お体にはお気をつけください。 「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

お体にはお気をつけください

「お体に気をつけて」の意味は? 「お体に気をつけて」は相手の体調を気遣う言葉 「お体に気をつけて」は、相手の体調を気遣う言葉です。 「体に気をつけてね」「健康でいてくださいね」という意味のある気持ちのこもった言葉です。 メールや年賀状、暑い夏や寒い冬などの時期の挨拶として手紙やメールなどで使われることが多いです。 日常生活はもちろん、ビジネスシーンでも、相手の体調を気遣う場面や、異動、退職、転職などで送り出す際にも使われますので、覚えておくと便利です。 送り出す場合には「これからも体に気をつけてね、そしてますますのご活躍をお祈りしています」という意味も込められています。 「お体」と「お身体」はどちらを使ってもOK 「お体」と「お身体」はどちらを使ってもOKです。 一般的に「お体」は肉体のことを指し、「お身体」は心を含めた体全体のことを指します。 「お体に気をつけて」は相手の体調を気遣う言葉ですので、どちらの漢字を使っても意味は同じなります。 一般的には常用漢字である「お体」を使うことが多いので、どちらか迷ったら「お体」を使うのがおすすめです。 年賀状は送る相手の1年の体調やお身体を気遣い、健康を祈る気持ちから、「お体にお気をつけて」と文末に一言入れるのが一般的です。 「まだまだ厳しい寒さが続きますので、お体に気をつけてお過ごしください」と書きます。 書く人が男性の場合には「お体に気をつけてお過ごしください」と書きますが、女性の場合には「お体に気をつけてお過ごしくださいませ」と「ませ」をつける方が柔らかい印象になるのでおすすめです。 もちろん「ください」のまま送っても問題ありません。 お手紙は相手のために書くものですから、お相手の状況や季節に合わせた言葉をつけて書くと良いでしょう。 「朝晩冷え込むようになってきました。 くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。 」「ご多忙の毎日でしょうから、どうかお体に気をつけてお過ごしくださいね。 」というように書いていきます。 状況を知った上で体調を気遣うようなお手紙をもらえたら、嬉しい気持ちになりますね。 「お体に気をつけて」の前に、その季節を表す表現が書いてあると、相手への気遣いもワンランク上のものになります。 そこで、季節で使える例文をいくつかご紹介します。 夏なら「暑さ厳しき折、お体に気をつけてお過ごしくださいませ。 」「汗ばむ季節になってきましたので、お体に気をつけてください。 」となります。 冬なら、「寒さ厳しき折、お体に気をつけてお過ごしくださいませ。 」「風邪をひかないようにお体に気をつけてね」と書くと良いでしょう。 秋や春は気温差などを話題にします。 「お体に気をつけて」と書きたくても、相手の状況などによっては書きづらいときもあるでしょう。 また、寄せ書きなどを書いている場合にはほかの人とメッセージがかぶってしまうこともあります。 そんなときはどんな季節にも使える言葉を知っていると便利です。 たとえば「時節柄、どうかお体に気をつけてお過ごしください。 」「〇〇さんもどうぞお体の気をつけてお過ごしくださいませ。 」と書きます。 どんな季節でも使うことができるのに、言葉を添えるだけで自分だけに送られたメッセージのように特別感が出てきます。 出張や異動、転職、退職などお世話になった人に対して、メッセージとして送る場面が出てきます。 体調を気遣うのと一緒に「これからも頑張ってください!」という応援する気持ちも込められています。 出張する方へは「出張先は暑いようなので、お体に気をつけて行ってきてくださいね!」、異動や退職などで送り出す場合には「これまで大変お世話になりました。 どうかお体に気をつけてください。 」という言葉を送ると良いでしょう。 口頭、メッセージ、寄せ書き、メール、手紙などさまざまな場面で伝えるチャンスがあります。 メールで「お体に気をつけて」と送るときは、基本的には手紙と同じルールにのっとり、相手の状況や季節の言葉を添えて送ります。 「季節の変わり目ですから、お体に気をつけてお過ごしください。 」「これから繁忙期に入りますので、お体に気をつけてお過ごしくださいね。 」というように、メールの最後に入れていきます。 相手への気遣いが書かれていると、用件だけのメールよりもホッと心が温かくなるようなメールを送ることができます。 「お体に気をつけて」のような体調を気遣う言葉や敬語と文章や使い方は? 「お体に気をつけて」のような体調を気遣う言葉はバリエーションが豊富 「お体に気をつけて」のような体調を気遣う言葉には類語があり、相手の体調やお身体を気遣うような、健康を祈る意味が込められた言葉があります。 「ご自愛ください」「お元気にお過ごしください」「ご健勝をお祈り申し上げます」などが当てはまります。 これらは少し硬いので、口語よりも年賀状や手紙、メールなどの書き言葉として使われることが多いです。 毎回「お体にお気をつけて」と書くよりも、このようなバリエーションを揃えておくと、相手への印象も毎回変えることができて素敵ですね。 「お体に気をつけて」のような体調を気遣う言葉は口語もある 「お体に気をつけて」のような体調を気遣う言葉は、口語もあるので覚えておくと便利でしょう。 遠い親戚や引越し、出張などでしばらく会えない人とのお別れのご挨拶で使ったり、退院したばかりの方や、近所のご年配の方にも使います。 健康をお祈りする意味に加えて、「お体お大事にしてください」という意味も含まれます。 「お元気でお過ごしください」「お大事になさってください」「体調にはお気をつけくださいね」「くれぐれもお体にお気をつけくださいね」といったような言葉になります。 口語ではタイミングを見計らって、さらりと言葉が出るようにしておきましょう。 「お体に気をつけて」は敬語だが目上の人には丁寧な言葉を添える 「お体にお気をつけて」は敬語ですが、目上の人には丁寧な言葉を添えるのが良いとされています。 「お体」が敬語表現なので、そのまま目上の方に使っても問題ないのです。 ただし相手によっては命令口調だと勘違いされてしまうことがありますので、なるべく「ください」というように丁寧な表現にした方が良いでしょう。 「お体に気をつけて」とそのまま使うよりも、季節や相手の状況を気遣うような言葉を加えることで、目上の人を気遣うような言葉にすることができます。 読み手がどう感じるかを基準に、言葉を選ぶことを大切にしていきます。 目上の人には敬語と「くれぐれも」をつけるとよい 目上の人には敬語と「くれぐれも」をつけるとよいです。 「ください」という敬語に加えて、「くれぐれも」「どうぞ」をつけて文章に厚みをつけていきます。 「どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいませ」「くれぐれもお体ご自愛ください」というように、より丁寧な印象を与えることができるようになります。 「くれぐれも」「どうぞ」などで文章にバリエーションを作る 「くれぐれも」「どうぞ」などで文章にバリエーションを作ることも大切です。 何度もお手紙を差し上げる相手や、毎年年賀状をお送りしている相手には、毎年同じ言葉を送り続けるのもよくありません。 「くれぐれも」「どうぞ」などの言葉を変えたり、「お体に気をつけて」を類語に変更しながら、少しずつバリエーションを作りながら、毎回違う印象を与えられるような文章を作りましょう。 「お身体に気をつけて」の類語を使うときにも、相手の体調やお身体を気遣い、健康を祈る意味を込めています。 「まだまだ寒い日が続きますので、お体大切にお過ごしくださいね。 」「最後に皆様のご健勝をお祈りいたします。 」 「風邪など引かないよう、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。 」「どうかお元気にお過ごしください。 」というようになります。 ここでも女性が書く場合には「ください」よりも、「くださいませ」にした方が柔らかく、優しい印象になるのでおすすめです。 手紙では文末の挨拶として、「お体に気をつけて」の類語が使われます。 メールでも使うことができますので、取引先の方へのメールなどにも使うことができますね。 たとえば「どうかお元気にお過ごしください」「それではどうかお体に気をつけて、楽しい夏休みをお過ごしください」「気持ちよく新しい年が迎えられるよう、くれぐれもお体ご自愛くださいませ」などと書いていきます。 適切な敬語を使いながら、気持ちや状況を添えるのがポイントです。 信頼関係ができていて、ストレートに言葉を伝えられるような相手であれば、敬語などの細かいルールを気にせず、気持ちを伝えられるのも魅力です。 ただし目上の方や、普段やりとりが少ない方へは失礼になることもありますから、言葉には十分配慮して敬語を使うようにしましょう。 使い方は「どうかお体に気をつけてお過ごしくださいませ。 」「体調に気をつけて、素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしください」といったように使われます。 英語でも日本語同様に、相手の立場によって言葉を選ぶことがありますので、その言葉を送る相手がどんな方かによって間違った表現をしないように気をつけましょう。 「Take care of yourself. 」「Look after yourself. 」は「お体を大切に」という意味の英語表現になり、目上の方にも使えますので、迷ったときにはこの表現を使うといいですね。 親しい友人や家族、年下の後輩などに使うことができる表現で、「Take cafe. 」を使います。 この言葉は手紙やメールなどの文章でも使われるほか、別れの場面での挨拶として口語でも使われます。 「お体に気をつけて」という意味と一緒に、「いつまでもお元気で」という意味を持ちますので、敬語を使いたい目上の方やお年寄りに向けた手紙やメールの文末に添えると、気持ちが伝わりやすいでしょう。 「Look after yourself. 」という表現で表します。 英語の表現は、日本語とは違い短くわかりやすい単語で表現できるものがほとんどですので、使いやすいものを覚えてしまうと、いつでもサッと使うことができます。 「お体に気をつけて」に対する返事や返信は? 「お体に気をつけてお過ごしください」に対する返事や返信はパターンがある 「お体に気をつけてお過ごしください」に対する返事や返信はパターンがあります。 「お身体に気をつけて」とお気遣いされたら、なんと返したらよいか迷ってしまうこともあるかもしれませんが、基本的には定番のパターンがありますので、それに当てはめていけばよいのです。 そのパターンとは「自分の体調を気遣ってくれたお礼」と「相手のお身体を気遣う気持ちの言葉」を合わせて使います。 それぞれの言い回しを少しずつ変えていくだけで、相手への特別な返事や返信ができるようになるのです。 「お身体に気をつけてお過ごしください」に対する返事や返信の例文 「お体に気をつけてお過ごしください」に対する返事や返信の例文は、先ほどの「お礼と相手を気遣う言葉」に当てはめていきます。 「温かいお気遣いに感謝いたします。 〇〇様もお体に気をつけてお過ごしください。 」「〇〇さんのお気遣いのお言葉、大変うれしく思っています。 くれぐれもお体にお気をつけてくださいませ。 」 「お気遣いの言葉心から感謝申し上げます。 〇〇様も、くれぐれもお元気で過ごされますよう、お祈り申し上げます」というように書けばOKです。 類語を使って「ご自愛ください」「お体お大事になさってください」などの表現に言い換えることもできます。 「お体に気をつけて」をマスターして気遣い上手になろう 「お体に気をつけて」の使い方や例文などをご紹介しました。 相手の体や体調のことを気遣うことができる、大人のマナーとして大切なフレーズの1つです。 プライベートから家族づきあい、ビジネスシーンなどのいろいろな場面で使いこなして、気遣い上手になってくださいね! ビジネスシーンでは、手紙の書き方もビジネスマナーの1つです。 レターパックの扱い方も知っておくと役立ちます。 こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

こんばんは。お体にはお気をつけくださいね。|ユカリ|note

お体にはお気をつけください

プライベートで体をいたわる場合には、普段相手に使っている表現で良いかもしれませんが、特にビジネスのシーンで、メールにて体調を気遣うようなシーンや複数人でお見舞いに行くようなシーンでは丁寧な言葉遣いが必須です。 何故なら、例えば相手との関係性が気の置けるものであっても、例えば「大丈夫?」「早く元気になってね」などというやり取りを見ると、非常にビジネス感にかけるものになるからです。 もちろんプライベートでお見舞いに行く場合はそれでもいいでしょうが、ビジネスシーンではそれに見合った丁寧さが必要になります。 例えば「お大事になさってください」という表現と「くれぐれもご自愛ください」という表現、そして「お体に気をつけてお過ごしください」という表現はそれぞれ使えるシーンが違ってきます。 どれかが使えて、どれかが使えないというシーンもあるので体調を気遣う言葉を正しく理解しておかなければ間違った言い回しで、相手の体調を気遣う言葉を伝えることとなります。 そのような状況では、相手も素直に喜べないことでしょう。 状況に合った正しい表現で、相手に体調を気遣う言葉を伝えていくことが大切です。 「お変わりないでしょうか」という表現は基本的に手紙等で久々に連絡を取る相手に使う言葉であり「新緑が清々しい季節となりましたがお変わりないでしょうか」といった形で使います。 このような言い回しを文章の書き出しで使うと、季節感と相手への気遣いが同時に伝わり、相手から好印象を持たれやすくなることでしょう。 「お元気でしょうか」という言い回しは比較的カジュアルでライトな言い回しになりますが「でしょうか」という丁寧な語尾になっているので、ビジネスでも使うことができる表現です。 「お久しぶりです。 お元気でしょうか。 本日はご相談がありご連絡いたしました」といった形でごく一般的に使われる表現です。 あまり改まった表現を使いたくないシーンでは選択肢に入れたい表現です。 この表現は体調不良の人を気遣う表現に見えるのですが「以前よりもだいぶ良くなられましたか」といった形で、以前に会った時に体調がやや悪かった人に対して、回復していることを前提に体調を気遣う表現です。 もちろん体調が回復していない可能性もあるので疑問形になっているのですが、十中八九体調が回復している状況でこういった表現を使いつつ相手に質問するのがベターであり、もしも回復していない可能性の方が高いのであればより心配している気持ちが色濃い表現を使った方が賢明です。 「お休みは取れてますでしょうか」という表現は「いつもお忙しそうですがお休みは取れてますでしょうか」といった形になります。 休めていれば体調を崩す心配がないのでそれを確認し相手に気遣いの気持ちを示す表現です。 「順調にやられてますでしょうか」という表現は「ご活躍はお伺いしてます。 相変わらず順調にやられてますでしょうか」といった形で使います。 相手が順調そうな時に相手からポジティブな言葉を引き出す気遣いの表現です。 体調不良の相手を気遣うスタンダードな表現であり「早く退院できるといいですね。 お大事になさってください」といった形で使います。 ここで注意したいのは「お大事にされてください」という表現もあるのですが、正しい表現は「お大事になさってください」です。 「する」の尊敬語は「される」なのですが、ここでは「なさる」を変形した「お大事になさってください」を使うのが一般的に正しい表現です。 間違いやすい部分になりますので認識しておきましょう。 「くれぐれも」という言葉を付け足すことで、気遣いの気持ちがより大きくなりますので、心配が大きい時に使いたい言い回しです。 「病み上がりはご無理をされず、くれぐれもお大事になさってください」といった形で相手に伝えることで、より強い気遣いの気持ちが伝わるようになります。 「養生なさってください」という表現は、長期の休みが必要な場合に使う相手の体調を気遣う言い回しです。 入院や自宅療養が比較的長期で必要な場合に使う言い回しで「仕事のことは心配せず養生なさってください」と使います。 「静養なさってください」という表現は「お体に気をつけてゆっくり静養なさってください。 万全な体調で復帰されるのを楽しみにしています」という形で使います。 静養というのは、養生よりも治療に専念して無理をせず休むニュアンスが強い表現になりますので、入院しているような状況では選択したい表現です。 「回復に専念なさってください」という表現は「今は回復に専念なさってください。 お体に気をつけてリハビリ頑張ってください」といった形で使います。 回復して欲しいという気持ちを強く伝えたい時に使う表現です。 「お体に気をつけてお過ごしください」という表現は「季節の変わり目で体調を崩しやすい時期にはなりますが、お体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 メールで体調を気遣うスタンダードな表現です。 「お身体の調子はいかがでしょうか」という表現は「冬の足音が日々強まって参りますがお身体の調子はいかがでしょうか」という形で使います。 例文のように季節感のある表現と一緒に使うとビジネス感のあるメールになります。 この表現は「いよいよ2019年も残り1ヶ月となりますが、くれぐれもご自愛ください」といった形で使います。 この表現は「お体を大切にしてください」という意味合いの表現です。 ちなみにご自愛くださいという表現は病気の人には使えないので「お大事になさってください」とは使うシーンが大きく異なる言い回しになります。 「ご無理なさらないでください」という表現は「最近いつ会社に来てもお見かけしますが、くれぐれもご無理なさらないでください」といった形で使います。 相手に無理をしないで欲しいと伝えたい時の表現です。 この表現は「秋に入ったとはいえ残暑続く厳しい季節ではございますが、体調はお変わりないでしょうか」といった形で使います。 フォーマルな色の強い表現になります。 「体調はいかがですか」という表現は「忙しい時期ですが体調はいかがですか」といった形で使います。 外部や目上の上司に使うよりもやや砕けた言い回しではあるものの、ビジネス感があり仕事場でしっくりくる表現になります。 「お身体を大切にしてくださいね」という表現は「いつも頑張ってますけど、無理せずお身体を大切にしてくださいね」といった形で使います。 「くださいね」という言い回しが丁寧語でありつつ親しみのある言い回しになります。 「無理はせずお大事にしてください」という表現は「今は無理はせずお大事にしてください。 休む時にはしっかり休んでくださいね」といった形で使います。 ビジネスで使う表現の中でも親しみの強い表現となります。 この表現は「そんな薄着でいつも大丈夫なんですか。 寒さに気をつけてくださいね」といった形で使います。 例文のように相手の状況に応じて使います。 例文は相手が薄着で風邪をひかないか心配している言い回しです。 「日々お体に気をつけてください」という表現は「忙しい日が続きますが日々お体に気をつけてください」といった形で使います。 親しい相手を心配する時に使う表現です。 「ご心配いただきありがとうございます」という表現は「ご心配いただきありがとうございます。 明日には万全の状態で復帰できそうです。 明日からまたよろしくお願いします!」といった形で使います。 他の表現も紹介していきますが「ご心配いただきありがとうございます」という表現は、回復しているニュアンスを伝える場合に使う言い回しになります。 そのため返信例のように、ポジティブなニュアンスの言葉が続いていきます。 体調が回復しきっていない時でも使えますが返信例のような使い方がベターです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません」は相手に対して本気で心配をかけている状況で使うことの多い表現で「ご心配いただきありがとうございます」よりも病状や怪我の具合が深刻な場合に使うフレーズになります。 「体調は徐々に回復してきており、今は自分で歩けるようになっています。 ご心配をおかけして申し訳ありません。 一日も早く退院し復帰できるよう頑張ります」といった形で使います。 「ご心配いただきありがとうございます」はポジティブな場合、「ご心配をおかけして申し訳ありません」はネガティブな場合の使用となります。 この表現は相手にこちらの状況を伝えつつも、文章の締めで相手に対し体調を気遣う表現で返答する言い回しで、他の返信例と組み合わせて使うことも可能です。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 徐々にではございますが体調は上向いてきています。 復帰日はまた改めてご報告いたします。 寒さが厳しい季節になりますが、〇〇様こそお体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 自分自身も体調を気遣ってもらったことに対し同様のニュアンスで返答するパターンです。 ビジネスでの体調を気遣う言葉のレパートリーを増やそう! ビジネスにおいて体調を気遣う場面というのは意外に少なからずあるものです。 そんな時にものの言い方が分からずにそっけない言葉をかけたり、困ったように黙り込んだりしてしまうとビジネスのシーンにおける信頼に関わってきます。 そのため、体調不良の人にしっかり気持ちを伝える言い回しは大切になります。 様々な場面において、状況に合った言い方ができるとビジネスができるイメージと人格者で信頼ができる人物であるイメージを得ることができます。 ここで紹介した体調を気遣うフレーズのレパートリーをしっかり覚えて、ビジネスで信頼の厚い人物になれるよう役立ててくださいね!.

次の

「お体に気をつけて」の正しい使い方!敬語や類語も例文つきで紹介

お体にはお気をつけください

「お気をつけて」の意味 そもそも「お気をつけて」とは、何を意味しているのでしょうか?まず「気をつける」の意味を確認します。 「気をつける」の意味 「気をつける」とは「注意や留意、用心をすること」という意味です。 「気を付ける」と書く場合もあります。 相手に対して使う場合は、相手のことを案じて言うことばになりますが、自分に対して使う場合は「失礼のないように気をつける」というように「注意を払う」ことを意味します。 「気をつけて」の意味 「気をつけて」は「気をつける」に助詞の「て」がついた形です。 「注意、留意してことにあたる」よう、次にくる動作を形容することばです。 「お気をつけて」のビジネスでの敬語表現 「お気をつけて」の正しい敬語表現 「気をつけて」に「お」をつけることで相手への敬意を表すことができます。 しかしそれ単独だけで使用することは表現として間違いになります。 「気をつけて」の意味で説明したように、動作を形容することばであるため、「お気をつけていってらっしゃいませ」「お気をつけてお越しください」などと丁寧な動詞とともに用い、あいさつの敬語表現とします。 ビジネスシーンでも積極的に使いたいていねいな表現です。 また、「お気をつけてお越しください」には「お」が二回使われていますが、二重敬語ではありません。 「お」が続いて気になる場合は「気をつけてお越しください」「どうぞ気をつけてお越しください」としても問題ありません。 なお、「お気をつけてお越しになられてください」が二重敬語となり、誤りです。 相手のからだを気遣う言葉 「お気をつけて」はもうひとつの意味で使われることがあります。 相手の体を気遣う気持ちを表したい時に「お体にお気をつけてお過ごしください」というように用います。 「お体にご自愛ください」と同じ意味になります。 「お気をつけて」は目上の人や上司にも使える 目上の人や上司に対して「お気をつけて」を使っても問題ありません。 「お気をつけてください」ではなく「お気をつけください」 雨の日などに足元に注意してください、と伝えたい場合の敬語表現は「お足元にお気をつけください」になります。 「お足元にお気をつけてください」と言ってしまいがちですが、「お気をつけてください」は誤った言い方です。 『お~ください』と動詞一つで言い切る場合は、二つの動詞をつなげる「て」は不要なため省くことになります。 「お気をつけて」の注意点 また、相手への気遣いを表したい時に使う「お気をつけて」ですが、状況によっては嫌味ととられてしまったり、余計なお世話と思われてしまったりする場合があります。 例えば会議で険悪な状態になってしまった時に、「くれぐれもお気をつけてお帰りください」と言われたら、脅しや嫌味を言われたような気持ちになる人がいるかもしれません。 特別な状況にある場合は、ことばの選択に注意を払う必要があります。 あるいは、相手が「気をつける」ということばに敏感な場合があります。 事故に気をつける、病気に気をつける、などネガティブな状況を連想してしまうことばでもあるため、なんらかの困難な状況にある人にたいしては配慮が必要な場合もあります。 例えば自動車事故を起こした人に対して、「お気をつけてお越しください」と言うと、また事故を起こさないでくださいね、と言われたと嫌味のようにとられてしまうかもしれないということです。 「道中お気をつけて」は正しいことば? 「道中」は「旅行の途中」という意味 出張に行く上司に対して「道中お気をつけていってらっしゃいませ」と言っている先輩をみたことがあるかもしれません。 「道中」は「旅行の途中」という意味のことばなので、出張や旅行に行く人に対して使うのは正しい使い方です。 しかし「道中」はやや古めかしい表現でもあるため、違う表現に言い換えたい場合は次のような言い方もあります。 「遠方へのご出張、どうぞお気をつけていってらっしゃいませ」 ビジネスメールでの使い方 ビジネスメールで「お気をつけて」と使いたい場面はたくさんあります。 例文を紹介します。 当日はA会議室でお待ちしております。 どうぞお気をつけてお越しください。 研修会場は2階となりますので、お気をつけください。 長いご出張お疲れさまでございました。 道中はどうぞお気をつけてお帰りくださいませ。 寒い季節となりました。 くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしください。 「お気をつけて」を英語で言うと? 「お気をつけて」には上述したようにいろいろな意味が含まれています。 そのため、使用される英語表現は状況によって異なります。 例文で紹介します。 「be careful」を使う表現 お気をつけください。 「take care of」を使う表現 お体にはお気をつけください。 「Have a safe」を使う表現 お気をつけて日本にいらしてください。 注意して!と促す場合 足元にお気をつけください。 まとめ 「お気をつけて」は相手を思いやる気持ちを表現する素敵なことばです。 注意すべき点に留意した上で、自信を持って使ってみてください。 思いやりのことばが無くても仕事を進めることがはきますが、一言添えるだけで相手との距離をぐっと縮めることができます。 小さなことですが大切なことと覚えておきましょう。

次の