法事 の 表書き。 法事 香典の書き方 三回忌】表書きは?

御布施の封筒の表書き一覧水引の色は?

法事 の 表書き

のし紙には水引が印刷されています。 色や形がさまざまあり、それぞれに意味があります。 のし紙の水引は、結び方と色で使用する場面が異なるため、用途に合う水引を選ぶことが大切です。 以下で水引の結び方の意味と色の意味を紹介します。 水引の結び方の種類と意味は? 水引には、結び切り、あわじ結び、蝶結びの3種類があります。 結び切りは真結びや本結びなどとも呼ばれ、中央で固く結ばれた形をしています。 そのため、「一度で終わる」「二度とないように」という意味があり、結婚式やお悔やみで用いられます。 法事でも基本的にこのタイプを選びましょう。 あわじ結びはあわび結びとも呼ばれます。 結び切りと同じように簡単に解けない形をしています。 意味合いも同じで、繰り返し起こって欲しくない場面に使います。 両はしを引っ張るとさらに解けにくいため、「末長く付き合いたい」という意味もあります。 蝶結びは花結びとも呼ばれ、何度あってもうれしいときに用いられます。 長寿や結婚記念日のお祝い、お礼などに適しています。 水引の色はさまざま 水引の色は、2つの色から構成されています。 その組み合わせによって意味が異なるため、水引の形と共に適した色を選ぶことが大切です。 赤と白の蝶結びならお祝いごと全般に、赤と白の結び切りならお見舞いや快気祝いに使用するのが一般的です。 金と銀の蝶結び、結び切りもお祝いごろに用いられる場合もあります。 また、黒と白、青と白、または黄色と白の結び切りなら弔事の贈答品や法事に用いられます。 ただし、神式の場合はグレーを使うこともあります。 水引の本数は奇数が一般的 水引の紐の本数は、5本や7本などの奇数が一般的です。 ただし、粗品用として3本の水引もあります。 また、10本のタイプもあり、婚礼に関わる場合など、夫婦や両家を表すために使用されることもあります。 法事ののしにおすすめの紙 法事ののし紙はどのように書けば良いのでしょうか。 法事は三回忌などの年忌法要など、さまざまな種類があるため、場面に合った書き方を選んでください。 ここでは、法事の代表的な三回忌とお供え物に使う場合ののしの書き方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 三回忌 三回忌の場合ののし紙の書き方は、上段に「志」と入れましょう。 「志」は宗教問わず使えるため、迷ったら「志」と書くことをおすすめします。 ただし、蓮の絵が入ったのしは仏教でしか使えないため注意が必要です。 お供え物 法事のお供え物には、「御供物」や「御仏前」が一般的です。 「御供」としても良いでしょう。 キリスト教の場合はお供えという概念がないため、「御花料」として現金を包むのが一般的です。 宗教や地域の習わしに合わせて書きましょう。 法事ののしにおすすめの色 法事に使うのし紙にはさまざまな種類があり、場面によって水引の色を使い分けることも大切です。 ここでは、法事の代表的な一周忌と三回忌に注目してのし紙におすすめの色を紹介します。 地域によって違いもありますが、一般的な例を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 一周忌まで 一周忌までの法事では、黒と白、または双銀の結び切りの水引を使いましょう。 ちなみに一周忌とは、亡くなってからちょうど1年が経った同じ月、同じ日を指します。 一周忌の法事では、読経、焼香のあと食事がふるまわれるのが一般的です。 三回忌以降 三回忌以降の法事では、青と白、または黄色と白の結び切りの水引を使いましょう。 三回忌とは亡くなってから2年目を指します。 3年目ではないため、間違えないようにしましょう。 三回忌の内容はき本的に一周忌と同じく、読経、焼香、食事という流れが一般的です。 法事ののしの表書きの書き方 法事ののし紙には、表書きを書きます。 法事に使うのし紙を用意したら、贈答品にそのままかけるのではなく、必要な言葉や文字を書き入れてください。 以下でのし紙の表書きの書き方を説明しますので、参考にしてください。 表書きとは? そもそも表書きとはなにかわからない人のために、まずは表書きの意味を説明します。 表書きとは、のし紙の上段に書く文字や言葉のことです。 例えば「御霊前」や「御仏前」などが表書きです。 法事で使う表書きは、先にも説明したように「志」が一般的です。 「志」は法事のお返しのほか、通夜や葬式の引き出物、香典返しにも使えるため、覚えておくと便利です。 「粗供養」という表書きもあり、これは四十九日以降の法事に使用されます。 ほかには「満中陰志」「忌明志」などもありますが、これは四十九日のみに使う表書きなので、一周忌や三回忌などでは使いません。 薄墨 法事で使うのし紙は、基本的には薄墨で書きます。 薄墨を使う理由は、突然の訃報に悲み、墨に涙を落として薄くなったのが始まりと言われています。 故人を想う気持ちを表しているとも捉えられるため、法事ののし紙には薄墨を使いましょう。 ただし、四十九日を過ぎてからは薄墨ではなく濃い墨を使って書きましょう。 四十九日は前もってわかっているためという理由から、濃い墨で書くのが一般的と言われています。 しかし、考え方によっては四十九日以降も薄墨を使った方が良い場合もあるため、地域の習わしなどを確認しておくことをおすすめします。 法事ののしの名前の書き方 法事ののし紙には表書きのほか、名前も書く必要があります。 名前を書くと一口に言っても、フルネームで書けば良いのか、連名の場合はどうするかなど、迷うことも多いのではないでしょうか。 ここでは、のし紙の名前の書き方を紹介しますので、ぜひお役立てください。 フルネームで書くのが基本? 法事ののし紙には、基本的にはフルネームで書いてください。 ただし、姓だけ書いても良い場合もあります。 連名 法事の贈答品やお返しを連名で出す場合もあるでしょう。 その場合は、バランスよく並べて書く必要があります。 法事ののし紙に連名で記入する場合は、目上の人から順番に右から書きましょう。 ただし、連名で並べて書けるのは3人までが一般的なルールです。 4人以上の連名で出す場合は代表者の名前を真ん中に書き、その左下のほうに小さく「外一同」などと書きましょう。 会社 会社から法事の贈答品やお供えなどを出す場合は、会社名と代表者名を書きましょう。 名前の右上に小さめに会社名を書くのが一般的です。 会社名や役職名が長い場合は、名前をやや左に寄せて書くとバランスが良くなります。 法事ののし紙のルールを知っておこう 法事に使うのし紙の書き方やおすすめののし紙、表書きの書き方などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 法事ののしは水引の色などにルールがあり、表書きや名前の書き方が決まっています。 法事ののし紙は頻繁に目にすることはありませんが、ルールを知っておくといざという場面でも焦らずに済みます。 また、大人であれば知っていて当然という考えの人もいるため、周りに失礼のないよう、頭に入れておくことをおすすめします。 今回紹介した法事ののし紙のルールをしっかりと理解し、法事の際にぜひお役立てください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

法事のお布施 袋(封筒)の表書きや渡し方、金額の相場は?

法事 の 表書き

(5-1)キリスト教(カトリック 記念ミサ)(プロテスタント 記念集会) (5-2)神道の式年祭 十年祭 [関連ページ](以下は別ページ) ・法事の香典(薄墨か濃墨か、新札か) ・香典の入れ方、包み方 ・香典の入れ方(中袋がない時ほか) ・香典の渡し方 通夜,葬儀,告別式 ・香典の渡し方 法事,法要 ・香典の渡し方 後日 ・香典の渡し方 袱紗の使い方 ・法要 法事 回忌 早見表 ・法事・法要いつまで? [法事の香典] ・四十九日の香典 ・一周忌の香典書き方 ・三回忌の香典金額・書き方 ・七回忌の香典金額・書き方 ・13回忌の香典金額・書き方 ・17回忌の香典金額・書き方 ・23回忌の香典金額・書き方 ・27回忌の香典金額・書き方 ・33回忌の香典金額・書き方 1.13回忌法要の香典とは? 仏教の法要の中で、亡くなってから満12年めの祥月命日(命日と同月同日)に行う年忌法要が十三回忌です。 主な法要以外は遺族だけで供養しますが、一周忌、三回忌、七回忌をはじめとする主な法要は親族や故人の友人・知人などを招いて法要を営みます。 更に七回忌を過ぎると次第にお招きする人も減り、 現代では十三回忌で遺族以外にお招きするのは親族のみか、もしくは十三回忌も遺族・身内だけで行う形が多くなってきています。 十三回忌法要を行う場合に、参列する人が持参するのが十三回忌法要の香典です。 なお、もし法要を行わない場合には香典は不要です。 その他には、御香料、御花料、御供物料など。 通夜、葬式葬儀では薄墨(うすずみ)で書きましたが、四十九日の法要から(以降は)濃墨(こずみ)で書きます。 13回忌の香典も濃墨で書きます。 御仏前は、仏教の場合のみに使える表書きです。 ) この他に双銀のものを用いることもあります。 なお、袋に蓮の絵が描かれているタイプのものは仏教の場合にのみ使うことができます。 (5-1)キリスト教の場合の法事の香典の書き方 追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方 キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。 カトリックでは、亡くなってから5年目までは毎年の命日(昇天日)に「記念ミサ」を行い、その後は節目の年のみ、あるいは3年、5年、10年、20年などを節目としてミサを行ったりするため13年めに関しては記念ミサはありません。 また、プロテスタントでは、1年、3年、7年めの昇天記念日に「記念集会」「記念式」などを行います。 これ以降は10年めの区切りのときなどに記念集会、記念式を行ったりしますが、13年めという集会はありません。 キリスト教ではカトリック、プロテスタントともに仏教とは年数の数え方が異なり、満9年まではなく満10年めの命日に記念ミサ(カトリック)、記念集会・記念式(プロテスタント)を行います。 [表書き]10年目の儀式に 「御花料」(プロテスタント) 「御ミサ料」(カトリック)などです。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたもの、または白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。 [墨] ・キリスト教では忌明けという考え方がないため、墨の色に関する細かいしきたりや作法がありません。 一ケ月目の追悼ミサ以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 (5-2)神道の場合の香典の書き方 霊祭、式年祭などの香典袋の書き方 ・神式でも、法事に該当する儀式があります。 一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「三年祭」「五年祭」「十年祭」…として5年ごとに神職を招く等して霊祭が行われます。 神道では仏教とは年数の数え方が異なり、満10年めの命日が十年祭です。 これ以降は十年ごとに儀式が行われます。 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定・作法がありません。 薄墨も使われますが、五十日祭以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。

次の

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します|終活ねっとのお坊さん

法事 の 表書き

本来は花や線香なども供物として備えられますが、現代では香典という名称を使う場合には主として現金をさします。 香典の他に、香料とも言われます。 (2)通夜・葬儀の香典 香典を持参する時期 ・香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。 [] ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。 (3)法要の香典 香典を持参する時期 ・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。 また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。 香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。 ・主な法要 主な法事・法要の名称と日数の数え方 法要の名前 時期 追善法要 初七日 (しょなぬか) ・初七日は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、最近は遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです。 四十九日 (しじゆうくにち) 49日目 追悼法要 初盆・新盆 (はつぼん) ( にいぼん) (死後の日数とは関係なく)初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。 四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。 お盆の時期は地域によって異なりますが、旧暦のお盆なら7月。 一般的には8月の13日〜16日です。 A.仏教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください[]。 (2)法要の香典袋の書き方 法事の香典 香典の書き方 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」「御香料」などです。 「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。 [のし袋の選び方と水引き] ・黄白、双銀または黒白の水引き ・結び切り(左の画像見本のように、堅く結んで切ったシンプルなもの)またはあわじ結び(あわび結びとも言います。 結び目の形は上記(1)の御霊前の見本画像で紹介しています) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨で書くのは四十九日までとされており、最近は四十九日以降の法事法要では黒い墨を用いるようです。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 浄土真宗では四十九日前でも「御仏前」を使うか、または「御香料」「御香奠」となります。 「奠」という字には供え物という意味があります。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。 職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。 数名で香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。 左の見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。 どうしても役職名と氏名が縦一行に書ききれない場合には、右から社名、役職名、氏名の順に書きます。 支店長、支社長、工場長などの場所長名義で香典を出す場合には一番右に会社名、中央に肩書に続いて氏名を書きます。 どうしても役職名と氏名が縦一行に書ききれない場合には、右から社名、役職名、氏名の順に書きます。 中央にグループ名が来るように、右側に書く社名の配置を考えて書きます。 人数が多い場合には、中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。 なお、表書きは筆や筆ペンで書きますが、中に入れる紙はボールペンや万年筆などで書いても構いません。 職場の同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 2については地域によっては避けられることもあります。 C.キリスト教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・キリスト教の場合の熨斗の表書きについては、[典]へ (2)追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方 法要の香典 香典袋の書き方 ・キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。 カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」など。 プロテスタントでは、一ヶ月目、1年目の「昇天記念日」に「記念集会」など。 [表書き] 「御花料」(プロテスタント) 「御ミサ料」(カトリック)などです。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。 [墨] ・キリスト教では忌明けという考え方がないため、墨の色に関する細かいしきたりや作法がありません。 一ケ月目の追悼ミサ以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] D.神道(神式)の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きについては、[典]へ (2)霊祭、式年祭などの香典袋の書き方 法要の香典 香典袋の書き方 ・神式でも、法事に該当する儀式があります。 主なものは「十日祭」「五十日祭」「百日祭」など。 一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「一年祭」「三年祭」…など神職を招いたりして霊祭が行われます。 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定・作法がありません。 薄墨も使われますが、五十日祭以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 香典の中袋・中包みの書き方 筆記用具 ・筆を使うのが正式な作法ですが、筆ペンや、ペンでも良いでしょう。 黒インクのものを用います。 薄墨でなく黒で書きます。 中に入れる金額 ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。 少額の場合は連名で香典を出すなどして、 3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。 ・香典の金額の相場については、次のページの項5「」にて 香典の金額の書き方 香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。 「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方からきています。 なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。 (例:金30,000円也) 数字 香典に書く時の漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 7 七(ごくまれに漆) 8 八 10 拾 100 百 1000 仟または阡 10000 萬 その他 円を圓と書くことも 中袋の書き方 ・香典の中袋の書き方です。 下記のサンプル画像をご覧ください。 金額については、中袋(中包み)の表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。 市販の熨斗袋の中には、金額を記入する欄が決まっているものがあります。 ・香典の金額の相場については、次のページの別項「」にて.

次の