引っ越し 見積もり 安い。 【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます!引越十段!

引っ越し 見積もり 安い

引越しで「少量の荷物しかないなら、できるだけ安く済ませたい」と思いませんか。 中には「レンタカーを借りて・・・」なんて考える人もいるかもしれませんが、 実は、引越し屋さんは想像以上に安く、自分でやるよりも、お得な少量プランもあるんです。 しかも、引越し業者に依頼をすれば、重いものを運ばなくて済みます。 ベッドを解体して、組み立て直すことなんかも不要。 ガムテームやダンボール等の資材も、 無料でもらえることも多く、衣類用のハンガーボックスや布団ケースは借りることができます。 そこで、荷物の少ない引越しを、安くするための重要なポイントをまとめてみました。 たった2つのポイントを考慮するだけで、驚くほど安くなることがありますので、ぜひチェックしてみてください! 各引越し業者の小さな引越しプランをよく比較すること 各引越し業者、単身パック、1BOXプラン、他の人との混載便など、お得に引越しができる様々な少量プランを用意しています。 引越し業者の少量プラン クロネコヤマト• 単身引越サービス(miniタイプ) ダンボール15箱、衣装ケース3個、布団袋• 単身引越サービス 2ドア冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ダンボール10箱、衣装ケース3個、布団袋、スーツケース 日通• 単身パックL 2ドア冷蔵庫、洗濯機、薄型テレビ(20インチ)、テレビ台、電子レンジ、掃除機、カラーボックス、衣装ケース、姿見、布団、布団、ダンボール5箱• 単身パックS 2ドア冷蔵庫、薄型テレビ(20インチ)、テレビ台、電子レンジ、掃除機、カラーボックス、姿見、布団、ダンボール4箱 アリさんマークの引越社• ミニプラン1 ダンボールのみ10箱の少量に対応• ミニプラン2 たたみ1畳分(目安はダンボール15箱、テレビ、チェスト)• ミニプラン3 たたみ3畳分(ダンボール20箱、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車) 佐川引越しサービス• チャータープラン 搬入・搬出も自分でやる。 トラックだけ必要という少量の方向けに• スタンダードプラン 箱詰めや開梱は自分で。 普通の引越しに近い感覚で少量を依頼できる• まるごとおまかせプラン 梱包から荷ほどきまでおまかせ! そのほかにも、各社、荷物が少なめ人のために、格安のプランを用意しているので、ぜひ、比較してみてください。 ただし、新居までの移動距離と、曜日や時間帯によって、引越し業者ごとに金額は大きく変わってきます。 少量であっても、 倍くらい料金差がでることもあるので、見積もりは必須です。 また、 格安プランの場合、「同一市内・区内の限定」だったり、「日にちを指定できない」のように、条件がついていることもよくあります。 条件まで細かくチェックするとなると、複数の引越し業者を比較するのは面倒ですね。 そこでおすすめなのが、 このSUUMO(スーモ)の無料見積もり、すごいんです! 「なにがすごいのか」、このあと詳しく説明します。 一括見積もりを使えば、面倒な比較も一瞬! このサービスは、スマホやパソコンから引越しの情報を入力すると、 複数の業者から見積もりが届くというもの。 提携している業者は、先ほど紹介したクロネコヤマト、アリさんのほか、アート引越センター、サカイ引越センター引越しなど大手から、地域密着の激安・中小業者まで多数あります。 これらの引越し業者が、あなたの少量の荷物にあった見積もりを提案してくれます。 似たようなサービスがほかにもありますが、リクルートが運営するSUUMO(スーモ)の無料見積もりの場合、電話番号の入力をしなくてもいいんです! ですので、メールに届いた見積もり料金を比較して、安い業者を選べばOK! 各社は、安い値段を出さないと負けてしまう、という競争原理が働くので、 相場より大幅に安くなる可能性も高いです! はこちら(電話番号は不要! カンタン1分!) 費用は一切かかりません。 完全無料です。 気に入った引越し業者・見積もりが見つからない場合は、どこにも申込みする必要はありません。 「自分の少量の荷物だと、いくらかなあ…」みたいに、単純に相場を調べる感覚で問題なし。 少量の荷物なら、利用しない手はありません! 一人暮らしの引越しなら、単身パックがお得! 一人暮らしや単身赴任の引越しは、家族の引越しと違って、荷物が少量で済みますね。 そこでおすすめなのが「引越し単身パック」。 このプランは専用のボックスを使用し、こちらに詰められるだけの荷物を詰めて、他の人と一緒に運ぶという形が一般的です。 分解可能ならベッドのような大型の家具も運べることが多いですが、その他にタンスに、食器棚に、大型冷蔵庫に自転車もあるとなると、収まりきらないケースが出てきます。 あくまで荷物が少量の人のためのプランです。 また、他の人と混載で荷物を運ぶため、搬出日や、新居への搬入日を指定できない業者もあります。 したがって、自分の荷物が全て運べそうか、日にちの指定は可能かなども必ず確認するようにしましょう。 ただし、自分で全て調べて料金まで比較するのは面倒ですね。 そこで便利なのが、先ほども紹介した一括見積もり。 こちらを利用すれば、自分の希望する荷物が全部運べるか、日付は希望通りにいくかも含めて、複数社を比較できます。 単身パックを利用したいと思っている人も、まずはこちらで一度調べてみてください。 基本的に梱包は契約者が行いますが、梱包や荷解きのオプションサービスを利用することもできます。 この他、家電の電気工事からバイク・車両の運搬などのオプションサービスが用意されています。 日通の単身パック 単身パックL レギュラーサイズの少量プランです 単身パックS ひと回り小さいボックスを使ったプランです。 荷物をさらに減らして引越しの料金を下げたい方に 単身パック当日便 移動距離が30分以内、作業時間が4時間以内の、少量・近距離の引越しに向いています。 梱包資材も提供してもらえるため、作業がコンパクトにできます 単身パック積んでみる1. 5m3(リューベイ) 1. 事前の下見が不要になるので、荷物が少なくて忙しい方に便利です 単身パックX 鉄道を使ったコンテナ便です。 単身パックL用のボックスの約3倍の荷物を運ぶことができるので、少量引越しとはいいがたいのですが、移動距離によっては鉄道の方が安いこともあるので、加えました 運送距離が短い引越し、または長距離引越しと、距離にポイントを置いたプランが日通の特徴です。 また、コンテナ便のサービスを行っている引越し業者は少ないので、鉄道輸送を希望するなら日通がおすすめです。 オプションは、各種家電の電気工事や取り付け、バイク、ピアノ運搬、クリーニングなど。 特徴的なサービスとしては、荷物の一時預かり、盗聴器・盗撮器の探査サービスがあります。 ただし、梱包や荷解きのサービスはないので、これらは契約者が行う必要があります。 SGムービング(佐川急便)の引越しプラン カーゴプラン 専用のカーゴに積み込めるだけの荷物を混載便で運送するサービスです。 カーゴは複数台、契約できます チャータープラン トラックをチャーターして、運送だけ行ってもらう少量プランです。 梱包や積み込みは契約者の方が行うので、人件費の分、引越し費用が安くなります 梱包サービス、エアコンをはじめとする家電のつけはずし、ピアノや車両の運搬などのサービスをオプションでつけることができます。 便利なのは、家電の引き取りサービス。 引越しの機会に買い替えを、と考えている方は、処分を頼むと引越し作業がすっきりします。 単身パックの比較 さて、ここでは3社の単身パックを比較したいと思います。 もちろん、単身に限らず、少量の荷物のファミリーでも利用可能です。 各社のボックスのサイズと料金 クロネコヤマト• 単身引越サービス 1. 70m 12000円〜• 単身引越サービス(miniタイプ) 1. 30m 11000円〜 日通• 単身パックL 1. 75m 16000円〜• 単身パックS 1. 55m 15000円〜• 単身パック積んでみる1. 5m3(リューベイ) 1. 0m SGムービング(佐川急便)• カーゴプラン 1. 45m 21000円〜 各社の割引と補償・保険 割引 補償・保険 クロネコヤマト• WEB割引• 複数BOX割引• 平日割引• 早期申込割引 荷物の破損は補償してくれます。 希望すれば運送保険に加入することができます 日通• WEB割引• 複数ボックス割引• エリア割引 1ボックスにつき、200万円の運送保険がついています SGムービング(佐川急便)• WEB割引 MA&AD 三井住友海上の保険に加入しています 補償内容がいちばんはっきりしているのは、日通ですね。 その他の業者の単身向け少量引越しプラン クロネコヤマト、日通、佐川急便以外の、単身向けの引越しプランを紹介します。 単身赴任や学生の方の引越しなど、少量の荷物を運びたい、というニーズは多いため、大小さまざまな業者がいろいろなプランを提供していますね。 大手三社とできるだけ差別化をはかるために、サービス内容やオプションにユニークな工夫をしている少量引越しプランも少なくありません。 1m3タイプ(1. 4m)• 5m3タイプ(1. 7m) 2つのタイプのボックスが選べます。 両方いっぺんに契約することもできるそうですが、2. 5m3タイプのボックスの容量は業界最大とのことですから、荷物が少量の単身引越しであれば、ボックスが複数個になることはあまりないでしょう。 ボックスを2個以上契約すると1個につき1000円安くなる、「複数割引」と、引越し日の14日前までに予約すると1000円が割引になる「予約割引」が利用できます。 少量でなく、荷物がやや多めの場合は、2個以上の契約もありかもしれません。 なお、他の割引サービスと併用はできません。 オプションは自転車の輸送サービスです。 事前に専用の箱を購入して梱包しておくと、ボックスと一緒に輸送してもらえます。 これはとてもユニークなサービスですね。 スペースを取ってしまう自転車を単身パックで運んでくれるサービスは、他にはほとんどないと思います。 サイクリングが趣味、または出社手段が自転車、という方にはおすすめです。 ただし、依頼できるのはロードバイクやクロスバイクです。 いわゆるママチャリなどのシティバイクは対象外になります。 福山通運の青春引越便 青春引越便は、ユーザーの間では低料金で定評のある少量プランです。 ボックスのサイズは1. 引越し料金は、ボックスの数と運送距離で計算されます。 ただし料金表などは載っていないため、具体的な金額については直接問い合わせて確認する必要があります。 オプションは、家電の電気工事、ピアノ運送、荷物一時預かりなどがありますが、面白いオプションとしては、キップや宿泊の予約というサービスがあります。 初めての土地に引越し、という場合は利用すると便利かもしれませんね。 ダック引越センターの家具だけプラン 「荷物が少量…」ではなく、家具のみお願いしたい場合におすすめなのがダック引越センター。 大型の家具や家電のみを移動させるための引越しプランです。 引越し先が同じ町内や、同じ建物内・敷地内など、ごく近距離の運送をうけおいます。 家具・家電の梱包からセッティング、作業完了後には10分間お手伝いをしてくれるサービスがセットになっている点がユニークです。 何を手伝ってもらうか、事前に決めておきましょう。 上記のように荷物の梱包・養生はしてもらえますが、建物の養生はオプションになりますので、注意してください。 共立トランスポートのミニトラ便 軽トラックをチャーターして荷物を運ぶ引越しプランになります。 大阪を中心に営業している業者なので、配達は全国にできますが、利用は大阪近隣の方に限られます。 各プランの引越し料金は以下のようになっています。 Aコース トラック1台+契約者が作業を手伝う 12000円〜 Bコース トラック1台+業者の助手1名が作業を行う 20000円〜 Dコース 梱包から簡易掃除など全ての作業をスタッフが行う 35000円〜 Fコース 家具・家電を5点まで配送+契約者が作業を手伝う 8000円〜 Gコース 家具・家電を1点のみ配送+契約者が作業を手伝う 5000円〜 荷物が少量の場合のプランのみを紹介しています。 引越し業者はお客さんの手伝いは断るのが一般的ですが、こちらは作業を手伝うと料金が少し割引になるシステムで、そこがユニークですね。 ミニ引越しのケートラックス 東京を拠点に、軽トラックの貸しきり便でミニ引越し・少量引越しを専門に請け負っている業者です。 サービス内容• 東京、神奈川(横浜、川崎)、埼玉から、約40km以内の引越しに対応しています• 縦+横+高さ の合計が160cm未満の小型の荷物を運送します• 運転手兼作業員1名がつきます• 積み込み、積み出しは作業員が行いますが、梱包は基本的に契約者が行います• コインパーキング・高速道路利用の場合、別途実費分が上記料金に加算されます。 規定サイズを超えなければ家具や家電も運んでもらえますし、便利屋さんと宅配便の中間という印象ですね。 個人経営の引越し業者のためか、必要最小限度のサービスだけをつけた、非常にコンパクトなプランで、気軽に利用できるところがメリットです。 荷物がさらに少量になると割引もあるようですし、対応地域の方は検討してみてもよいと思います。 赤帽 荷物の少ない少量引越しといって、まず思い浮かべるのが赤帽、という人もいるのではないでしょうか。 赤帽は、「赤帽車」と呼ばれる軽トラックで荷物を運ぶことになります。 赤帽車にはワンボックスタイプもありますが、荷室容積があまり大きくないため、引越しに使用されることはほとんどありません。 軽トラックのサイズは、 荷台寸法が1. 45m、 最大積載量が350kgになります。 具体的な例を挙げると、冷蔵庫、縦型洗濯機、シングルベッド、メタルラック、テレビ、ハンガーボックス、布団一組、衣装ケース4個、ダンボール箱10個……これでほぼ、350kgです。 少量の荷物といっても、一人暮らしには十分な荷物が運べそうですね。 赤帽はひとつの企業ではなく、軽貨物運送業を営む個人事業主で組織される協同組合ですから、地域、事業者によって、料金やサービスが異なります。 料金については、赤帽のホームページで各地域の料金を確認することができます。 例 赤帽北海道軽自動車運送協同組合……11800円 赤帽首都圏軽自動車運送協同組合……13500円 (作業時間2時間以内・走行距離20Km以内の場合) ただし、荷物の量や作業内容によって引越し料金は変わります。 また、梱包を業者に任せるか、それとも自分で行うかなどでも変わりますので、細かい内容については、事前に地域の赤帽に連絡をして、確認を取ってください。 ダンボール10箱以内なら、引越し荷物を宅配便で送る 引越しの荷物がごく少量、という場合は、わざわざ引越し業者に頼んだり、トラックをチャーターするのは面倒なものです。 たとえば、実家から寮や家具つきアパートへ引っ越すのであれば、ダンボール箱10箱以内に収まってしまうこともありますよね。 こんな場合は、荷物は宅配便で送ってもいいかもしれません。 宅配便の料金は、基本的に荷物のサイズで決まります。 サイズは、縦・横・高さ、三辺の寸法を合計した数値になります。 (例 縦・横・高さが35cm・35cm・35cmの箱は、105cmなので、そのまま105サイズ) サイズがわかったら、運送業者がホームページに載せている料金表に照らし合わせれば、料金を割り出すことができます。 佐川急便、ゆうパック、クロネコヤマト、三社で扱っている荷物のサイズと料金例、割引サービスなどをまとめました。 160サイズを超える大型の荷物の場合は、「飛脚ラージサイズ宅配便」が利用できます。 260サイズ、50kgまでの荷物を送ることができます。 荷物が11個以上になると、数量割引が適応されます。 荷物を2個以上送ると、1個につき60円の複数口割引を利用できます。 パソコンやデジカメなどの精密機器の運送は「パソコン宅急便」のサービスがあります。 専用の箱に梱包することが条件なので、クロネコヤマトから購入してください。 らくらく家財宅急便で送る クロネコヤマトで行っているサービスで、宅急便では送れない大型サイズの家具、家電を1個から輸送してもらうことができます。 引越しの荷物はダンボール数個と、大きな冷蔵庫1つ。 「少量」にもいろいろありますが、場合によっては、こんなバランスの悪い組み合わせになってしまうこともありますよね。 こうした場合は、ダンボール箱は自分で運び、大型家具・家電だけを業者に依頼すると、引越し料金をコンパクトにすることができます。 運送と同時に、梱包や開封・設置も行ってもらえますから、サービス内容は宅急便よりも引越し便の少量パックに近いですね。 サイズの区分 SSランク〜Gランクまで、9区分に分けられています。 SSランク 80cmまで Sランク 120cmまで Aランク 160cmまで Bランク 200cmまで Cランク 250cmまで Dランク 300cmまで Eランク 350cmまで Fランク 400cmまで Gランク 450cmまで 商品サイズの測り方と料金の算出方法 「縦+横+高さ」の合計値からランクを割り出し、料金表に照らし合わせてください。 Dランクの荷物を東京から神奈川まで運ぶと、料金は9950円になります。 料金表はクロネコヤマトのホームページで確認することができます。 オプションサービス 梱包、引越し先での開梱、設置、家電のセッティング、家具の組み立てなど。 さらに梱包資材の回収サービスも利用できます。 他社のサービス クロネコヤマト以外の業者にも、家具・家電を1個から運んでくれる少量プランがあります。 クロネコヤマトは宅急便ですが、こちらはコンパクトな引越し便という感じです。 SGムービング(佐川急便) 単品プラン• ファミリー引越センター 単品輸送便• ダック引越センター 家具だけプラン• アーク引越センター 大物限定プラン 自分で引越し作業をやる 運ぶ荷物は少量だし、引越し先は比較的近いし、運転免許もあるし……。 だったら、業者に頼まずに引越し作業を自分でやってしまおう、そんな方もあるかもしれませんね。 自力引越しは、費用が安いというメリットがあります。 運送を自分で行うわけですから、経費は梱包資材と車両のレンタル料くらいで済みます。 また、引越し業者であれ、宅配業者であれ、業者を手配するのが何かとわずらわしい、という方もあると思います。 自分のペースで、都合のよい日時に引越しができるというのも、自力引越しのメリットといえるでしょう。 梱包に必要なもの• ダンボール• ガムテープ、セロテープ• エアキャップ、新聞紙などの緩衝材• ビニール ひも• セロテープ• はさみ・カッター• 布団袋 これらは必ず用意しましょう。 この他に、ちょっとしたものを入れるビニール袋や、マジックペンなどがあるとベターです。 資材をあちこちから購入するのが大変、という方は、クロネコヤマト、日通で引越し用の梱包資材をセットにして販売していますので、そちらからまとめて購入すると楽です。 日通の資材セットは、ダンボール箱、ガムテープ、フトン袋、というシンプルなセット。 クロネコヤマトはそれに加えて、エアキャップや食器を包むパットや箱などもついており、バリエーションが豊富ですが、少量引越しだと、使わないものもあるかもしれませんね。 引越しする荷物の種類と見比べて選択するとよいでしよう。 もちろん、引越し契約をしなくても、資材を購入することができます。 家具や建物の養生は? 養生とは、荷物を運んでいる最中にぶつけて傷つけてしまわないように、家具や、建物の壁、床などを保護することです。 冷蔵庫やタンスなどがなく、ダンボールしかないという少量引越しなら、養生は不要です。 ですが、家具・家電があると、角の部分または取っ手のように出っ張った部分をぶつけてしまうことが多いので、この部分にエアキャップや切ったダンボールを巻きつけると効果的です。 建物の養生は、一般には養生シートという専用のシートを使いますが、個人で用意するのは購入であれ、レンタルであれ費用がかかりすぎるという欠点があります。 その場合は、ダンボールや毛布を敷くなどして代用することができます。 ただ、建物の養生が必要なくらい、重くて大きな家具や家電がある場合は、自分で運ぶのはあきらめた方が賢明ではないかと思います。 手伝いを頼んだとしても、慣れない素人が運ぶと、何らかの事故も起こりかねませんし、失敗したときのリスクが大きすぎます。 前述した、家具宅急便などを利用しましょう。 おすすめのレンタカー マイカーを所有していない場合、またあっても普通自動車なら、自分で引越しはできません。 オリックスレンタカー、トヨタレンタカー、ニッポンレンタカーなど、レンタカーで軽トラックや2トントラック、あるいはワンボックスなどを借りることになります。 軽トラック 荷物が少量の単身引越しの場合、もっとも適しているのは軽トラックです。 ダンボール箱だけでなく家具・家電も積み込めますし、運転も普通免許でOKです。 荷台の高さは一般的なトラックよりも少し低いため、荷物の積み込み、積み出しも比較的楽にできるでしょう。 トラックをレンタルする際は、オプションでレンタルできる装備品をチェックしましょう。 車両と一緒に、荷物を固定するロープや雨よけのシートをレンタルしているレンタカーが多いです。 こうしたアイテムも借りておくと、引越し作業が楽にスムーズになります。 〈自力引越しにおすすめの装備品〉• ブルーシート• 固定用のロープ、バンド• 利用する方が少ないためか、大手レンタカーでも、取り扱い店舗は限られます。 利用する店舗で軽トラックを扱っているかどうか、ホームページなどで事前に確認してください。 また、荷台が露出しているので、悪天候に弱い、荷崩れした際に荷物が落下するリスクがあることもデメリットです。 レンタル料金は、12時間で5000円〜7000円ていどが相場です。 ワンボックスカー 引越しの荷物は基本的にダンボール箱だけ、という方は、軽トラックの代わりにワンボックスカーでも良いでしょう。 ワンボックスカーはどこの店舗でも取り扱っているため、トラックのようにレンタルするのに苦労するということは、まずありません。 車内に荷物を積み込むので、引越し中に雨に降られても水濡れの心配がない、という利点もあります。 デメリットは、シートのせいで、車内のスペースが思ったほど広くないことです。 家具は基本的に入りませんし、ダンボール箱もそれほど多くは入りません。 車両サイズの見当を誤ると、少量引越しなのに荷物があまってしまった、という事態もあり得ます。 レンタルの申し込みはほとんどの場合、ホームページからできますが、できれば実際の車両を確認して、車内の広さと引越しの荷物量を照らし合わせてからレンタルするのがおすすめです。 レンタル料金は、小型のものは12時間で5000円〜7000円、大型は12000円〜14000円ていどが相場です。 一人で引越しをするときの注意点 たとえ少量であっても、自分で引越し作業をするのは、メリットばかりではありません。 当然、デメリットやリスクがあります。 時間と手間がかかる 引越し業者の方が荷物の積み出しをしているのを見ると本当に早くて、作業はあっという間に終わりますよね。 でも、これはあくまでプロの方だから。 毎日やっているので慣れていることもありますし、重いものを持ち運びするコツも心得ているため、スムーズに運べるのですね。 わたしたちが運ぶ場合は、当然同じようにはいきません。 たとえダンボール箱数個でも、部屋と車両を何度も行き来して運ぶのは思った以上に体力が要ります。 部屋が2階より上にある場合は、手間も倍以上になりますよね。 荷物が少量であれば、引越し業者に頼むと積み出し、積み入れを含めても半日もあれば終了しますが、自力で行った場合は1日がかりになってしまうこともあります。 作業時間は、かなり余裕を持っておいた方がいいです。 大型の家具・家電を運ぶのが難しい ダンボール箱と違い、家具や家電を運ぶのは難しいものです。 冷蔵庫、洗濯機などは全体につるつるした仕上がりになっているため、少し重量があるだけで滑りやすいです。 機器の構造によっては左右で重量のバランスが大きく違うこともあり、これも運びづらい原因になります。 トラックの荷台にしっかり固定するのも難しいですし、あまり危険なく運べるのは、かなり小型の洗濯機や、背の低い扇風機くらいではないでしょうか。 家具は、重量はそれほどありませんが、テーブル、ソファのように変則的な形をしているものも少なくありません。 階段を上り下りしたり、荷台に固定したりするのはあまり簡単ではないと考えるべきでしょう。 いちばんには、引越し中に落としたり、倒したりしてしまうと、家具・家電が壊れてしまうだけでなく、周囲にかかる迷惑も大きくなることです。 引越し中のトラブルは自己責任になる 運んでいる最中に荷物を落としてしまったり、家具に傷をつけてしまったり……。 引越し作業には何らかのトラブルがつきものですが、自分で作業した場合は、トラブルはすべて自己責任になってしまいます。 落として壊してしまった、くらいであれば、涙を飲んであきらめればよいのですが、、第三者を巻き込むような形でトラブルが起きた場合は厄介です。 作業中に建物に傷をつけてしまったとか、運送中に荷台から荷物が落下して後続車に当たってしまった、というようなケースですね。 引越し業者はこうした事故に備えて保険に加入していますが、わたしたちにはそうした備えがないため、弁償しなければならなくなるなど、事態が深刻になるリスクがあります。 他には、手伝いを頼んだ知人が誤って物品を壊してしまった、一緒に家具を運んでいる最中に傷がついた……。 このようなケースも困りますね。 責任の所在がはっきりしないので、引越しの事故が人間関係のトラブルにまで発展してしまうこともあります。 意外と少なくないんですよ。 時間やスケジュールに余裕のある方• 運ぶ荷物はダンボール箱が基本で、数もごく少ない方• ダンボール箱以外は、足をたためるテーブル、カラーボックスなど、小型で簡単な家具・家電のみという方 こうした条件であれば自力で引越ししてもトラブルは少ないと思います。 これ以外の方は、引越し業者や宅配業者など、いずれかの業者に依頼した方が、たとえお金がかかっても安心ですよ。 自力引越しは、トラブルもなく作業がスムーズに済めば、お金がかからなかったり、時期を選ばす引越しできるなどのメリットがあります。 でも、何かトラブルがあった場合は、業者に頼んだ場合よりも傷が大きくなってしまうというのが、いちばんのデメリットですね。 コラム 少量荷物の引越しの失敗例 こちらはあくまで例ですが、こんな失敗ってあると思いませんか。 荷物が少ない引越しでも、しっかり比較をして、プロの引越し業者に依頼するのがおすすめです!• もともと持ち物や家具は少なめな方なので、レンタカーで軽トラを借りて、友達も便利屋も頼らず一人で引越しをやることに。 ですが、最初に予定していた日はあいにくの雨となってしまい中止に。 翌日も微妙な天気でしたが、決行したところ、最後のほうで雨が降って荷台の荷物が濡れてしまう。 さらに、荷物は確かに少量なのだけど、でも荷物の中に冷蔵庫があって、これが厳しい。 エレベーターなしの階段どころか、軽トラの荷台に持ち上げるだけで心が折れました。 結局、冷蔵庫は諦める始末。 運ぶ数は少量でも、おそらく重い家電や家具があるなら一人で引越し作業は難しいと思います。 少量の荷物しかない学生なので、引越し業者を頼まずに宅急便で送ってしまおうと決意。 洋服や小物などは全てダンボールに入れて5箱だけ。 悩んだのが自転車と昔から使っていたタンス。 ところがこれらを送るにはらくらく家財宅急便というプランになって、値段が跳ね上がる結果に。 それなら、単身パックなどでまとめて送ってしまったほうが手間もかからず、ダンボール集めなどの準備ももっと手軽に済んだので、荷物が少量でも引越し業者が楽かもしれません。 ゆうパックや宅配便を利用して輸送してしまおうというのも同じです• 大きな家電は冷蔵庫と洗濯機だけ。 大きな家具は本棚とベッドだけ。 その他、ダンボールに入れた荷物は少量程度。 ということで、テレビCMでもお馴染みの引越し業者に見積もりを依頼したところ、1トントラックで作業スタッフ2名で、5万円以上。 相場がわからないのでそんなものかと思ったら、もっと安く引越しできるという話を後で聞いてショック。 面倒でも、荷物が少量でも、複数社で見積もりを取ればよかった。 少量の荷物なら赤帽の軽自動車と思い、依頼。 作業員が1人だけとは思いもよらず、冷蔵庫や洗濯機を運ぶ引越し作業を手伝うことに。 赤帽はとても親切な対応で、配送も丁寧だったけど、女性だったら、この搬入作業は大変かも。 東京から大阪まで、単身者向けの単身パックを頼んだら、専用BOXに収まりきらず、大変な思い。 引越しの際はちゃんと訪問見積もりにきてもらって、プロの目で荷物量をはかる必要があると痛感• 荷物が少量で、近距離だったので、ぜんぶ自力で引越しをやろうと思いまいた。 荷造りや梱包まではうまくいったのだけど、エアコンの取付・取り外し、さらに洗濯機の排水工事が必要なことを忘れていました。 ウォシュレットの脱着やテレビの配線も、女性には難しいかもしれませんね 一人暮らしをするときは、いろいろとそろえたくなりますけど、不要なものを買ってしまっては、スペースのムダにもなりますし、もったいないですよね。 少ない荷物で小さな暮らしをするのも楽しいものです。 まず、一人暮らしで不要かもしれない家電というと、小さ過ぎる冷蔵庫でしょうか。 冷蔵庫はもちろん必須アイテムですが、あまりに小さいと案外不便で、飲み物もろくに冷やせないなんていうことになってしまいます。 自炊はしないという人でも、ちょっとしたお惣菜などを買ってくることもありますよね。 また、家電とは少し違いますが、固定電話も不要な人が多いのでは。 携帯電話があればそれで充分間に合いますし、パソコンがあれば、インターネット電話を利用することができます。 料金的にもそちらのほうが断然オトクだったりしますよ。 テレビも必須アイテムではないかもしれません。 というのも、こちらもパソコンにテレビ機能があれば見ることはできますし、ニュースなどの情報はインターネットなど、パソコン、携帯電話、スマートフォンで充分チェックすることができるからです。 あらためて、すごい世の中ですね。 もちろん、ゲームをするとか、テレビはやっぱり欠かせないという人もいることでしょう。 あくまでも不要「かも」しれない家電ということです。 前述の冷蔵庫や固定電話も同様です。 必要なもの、不要なものは人それぞれです。 いずれにせよ、少ない荷物の小さな引越しであれば、引越し料金も安く済みますから、新生活がスタートする機会に、荷物をシェイプアップしてみてはいかがでしょう。 に戻る.

次の

どこが一番安い?【2020年版】引越し会社のコスパ&満足度ランキング(オリコン調べ)

引っ越し 見積もり 安い

サカイ引越しセンター 2. アート引越しセンター 3. 赤帽 4. 日本通運 5. クロネコヤマト 私は以前引越し業者で見積もり担当をしておりました。 8年間で約3,000件の成約をいただき、引越しの見積り料金の相場についてはかなり詳しいと自分でも思っています。 その経験を元に、一番安い引越し業者を見つける方法を提案させていただきます。 ずばり、てっとり早く安い引越し業者を見つけるには、一括見積もりを利用してしまうのがベストです。 最大8社からすぐに見積もりが届きますので、その中から一番安い引越し業者を選ぶだけです。 (情報1) 引越しをする人は毎月数え切れないほどいます。 ですので、CMをバンバンながしているような大手の引越し業者になると、高めの料金設定でもお客さんは来るのです。 逆に言うとCMをはじめとした広告宣言費をたくさん使っているので、その分引越し料金は高くなっています。 なので、最初に見積もりで提示される引越し料金は高めになっています。 だからこそ、交渉次第で数万円の値引きができる場合があるんです。 私自身これを知る前後で引越し料金が大きく変わりました。 引越し業者は値引き交渉されることも想定した上で、はじめは高めの料金を提示してくることが多いです。 (私のいた引越し業者でも実際そうでした・・・) なので、最初に提示された金額に従ってしまうとかなりの金額を損してしまうことになります。 必ず値引き交渉を一度は行いましょう。 (情報2) 一括見積もりをするだけで安くなるわけではないです。 最近ではほとんどの人が、まずは無料の一括見積もりサイト( など)を利用して見積もりを複数もらうようです。 複数業者の相見積もりなので、それだけで料金が安くなっていると思っている人が多いです。 しかし実際は先ほども言ったように、初回に提示される料金は高めの料金なのです。 なので5社に見積もりをもらっても、高い見積もり書を5枚集めただけなんてことになってしまいます。 なので、例え一括見積もりを利用した場合でも、値引き交渉は行ったほうがいいのです。 これは知っている方も多いかもしれませんが、引越しが決まっているのであれば1日でも早く見積もりを依頼したほうが得です。 引越し業者としても準備がしやすいですし、予約も埋まっていないので料金も安くなりますし、サービスも良くなります。 1つのテクニックとしては、具体的な日にちが決まっていなくても、まずは見積もりをもらっておくことがおすすめです。 引越業者としても、一度安い見積もり書を出してしまうと、そこから大幅な値上げもしにくいというところが少なからずあります。 (注意) すでに引越し業者が決まっている人は無料見積もりサービスのご利用をお控えください。 引越しの料金を少しでも安くするためには、荷物を少なくすることや各社から見積もりを取得すること、そして値段交渉やオプションの交渉が必要です。 引越し料金はトラックの大きさや荷物、ダンボールの量で決まります。 大きなトラックが必要になれば、その分燃料代が高くなりますし、高速道路などの通行料に影響するため値段は上がります。 そして当たり前ですが、荷物が多くなればスタッフの人数も多く必要になります。 単身者の引越しの場合、スタッフは1人や2人であることがほとんどです。 しかし、大型家具が多いとその人数では対応できなくなってしまいます。 また、荷物が多いと梱包用のダンボールもたくさん必要になります。 ある程度のダンボールは引越し業者から無料でもらえますが、それを越える荷物がある場合は追加で購入したり、スーパーマーケットなどからもらってこなければなりません。 時間のない引越しをする場合、ダンボールを探して近所のお店をめぐる時間ももったいないことです。 業者からもらえるダンボールで収まらない荷物がある場合、持っていくことよりも処分することを考えたほうが効率的です。 また、荷物を少なくすれば引越しの前後にかかる作業も簡単になります。 梱包したりダンボールから荷物を出す作業は、引越しをするさいにかなり時間が取られる作業です。 基本的な考えとしては、「自分が絶対に必要なものは持っていく。 それ以外は削除する。 」です。 特にここ1年ぐらいで使っていないものは、今後も使わない可能性が高いものです。 引越しの機会に処分しても問題ないでしょう。 (今流行の断捨離ですね。 ) 引越し業者一括見積もりのメリット 引越し業者を決める際には、業者に見積もりを依頼しますが、その際に引越し業者一括見積もりを使用して各社の見積もりを取得するといいでしょう。 引越し業者一括見積もりをすることで、まず自分が引越ししたい日に対応可能な業者が絞られます。 自分で一社ずつ電話をかけて問い合わせなくて良いので、これだけでもだいぶ大きな時間短縮になります。 そして見積もりを出してくれた各社の料金やサービス内容を比較しながら、最終的に依頼する業者を選んでいきましょう。 特に各社がオプションとしていることが多いピアノの運搬やエアコンのセッティング、ペットの引越しなどが必要な場合は特に念入りに確認することが大切です。 なぜならこれらの作業は引越し業者からさらに外部に依頼する可能性があるからです。 これらの作業を単純に外部に委託すると、5000円程度の差額が発生することがあります。 その際はその差額部分を利用して、値段交渉すると良いでしょう。 値段交渉とオプションの交渉 一括見積もりの結果、業者がいくつかに絞られてきたら、そこで決めてしまわずに値段交渉に入ります。 一括見積もりの結果として安い値段を提示してきた業者があれば、その値段を利用してほかの業者に交渉しましょう。 もちろん、各社少しずつ作業内容やサービスが異なりますから、必ず安くなるとは限りません。 しかし、うまく交渉すれば求めているサービスをより安く受けることができます。 値段交渉の結果と、各社のサービス内容などを考慮して納得できれば最終的に依頼する業者を決定しましょう。 この値段交渉には前述したエアコンのセッティングやピアノの運搬などといった個別の作業項目を使って交渉することも1つの方法です。 そして値引きが限界に達すると、業者はオプションの提供による実質的な値引きを提案してきます。 このオプションで良くあるのはダンボールの追加です。 通常の料金設定では、もともとある程度のダンボールが含まれています。 しかし、自分の荷物がそれ以上になりそうだとわかっていれば、ダンボールの追加を依頼するといいでしょう。 ダンボールは店舗などから自分で調達することもできますが、大きさが揃っている方が作業しやすいですし引越し業者のダンボールは丈夫で頑丈です。 足りなくなりそうであればダンボール追加のオプションを交渉してみましょう。 そのほかのオプションでよくあるのは、引越し後に不要になったダンボールや緩衝材などを無料で回収するサービスです。 引越し後は大量のダンボールや緩衝材がゴミとなってしまいます。 通常、これらの回収作業は有料サービスですがオプションで無料にしてくれることもあります。 新しい部屋にダンボール等がいつまでも残っていると鬱陶しいものですし、ゴミとして出すにも量が多ければ大変です。 引越し業者側もまだ使える資材は再利用したいという思惑がありますから、オプションに交渉してみると引き受けてくれる可能性が高いサービスとなります。 引越しはお金がかかるものですが、それでもこのようなコツを知っていると、妥協しないで少しでも安く引越しができます。 ぜひあなたの引越しに役立ててください。 値引き交渉の定石 見積もり料金を値引きしてもらう常套手段を1つ紹介します。 まず、引っ越しの見積もりは少なくとも3社に頼みましょう。 1社は大手の引越し業者、2社目は中堅の業者、3社目は小規模な会社といった感じです。 そして、訪問見積もりに来てもらう順番を工夫します。 初めに小規模な引越し業社に訪問見積もりしてもらいます。 小規模な引越し業者は、少しでも契約数を増やしたいので、想像以上に安い料金を提示してくれることが多いです。 しかし、ここで決めずに、もう少し粘りましょう! 次に中堅の引越し業者に訪問にきてもらいます。 ここで小規模な引越し業者に提示された見積もり書を見せると、「この値段は安すぎで、ちょっと怪しいですよ!うちならもう少し高くなりますが安心感があります!」といったようなことを言いつつ、そこそこ安い見積もり料金を提示してくれます。 しかしここでもまだ契約はしません。 最後に大手の引越し業社に訪問見積もりに来てもらいます。 1社目、2社目の見積もり書を見せつつ、大手んならではサービスの質も確認しておきましょう。 大手の引越し業者は、一律で値引きできる金額が決まっていたりします。 なので中小業者程の料金まで値引くことは難しいです。 しかし、ダンボールをサービスしてくれたり、米、ギフト券等のサービスをしてくれたりします。 このようにうまくスケジュールを組んで見積もりを依頼することで、お得な引越をすることができたりします。 引っ越し価格の最安値はどこにある? お店で売っている商品の値段はそれにかかるコスト(製造費や人件費など……)に利益を乗せて決まります。 これは、形のない商品、つまりサービス業においても同様です。 では、引っ越しの料金の値段はどのように決まるのでしょうか? できるだけ安く引越ししようと思ったら、ギリギリまで利益を引いた値段になるように交渉すればよいのでしょうか。 引っ越しの料金も物を買う時と同じように、基本的にはギリギリまで利益を引いた値段、赤字直前の値段が最安値となります。 しかし、中にはそれよりも更に低い金額となる場合もあります。 最安値で引っ越しするにはどうしたら良いのでしょうか。 また、それよりももっと安い値段で引っ越しできるのはどんな時なのでしょうか? 1件あたりの利益よりも件数が重視される 最安値について話すにあたり、まずは引っ越し営業の傾向について少し解説します。 引っ越しの料金はまず、見積もりに訪れた営業が料金表から値引きをし、その後他の業者の料金と比較しながら値引きしていくのが普通です。 こうした価格交渉があるために「引っ越し業者は少しでも高い金額で契約させようとしている」と思われがちです。 確かに業者からすれば高い金額で契約してくれるのに越したことはないのですが、この値引きの交渉は少しでも高くというだけでなく他の業者に客を取られないようにという意味もあるのです。 引っ越しの営業は、1件の引っ越し価格をあげるよりも、一見でも多く引っ越しを決めたいと考えています。 引っ越し業者が存続していくためには、常に一定数以上の引っ越しを行う必要があります。 収入に波があるギャンブラーよりも、収入が少なくても定期的に収入がある方が好まれるのと同じようなものです。 ですから、相当悪質な業者でないかぎり、ボッタクリ料金で契約させようとすることはありません。 高すぎる金額を提示すると、他の業者に客が逃げてしまう可能性のほうが高いためです。 ただ、件数重視なのは繁忙期以外の引っ越しの話です。 2月から4月の引っ越しシーズンの引っ越し料金は非常に高いです。 この時期は、引っ越し需要が急激に高まるため、値段を上げても契約が取れます。 「即決価格」は最安値 今ここで決めたらこの値段で引っ越しできますという形で提示される「即決価格」ですが、基本的にこの即決価格が引っ越し価格の最安値と見て良いです。 即決価格は赤字ギリギリの価格設定となっていることが多く、どの業者でもだいたい同じぐらいの金額です。 なぜ赤字ギリギリの金額を提示できるかというと、上で述べたようにそれだけ契約を欲しているためです。 たとえ利益が少なくても契約を取ること自体を重視しているため、サービス内容が同じならどの業者も同じような金額になるのです。 引っ越しにかかるコストというのは、どの引っ越し業者でもそれほど変わりません。 「複数業者から見積もりを取るつもりだったが、2軒目も3件目も最初と同じような値段だった」という話がよくあるのもこのためです。 即決価格よりも安い値段で引っ越しをすることは難しいため、一つの業者で即決を提案されたらそのまま決めてしまってもまず問題ありません。 引っ越しにも「セール」がある? スーパーやデパートなどで在庫処分のセールが行われるのは、季節の変わり目や新商品が出る前です。 新しい商品を仕入れるために、今ある在庫を捌いてしまいたいからです。 セールでは、商品を早く売り捌くために赤字価格で売りに出されることは珍しくありません。 同じようなことが引っ越しでも行われています。 引っ越しがなく、人でもトラックも余ってしまっている時です。 引っ越しがなくても、雇用やトラックの維持にはお金がかかります。 少しでもこの赤字を埋めるためには、原価を多少割ってしまっていても引っ越しを行うしかありません。 これが引っ越しの「セール」です。 ただ、このセール状態を外から見て判断するのは非常に難しいです。 洋服や家電であれば、季節外れだったり型落ちだったりすることがわかりますが、形のないサービスではそれがわかりません。 ですから、赤字覚悟の引っ越しを狙うことは一括見積もりを使わない限りまず不可能です。 運良くそういう時期に当たったらラッキー、程度の認識でいましょう。 運が良ければ、即決価格を示す時に「本当は赤字なんですが特別に」などと言ってくれるかもしれません。 その言葉を証明する手段がないため、誠実な営業に当たるかどうかも運にはなりますが。 その言葉を信じられるかどうかは、営業の人柄や電話で問い合わせたときの対応などから窺うしかありません。 即決価格よりも低い値段で引っ越しできるかどうかは運です。 本来の最安値である即決価格で引っ越しできれば十分です。 示された即決価格が本当に底なのかどうか知りたい時は、2社以上から即決価格を聞き出す必要があります。 いくら即決価格がどこの業者でも同じ程度と言えど、それを確かめるには複数業者から見積もりを取らなければなりません。 見積もり依頼後には各社から見積もりの明細書が各社から見積もり見積もりの明細書が届きます。 あまり多くの引越し業者に依頼しすぎると、対応が面倒になりますので、3~5社くらいにおさめるのがオススメです。 メール対応の良さから引越し業者の質を判断できます。 対応がいまいちな会社は、実際の引越し作業もいまいちな傾向はあります。 それゆえ、メールや電話での対応の良さなども業者選定の基準にいれることをおすすめします。 単身引越し、家族引越し、海外引越しなどなど いずれの引越しにも適用可能な値引き術になっています。 一括見積もりサイトも便利になってきていますので是非利用していきましょう!引越しダンボール無料、梱包資材サービスなど特典を提供してくれる会社も増えてきています。

次の

格安の引っ越し見積もり|100円引越しセンター

引っ越し 見積もり 安い

福島県の引っ越し業者一覧&一括見積もり!• 福島県の引越し見積もり比較! 一括引越し見積もりができる 福島県の引っ越し業者一覧! どこも訪問見積り無料で単身の引越しも格安料金! 福島県の引越し会社 最大10社の 一括見積もり価格を比較して安い料金で引っ越し!• 福島県の引越し業者一覧 三八五 東北地方に本社を置く引越会社としては売上No. 車両保有台数は約1500台で、その中には荷物量・低予算に対応したワゴン車や、集合住宅での引越しに活躍するスカイポーターなど多種多様な車両を保有。 郡山センター 福島県郡山市日和田町高倉字古川4-16 福島センター 福島県伊達市伏黒字西本場165 いわきセンター 福島県いわき市小名浜芳浜11-47 よくある質問 引っ越し業者が多すぎて、どこに頼めばいいか迷っています。 引越し業者は、全国に3000社以上あるといわれています。 この中から条件にあうところを探すのは至難の業です。 そこで本サイトでは、福島県の引越し業者一覧から比較・検索ができ、一括見積もり(最大10社)も可能なので、迷うことはありません。 曜日や時期によって引っ越し費用は変わりますか? ニーズの高い日曜・祝祭日や、3月下旬などの繁忙期は引っ越し費用が必然的に割高になります。 費用を優先されるようでしたら、これらの時期を除いた平日がねらい目です。 引越し日や荷物量など、諸々条件がまだ決まってませんが、それでも一括見積もりは可能ですか? お引っ越しの際の諸々条件などは、まずお見積もりを取ってからでないと逆に決まらないものです。 よって、まずはお見積りフォームから最低限(必須項目)のみ入力し、お気軽に福島県の引っ越し業者へ一括見積もりをしてみてください。 引越し会社に運んでもらえない荷物ってありますか? 貴重品や高価な物品、危険物(灯油等)は基本的に運んでもらえませんが、自動車・オートバイ・ピアノなどの重量物であれば、別送サービスをご用意しているところもあります。 お見積り時に確認してみましょう。 なお、デジタル機器(PC等)は内部データ損傷の場合、補償対象外となるため、バックアップしておくことをおすすめします。 福島県の引越し業者にだけ、一括見積もりできますか? 郵便番号をもとに、各社の訪問見積もり対応エリアをわり出すシステムになっておりますので、 福島県の引っ越し業者にだけ一括見積もりすることが可能です。 そのため、余計な時間や面倒な手間がかかりません。 不用品(家電製品等)は処分してもらますか? また、引越し当日にお願いした場合でも対応してもらえますか? 一部の家電製品(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)は、家電リサイクル法の対象となるため、処分してもらえないことがあります。 引越し業者によって対応が異なるため、訪問見積り時に確認しておきましょう。 また、引っ越し当日に不用品の処分を依頼しても、対応不可か、対応可能でも別途料金が発生するため、急な依頼がないよう予めよくチェックしておきましょう。 一括見積もり依頼が完了後、すぐに各社から回答がきますか? また、この時に提示された見積り額で決定してしまうのでしょうか? 即日~2日以内に、メールまたはお電話にて福島県の引越し業者からお見積りのご連絡をいたします。 この時に各社から提示されるお見積もり額は、引っ越し業者を比較する上での参考金額としてお考えください。 ) 契約時に『内金・前受金・手付金』等を支払う必要はありますか? が制定した『標準引越運送約款』で定められております。 予約・仮契約を名目とした『内金・前受金・手付金』等は、契約時に請求する事を禁止されてるため、支払う必要はございません。 直前の引っ越しキャンセル料は? キャンセル料については『引越しの2日前』から発生します。 詳しくは図表をご覧ください。 ご注意ください) 引っ越し費用はどのタイミングで支払えばよいですか?また、クレジットカードで支払えますか? お支払は後払い(転居後)が一般的ですが、旧居での積荷前のケースもあります。 詳細は先方へご確認ください。 また、クレジットカードでのお支払については、大手の引っ越し業者であれば中小と比較して概ね対応しておりますが、予めご確認ください。 引越しノウハウ こんな悪徳引越し業者に気をつけて!.

次の