Zoom マニュアル。 Zoom日本語クイックマニュアル(運営者用)

Zoom日本語クイックマニュアル(iPadユーザー用)

Zoom マニュアル

iPadからZoomにログインする方法について説明します。 ログインする前に、事前にiPhoneやiPadはApp Storeから、Android端末はGoogle PlayからZoom アプリをインストールしてください。 iPad iPhoneの場合はしてください。 Android端末の場合は してください。 Zoomでミーティングをするときには、ルームオーナーから、ルームのURLが配布されます。 URLは、次のような形式です。 PCからの場合は、このURLにアクセスすれば、自動的にルームに接続されますが、iPadからの場合は、ミーティングIDを入力することが必要です。 Zoomのアプリを立ち上げると、次のような画面になります。 ミーティングに参加するためには、「ミーティングに参加」をクリックしてください。 上のほうに、「ミーティング ID」という欄がありますので、そこに、管理者から配布されたURLの最後の9ケタの数字を入力します。 入力が完了したら、「参加」をクリックします。 すると、次の画面が出るので「インターネットを使用した電話」を選択してください。 これでZoomのルームに入ることができます。 画面をタップすると、上部にアイコンが並んでいるのが分かります。 自分のビデオが停止した状態です。 ビデオアイコンをタップすると自分のビデオをオンにし、右下の画面をタップすると画面を入れ替えることができます。 【このページの関連項目はこちら】 ZoomのiPadアプリをインストールする方法を説明します。 AppStoreを開きます。 検索窓に「Zoom」と入力し、「ZOOM Cloud Meetings」を「入手」します […] Zoomについて、もっと学びたい方へ Zoomの使い方について、もっと詳しく知りたい人は、Zoom革命がこれまでに行ってきたセミナー動画で詳しく学ぶことができます。 リアルの会場とオンライン参加者をZoomで繋ぐハイブリッドセッションや、オンライン講座の開き方を動画で学びたい方はこちら。 Zoom活用についての個別のご相談は、こちらから承ります。 Zoom活用を実践するオンラインサロンに参加できます。 (1ヶ月の無料入会制度がありますので、気軽にお試し下さい。

次の

Zoom日本語クイックマニュアル(運営者用)

Zoom マニュアル

初めてZoomを使用するときは、自動的にアプリがインストールされます。 (1-2分かかります)2回目からは、インストールされているアプリが自動的に起動します。 Zoomが起動すると、 画面の中央に「コンピューターでオーディオに参加」という画面が出ますので、緑の部分をクリックしてください。 緑のボタンをクリックすると、画面左下のマークが、ヘッドフォンからマイクに変わります。 次のように、左下のマークがマイクマークなれば入室完了です。 声を出してみて、マイクマークの中にある緑のメーターが動くかどうかを確かめてください。 マイクが正しく接続されているときは、声を出すと、緑色のメーターが声に合わせて上下します。 声を出しても、緑色のメーターが動かないときは、マイクマークの右の「 ^ 」をクリックすると、リストが出てくるので、使用しているマイクが正しく選択されているかどうかを確認してください。 マイクを消音(ミュート)するときには、マイクマークをクリックします。 赤い斜めの線が出ているときは、消音(ミュート)されている状態です。 もう一度クリックすると、消音(ミュート)が解除されます。 カメラアイコンをクリックすると、「カメラOFF」の状態になり、画面がアイコン表示になります。 カメラアイコンをもう1度クリックすると、「カメラON」になり、画面にあなたの顔が表示されるようになります。 カメラが正しく表示されない場合は、カメラアイコンの右の「 ^ 」マークをクリックします。 リストが表示されますので、使用しているカメラが正しく選択されているかどうかを確認してください。 名前の変更 自分の顔が映っている部分の左下に、名前が表示されます。 表示されている名前を変更することができます。 まずは、自分が映っている画面にカーソルを合わせてクリックします。 (Windowsの場合は右クリック) 出てきたメニューの中で「名前を変更」を選択すると、ポップアップが出てきますので、そこに変更したい名前を打ち込んでください。 アプリのバージョンが古いなどが原因で、画面上でクリックしてもメニューが表示されない場合があります。 そのときは、次の方法で名前を変更してください。 Zoom画面の下に並んでいるアイコンの中の「参加者」をクリックすると、右側に参加者リストが表示されます。 その中から自分の名前を探してください。 自分の名前を見つけて、そこにカーソルを合わせると、「名前の変更」というボタンが現れますので、クリックして名前を変更してください。 チャットの使い方 Zoom画面の下に並んでいるアイコンの中央付近にチャットアイコンがあります。 チャットをするときは、チャットアイコンをクリックしてください。 チャットアイコンをクリックすると、ポップアップでチャットアイコンが表示されます。 メッセージを打ち込むときは、チャットボックスの下のほうに「ここにメッセージを入力します。。。 」という欄があるので、そこにメッセージを打ち込んでください。 リターンキーを押すとメッセージが参加者に送られます。 ビュー 見え方 の変更 Zoomには2つのビュー 見え方 があり、切り替えることができます。 (1)ギャラリービュー:参加者全員の顔が同じ大きさで表示する見え方 (2)スピーカービュー:話をしている人を自動的に選択して大きく表示する見え方• ビュー(見え方)の切り替え方 ギャラリービューからスピーカービューに切り替える 画面右上の「スピーカービュー」をクリックすると、スピーカービューに切り替わります。 スピーカービューからギャラリービューに切り替える 画面右上の「ギャラリービュー」をクリックすると、スピーカービューに切り替わります。 画面の固定 スピーカービューにしているときに、拡大表示される人を固定したい場合があります。 講師が話をしているときに、他の人が咳などをすると、画面が切り替わり、咳をした人が拡大されたりするのを防ぐことができます。 拡大表示を固定したい人の画面でクリック(Windowsは右クリック)し、表示されるメニューから「ビデオの固定」を選択すると、固定することができます。 ルームから抜ける Zoomのルームから退出するときは、右下の「退出」をクリックします。 ポップアップが出てて来ますので、「会議を退出」と書いてあるボタンをクリックすると、ルームから退出することができます。 最新版へのアップデート PCのZoomアプリからアップデートします。 Zoomアプリを起動し、検索バーの右にある名前アイコン(アカウントにプロフィール写真を設定している場合には写真が表示される)をクリックするとメニューが表示されます。 「アップデートの確認」をクリックすると、最新版かどうかのチェックが始まり、次のようなウインドウが開きます。 しばらくすると、ダウンロードが完了し、最新版がある場合は、次のように「新しいバージョンのZoomを利用できます。 」と表示されます。 どんな機能が新しく使えるようになったのか、「新機能」をクリックすると、更新内容が表示されます。 更新内容を確認したら「今すぐ更新」をクリックしてください。 最新版がインストールされます。 インストールされたかどうかを確認するには、もう一度、「アップデートの確認.. 」をクリックしてください。 「最新の状態を保っています。 」と表示されれば、最新版になっていることになります。 応用操作• 画面の共有 PCの画面を共有する(参加者全員の画面に表示させる)ときの方法について説明します。 Zoomについて、もっと学びたい方へ Zoomの使い方について、もっと詳しく知りたい人は、Zoom革命がこれまでに行ってきたセミナー動画で詳しく学ぶことができます。 リアルの会場とオンライン参加者をZoomで繋ぐハイブリッドセッションや、オンライン講座の開き方を動画で学びたい方はこちら。 Zoom活用についての個別のご相談は、こちらから承ります。 Zoom活用を実践するオンラインサロンに参加できます。 (1ヶ月の無料入会制度がありますので、気軽にお試し下さい。

次の

《初めてのzoom完全マニュアル》①zoom基礎知識

Zoom マニュアル

Zoomミーティングを主催する二つの方法 主催する際には、アカウント登録をするだけで無料で使えるようになります。 こちらからサインアップします。 iPhoneと、Androidスマホ用のアプリもありますので便利ですよ。 主催する基本の方法は• 自分の固定の個人ミーティングID(PMI)を使う方法• ミーティング別のIDをスケジューリングして使う方法 上記の二つの方法があります。 どちらにも良さがあるので、両方とも解説しますね。 (解説に使用しているパソコンはMacですので、Windowsの場合は表示が若干違うかもしれません) 個人ミーティングIDを使う方法 Zoomのアプリを立ち上げると、ビデオあり、なしを選んでミーティングをすぐに始める事ができるのが、個人ミーティングIDを使う方法です。 アプリを立ち上げると• ビデオありで開始• ビデオなしで開始• スケジュール• 画面の共有• メニューバー が表示されます。 オレンジ色のアイコンの「ビデオあり」または、「ビデオなし」をクリックすると、すぐにミーティング画面が立ち上がります。 ミーティングを開始してから、参加者にURLをお知らせする事もできますし、事前にお知らせする事もできます。 事前に参加者様にURLをお知らせする場合は お知らせするには、まず、メニューバーの「ミーティング」をクリックします。 「個人ミーティングID(PMI)」が表示されますので、IDの下にあるコピーボタンをクリックし(招待用の文章がコピーされる)メールなどに貼り付けて参加者様にお知らせしましょう。 この際に注意したい点が一つだけあります。 この個人ミーティングIDは、アカウントの10桁の固定IDになっています。 IDを知っている全ての人が参加する事ができるIDなのです。 なので、取り扱いには注意しましょう。 私はなるべくこのIDを使わないようにしています。 やはり大事な話をしますので、万が一途中で関係のない方が入ってきたら困りますからね… メンバーにしか公開しないとか、仕事でまめにミーティングとして使用する場合などは、その都度ID(参加URL)をお知らせするのも手間だと思うので、特定のメンバーにのみ知らせておくと便利でしょう。 理由は先に書いた通りで、IDが固定ではない事と、予めスケジュールを立てておける事が理由です。 使い方は、まずホーム画面の水色のアイコン「スケジュール」をクリックします。 すると、スケジュール作成画面が別ウインドウで開きます。 トピックの部分は予めご自身のアカウント名が入っていますので、状況に応じてスケジュール名に変更すると良いでしょう。 開始する時間や、ミーティングの開催予定時間を選びます。 ビデオを予めONにするか、ホストがミーティング開始ボタンを押す前でも参加者様が参加できるようにする事もできます。 パスワードをかける事もできるので、参加者さまへの安心感も増すことでしょう。 (参加者さまにパスワードをお伝えするのをお忘れなく) これらの設定が終わったら、最後にカレンダーを選択します。 Googleカレンダーを使っている場合は、Googleカレンダーにチェックを入れ、スケジュールボタンをクリックすると、Googleへのログイン画面が立ち上がりますので、ご自身で使用されるアカウントを選択しましょう。 ZoomがGoogleアカウントを使用する事の許可をします。 下のようにカレンダーが表示され、内容が記入されますので、保存しましょう。 招待メッセージが表示されますので、内容をコピーした後は画面を閉じてOKです。 コピーし忘れても問題ないです。 Zoomのスケジュールにはしっかりと登録されていますので、ご安心ください。 予定したミーティングを開始する方法 アプリのメニューバーにある「スケジュール」をクリックして予定を確認しましょう。 開始したいミーティングの欄の「開始」をクリックすると、ミーティングが始まります。 あとは参加者さまを待つのみです。 参加者さまをご招待する前に、試しにスケジュールを組んでみて、実際に使って見ると良いですよ。 使ってみたいけど、初めては自信がない、不安だ。 という場合はご相談ください。 複数予定を作成しておいても大丈夫です。 トピックの部分には、ミーティング作成じにご自身で設定したスケジュール名が入りますので、誰とどんなミーティングをするのかも把握しやすいです。 (デフォルトのままだと「ご自身のアカウント名+zoomミーティング」の文字が入っています) 参加者さまへのお知らせ方法 参加者様へは事前にミーティングID(URL)を伝えておきましょう。 zoom. メールなどで日時とURLをお知らせしましょう。 ちなみに、ミーティングの時間ですが、無料アカウントの場合は複数名で使用すると40分で制限時間になり、会議が終了します。 が、また同じID(URL)でホスト(主催者)がミーティングを開始すれば、その他の参加者さまも同じID(URL)の会議に参加しなおす事もできます。 終了時間前に残り時間が表示されますので、もし延長する場合は参加者さまにそのタイミングでお知らせすると良いですね。 なお、有料アカウント(プロ版以上)であれば、参加人数による時間制限はありません。 使える機能も増えますので、複数名で、長時間利用する予定の方は有料版の使用を検討されることをオススメします。 以上、Zoomミーティングを主催する方法でした。

次の