女帝 小池 百合子。 女帝小池百合子 / 石井妙子

『女帝 小池百合子』、都知事選を「カイロ大卒」で“強行突破”できるか

女帝 小池 百合子

先週金曜、定例会見を終えた東京都の知事が、一目散に向かった先は議員会館。 の代表と意見交換するためだった。 玉木によると、議題はコロナ対策に充てる地方交付金の配分。 財政力が考慮されるため、ゆとりのある都は感染者が多いのに配分額が少ない点を改善して欲しいとの陳情を受けたという。 告示が迫る都知事選の話し合いは「全くありません」と玉木は記者に答えたが、額面通りには受け取れない。 玉木は先月18日、コロナ対応を巡り「現場の司令官である知事を、応援することはあっても足を引っ張るようなことをやっていいのか」と発言。 小池支援に含みを持たせた。 また、希望の党で小池と共同代表を務めた経緯もある。 小池は1日、の逢坂誠二政調会長とも意見交換。 野党第1、2党の幹部と会談を重ねる狙いは、知事選に向け、いまだ統一候補を立てられない野党の分断、「敵か、味方か」を分けるためのリトマス試験紙なのではないか。 常に自分の敵か、味方かを明確に区別。 つくり出した「敵」を徹底的に攻撃し、闘う姿勢を見せることで大衆にも「敵」への憎悪を植えつける。 その憎しみのパワーを自らの支持へと昇華させるのが、小池の常套手段だ。 前回4年前の都知事選から今まで嫌というほど見せつけられてきた。 緊急事態宣言に伴う休業要請の対象業種を巡り、西村コロナ担当相を「敵」と見なし、「社長かと思ったら、天の声がいろいろ聞こえて中間管理職になった感じ」と世間の同情を買おうとしたのは記憶に新しい。 それまで小池も政権同様、五輪開催にしがみつき、コロナ対策は二の次。 それも決裁の手順を無視し、記録を正確に残さない形で、専門家会議の議事録すら残さない政権と同じ穴のムジナだ。 対応が出遅れたせいで、医療崩壊寸前という決定的な失政を犯した責任は棚上げし、五輪延期が決まった途端、一転とは開いた口がふさがらない。 小池は記者会見やテレビ行脚を重ね、自ら出演するCMまで作って「強いリーダー」を演じてきた。 CM制作につぎ込んだ都民の血税は約9億円。 目に余るコロナと電波の選挙利用だ。 まさに風見鶏知事の本領発揮。 彼女は一切、定見など持たず、ひたすら機を見るに敏なだけ。 いつだって自分にとって都合のよい側ばかりにつく。 、、……。 政界進出以来、小池は傍らに身を置く権力者をコロコロ代え、自分に都合のよい側に立ち続けた。 彼らに引き立てられることで着々と出世。 「政界渡り鳥」「権力と寝る女」とヤユする男社会全体を「敵」に見立てて、自分の「味方」を増やし、権力の階段を駆け上がってきたのである。 敵への復讐のためだけに権力を行使する女帝 「彼女は常に自分ありきではないでしょうか。 自分の言動が世間にどう受け取られるか、それによる『効果』だけを計算している。 政治家として、自分が生じさせた現実に対する責任を引き受けないように見えます」 そう語るのは、足かけ3年半、100人を超す関係者に取材を重ね、小池の実像に迫った著書「 」(文芸春秋社)を上梓したばかりのノンフィクション作家・石井妙子氏だ。 こう続ける。 「彼女の政治の源泉は『復讐』です。 過去に見下された『敵』を見返すために権力を行使する傾向があります。 その代表が石原慎太郎元都知事。 彼女の父親は昔、政治家になりたくて、国政への出馬歴もありましたが、その父親は石原さんの選挙を手伝ったことがあった。 しかし石原さんはそんな彼女の父を相手にしなかった。 その恨みが都知事就任後、石原さん追及の百条委員会設置につながったと思います」 小池はメディアも徹底して敵と味方に分断する。 総選挙直前の2017年9月、希望の党を結党したばかりの定例会見で小池から「排除」発言を引き出したジャーナリストの横田一氏が言う。 「あれ以来、会見で小池氏から一度も指名されなくなりました。 私に限らず、批判的な質問をした記者を彼女は敵とみなし、二度と当てません」 本紙記者も小池にやられた口だ。 4月6日の会見で五輪延期前のコロナ対策の不手際を問うと、小池は「オリンピックとの関係で御紙においては、そういう論を展開されているのかもしれませんが、それは全く関係がございません」とケンカ腰。 以来、指名されていない。 1面見出しに「小池 森退治」と書いた紙面を脇に抱え、わざわざメディアに見せるように登庁したのだ。 自分に都合のよい時だけ利用し、都合が悪くなれば排除する。 彼女の本性が如実に表れている。 昨年末から先週金曜まで私が参加した27回の会見で、10回以上も指名された記者が複数います。 4年前の知事選で公約に掲げた「満員電車ゼロ」「待機児童ゼロ」など「7つのゼロ」は「達成ゼロ」。 昨年4月の会見で「ペット殺処分ゼロを1年早く達成した」と言い張ったが、この発言には裏がある。 環境省が老齢や攻撃性のある犬猫などは「殺処分の数から除く」と基準を変更。 実際には146匹を殺処分しながら、都は「ゼロ」と見なしただけだ。 小池はその事実を伏せ、殺処分ゼロを強調したのである。 築地市場の豊洲移転も嘘の典型だ。 一度は「築地にも市場機能を残す」と約束。 実行しないことを追及されると「そんなことは言っていない」とシラを切り、自分の発言をなきものにした。 そして嘘に嘘を重ねた最たる例が、前出の石井妙子氏の新著で再燃した「カイロ大学卒」の学歴詐称疑惑である。 再び石井妙子氏が語る。 「自分の過去に対して平気で嘘をつく人は、未来に対して嘘をつくことにも抵抗がない。 その結果、期待した人々を裏切っても何とも思わないのです。 敵をつくり、強い言葉で攻撃し、民衆をあおる彼女の手法に、拍手喝采を送った側にも問題があります。 思えば長く続いた閉塞感から、国民が『強い』リーダーを求め続けたのが平成の時代でした。 コロナ禍で再び閉塞感が強まる中、政治家としての彼女を生み出した責任を考えるべきです」 出回る醜聞。 今なお独自の休業要請を強いながら、緊急事態宣言の解除と同時に協力金を打ち切る冷酷。 何よりも五輪延期で生じる数千億円もの追加費用の無駄。 この金をなぜ、都民の生活に使えないのか。 それでも有力な対立候補は不在で下馬評は圧勝ムード。 しかし、出馬を表明した元日弁連会長の宇都宮健児氏の主張は全てまっとうだ。 PCR検査拡充、休業補償の徹底、カジノ誘致反対、専門家の判断を仰ぎ、早い段階で五輪中止を決める。 「五輪の予算を使えば都民の命を救える」との訴えは傾聴に値する。 地味ながら、小池よりははるかにマトモな候補だ。 とにかく、小池圧勝なんて、とんでもない。 その阻止こそが、今度の都知事選の最大の焦点である。

次の

女帝 小池百合子──救世主か? “怪物”か? 序章全文公開

女帝 小池 百合子

今日、買って、今日一日でP400を読んだ。 かなりの時間をかけて書かれているし小池百合子の全てが書かれている本!だと言って良い。 皆さんに勧めます。 小池百合子の「 カイロ大学卒業はウソ 」であり彼女は1970年代後半からずっと学歴詐称を続けている。 彼女は政治家という公人でありながら「 学歴詐称 」をしているわけで、「公職選挙法235条の『虚偽事項公表罪』で2年以下の禁錮または30万円以下の罰金に処する』わけだが、小池百合子の場合、政治家になってから約30年、テレビに出て来てから約43年も日本人と世界を騙してきたことになる。 しかし カイロ大学は「 小池百合子はカイロ大学を卒業しました 」と明言しているからそれ以上進まない! ということ。 これはエジプトが軍事独裁国家であることが原因である。 民主主義の国ではない。 だから 小池百合子が「 エジプトにとってはカネの成る木 」であるから、エジプト権力は「 小池百合子はカイロ大学を卒業した 」と云うことにしている。 それが小池百合子の「 学歴詐称問題の真相 」である。 これまで小池百合子が週刊誌やテレビで見せた「 卒業証書 」は全て偽造であり、これから偽造しても無駄。 また新たに偽造「 卒業証書 」を作った!ということになるからだ。 だからすでに小池百合子の「 学歴詐称問題は詰んでいる 」ということ。 本質は「 ジジ殺し 」である。 最も力のある男を見抜き寄り添って男を手玉にして操り利益を得る女である。 そして自分の出世のみしか考えてない。 マスコミで目立てば勝てると思っている。 大炎上主義の立花孝志に似ているが、立花孝志より「 女を武器 」にしているから強い!ということ。 しかし深く物事を考えることはない。 常に「 表面的な女の浅知恵 」である。 そして病的な「 ウソつき 」である。 男社会の中で「 紅一点の位置 」を取り、男たちからチヤホヤされて、最も強い男の女となり、その男を裏から操り、金や権力を得てのし上がる。 それが小池百合子の若い時からの生き方であった。 しかし土台が学歴詐称という虚構であった。 小池百合子の始まりは「 カイロ大学主席卒業という学歴詐称 」だったから、ここでタロットの16の崩壊のカードに中に入ってしまった。 石原慎太郎がどうしても隠したかったことは、石原の四男が元オウム真理教の幹部でオウムの仏画を描いていた人物だったこと。 そして小池百合子がどうしても隠したいことは「 カイロ大学卒業という学歴詐称 」だった。 「 暗い過去を持つ 」者が大統領になるとその上に位置する権力者の操り人形となる!ということ。 「 暗い過去を持つ大統領 」は、ある時が来ると、何もかも失い、これまでの出世物語は虚栄であった誰もが解るようになる。 また、ある時が来れば太陽神に何もかも明かにされて裁かれ、犬のように殺される!石原慎太郎と小池百合子の二人の東京都知事でそれが解るのである。 「カイロ大学を首席で卒業」という表現が、意味不明な表現に思えます。 カイロ大学にだって、いくつもの学部があることと思います。 「カイロ大学を首席で卒業」っていう表現だと、法学部も経済学部も理学部も工学部も医学部も含めて、 全学部の学生の中で、「首席で卒業」という意味になりますが、 小池百合子さんに、カイロ大学の全学部の履修科目の単位を修得して、 カイロ大学の全学部の学生を凌駕するほどの超人的な学力が、本当にあるのだろうか。 「カイロ大学を首席で卒業」と公言しているのだから、公言が事実であるならば、 小池百合子さんは、それだけの能力がある人間なのでありましょう。 「カイロ大学を首席で卒業」の公言が事実でないのならば、 小池百合子さんは、学歴詐称を平気で公言できる人間である、と、いうことですね。 at 2020-06-10 17:00 at 2020-06-10 09:25 at 2020-06-09 20:42 at 2020-06-09 12:28 at 2020-06-09 07:30 at 2020-06-09 02:18 at 2020-06-08 15:15 at 2020-06-08 09:12 at 2020-06-07 21:48 at 2020-06-07 17:16 at 2020-06-07 07:52 at 2020-06-06 21:27 at 2020-06-06 14:20 at 2020-06-06 07:46 at 2020-06-05 20:50 at 2020-06-05 16:17 at 2020-06-05 06:27 at 2020-06-04 06:56 at 2020-06-03 20:14 at 2020-06-03 07:54.

次の

小池百合子の全てを明らかにした本「 女帝 小池百合子 」 : サーティンキュー

女帝 小池 百合子

先週金曜、定例会見を終えた東京都の知事が、一目散に向かった先は議員会館。 の代表と意見交換するためだった。 玉木によると、議題はコロナ対策に充てる地方交付金の配分。 財政力が考慮されるため、ゆとりのある都は感染者が多いのに配分額が少ない点を改善して欲しいとの陳情を受けたという。 告示が迫る都知事選の話し合いは「全くありません」と玉木は記者に答えたが、額面通りには受け取れない。 玉木は先月18日、コロナ対応を巡り「現場の司令官である知事を、応援することはあっても足を引っ張るようなことをやっていいのか」と発言。 小池支援に含みを持たせた。 また、希望の党で小池と共同代表を務めた経緯もある。 小池は1日、の逢坂誠二政調会長とも意見交換。 野党第1、2党の幹部と会談を重ねる狙いは、知事選に向け、いまだ統一候補を立てられない野党の分断、「敵か、味方か」を分けるためのリトマス試験紙なのではないか。 常に自分の敵か、味方かを明確に区別。 つくり出した「敵」を徹底的に攻撃し、闘う姿勢を見せることで大衆にも「敵」への憎悪を植えつける。 その憎しみのパワーを自らの支持へと昇華させるのが、小池の常套手段だ。 前回4年前の都知事選から今まで嫌というほど見せつけられてきた。 緊急事態宣言に伴う休業要請の対象業種を巡り、西村コロナ担当相を「敵」と見なし、「社長かと思ったら、天の声がいろいろ聞こえて中間管理職になった感じ」と世間の同情を買おうとしたのは記憶に新しい。 それまで小池も政権同様、五輪開催にしがみつき、コロナ対策は二の次。 それも決裁の手順を無視し、記録を正確に残さない形で、専門家会議の議事録すら残さない政権と同じ穴のムジナだ。 対応が出遅れたせいで、医療崩壊寸前という決定的な失政を犯した責任は棚上げし、五輪延期が決まった途端、一転とは開いた口がふさがらない。 小池は記者会見やテレビ行脚を重ね、自ら出演するCMまで作って「強いリーダー」を演じてきた。 CM制作につぎ込んだ都民の血税は約9億円。 目に余るコロナと電波の選挙利用だ。 まさに風見鶏知事の本領発揮。 彼女は一切、定見など持たず、ひたすら機を見るに敏なだけ。 いつだって自分にとって都合のよい側ばかりにつく。 、、……。 政界進出以来、小池は傍らに身を置く権力者をコロコロ代え、自分に都合のよい側に立ち続けた。 彼らに引き立てられることで着々と出世。 「政界渡り鳥」「権力と寝る女」とヤユする男社会全体を「敵」に見立てて、自分の「味方」を増やし、権力の階段を駆け上がってきたのである。 敵への復讐のためだけに権力を行使する女帝 「彼女は常に自分ありきではないでしょうか。 自分の言動が世間にどう受け取られるか、それによる『効果』だけを計算している。 政治家として、自分が生じさせた現実に対する責任を引き受けないように見えます」 そう語るのは、足かけ3年半、100人を超す関係者に取材を重ね、小池の実像に迫った著書「 」(文芸春秋社)を上梓したばかりのノンフィクション作家・石井妙子氏だ。 こう続ける。 「彼女の政治の源泉は『復讐』です。 過去に見下された『敵』を見返すために権力を行使する傾向があります。 その代表が石原慎太郎元都知事。 彼女の父親は昔、政治家になりたくて、国政への出馬歴もありましたが、その父親は石原さんの選挙を手伝ったことがあった。 しかし石原さんはそんな彼女の父を相手にしなかった。 その恨みが都知事就任後、石原さん追及の百条委員会設置につながったと思います」 小池はメディアも徹底して敵と味方に分断する。 総選挙直前の2017年9月、希望の党を結党したばかりの定例会見で小池から「排除」発言を引き出したジャーナリストの横田一氏が言う。 「あれ以来、会見で小池氏から一度も指名されなくなりました。 私に限らず、批判的な質問をした記者を彼女は敵とみなし、二度と当てません」 本紙記者も小池にやられた口だ。 4月6日の会見で五輪延期前のコロナ対策の不手際を問うと、小池は「オリンピックとの関係で御紙においては、そういう論を展開されているのかもしれませんが、それは全く関係がございません」とケンカ腰。 以来、指名されていない。 1面見出しに「小池 森退治」と書いた紙面を脇に抱え、わざわざメディアに見せるように登庁したのだ。 自分に都合のよい時だけ利用し、都合が悪くなれば排除する。 彼女の本性が如実に表れている。 昨年末から先週金曜まで私が参加した27回の会見で、10回以上も指名された記者が複数います。 4年前の知事選で公約に掲げた「満員電車ゼロ」「待機児童ゼロ」など「7つのゼロ」は「達成ゼロ」。 昨年4月の会見で「ペット殺処分ゼロを1年早く達成した」と言い張ったが、この発言には裏がある。 環境省が老齢や攻撃性のある犬猫などは「殺処分の数から除く」と基準を変更。 実際には146匹を殺処分しながら、都は「ゼロ」と見なしただけだ。 小池はその事実を伏せ、殺処分ゼロを強調したのである。 築地市場の豊洲移転も嘘の典型だ。 一度は「築地にも市場機能を残す」と約束。 実行しないことを追及されると「そんなことは言っていない」とシラを切り、自分の発言をなきものにした。 そして嘘に嘘を重ねた最たる例が、前出の石井妙子氏の新著で再燃した「カイロ大学卒」の学歴詐称疑惑である。 再び石井妙子氏が語る。 「自分の過去に対して平気で嘘をつく人は、未来に対して嘘をつくことにも抵抗がない。 その結果、期待した人々を裏切っても何とも思わないのです。 敵をつくり、強い言葉で攻撃し、民衆をあおる彼女の手法に、拍手喝采を送った側にも問題があります。 思えば長く続いた閉塞感から、国民が『強い』リーダーを求め続けたのが平成の時代でした。 コロナ禍で再び閉塞感が強まる中、政治家としての彼女を生み出した責任を考えるべきです」 出回る醜聞。 今なお独自の休業要請を強いながら、緊急事態宣言の解除と同時に協力金を打ち切る冷酷。 何よりも五輪延期で生じる数千億円もの追加費用の無駄。 この金をなぜ、都民の生活に使えないのか。 それでも有力な対立候補は不在で下馬評は圧勝ムード。 しかし、出馬を表明した元日弁連会長の宇都宮健児氏の主張は全てまっとうだ。 PCR検査拡充、休業補償の徹底、カジノ誘致反対、専門家の判断を仰ぎ、早い段階で五輪中止を決める。 「五輪の予算を使えば都民の命を救える」との訴えは傾聴に値する。 地味ながら、小池よりははるかにマトモな候補だ。 とにかく、小池圧勝なんて、とんでもない。 その阻止こそが、今度の都知事選の最大の焦点である。

次の