味噌汁 レシピ 簡単。 味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

余った味噌汁を美味しく再利用!簡単リメイクレシピ人気5選

味噌汁 レシピ 簡単

ご飯を抜くダイエットだと、便秘になったり、胃もたれしたりする…。 今回は、味噌汁の簡単レシピをご紹介。 前回ご紹介した「ミネラルふりかけ」(参照記事:「 」)とともに、ダイエットの強い味方となるのが、具だくさんの味噌汁だ。 具として入れる食材は、野菜、キノコ、卵や豆腐などのたんぱく質の3つ。 いずれもご飯だけでは不足する栄養素を補ってくれる。 「うまみ成分の多いキノコやトマトジュース、アサリ、おぼろ昆布といった、だしの出る具材 を入れるのがポイント。 これで味噌汁のためにだしをとる必要がなくなり、10分以内で完成しますよ」とレシピを考案した料理研究家の成沢正胡さん。 豆乳やトマトジュースを使えば味噌の量を減らせて、塩分も減らせる。 手軽に作れるから、忙しい朝にもピッタリだ。 ちなみに味噌もビタミンEのほか、カルシウム、鉄といったミネラルを含む。 朝食にご飯と一緒にとれば、お腹の中から温まり、代謝アップにつながる。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。 夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。 さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

次の

簡単だし要らず。切干大根と油揚げの味噌汁 [簡単一汁三菜レシピ] All About

味噌汁 レシピ 簡単

みそ汁に使うだしについて みそ汁はお吸い物ほどだし汁にこだわらなくてもOKです。 それは 具材からだしが出ることがあったり、みそ自体のうま味が強く、臭みを消す効果も持っていたりするからです。 とはいえ、だしが薄いよりは濃いほうが間違いなく美味しくできますので、 みそ汁も立派な献立の一品として考え、だしのきいた仕上がりにするのがおすすめです! だしは下の3種類を家庭のやりやすさ、好みなどで使い分けるとよいと思います。 これは煮干のくせが出た、家庭的な味に仕上がります。 みそ汁の味噌の分量と組み合わせ 味噌は米味噌、豆味噌、麦味噌など、製法や産地によって香りや味が違うものが様々あります。 みそ汁に使う味噌は、もちろん使い慣れた1種類のものでもよいのですが、 製法の違う味噌を2種類くらい混ぜ合わせて使うと、より風味や味わいに深みが出るのでおすすめです! 料理屋でよく出す赤だしのみそ汁も、赤味噌だけでは渋みが強いので、少しの白味噌や米味噌を混ぜ合わせていたりします。 以下は参考までに料理屋さんなどで使われる味噌の混ぜ合わせ方です。 製法やこうじの違う『赤味噌もしくは赤っぽい味噌』と『白味噌もしくは白っぽい味噌』を 季節や好みに合わせて混ぜ合わせます。 夏はさっぱりした赤味噌主体にして、冬はあたたかな味・舌触りのある白味噌主体にするという変え方が一般的です。 みそ汁の基本の作り方と具材 だしと味噌さえあれば、あとはだし汁のなかで、具材にさっと火を通すだけで完成する簡単さがみそ汁のよいところです。 みそ汁の具材を考えるときは 「食感」「色合い」「風味」の異なるものを数種類組み合わせることが大切です。 いちばんわかりやすいのは「豆腐」+「季節の野菜」。 【春ならたけのこや絹さや、菜の花、新じゃがなど】、【夏ならオクラやモロヘイヤ、アスパラガスなど】、【秋だときのこ類やなす、長芋など】、【冬ならほうれん草、水菜、れんこんや春菊など】を豆腐や厚揚げ、時には油揚げと組み合わせると、自然とそんな組み合わせになります。 味噌は香りが飛びやすいので、味噌を溶き入れるのは具材にしっかり火が通り、あとは食べる前に軽くあたためるだけ、という状態になってからです!•

次の

余った味噌汁を美味しく再利用!簡単リメイクレシピ人気5選

味噌汁 レシピ 簡単

みそ汁に使うだしについて みそ汁はお吸い物ほどだし汁にこだわらなくてもOKです。 それは 具材からだしが出ることがあったり、みそ自体のうま味が強く、臭みを消す効果も持っていたりするからです。 とはいえ、だしが薄いよりは濃いほうが間違いなく美味しくできますので、 みそ汁も立派な献立の一品として考え、だしのきいた仕上がりにするのがおすすめです! だしは下の3種類を家庭のやりやすさ、好みなどで使い分けるとよいと思います。 これは煮干のくせが出た、家庭的な味に仕上がります。 みそ汁の味噌の分量と組み合わせ 味噌は米味噌、豆味噌、麦味噌など、製法や産地によって香りや味が違うものが様々あります。 みそ汁に使う味噌は、もちろん使い慣れた1種類のものでもよいのですが、 製法の違う味噌を2種類くらい混ぜ合わせて使うと、より風味や味わいに深みが出るのでおすすめです! 料理屋でよく出す赤だしのみそ汁も、赤味噌だけでは渋みが強いので、少しの白味噌や米味噌を混ぜ合わせていたりします。 以下は参考までに料理屋さんなどで使われる味噌の混ぜ合わせ方です。 製法やこうじの違う『赤味噌もしくは赤っぽい味噌』と『白味噌もしくは白っぽい味噌』を 季節や好みに合わせて混ぜ合わせます。 夏はさっぱりした赤味噌主体にして、冬はあたたかな味・舌触りのある白味噌主体にするという変え方が一般的です。 みそ汁の基本の作り方と具材 だしと味噌さえあれば、あとはだし汁のなかで、具材にさっと火を通すだけで完成する簡単さがみそ汁のよいところです。 みそ汁の具材を考えるときは 「食感」「色合い」「風味」の異なるものを数種類組み合わせることが大切です。 いちばんわかりやすいのは「豆腐」+「季節の野菜」。 【春ならたけのこや絹さや、菜の花、新じゃがなど】、【夏ならオクラやモロヘイヤ、アスパラガスなど】、【秋だときのこ類やなす、長芋など】、【冬ならほうれん草、水菜、れんこんや春菊など】を豆腐や厚揚げ、時には油揚げと組み合わせると、自然とそんな組み合わせになります。 味噌は香りが飛びやすいので、味噌を溶き入れるのは具材にしっかり火が通り、あとは食べる前に軽くあたためるだけ、という状態になってからです!•

次の