ワイズ ガレージ。 Y's GARAGE

修理・整備・持ち込みパーツ歓迎 三鷹市 ワイズガレージ

ワイズ ガレージ

2020. 6 当面の間営業時間を10:00~18:00とさせて頂きます。 2020. 21 4月23日(木)~5月6日(水)まで営業時間を10:00~18:00とさせて頂きます。 2020. 20 5月1日は4月29日(祝)の振り返り休日として休店とさせて頂きます。 2020. 18 5月1日より店舗名が「モータス」から「ケイスマイル」に変更になります。 2020. 27 4月1日、2日は社員研修の為、休業とさせて頂きます。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。 2020. 29 お問合せフォームエラーにより、お客様からのお問合せがこちらに届いていないことが判明致しました。 大変申し訳ございません。 2月中にお問合せ頂いたお客様におかれましては、再度お問合せ頂きますようお願い致します。 ご迷惑おかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 2020. 12 ホームページをリニューアルしました.

次の

ワイズガレージ

ワイズ ガレージ

【お問い合わせやご来店等に関するお知らせ】 現在、毎日多くのお問い合わせをいただいています。 ありがとうございます。 そのためご質問やお見積もりフォームからのご連絡には、少々お時間をいただいてのご返答が出来ている状況です。 鋭意、お調べしてご連絡していますのでご了承ください。 お見積りやご相談などでのご来店の際は、弊社は少人数での営業の整備工場にて駐車場のご用意も十分では無く、ほかの作業を終わらせてからの対応となりいたずらにお待たせしてしまうため前もってお電話などでご確認ください。 新型コロナへの対策もまだまだ必要なため、ご来店が重複しないようにも調整が必要です。 持ち込みパーツの取り付けやOEMやリビルトパーツなどを使用しての整備や、ネットで購入したパーツのオーナーさまがご自身で出来ない取り付け作業の承りや、全体的な費用のコストダウンを目標にしていますので 「激安!他店よりも1円でも安く!」的な やみくもなお値引きや激安店 のスタンスではありません のでその旨をご了承の上お問い合わせいただければ幸いです。 リサイクル部品やOEMパーツ、新品優良部品での修理もご提案! リサイクル部品とは、リビルト部品とも呼ばれているものです。 車体から取り外した使用済み部品を、分解・清浄し痛んだり消耗した部分の部品を交換して、機能的に正常な状態に作り直し、再利用したものをリビルト 再生 部品といいます。 もちろん、部品それぞれには見合った保証期間があり、新品部品と同様に使用することができます。 部品によっては新品部品よりもかかる費用 部品代 は半分以下のものもあり、コストパフォーマンスに優れているのはもちろん、そのリビルトパーツを交換するために取り外した劣化した当該パーツもまた、分解・清浄・点検・整備され新たにリビルトパーツとして再利用することが可能です。 新品部品を生産、輸送、販売、交換するまでに排出されるCO2を、リサイクルパーツを使用することによって抑えることができ、環境への負担を減らすことができます。 支出の費用を抑えCO2を減らすことができる、おサイフにも地球にも優しいエコへの取り組みです。 高額になりがちな輸入車のリビルトパーツも取り扱い! オルタネータ、スターターモーター、エアコンコンプレッサー、ラジエータやコンデンサー、ATミッションなどの高額部品のリビルトパーツも取り扱っています。 「修理に費用がかかりそう。 でもまだまだ乗り続けたいしどうにかならないかなぁ」とお困りの方、一度ご相談ください。 お問い合わせの際は、車両情報をお知らせください。 全て車検証に記載されています。 車種や仕様、パーツの種類や特性によっても工賃は全く違ってきます。 まずはメールやお電話でご相談ください。 その場合に車輌情報が必要(分解整備が必要な作業の場合は必須)になる場合がありますので、お手元に車検証をご用意ください。 お尋ねする車両情報内容は、車検証に全て記載されているものです。 【 車 名・車種 】 【 初 度 登 録 年 月】 【 車 台 番 号 】 【 型 式 】 【型式指定番号・類別区分番号】 お問い合わせの際に、ご住所やお電話番号をお聞きすることはありません。 (その場でお答えできないご質問内容の場合は、折り返しのご連絡先をいただくこともありますが。 ) お問い合わせの後に、しつこくご連絡することもありませんのでご安心下さい。 メールでお問い合わせの場合は、弊社 からどうぞ。 お電話の場合は上記の情報をご質問させていただきます。 大径タイヤの交換・低扁平タイヤも交換 ランフラットタイヤ交換も バッテリーなどの消耗品も ブレーキパッドやローター交換も 充実の設備でお客様の愛車を修理いたします。 各専用工具やテスターなども揃え、様々なご要望にもお応えできるよう準備しています。 近年車の性能は大幅にアップし、走行中に突然エンストして止まってしまうということも少なくなってきました。 しかし車は精巧な機械から成り立っているものであるため、使用の過程での部品の劣化や摩耗が発生することは避けられないことです。 日頃から点検や整備といったメンテナンスを行うことによって、車を長持ちさせ、安全なドライビングを楽しめることになり、引いては突然の故障による思わぬ出費を抑えることにもなります。 愛車を長く、快適に乗り続けるためには点検・整備が必要です。 ちょっと車の調子がおかしいな・・・と思った時は何でもご相談ください。 一度拝見させてください! ちょっとの傷から大きなへこみもご相談ください。 保険修理も承っております。 自費修理の場合、お見積りを提示、そこから打ち合わせさせていただいてからの着工となります。 どこまで直すかはお客様の判断にお任せしております。 例えばフロントドア、リアドア、リアバンパーに傷がついたとして、お客様がリアバンパーはあまり気にならないようであればタッチアップにて目立たないようにしてご提供させて頂いたり、 リビルトパーツを使用しての修理などいくつか修理のパターンをご用意させていただいております! 圧送交換&洗浄機能 ATF・ CVT・DSGフルードチェンジャー 『トルコン太郎』完備! 今は「ATFは未交換」というのが通例となっているようですが、果たして本当にお車にとって良いのでしょうか? 人間でも、体の代謝が悪くなると疲れやすくなり、食欲がなくなったりお肌にトラブルが出てきたりと様々な影響が出てきますよね。 そして日常生活にも支障が出ることも。 老廃物が排出されなければ悪影響があちこちに出てきます。 日頃、「ATFは未交換でOK」と耳にしますが、極端にまとめると 「未交換でも耐えうる性能を備えている」 のではなく、 「スラッジなどが目詰まりし不調を引き起こす可能性があるATF交換をわざわざしない方がお勧め」 ということです。 不調を引き起こすと言っても、過去に一度も交換履歴がなく7~8万㎞走行したお車でしたら ただATFを単純に交換した際に トランスミッション不調が引き起こる可能性も高いのは当然ですし、しかしそれは2~3万km走行ごとに定期交換を施工していれば起こることがなかった可能性のある不調でもあります。 卵が先かニワトリが先か。 そしてATの不調を引き起こすスラッジや鉄粉は、血栓のイメージです。 血栓はご存じのように体に様々な不調を引き起こし、その機能を止めてしまう可能性もはらみます。 そのトランスミッションの不調を起こしてしまうかもしれない要因になりうる可能性を、こちらのメンテナンス事例にてご覧いただけます。 こちらのメンテナンス事例では、10万km以上の走行距離でATFは過去に一度も交換していない状況でトランスミッションの変速ショックが出てきたため、車検整備と同時にATF交換をご依頼いただきました。 過走行車のため、トルコン太郎でのトランスミッションクリーニングをしながらの圧送交換だけでなく、ATオイルパンを脱着して内部の長年蓄積したスラッジや鉄粉などの滞留物も物理的にクリーニングした実績です。 そして車も定期的なメンテナンスを施工していると車の調子をよく保ち、ひいては寿命を延ばすことになります。 ドイツ車など輸入車にも圧送交換対応。 車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。 ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ! その際は下記情報をご連絡ください。 お気軽にお問い合わせください エアコンフィルターも同時に交換すると効果抜群! 車に染み付いた表現しようのない臭いや、エアコンを起動した際に送風口から漂ってくる嫌な臭い。 それはすべて微生物や細菌などの繁殖によるものです。 気分的にも健康的にも良いことがありません。 エアコン内部の機関であるエバポレータ表面の温度が下がると空気中の水分が凝縮し、冷却フィンに水滴が付着します。 そのことによってエバポレータが環境由来の細菌によって汚染されます。 日光が当たらず湿気のあるエバポレータは、微生物の繁殖には理想的な環境です。 エアコンをつけるたびに、高濃度の微生物がエアレーション 通気 システムを通じて、車内に拡散します。 そして浮遊する臭いの分子が、車内インテリアの布地などの素材に入り込んだり、あるいはプラスチックやレザーに付着します。 芳香剤を使用しても臭いをごまかしているだけで、臭いの原因を消しているわけではありません。 お問い合わせはお気軽にどうぞ お車の花粉・黄砂・PM2. 5・ウィルス 対策はお早めに! 輸入車の純正タイプ、高性能タイプ、社外エアコンフィルター など 各種取り扱いあります! 花粉のシーズンはもう始まっています! 春の行楽シーズンも目前。 エアコンフィルターは室内へ侵入するチリやホコリ、花粉を除去する役割の定期的に交換絣称されているパーツです。 定期交換目安は1年に1度、または走行10,000kmが目安です。 各国産車、輸入車対応のエアコンフィルターを取り扱い。 お問合せは お電話またはお 見積りフォームよりお気軽にご連絡ください。 Google placeレビューで嬉しいご連絡をいただきました 2020年3月7日 まだメンテナンス事例に載せる文章もご用意が出来ていない状態ですが、平成9年式 日産ローレルのミッション不調にて、ミッションオーバーホールとクラッチ交換をご依頼いただき、Googleのレビューにて高評価をいただきました。 ご利用ありがとうございます。 平成9年と年式経過しているお車ですので、あちこち不調箇所が出てくるのは仕方がありません。 日頃からご利用いただいているオーナー様、まだまだお車を大切にしたいとのご希望も把握しています。 今回は型式に改の入ったお車で、ミッション型式の違うものが搭載されていたため、ミッションを開けてみないと何もわからない状態での作業。 修理費用と日数がかかる説明を相談、打ち合わせをしての着手となりました。 クラッチも摩耗していたためクラッチカバーとディスクはEXEDY エクセディ をインストール。 修理完了、お引き渡しの際には交換した部品をご確認いただきながら作業を説明いたしました。 お車の調子も、まるで別の車のようとのご感想をいただき、担当整備士も喜んでいます。 お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。 ワイズガレージ 181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2 定休日 毎週水曜・祝日 営業時間 9:00~19:00 土日営業 携帯電話からもご利用いただけます フリーダイヤル 0120-21-3430 固定電話 0422-31-0430 で受け付けております。 携帯からもOK! でも受付しています。 気軽にお問合せください。 【新型コロナに関するお知らせ】 2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまだその脅威が消え去ったわけではありません。 引き続き 換気や除菌をし感染予防に努めながら営業しています。 ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。 ~営業時間変更のお知らせ~ 6月1日より通常の19時閉店に変更しました ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。 ご協力をお願いいたします。

次の

ケイスマイル宇治店(ケイスマ39)・軽自動車39.8万円専門店|京都・宇治最大級200台在庫

ワイズ ガレージ

【お問い合わせやご来店等に関するお知らせ】 現在、毎日多くのお問い合わせをいただいています。 ありがとうございます。 そのためご質問やお見積もりフォームからのご連絡には、少々お時間をいただいてのご返答が出来ている状況です。 鋭意、お調べしてご連絡していますのでご了承ください。 お見積りやご相談などでのご来店の際は、弊社は少人数での営業の整備工場にて駐車場のご用意も十分では無く、ほかの作業を終わらせてからの対応となりいたずらにお待たせしてしまうため前もってお電話などでご確認ください。 新型コロナへの対策もまだまだ必要なため、ご来店が重複しないようにも調整が必要です。 持ち込みパーツの取り付けやOEMやリビルトパーツなどを使用しての整備や、ネットで購入したパーツのオーナーさまがご自身で出来ない取り付け作業の承りや、全体的な費用のコストダウンを目標にしていますので 「激安!他店よりも1円でも安く!」的な やみくもなお値引きや激安店 のスタンスではありません のでその旨をご了承の上お問い合わせいただければ幸いです。 リサイクル部品やOEMパーツ、新品優良部品での修理もご提案! リサイクル部品とは、リビルト部品とも呼ばれているものです。 車体から取り外した使用済み部品を、分解・清浄し痛んだり消耗した部分の部品を交換して、機能的に正常な状態に作り直し、再利用したものをリビルト 再生 部品といいます。 もちろん、部品それぞれには見合った保証期間があり、新品部品と同様に使用することができます。 部品によっては新品部品よりもかかる費用 部品代 は半分以下のものもあり、コストパフォーマンスに優れているのはもちろん、そのリビルトパーツを交換するために取り外した劣化した当該パーツもまた、分解・清浄・点検・整備され新たにリビルトパーツとして再利用することが可能です。 新品部品を生産、輸送、販売、交換するまでに排出されるCO2を、リサイクルパーツを使用することによって抑えることができ、環境への負担を減らすことができます。 支出の費用を抑えCO2を減らすことができる、おサイフにも地球にも優しいエコへの取り組みです。 高額になりがちな輸入車のリビルトパーツも取り扱い! オルタネータ、スターターモーター、エアコンコンプレッサー、ラジエータやコンデンサー、ATミッションなどの高額部品のリビルトパーツも取り扱っています。 「修理に費用がかかりそう。 でもまだまだ乗り続けたいしどうにかならないかなぁ」とお困りの方、一度ご相談ください。 お問い合わせの際は、車両情報をお知らせください。 全て車検証に記載されています。 車種や仕様、パーツの種類や特性によっても工賃は全く違ってきます。 まずはメールやお電話でご相談ください。 その場合に車輌情報が必要(分解整備が必要な作業の場合は必須)になる場合がありますので、お手元に車検証をご用意ください。 お尋ねする車両情報内容は、車検証に全て記載されているものです。 【 車 名・車種 】 【 初 度 登 録 年 月】 【 車 台 番 号 】 【 型 式 】 【型式指定番号・類別区分番号】 お問い合わせの際に、ご住所やお電話番号をお聞きすることはありません。 (その場でお答えできないご質問内容の場合は、折り返しのご連絡先をいただくこともありますが。 ) お問い合わせの後に、しつこくご連絡することもありませんのでご安心下さい。 メールでお問い合わせの場合は、弊社 からどうぞ。 お電話の場合は上記の情報をご質問させていただきます。 大径タイヤの交換・低扁平タイヤも交換 ランフラットタイヤ交換も バッテリーなどの消耗品も ブレーキパッドやローター交換も 充実の設備でお客様の愛車を修理いたします。 各専用工具やテスターなども揃え、様々なご要望にもお応えできるよう準備しています。 近年車の性能は大幅にアップし、走行中に突然エンストして止まってしまうということも少なくなってきました。 しかし車は精巧な機械から成り立っているものであるため、使用の過程での部品の劣化や摩耗が発生することは避けられないことです。 日頃から点検や整備といったメンテナンスを行うことによって、車を長持ちさせ、安全なドライビングを楽しめることになり、引いては突然の故障による思わぬ出費を抑えることにもなります。 愛車を長く、快適に乗り続けるためには点検・整備が必要です。 ちょっと車の調子がおかしいな・・・と思った時は何でもご相談ください。 一度拝見させてください! ちょっとの傷から大きなへこみもご相談ください。 保険修理も承っております。 自費修理の場合、お見積りを提示、そこから打ち合わせさせていただいてからの着工となります。 どこまで直すかはお客様の判断にお任せしております。 例えばフロントドア、リアドア、リアバンパーに傷がついたとして、お客様がリアバンパーはあまり気にならないようであればタッチアップにて目立たないようにしてご提供させて頂いたり、 リビルトパーツを使用しての修理などいくつか修理のパターンをご用意させていただいております! 圧送交換&洗浄機能 ATF・ CVT・DSGフルードチェンジャー 『トルコン太郎』完備! 今は「ATFは未交換」というのが通例となっているようですが、果たして本当にお車にとって良いのでしょうか? 人間でも、体の代謝が悪くなると疲れやすくなり、食欲がなくなったりお肌にトラブルが出てきたりと様々な影響が出てきますよね。 そして日常生活にも支障が出ることも。 老廃物が排出されなければ悪影響があちこちに出てきます。 日頃、「ATFは未交換でOK」と耳にしますが、極端にまとめると 「未交換でも耐えうる性能を備えている」 のではなく、 「スラッジなどが目詰まりし不調を引き起こす可能性があるATF交換をわざわざしない方がお勧め」 ということです。 不調を引き起こすと言っても、過去に一度も交換履歴がなく7~8万㎞走行したお車でしたら ただATFを単純に交換した際に トランスミッション不調が引き起こる可能性も高いのは当然ですし、しかしそれは2~3万km走行ごとに定期交換を施工していれば起こることがなかった可能性のある不調でもあります。 卵が先かニワトリが先か。 そしてATの不調を引き起こすスラッジや鉄粉は、血栓のイメージです。 血栓はご存じのように体に様々な不調を引き起こし、その機能を止めてしまう可能性もはらみます。 そのトランスミッションの不調を起こしてしまうかもしれない要因になりうる可能性を、こちらのメンテナンス事例にてご覧いただけます。 こちらのメンテナンス事例では、10万km以上の走行距離でATFは過去に一度も交換していない状況でトランスミッションの変速ショックが出てきたため、車検整備と同時にATF交換をご依頼いただきました。 過走行車のため、トルコン太郎でのトランスミッションクリーニングをしながらの圧送交換だけでなく、ATオイルパンを脱着して内部の長年蓄積したスラッジや鉄粉などの滞留物も物理的にクリーニングした実績です。 そして車も定期的なメンテナンスを施工していると車の調子をよく保ち、ひいては寿命を延ばすことになります。 ドイツ車など輸入車にも圧送交換対応。 車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。 ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ! その際は下記情報をご連絡ください。 お気軽にお問い合わせください エアコンフィルターも同時に交換すると効果抜群! 車に染み付いた表現しようのない臭いや、エアコンを起動した際に送風口から漂ってくる嫌な臭い。 それはすべて微生物や細菌などの繁殖によるものです。 気分的にも健康的にも良いことがありません。 エアコン内部の機関であるエバポレータ表面の温度が下がると空気中の水分が凝縮し、冷却フィンに水滴が付着します。 そのことによってエバポレータが環境由来の細菌によって汚染されます。 日光が当たらず湿気のあるエバポレータは、微生物の繁殖には理想的な環境です。 エアコンをつけるたびに、高濃度の微生物がエアレーション 通気 システムを通じて、車内に拡散します。 そして浮遊する臭いの分子が、車内インテリアの布地などの素材に入り込んだり、あるいはプラスチックやレザーに付着します。 芳香剤を使用しても臭いをごまかしているだけで、臭いの原因を消しているわけではありません。 お問い合わせはお気軽にどうぞ お車の花粉・黄砂・PM2. 5・ウィルス 対策はお早めに! 輸入車の純正タイプ、高性能タイプ、社外エアコンフィルター など 各種取り扱いあります! 花粉のシーズンはもう始まっています! 春の行楽シーズンも目前。 エアコンフィルターは室内へ侵入するチリやホコリ、花粉を除去する役割の定期的に交換絣称されているパーツです。 定期交換目安は1年に1度、または走行10,000kmが目安です。 各国産車、輸入車対応のエアコンフィルターを取り扱い。 お問合せは お電話またはお 見積りフォームよりお気軽にご連絡ください。 Google placeレビューで嬉しいご連絡をいただきました 2020年3月7日 まだメンテナンス事例に載せる文章もご用意が出来ていない状態ですが、平成9年式 日産ローレルのミッション不調にて、ミッションオーバーホールとクラッチ交換をご依頼いただき、Googleのレビューにて高評価をいただきました。 ご利用ありがとうございます。 平成9年と年式経過しているお車ですので、あちこち不調箇所が出てくるのは仕方がありません。 日頃からご利用いただいているオーナー様、まだまだお車を大切にしたいとのご希望も把握しています。 今回は型式に改の入ったお車で、ミッション型式の違うものが搭載されていたため、ミッションを開けてみないと何もわからない状態での作業。 修理費用と日数がかかる説明を相談、打ち合わせをしての着手となりました。 クラッチも摩耗していたためクラッチカバーとディスクはEXEDY エクセディ をインストール。 修理完了、お引き渡しの際には交換した部品をご確認いただきながら作業を説明いたしました。 お車の調子も、まるで別の車のようとのご感想をいただき、担当整備士も喜んでいます。 お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。 ワイズガレージ 181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2 定休日 毎週水曜・祝日 営業時間 9:00~19:00 土日営業 携帯電話からもご利用いただけます フリーダイヤル 0120-21-3430 固定電話 0422-31-0430 で受け付けております。 携帯からもOK! でも受付しています。 気軽にお問合せください。 【新型コロナに関するお知らせ】 2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまだその脅威が消え去ったわけではありません。 引き続き 換気や除菌をし感染予防に努めながら営業しています。 ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。 ~営業時間変更のお知らせ~ 6月1日より通常の19時閉店に変更しました ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。 ご協力をお願いいたします。

次の