. 5L車にはフルオート・フルタイム4WD(ビスカス式)、1. 8L車にはアテーサ(ビスカスLSDによるセンターデフ式)、ディーゼル車(後に追加)はパートタイム4WDを採用。 ディーゼル車はマニュアルのみ。 - B13型にモデルチェンジ。 10月 - 5ドアワゴン のカリフォルニアがフルモデルチェンジ。 こちらは2代目とボディをほぼ共有するため型式がY10型となる。 1月 - 1. 6LのスーパーサルーンeをベースにラグジュアリーインテリアとGT-Sルックを装着し、4本スポークの本皮革ステアリング等を装着した特別仕様「25th ANNIVERSARY」を発売。 同年5月には、1. 5LのスーパーサルーンやEXサルーンをベースにした同名の特別仕様も登場した。 1月 - マイナーチェンジが行われ、フロントグリルのエンブレムがSマークから日産のCIに変更。 バンパー、プロテクターの形状変更。 ホイールカバーのデザイン変更。 同時に九州工場での生産を開始した。 12月 - 日本での生産終了。 B13セダンは2016年の時点においても工場で「()」の名称で数回のアップデートを重ねつつ現地生産されている。 1月 - 日本での販売終了。 8代目へフルモデルチェンジ。 - メキシコを除く海外向けB13型の販売終了。 - をもってメキシコ仕様の「ツル」の生産終了を発表。 7月 - メキシコ仕様の「ツル」が名実ともに販売終了。 サニーは名実ともに51年の歴史に幕を下ろした。 製造国 販売期間 1月 - 9月 設計統括 5人 4ドアセダン 1. 8 SR18DE 1. 6 GA16DE 1. 5 GA15DE 1. 3 GA13DE ディーゼル2. 5 Super Saloon 5速MT (前期型) 別名 米国:(4代目) ユーザーの若返りや大幅なコストダウン を課題として開発された。 ボディタイプは4ドアセダンのみ。 ただしクーペモデルのは、前期型のみサニー・ルキノの名でも販売されていた。 ホイールベースを延長(B12型およびB13型に対して105mm延長)、居住性を向上させ、FF車のリアサスペンションに新開発のマルチリンクビームと呼ばれる、ラテラルロッドにスコットラッセルリンク機構を採用したアクスルビーム式を採用。 4WDシステムはガソリン車は日産がフルオート・フルタイム4WDと呼ぶビスカス式、ディーゼル車にはセンターデフ式のを採用。 また、ガソリンエンジンはすべてマルチポイントインジェクション化。 直列4気筒DOHCエンジンの1. 3L 型と1. 5L 型を改良して搭載。 「スーパーツーリング」にはプレミアムガソリン仕様の1. 8L 型またはレギュラーガソリン仕様の1. 6L GA16DE型を搭載。 ディーゼルエンジン車は2. 0Lの型となった。 その後、B14型登場から4か月後に「1. 5EXサルーン」をベースに仕様の1. 5L GA15DE型エンジンに換装した「1. 5CX」を追加。 1月にはセダンの一部が変更。 スーパーサルーン、EXサルーン、CXのグリルをメッキ化し、リアフィニッシャーをボディカラー化。 このほか、1. - 3月のの閉鎖に伴い、次期型の生産をに移管することを発表。 1993年 - B14型にモデルチェンジされた(発表。 ただし発売開始は)。 1995年1月 - セリエとの兄弟車であるルキノ3ドアハッチバックが追加。 同時にセダンの一部改良を行い、運転席SRSエアバッグが特別装備の特別仕様車を発売。 1995年 - 座間工場での生産終了。 1995年9月 - 中期型にマイナーチェンジされ、内外装をフェイスリフト。 リアデザインが大きく変わり、リアコンビネーションランプが大型化された。 また、運転席SRSエアバッグが全車標準装備された。 5月 - 後期型にマイナーチェンジされ、内外装変更。 大型のフロントグリルが与えられたほか、リアターンシグナルランプのレンズ色を赤色化(点灯時は橙色)、前席デュアルSRSエアバッグ、が全車標準装備される。 SR18DE車が廃止されたのでスーパーツーリングが1. 5Lと1. 6Lになった。 9月 - ディーゼル車を含めた全グレードの生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 10月 - ディーゼル車を除きB15型へのフルモデルチェンジを行い販売終了。 9月 - ディーゼル車もモデルチェンジして販売終了。 モータースポーツ エンジンをSR20DEに換装したB14型サニーが1994年・1995年のオールシーズンと1996年のシーズン途中まで参戦。 1995年にで行なわれた第9戦(第2ヒート目)で、・サニーを駆るが、ジャックス・を駆るとの激闘を制する。 ちなみに、このJTCCレースカーはその後、東南アジア・ツーリングカー・ゾーン・チャレンジ(SEATCZC)に地元チームの手で参戦。 現在は日産の座間事業所内にある座間記念車庫に保管されている。 B14型サニーの参戦記念モデルとして、では1. 8Lの4ドアセダンをベースに、「NISMO 180R」というロードコンプリートカーを企画。 車名は最大出力である180馬力に由来し、走行可能なプロトタイプが1台のみ製作されたが、市販化はされなかった。 エンジンはSR20DE型のファインチューニング版を搭載し、ニスモ製強化サスペンションと15インチアルミホイールに加え、専用をフル装着。 搭載されていたエンジンとトランスミッションは、同年発売のとB14型ルキノクーペとN15型のパルサーセリエ及びルキノハッチをベースとした「AUTECH VERSION」 にSR20DE改良型として搭載され、発売された。 製造国 販売期間 日本: 10月 - 10月 設計統括 深井吉男 5人 4ドアセダン 1. 8 QG18DD 1. 6 SR16VE 1. 5 QG15DE 1. 3 QG13DE ディーゼル2. プラットフォームは。 ただし、ディーゼル車は1999年9月まではB14型車が併売されていた。 開発主管は、B14型に引続き深井吉男が担当。 また、歴代サニーとして最初にして最後となる、ハイパーの搭載モデルが存在した。 さらに、ホイールのがB11型系以前と同じ114. 3mmに戻る。 ヘッドランプのバルブは希少なIH01型を採用。 スポーツグレードである「1. 6 VZ-R」には、B14型系ルキノクーペやN15型系のパルサー及びルキノハッチで採用された青いヘッドカバーの1. 6L「」エンジン型を搭載。 無鉛プレミアムガソリン仕様。 トランスミッションは5速MTのみ。 4輪ディスクブレーキを装備し、エアコンはマニュアルエアコンのみの設定で、「スーパーサルーン」系に匹敵する快適装備を有する。 当時サニーを求める層は高齢化が進んでいたこともあり、312台弱の販売にとどまり、8月に販売終了。 - B15型にモデルチェンジ。 9月 - YD22DD型NEO Di直噴ディーゼル搭載車の「2. 2Di スーパーサルーン」および「2. 2Di EXサルーン」を追加。 同社の国内向けセダン型小型乗用車としては 最初にして最後の搭載であった。 1999年11月 - 北米向けセントラCA Clean Air がカリフォルニア大気資源委員会 California Air Resources Board の制定する排気基準値とベーパー(ガソリン)排出ゼロ規制値をクリアし、またガソリン車として世界初の車載故障診断システムレベルII OBDII 要件に合致している車として認定された。 9月 - 内外装の一部を変更し、グレード体系を変更。 SR16VE型搭載の「1. 6 VZ-R」が廃止された。 12月20日 - 「1. 5 スーパーサルーン SVリミテッド」および「1. 5 EXサルーン SVリミテッド」を追加。 5月13日 - マイナーチェンジが行われ、フロントマスクの変更、バンパーは全塗装化および大型化された。 さらには、アクティブヘッドレストの採用および内装の仕様変更がなされたほか、排出ガス規制強化にともない2. 2L直噴DOHCディーゼルエンジン YD22DD と1. 8L NEO Di直噴ガソリンエンジン QG18DD がラインナップから落とされる。 車名ロゴが「 Sunny」から、の「 SUNNY」に変更され、CIも現行のものに変更された。 5月20日 - 日産自動車創業70周年記念車を発売。 5月 末- 日本国内向けB15型の、並びに生産終了。 以後は在庫のみの対応となる。 2004年 - 日本国内向けB15型の販売終了。 日本国内向けとしては38年の歴史に幕を下ろした。 以後、同社のこのクラスのセダンはが担うこととなる。 2月 - パキスタンへ輸出開始。 - 海外向けB15型の生産・販売終了。 7代目のメキシコ仕様である「ツル」を除いたサニーは40年の歴史に幕を下ろした。 モータースポーツ• - SCCAスピードワールドチャレンジ・ツーリングカーシリーズに北米向けB15型「セントラSE-R」が参戦。 2004年6月 - 第3戦 レキシントン ミッドオハイオ・スポーツカー・コース 3位入賞• 2004年7月 - 第4戦 インフィネオン・グランプリ ソノマ インフィネオン・レースウェイ 3位入賞• 2004年7月 - 第5戦 インフィネオン・グランプリ 24位完走 取扱販売店 [ ]• 取り扱いは日産と。 1999年の販売網再編以前までは(現・)の専売車種であった。 車名の由来 [ ] 車名の由来は「」や「た」を表す英単語「」より。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 旧出身。 長く社長・会長を務め、日産自動車中興の祖と言われた。 ハイカムリフトではなくカムシャフトの位置を高くしてを短く(軽く)する手法。 「太陽がいっぱい」と言う意味。 一般公募により、応募総数848万3,105通の中から名づけられた。 この時点で「サニー」はにより登録されていたので、ソニーからの許諾をとった上で商標とした。 Aクラス:ベースモデルの現地での販売価格が1,800オーストラリアドル以下。 1,100 cc以下クラス、ドライバーは。 型式名の10の位にあたる「2」は、日産の命名規則で小型を表す。 ただし、翌年に起こったのため、ロータリーエンジン車の開発は中止されている。 ただし当時はステーションワゴンではなく(5ドアハッチバックの) セダン扱い。 7月に当時の社長の方針で、国内外で展開していた「ダットサン」ブランドを廃止し「日産」ブランドへの統一が発表された(ダットサン・ピックアップを除く)。 車検証に記載される車名も「 ダットサン」から「 ニッサン」に切り替えられた。 1981年当時はまだ(5ドアハッチバックの) セダン扱いだった。 当初は前身車種の流れから、販売系列ごとに「ダットサンADバン」「サニーADバン」「パルサーADバン」の車名であったが、のマイナーチェンジで「ADバン」の車名に統一。 4Lターボを1982年2月に搭載。 1985年当時はまだ(5ドアハッチバックの) セダン扱いだった。 同社では「 デュラスチール」という名前で呼ばれていた。 後にこのシステムはU12型の等に搭載されたへと進化を遂げた。 電子制御 ECC 仕様の・85仏馬力と電子制御の・97仏馬力。 いずれもカムシャフトの駆動用に耐久性に優れたタイミングシングルチェーンを採用、廃止の口火を切る。 世界初の電動ツインスライド式のガラスサンルーフ。 当モデルよりそれまで使用されていた「4WAS」から順次「ABS」に変更されていくことになる。 しかし実際はB12型カリフォルニアまでは ワゴンではなく 5ドアハッチバックを名乗っていた。 なおY10型カリフォルニア移行後、正式に ワゴンを名乗るようになった。 メンテナンスは東名エンジニアリング。 開発・販売は。 出典 [ ] []• デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第20号3ページより。 『絶版日本車カタログ』三推社・講談社68頁参照• デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第70号7ページより。 2020年1月18日閲覧。 、2016年10月27日。 朝日新聞 1993年2月24日朝刊1面• リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 当時の競合車種• - B12型系の• - B13型系のクーペ• - B14型系のクーペ• - 事実上の後継車種。 2016年12月を以ってブランド終了。 - 5代目までは北米向け5~9代目サニー。 6代目のみ日本未発売。 - 7代目セントラ。 日本では3代目として販売されているが、型式はサニー系のものを継承している。 - との統合後継車• - B11、B12型系のより高級な。 扱い車。 - B15型系ベースの高級車• - 強盗殺人事件。 この「日産サニー」とは本車両のことではなく現場となった サニー販売会社のことである。 - 名前のサニーはこの車から来ている。 外部リンク [ ]•

次の

日産サニーの歴代名車!トラックやクーペも!事件とは?中古は?

日産 サニー 事件

1967 昭和42 年10月27日深夜、福島・いわき市の「日産サニーいわき営業所」で、宿直員の星雅俊さん 29 がメッタ刺しにされて殺害されるという事件が起こった。 半年後、窃盗容疑で逮捕されていた電電公社職員・斎藤嘉照 29 が涙ながらに犯行を自供。 その後、否認を始めたが無期懲役が確定した。 1988 昭和63 年に出所した斎藤は再審を請求し、冤罪を訴える。 1967 昭和42 年10月27日0:00頃、福島・いわき市内郷御厩町天上田、「日産サニーいわき営業所」に何者かが侵入、宿直員・星雅俊さん 29 が20数ヶ所刺されて殺害され、金庫から封筒入りの現金2100円が奪われるという事件が起きた。 現場は格闘の跡があり、血がつき折れた果物ナイフが見つかった。 これは刃渡り10. 6センチのステンレス製のもので、先端部分は四角の、皮をむくぐらいしかできない刃物である。 また市内では1967 昭和42 年7月から11月にかけて、計15件の事務所荒らしが相次いで起こっていた。 日産サニー事件の犯人像は「土地カンがあり、若い男、ノビの常習犯」と見られたが、捜査は難航していた。 1968 昭和43 年4月27日、市内の鍬倉神社 通称県社 境内で、電電公社職員・斎藤嘉照 29 が、神社の縁の下にあった大工道具を盗んだ容疑で別件逮捕された。 斎藤に前科はなく、この窃盗事件は本来なら始末書だったり、48時間拘留したあと略式起訴で終わる事件だった。 だが思わぬ展開を見せる。 「日産サニーに夜12時ごろ1人で入り、宿直員に見つかってしまい、夢中で近くにあった鉄棒でめちゃくちゃに叩いてしまった。 相手の人は死んだと思う」 「日産サニー事件については何も取調べをしなかった」 1審公判での取調官証言 というが、5月7日、斎藤は宿直員殺しを号泣ながら自供。 翌日、強盗殺人で起訴された。 犯行を自供していた斎藤は、福島地裁いわき支部第3回公判の、なぜか午後から否認 午前中は認めていた。 これによると、午前の法廷が終わり、拘置所に戻った時、転びそうになって壁に頭を打った。 そのことで、「目が覚めたような感じになった」と後に語っている。 1969 昭和44 年4月2日、福島地裁いわき支部、無期懲役を言い渡す。 地裁判決の事実認定は以下のようなものだった。 「被告人は金品を奪う目的で、ドライバーを携え、日産サニーいわき支店の金網を乗り越え、風呂場の窓ガラスをドライバーで割り侵入。 西側工具室にあった鉄棒を持って、表川事務室やサービス課事務所を物色中、宿直員に気づかれた。 宿直員は果物ナイフで応戦し、格闘になったが、被告人は鉄棒で宿直員を殴りつけたうえ、宿直員の果物ナイフを奪って刺し重傷を負わせた。 その後、宿直員を工場内にあったロープなどで縛ったうえ、布で猿ぐつわをした。 しばらくそのまま物色していたが、宿直員のうめき声が聞こえてきたため、頚部などを切りつけ殺害した。 事務室の手提げ金庫から現金を盗り、宿直室にあったズボンを奪って逃走した」 1970 昭和45 年4月16日、仙台高裁、控訴棄却。 1971 昭和46 年4月19日、最高裁上告棄却。 無期懲役確定。 この事件は冤罪だった可能性の高い事件とされる。 その根拠は次のようなものだ。 実際に使われたのはアイクチのようなものである。 5センチの靴を履いていた。 以上のことから判ることは、斎藤と殺人現場を結びつける物証は何もないことである。 こうした事実がなぜ後になって出てきたかというと、1審の弁護人は平事件などを担当した元検事だったのだが、この弁護人は当初から有罪という先入観を持ち、調書の閲覧や分析といった作業をしなかったから、とされる。 また家族の証言ながらアリバイもある。 斎藤の母親によると、事件当夜、斎藤は弟と一緒に運転講習会からバイクで帰ってきて、そのあと家からは出なかった。 公判では、帰宅した後、「煙草を買いに行く」と出かけ、そのまま犯行に及んだとされる 翌0:00半頃には泣き出した子どもをあやしている。 斎藤はサービス精神が旺盛なのか、嘘をついてでも相手を喜ばせるというような性格だったとかつての同僚も証言している。 時にはすぐにわかるような嘘もつく。 またわからないことがあると、頭が混乱することが多かったという。 電電公社でも電報配達から内勤に移って、タイプライターなどを扱わなければならなくなった時、混乱してうまく打てなかったという。 「こうした性格だから、取調官に迎合するかたちで自供してしまったのだ」とする主張もある。 斎藤が宮城刑務所で服役していた1980 昭和55 年夏、父親が頼んだ折原俊克弁護士は斎藤と初めて面会した。 この時、折原弁護士は冤罪事件であることを確信し、再審に向けて行動を開始、翌年には「日産サニー事件真実を明らかにする会」が発足した。 斎藤は服役中仮釈放が遅れるため再審請求をしなかった。 そして仮釈放の日も近づいて持ち帰るものなどを整理していた頃、新聞に再審請求の予測記事が載ったため延期となった。 1988 昭和63 年5月1日、斎藤、仮出所。 すぐに冤罪を訴え、7月18日に再審請求書を提出した。 1992 平成4 年3月23日、福島地裁いわき支部は、再審開始の決定を出す。 仙台高検は即時抗告。 しかし1995 平成7 年5月10日、仙台高裁、再審請求を棄却。 一度見えかけた光は、また消えてしまった。 81歳の母は「神も仏もねいわ」と呟いた。 1999 平成11 年3月10日、最高裁も抗告棄却。

次の