韓国経済日本の底力。 /);`ω´)<国家総動員報 : 韓国経済「11年周期で経済崩壊!」日本「黒点周期説は神秘!」韓国「外れたけどな」日本「黒点周期が延びて今年だけどな」→

韓国経済、【目標の1万ウォンを目指せ】来年の最低賃金、爆上げvs削減で意見まとまらず 文大統領の判断やいかに│韓国経済危機&崩壊特集

韓国経済日本の底力

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に たろうちゃん より• に rom専 より• に 零戦搭乗員 より• に たろうちゃん より• に とおりすがりMan より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 1,000件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

優秀な韓民族の底力を見せる!経済10位圏の韓国がいつまで日本の技術使うの?日本規制緩和にも韓国業界国産化進める 韓国の反応

韓国経済日本の底力

日本のEUVフォトレジスト輸出規制緩和措置について、国内半導体業界は一旦安心しながらも、国産化推進方針には変化がないという立場である。 22日、当局と関連業界によれば、日本経済産業性はさる20日韓国に輸出される半導体素材であるEUV用フォトレジストの輸出審査と承認方式を「個別許可」から「特定包括許可」に変更する包括許可取り扱い要領一部改訂令を公示した。 改正領はこの日直ちに施行されて、フォトレジスト輸出許可実績が年間6件に達した日本企業が韓国企業にずっと輸出する場合、最長3年間は毎度許可を受ける必要がなくなる。 半導体超微細工程に必ず必要な素材であるフォトレジストはJSRや東京岡工業など日本業者が市場全体の約90%を占有するなど、事実上独占している。 サムスン電子とSKハイニックスなど国内半導体業界は、当分日本産高品質フォトレジストを輸入することができるようになった。 にもかかわらず「不確実性は相変わらずである」と「素材国産化を始めとする供給では、多変化はずっと試みるしかない」と、異見がない雰囲気だ。 先立って日本経産省は、8月末韓国に対する経済報復発表以後、49日ぶりに初めてフォトレジスト輸出許可を承認したことがある。 先月中旬には高純度弗化水素輸出も許可するなど、断続的に輸出許可をしている。 このために国内半導体・ディスプレイ業界は台湾、ヨーロッパなど世界各地に購買チームを派遣して、超高純度フッ化水素とフッ素ポリイミド、フォトレジストの確保に総力戦を広げてきた。 LGディスプレイは国内大企業のうち初めてOLED 真ちゅう器発光ダイオード パネルなどの生産工程に国産高純度弗化水素を投入する成果もおさめた。 ある半導体業界関係者は「韓国に対する経済報復中、ごく一部が規定によって解けたことだから、今後どうなるかも分からない」とし「幸いではあるが、国産化と供給多変化という基調にはとくに変化がない」と語った。 倭国は種族が卑屈な倭寇だ…. 必要なときだけ親しいふりをする。 大韓国が危機の時、裏切って後頭部を打つ。 歴史を物語っている。 そしてずっと続けるのだ。 土着倭寇たちがいくら興奮して駄目だと騒ぎ立てても、絶対に変えることができない。 また同じようなことをしないという保証はない。 韓国自らこのような機会を作るろうとすればむしろ報復を受け、土着倭寇がただではいられないが、この機会に属国から脱しよう。 強く経済10位圏の国がいつまで日本の技術で製品を作るのか? ノー・ジャパンは続けなければならない。 交際するに値しない部族だ。 daum.

次の

韓国経済は5年後に日本に追いつけるか(辺真一)

韓国経済日本の底力

対韓の輸出規制強化に対応して、韓国が「脱日本」に力を入れ、日本企業がブーメランを迎えている。 20日日本経済新聞新聞(日経)によると、フッ化水素などの化学製品を生産する日本企業のステラケミファが最近発表した2019会計年度の実績を見ると、純利益が前年より18%減少した。 この会社は、業績悪化と関連し、「韓国への輸出管理の運用の修正などを背景に、半導体・液晶用フッ化水素輸出販売が減少した」と説明した。 これと関連し、輸出規制の強化以降、韓国企業が素材・部品などの日本の依存を減らしており、「日本製品を使い続けてきた韓国企業の調達戦略転換は、日本の材料メーカーの業績にも影を落としている」と日経は診断した。 LGディスプレーは、従来は日本企業ステラケミファが生産した超高純度フッ化水素を韓国企業ソルブレインが100倍に希釈したものを使用した、ソルブレインが独自の生産・加工した低純度フッ化水素を送るよう昨年11月に工程を変更したと日経は紹介した。 その結果、ステラケミファの主力商品である超高純度フッ化水素の昨年度の出荷量は、前年よりも約30%減少した。 やはりフッ化水素を製造するメーカーである森田化学工業の場合、今年1月初めに輸出を再開したが、韓国向けの販売量は、輸出規制の強化前と比較し30%程度減少した水準だ。 韓国需要者が製品供給先を変えたためと思われる。 森田化学工業の関係者は「一度奪われたものは、取り戻すのに時間がかかる」と述べた。 日経は、世界の主要な液晶パネルであり、半導体メーカーが日本製品を使うことは、高品質・低価格という利点に加えて、安定した供給が可能である点が影響を及ぼしたが、輸出規制を強化しながら、このような慣行が揺らいだと分析した。 サムスン電子の場合、半導体的安定生産を維持するために、いくつかの工程で、韓国内で調達が可能な低純度フッ化水素を使うことにしたと日経は説明した。 アンギヒョン韓国半導体産業協会常務は「仮に日本の輸出規制が2019年7月以前に戻っても、一度変わった材料は、日本製に戻らない」と述べた。 韓国と日本両国政府の対立に日系企業の現場が揺れ動いていると日経は評価した。 私は無限だと思うから日本に勝つのは余裕だと思います。 バイクはすべて日本製だろ? フォークリフトもそう。 本当に.. 国産メーカーは着実に技術力と耐久性を育てていかなければならず、そのように作られた製品が無駄にならないように、販売することができる販路も確実に開いてなければならない。 不気味な安倍一味たち。 daum.

次の