えのき 値段。 舞茸の値段の相場はどれくらい?スーパー比較|健康♡料理♡美容♡恋愛

茶色えのきの正体は「かきの木茸」!白えのきとの匂い値段の違いも!

えのき 値段

皆さんは安くて美味しい「エノキの旬の時期」を知っていますか? 「シャキシャキの食感」「白い」「細長い」などみんながだいたい同じようなイメージを持っていて正確な情報を知っている人は少ないのではのないでしょうか? 【エノキの種類】【たくさんの栄養価】など本当はビックリするような事実がたくさんあるんです! そこで今回は「エノキ」について詳しくご紹介します。 エノキの旬の時期は? エノキと聞くとすぐに白色の細長い物を思い浮かべると思いますが、実はエノキには天然物と栽培物(人工栽培)の二種類があるんです。 天然物のエノキは、ほとんど出回ることはありませんが茶褐色で、晩秋から冬にかけて(雪が降る寒い季節)収穫されます。 (10〜11月) スーパーでよく見かける私たちに馴染み深い白いエノキは栽培物で、 旬の時期はないと言われていますが、晩秋から冬にかけて販売量が最も多くなります。 それはエノキが鍋料理には欠かせない食材だからでしょう。 そして夏場は比較的需要が低いためお買い得になり、主婦には嬉しい食材です。 エノキに含まれる栄養価やカロリーは? エノキに含まれる栄養価と気になるカロリーについて見ていきましょう。 エノキに含まれる栄養価は? ・ ビタミンB1…糖質の分解を助け、精神を安定させる働きがあります。 ・ ビタミンB2…成長を促進し、活性酸素の働きを阻害して老化を防ぎ、生活習慣病の予防や改善に有効。 ・ ビタミンD…カルシウムの吸収を高める、骨や歯の強化や骨粗鬆症の予防。 イライラの解消にも有効。 ・ 食物繊維…便通を改善し、ダイエットにも効果的。 大腸がんの予防も期待。 アレルギー症状を抑える働き。 生活習慣病の予防にも有効。 (不溶性食物繊維) ・ レンチナン…抗がん作用を期待。 (他のきのこに比べて多く含まれています。 ) エノキのカロリーについて カロリーは100gあたり22kcalとほとんどないので、たくさん食べても安心な嬉しい食材と言えるでしょう。 バランスよくビタミンが入っているので「かさ増し料理(ダイエット食)」にも適しています。 えのきを食べたらこんなに効能が! エノキを食べることで体にはどのような影響があるのかまとめました。 《 期待される効能や効果》 ・精神安定 ・老化防止 ・生活習慣病予防と改善 ・骨粗鬆症の予防 ・イライラ解消 ・便秘改善 ・大腸がん予防 ・アレルギー症状を抑える ・抗がん作用 エノキのおすすめ料理法や食べ方 エノキはうまみが豊富なきのこで、何種類かのきのこを合わせて料理すると、うまみの相乗効果が期待できるそうです。 さらにエノキをみじん切りにしたりミキサーで細かくして煮込むことで、細胞壁に含まれるキノコキトサンなどの健康成分が働きやすくなリます。 水溶性なのでエノキから出てきた水分まで食べると有効的に摂取できます。 オススメの食べ方はエノキをじっくりと煮て加工した「なめたけ」。 醤油と砂糖で煮付けたもので簡単にできます。 その他に味噌汁や卵焼きの出汁としても美味しく食べられます。 エノキはクセがないので、鍋物や炒め物、煮物、和え物、おひたし、揚げ物、パスタなどいろいろな料理に活躍し、どんな素材と合わせてもおいしく食べる事ができます。 エノキを加えることで、メニューの食物繊維やビタミンB群を増やす事ができます。 「旬がない=季節にこだわらず、年中美味しく食べられる」のも嬉しいですね。 値段も手頃なので多くのご家庭で食べられています。 美味しいエノキを選ぶ、目利きポイント 色々な栄養価について学べたので、より美味しいエノキを見つけるための「目利き」も知っておきましょう! 《 新鮮なエノキを選ぶのに重要なポイント》 全体がきれいな乳白色でハリがあり、硬そうなもの。 カサが小さめで開いていないもの、みずみずしいものが良品です。 変色していたりしおれているもの、べとつきがあるものは鮮度が落ちています。 いかがでしたか? エノキはクセがなく色々な食材と合わせて食べることで栄養を効率良く摂取できるきのこということがわかりましたね。 安くて栄養価も豊富なので「かさ増し料理」にはオススメです。 ぜひ毎日の献立作りの参考にしてみてくださいね。

次の

えのきを食べ過ぎると腹痛・下痢や太る?適量はどれくらい?|食べ物info

えのき 値段

目 次• えのき,えのき茸とは 野生の色は、黄褐色~栗褐色です。 晩秋から早春に、エノキ、カキ、イチジク、ポプラ、ブナなどの枯れ幹に生えます。 歯切れの良さと、適度な粘性が持ち味とされます。 6 g たんぱく質 2. 7 g アミノ酸組成によるたんぱく質 1. 5 g 脂質 0. 2 g トリアシルグリセロール当量 0. 1 g 炭水化物 7. 6 g 灰分 0. 9 g 無 機 質 ナトリウム 2 mg カリウム 340 mg カルシウム Tr mg マグネシウム 15 mg リン 110 mg 鉄 1. 1 mg 亜鉛 0. 6 mg 銅 0. 10 mg マンガン 0. 24 mg B2 0. 17 mg ナイアシン 6. 8 mg ナイアシン当量 7. 4 mg B6 0. 40 mg ビオチン 10. 02 g 一価不飽和 0. 01 g 多価不飽和 0. 08 g コレステロール 0 mg 単糖当量 1. 0 g 食 物 繊 維 水溶性 0. 4 g 不溶性 3. 5 g 総量 3.

次の

えのきだけは常温だと日持ちはどのくらい?冷蔵庫での保存期間はいつまで?

えのき 値段

しかし 2,000円くらいまでなら、ちょうどいい値段だ。 ネットの訳アリ品などは、5kg1,000円という破格な品もある。 が、やはりレア度が高くて手に入れるのは難しい。 こちらは買えたらラッキーくらいに思っておくのがいい。 ちょっといいコシヒカリなどになると、2,500~3,000円くらいする。 これぐらいになると、なかなか手が出ない。 米はこだわり出すと、5kg5,000円などというものもザラだ。 ハマるとキリがないので、ほどほどのところで妥協したい。 逆に2種類以上の米を混ぜたブレンド米は、もうちょっと安くて1,400~1,600円くらいのものがある。 だがどんな米が使われているか分かったものではないので、私は買っていない。 オートミール…1箱1,700~1,800円 私がよく食べているオートミールは、1箱約4. 5kgで1,700円ほどだ。 しかしネット通販が主なので、送料込みだと2,500円くらいになってしまうだろうか。 もし家の近くにあったらチェックしてみてほしい。 クエーカーのオートミールも、コストコならば買えるはずだ。 友だちが会員だったら、いっしょに連れて行ってもらうといいと思う。 最安で1袋15円、普通のレベルでも 30円くらいで手に入る。 一番高い大豆もやしだと、1袋60円くらいする。 だが栄養価は一番高いので、こちらをメインにしてもいいと思う。 もやしはやはり、料理のかさ増しに役立つ。 腹持ちしないのは難だが、ボリュームと低カロリーを両立したいときはおすすめしたい。 袋売りなら、もうちょっと安く買えるだろうか。 安く買うなら袋でまとめ買いの方がいいのだが、使いきれずに腐らせてはもったいない。 一人暮らしの場合、多少割り高でも食べる分だけ買う方がオトクなときもある。 えのき…1袋60~70円 えのきだけ抜き出してしまったが、安売りだと 60~70円で買える。 普通の値段だと100円するので、なかなかお買い得だ。 えのきは歯ごたえがあって満腹感が出やすいのに、低カロリーのヘルシー野菜だ。 セールのときは積極的に取り入れたい。 さらにトマトも安売りのときは98円くらいで買える。 年中通して同じような値段だ。 葉物野菜は、生でも料理でもいける便利な食材だ。 取りあえず刻んで放りこめば、どんな料理にも合う点も便利である。 トマトは生でもいいが、煮るとウマい。 丸ごと煮込んだトマトスープは、一度は試してほしい一品である。 キャベツ…1玉100~120円 キャベツは安いと、 1玉100円くらいで売っていることがある。 1玉あれば4日~1週間は持つから、買わない手はない。 ただ高いときは、1玉200円を超えることもザラだ。 値段が安定しないのが大きなデメリットである。 プチトマト…1パック160~200円 お弁当などに便利なプチトマトは、約200円が相場だ。 安売りだと、 160円くらいで買える。 いいものだと100g100円で売っているが、少々高く感じる。 料理に使うなら、普通のトマトの方が安い。 ナス…1袋160円 夏は、ナスが安い季節だ。 1袋 160円くらいで買えた。 逆に季節が外れると、1袋200円超えが普通になってくる。 旬のものは、できるだけ旬の季節に食べる方が節約にもなる。 カボチャ…100g25~40円 秋冬においしいカボチャは、 100g25円くらいが最安だった。 普通だと、100g40円ほどで売っている。 カボチャはタネを取って、丸ごと煮込むと柔らかくなる。 固くて切るのが大変なときは、そのまま鍋で煮てしまうのもありっちゃありだ。 しかし競争率も高く、朝イチでスーパーに行かないとゲットは難しいだろう。 我が家の近所にあるスーパーだと、週1で 100パック限定128円というのをやっている。 こちらの方は午後でも残っているので、だいぶ買いやすい。 安売りでないときは、1パック160~200円前後のことが多い。 ちょっと高いが、これぐらいで買えれば上々だろう。 鶏むね肉…100g50~70円 私が大好きな鶏むね肉は、 100g52円ならば安いといえる。 普通だと、 100g70円ほどだ。 しかし安売りの鶏むね肉は人気があり、1羽入りのものはすぐ無くなってしまう。 冷凍庫があるなら、あえて2~3羽入りのものをまとめ買いしてもいい。 鶏もも肉…100g90円 鶏もも肉はもうちょっと高く、100g90円くらいから売っていることが多い。 いいものだと、100g100円のときもあるだろうか。 よほどの鶏肉好き意外は、スーパーのパックをおすすめしたい。 豚肉・牛肉…100g100円 私がほとんど買わない豚&牛は、 100g100円が相場だ。 国産のいいやつだと、100g200円なんていうのもある。 夜にいくとときどき、3割引きのシールが張られているものを見かける。 お値段にして100円くらいの差が出るので、どんどんチェックしていきたい。 切り身魚…1切れ100円 シャケやサバなどの切り身は、 1切れ100円ならまあまあだ。 冷凍ものなら、5切れで250円なんていうのもあったりした。 魚もまとめ買いして冷凍し、食べるとき焼き魚にすると楽だ。 肉よりもヘルシーなので、常備しておいてもいいと思う。 普通のスーパーだと、 3パック80~90円くらいが相場だろうか。 納豆はかなり品数が多く、いいものは2パック150円など色々ある。 うっかり高いものを買わないように注意したいところだ。 豆腐…1パック30円 最近は買っていないが、豆腐は 1パック30円くらいで安売りしている。 そのまま食べてもいいし、肉や野菜と一緒に煮込んでもおいしい。 しかし冷蔵でも傷みやすいうえ、水切りなどの手間がかかる。 買ったあとは計画的に使い切りたい。 こうや豆腐…160g250~300円 暖かい季節お世話になったこうや豆腐は、 160g250~300円くらいで買えた。 1袋あたり、10~11個入っている。 とにかく日持ちするので、常備するのに便利な食材だ。 ボソボソしておいしくないという声もあるが、熱湯で煮込むと食べやすい。 一度試してみてほしい。 牛乳…1パック160円 私自身は買わないが、牛乳をよく飲む人も多いだろう。 1パックあたり160円くらいなら買いだ。 実家でも、これくらいの値段のときを狙って買っていた。 しかし個人としては、牛乳を飲まずとも健康には問題ないと思っている。 カルシウムが気になるなら、ナッツ類を食べるのがおすすめだ。 私が主に買っている食品の相場はこんな感じだ。 まだまだ未知の食品は多いので、さらなるチェックが必要だろう。 この食品の相場はどうなんだろうというときは、メールフォームから質問をもらえれば幸いです。

次の