ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない。 iPhoneで電話・通話が聞こえない場合の原因と対策まとめ

iPhoneで電話・通話が聞こえない場合の原因と対策まとめ

ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない

LINE通話が聞こえない場合の主な原因• 自分もしくは相手のマイクがミュートになっている• 受話音量が小さくなっている• 通信環境(電波)が悪い• 通信速度制限を受けている• イヤホンなど外部機器とBluetooth接続されている• そのほか、LINEアプリのバージョンや端末の不具合、故障など さらに、音声通話が上手くいかない原因が自分側ではなく相手側にある可能性もあるため、原因を特定するのは難しいところです。 自分か相手のどちらが原因なのかを特定するには「テスト通話」が便利 LINEには、自分のオーディオ環境をチェックできる「テスト通話」という機能があります。 これを使えば、音声が聞こえない原因が自分側にあるのか、それとも相手側にあるのか、という点だけでも特定することが可能です。 仕組みは簡単で、テスト通話に話しかけた声が録音・再生されるというもの。 通話相手に聞こえるのと同じ音声が再生されるので、ここで「ノイズがうるさい」「声が聞き取れない」状況であれば、自分側のオーディオ環境や通信環境になんらかの原因があるということになります。 「テスト通話の内容はすべて録音されます」といった注意書きが表示されるので、[OK](Androidは[確認])を選択して次に進みます。 録音された音声は通話品質の改善目的のみに分析・利用する、と案内されています。 テスト通話が始まると音声ガイドが流れ、「ピー」という発信音の後に10秒間音声を録音するように指示されるので、それに従って何か適当に話して録音してください。 10秒経つと、録音した音声が再生されます。 ここで自分の声が正常に再生されれば、自分側のオーディオや通信環境には問題がないことがわかるため、聞こえづらさの原因は相手にあることが考えられます。 マイクがミュートになっていないか確認する マイクのマークが緑色になっていたらミュート状態 マイクがミュート(オフ)になっていると、こちらの音声は相手に届きません。 また、逆に相手のマイクがミュートになっていると、相手の音声が一切聞こえなくなります。 ミュート状態では、音声だけでなくノイズや環境音なども一切聞こえなくなります。 通話中に不自然なほど静かになったら、相手がなにかの拍子にミュートボタンに触れてしまったことが考えられるでしょう。 安定したネット環境に接続する LINEの通話はインターネット回線を利用しているため、周囲の環境によっては聞こえなくなることや音声が途切れてしまうといった現象が発生します。 調子が悪いと感じたら、まずは通信環境を確認し、電波が悪い場合は移動するか、機内モードをオン・オフするなどで通信をリフレッシュしてみましょう。 これだけで改善することも多いものです。 また、Wi-Fi接続で通話をしていても安心はできません。 古いWi-Fiルーターや、多数の人が接続する公共のWi-Fiなどに接続していると、電波が強いような表示が出ていても実際には通信速度が遅いというケースがあります。 そんな時は、Wi-Fiからモバイルデータ通信に切り替えることで改善するケースがあります。 通信速度制限を受けていないかチェックする 月々のパケット使用量を上回ると通信速度制限がかかり、音声・ビデオ通話のような容量の大きなデータは上手くやりとりできなくなってしまいます。 今まで快適に通話できていた環境にもかかわらず音声が聞き取りづらいといった現象が起こった時には、データ通信量も確認してみましょう。 NTTドコモのデータ通信量確認の画面 通信量の確認は、キャリアなど通信会社の公式ページ・アプリなどでおこなえます(方法は下記記事を参照)。 速度制限が原因で通話の音声が乱れている場合、パケットを追加購入するか、安定したWi-Fiを利用します。 LINEの通話は通話料こそ無料ですが、モバイルデータで利用すれば通信パケットを消費します。 特にビデオ通話はそれなりの通信量を消費するので、モバイルデータ通信での長電話は避けたほうが賢明です。 ちなみにLINE公式サイトによれば、10分間の通話で音声が約3MB、ビデオ通話が約51MBの通信量という結果になっています。 イヤホンなど外部機器とのBluetooth接続を切る 端末がBluetooth接続のイヤホンやヘッドホンとペアリングした状態になっていると、音の出力先が切り替わります。 そうなると、端末の内蔵スピーカーから音が出なかったり、本体のマイクを使用しての通話ができなかったりといった現象が起こる可能性があります。 ただ、イヤホンなどを接続した状態であっても、LINEの通話ができないわけではありません。 相手側の声はイヤホンから聞こえますし、マイク付きのイヤホンであればそのまま会話をすることが可能です。 イヤホンを通してではなく、端末のスピーカーとマイクでLINE通話をしたい場合は、外部機器と端末のBluetooth接続を切りましょう。 しかし、一部の端末ではこれらのモードがトラブルの原因になるケースもあるようです。 この場合、手動でオフにすることで解決する可能性があります(オフにできるのはAndroidスマホのみ)。 ここで、[Full HD voice通話]と[OpenSL]のチェックを外します。 続いて、 「オーディオモード」の項目をタップし[コミュニケーションモード]から、[通常モード]に切り替えます。 それでも解決しない場合はLINEアプリのアップデートや端末の再起動をする 以上の点を確認しても解決しない場合、LINEアプリのバージョンアップや端末の再起動によって解決することがあります。 また、LINE通話以外のアプリでも音声の調子が悪い場合は、端末の受話口やスピーカー、あるいはマイクの故障も考えられます。 一度ショップなどに相談してみましょう。 単に無料通話ができればよいというのであれば、 ともにiPhoneユーザーの場合、iOS標準機能の「FaceTime」で無料通話が可能です。 またLINE以外にも、ビデオ通話アプリが多数リリースされています。

次の

iPhoneで電話・通話が聞こえない時の原因&対処法

ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない

LINEのビデオ通話で音声が聞こえない理由と解決方法 LINEはリアルタイムで情報交換が出来るものとして若者を中心に注目されているSNSですよね。 通話もメールも全てが無料で出来てしまうので、電話代などを気にすることもありません。 さらに、LINEでは「ビデオ通話」の機能も追加され話題になっていますよね。 今回ご紹介する裏技は、「ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処法」についてです。 この裏技についてご紹介していきます。 その前にビデオ通話ってなに? この裏技を紹介する前に、この裏技を使う「ビデオ通話」について簡単に説明しておきます。 「ビデオ通話」は、誰でも簡単に相手と映像を交えながら通話することが出来る機能です。 そのままトークをすることもできるのが特徴です。 音声のラグなどが気になる人もいるようですが、あまりラグなどを感じることが少なく、中々良いサービスだねと、利用者からは 好評のようです。 料金などが気になる人もいるでしょう。 料金はLINEということもあり、無料です。 スカイプの次を狙っているようですので、無料で応戦しているようです。 続きます・・・ スポンサーリンク ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処法 ここまで便利なビデオ通話ですが、中には利用できない人もいたり、 音声が聞こえないという人も多いようです。 「音声が聞こえない」場合は、ほとんどが設定している人の簡単なミスにより発生していることがほとんです。 それを解決する裏技を以下に記述していきます。 まず、音声が聞こえない人の多くは、iPhoneユーザーの人であると言われています。 その中でも、 iOS7にアップデートした人がこの影響を受けているのです。 このアップデートをしている人は、新しく 「マイクの許可」という設定が登場しています。 LINEのビデオ通話をする場合には、「マイクの許可」が必要になってきているのです。 ここで、「許可」に設定していない場合には、マイクの機能がオンにされていないということになりますので、ビデオ通話をすることができなくなってしまいます。 最初にLINEを立ち上げるときに、「このアプリでのマイクの使用を〜」という項目が出てくると思いますので、そこで 「はい」にタップすることで、マイクを許可することができます。 もし、「いいえ」をタップしてしまった人は、設定で自分で変えることができます。 これが、ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処方法の裏技になります。

次の

【LINE通話設定】声が聞こえない原因はこんな理由かも?

ライン 電話 相手 の 声 が 聞こえ ない

もくじ• 設定の確認した?LINE通話を正常に戻す方法 スマホやアプリの使い方って、 説明書とか読んだりしませんよねw 普段からあれこれイジってると、 何かトラぶっても「あ、アソコを 変えれば直るよね」って直ぐに 気がついたりします。 いつも使うだけに徹している人にも 知っておいてほしい、携帯の細かい 設定について簡単に解説します。 お互いのバージョン違い 最近始めた人には関係ない かもしれませんが、ユーザーの どちらかのバージョンが古いままだと LINE通話ができません。 特にバージョン3. 0以前だと、 通話機能が利用できないと 公式でも報告されています。 OSも含めて最新バージョンで アプリを使用するようにお互い 確認してみてください。 LINEアプリ設定ミスかも? LINEアプリで通話を許可するか どうかを設定で変更できます。 この設定でマイクが使えなくなって いるかもしれませんので 確認してください。 iOS7から「マイクの許可」という 項目が新たに追加されています。 LINEはよくアップデートするので、 その度に設定が変更されてしまう のが原因のようです。 マイクの設定画面が出ない・ そもそも存在しない この場合アプリの不具合か 何らかの原因で機能が使用できない ことが考えられます。 一度アプリか携帯を再起動したり、 キャッシュをクリアすると正常に 使用できたりします。 相互のどちらかがブロックを されている• 携帯がマナーモードになっている• 通話中に「消音(ミュート)」 ボタンを押してしまっている 気づいてない• イヤホン、ワイヤレスヘッド セットが壊れている又は 対応品ではない• 受話部・マイク部をホコリが ふさいでいる• 電波状況が不安定 弱い• LINEの音声通話に公式に 対応しているAndroid端末ではない 最後の公式対応端末については 以下のラインナップがLINEを 使うのに最適な端末とされています。 スポンサーリンク 【LINE公式対応の携帯端末の例】• アプリやOSに原因がある場合は アップデートを待つしかありません。 LINE通話も使い慣れてくると、 トークと一緒で便利過ぎて 手放せなくなります。 急に使えなくなるのはとっても 困りますが、必ず解決方法が あるので慌てないでネットで情報 収集してくださいね。 実は回線の通信料規制を受けた!? スマホってあっという間に月々の 容量を超えちゃんですよね… そうなると激遅になって LINEトークすらやりとりがギリギリに なる場合もあります。 (画像とかスタンプとか送られたら ちょっと迷惑だったりしますよね?) 最近は格安SIMがどこでも 買う事ができるので、通信規制の かかっていないSIMに差し替えて サクサクLINEしちゃう事ができますね! でもこれまでの格安SIMでも いつかは規制を受けちゃう事があるわけで… 結局、規制解除待ちになって面倒ですよね。 そんな時はLINEの通信だけ 容量規制に引っかからない通信SIMに 乗り換えるのも手かなーと思います。

次の