麒麟がくる 土岐頼純。 【麒麟がくる】斎藤家の人物相関図 土岐家との関係まとめ 義龍、孫四郎、喜平次は誰の子?

麒麟がくる

麒麟がくる 土岐頼純

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話が26日に放送された。 第2話では、美濃の国に戻った明智光秀 長谷川博己 が合戦の中で「武士の誇りとは何か」を自問自答し、葛藤する様子が描かれている。 美濃に攻め入った織田信秀 高橋克典 のおよそ2万の大軍の前に劣勢になるも、美濃の領主・斎藤道三 本木雅弘 が相手を出し抜いて軍勢わずか4000人ながら一気に形勢逆転し、信秀を敗走に追いやった。 さらに道三は、美濃の守護大名であり、実の娘・帰蝶 川口春奈 の婿である土岐頼純が信秀と結託して今回の騒乱を企てたことを突き止めると、頼純を城に呼び出して毒殺。 政治のためなら自分の娘婿すら殺してしまう道三の冷酷さが印象的に描かれ、不穏な空気のまま物語は第3話へと続く。 この最後のシーンで登場した土岐頼純の鬼気迫る台詞回しとインパクトにネットは騒然。 この土岐頼純を演じたのが、俳優・矢野聖人だ。 2010年に演出家・蜷川幸雄氏の「身毒丸」主演オーディションでグランプリに輝くと、蜷川氏の演出する舞台に多数出演するなど演技力を磨いてきた。 矢野について、制作統括の落合将氏は「帰蝶の夫なので若い設定で、20代から30代くらいの役者さんにやっていただくしかなかった。 そこで蜷川さんと慣れている矢野というのが出てきた」と配役の意図を説明。 良家出身らしくしたたかに、しかし野心に溢れた頼純の激情を表現した矢野の演技に「演劇的な芝居が、今回のあのシーンにはすごく合っていた。 頑張ってくれたと思います」と太鼓判を押していた。 矢野は22日に自身のインスタグラムで「念願の大河ドラマデビュー致します!!」と喜びを報告していた。

次の

斎藤道三と対峙した土岐頼芸。子孫は、江戸城で「殿中でござる!」と絶叫した【麒麟がくる 満喫リポート】

麒麟がくる 土岐頼純

俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第2回「道三の罠(わな)」が1月26日に放送され、矢野聖人さん演じる土岐頼純が、本木雅弘さん扮(ふん)する斎藤道三に毒殺されるシーンが描かれた。 土岐頼純は帰蝶(川口春奈さん)の最初の夫で、美濃の守護。 道三にとって娘婿(むすめむこ)であったが、尾張の織田信秀(高橋克典さん)と裏で通じていたことが発覚し、お茶に毒を盛られ、絶命した。 矢野さんは頼純が毒殺されるシーンについて、「僕自身、初大河で緊張していたこともありますが、リハーサルの時から周りのスタッフさんたちも固唾(かたず)をのんで見守るようなそんな緊迫感のあるシーンだったのを覚えています」と語る。 また「前に作品でもご一緒させていただいたプロデューサー、監督に『矢野ならできる』と背中を押していただき、道三役の本木さんからもお声がけいただき、物怖(お)じすることなく、役を演じきることができました」と振り返った。 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。 1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。 若い頃、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀が主人公。 ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇だ。 第2回「道三の罠」は、京で知り合った医者の望月東庵(堺正章さん)と、東庵の助手の駒(門脇麦さん)を連れ、光秀(長谷川さん)が美濃へ帰ってくるところから始まる。 その頃、美濃の国境には、侵略をもくろむ尾張の織田信秀の大軍が迫っていて、兵の数は美濃側の約5倍。 多勢に無勢の中、籠城(ろうじょう)を決め込む道三に、光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明さん)は不満を抱くが、それこそが敵を欺く道三の作戦だった……と展開した。

次の

麒麟がくる2話で川口春奈の夫・土岐頼純役の俳優は誰?

麒麟がくる 土岐頼純

第2回「麒麟がくる」土岐頼純役は誰? 大河ドラマ 「麒麟がくる」では、毎回「トリセツ」があるので歴史ものが苦手でも楽しめるようになっています( などもあります)。 第2回、ご覧いただきありがとうございました! よりドラマを楽しんでいただくための『トリセツ』を毎週投稿していきます。 その頃、美濃の国境には、侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典さん)の大軍が迫っていて、兵の数は美濃側の約5倍(この数にはさすがに多すぎでは?と異論もあるようです)。 多勢に無勢の中、籠城を決め込む道三(本木さん)に不満を抱くが、それこそが敵を欺く道三の作戦だった…。 まだ2回目ということで話は序盤なのですが、内容が濃く、放送後には本木さんの演技についての反響はもちろんですが、土岐頼純を演じたのは誰?と大きな話題となっていました。 見逃した方は土曜日の再放送で!(13:05~)。 役で雰囲気が変わるとどちらなのかわからなくなりそうですが、並ぶと違いますね~。 2019年は、窪田正孝さん主演のドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)では放射線技師・悠木倫役でレギュラー出演。 スポンサーリンク 「麒麟がくる」土岐頼純役に矢野聖人:ネットでの反響は? 「強烈な演技を見せる齊藤道三役の本木さんに対し、見劣りしない鬼気迫る演技でした。 」 「2話目でいきなり派手な合戦。 一気に盛り上がりました。 道三の罠、合戦の罠だと思いきやラストでまた嵌めちゃいましたね。 」 「蜷川出身でかなりの演技派なのに、ドラマではいつもチョイ役でもっと目立ってもいい俳優なのにとずっと思っていた。 」 「頼純さんは道三に追放された説が有力だけど、こう言う遺恨の残し方もドラマとして良いかもね。 頼純さんのストレスやイライラ、劣等感上手く伝わってましたね。 今後の展開が楽しみです。 」 「戦闘シーンも迫力があるし、太鼓のリズムがそれを高めてます。 いやー、面白いわ今度の大河。 ・・・では終わらなかったですね(笑)最後の方は役者さんの演技に 度肝を抜かれました。 」 「2話目も期待を裏切らない素晴らしい回でした。 明智光秀が残虐な戦を終えて、侍大将の首2人をとる中で、自分の心の葛藤を語るシーンも、今後の物語の中では、非常に大切な語りであることが分かります。 」 矢野さんは頼純の独特な雰囲気を表現されていました。 最後は想像通りでしたが、歴史に詳しくないため、頼純は無防備だったのか、そうするしかなかったのかがわかりませんでした。 矢野さんの出演があっという間でもったいない気もしますが、これからさらに注目されると思うので楽しみにしたいと思います。 濃い回でしたが、敵の侍大将が光秀の叔父(西村まさ彦さん)だったのを見て、「裏切ってたってこと??」と意味がわからず(後でわかるのですが)、少し混乱しました。 2週遅れとなり、撮り直しや差し替えなどもあって削られた部分もあったのかもしれないですね。

次の