塾講師 大学生。 【経験者語る】大学生の塾講師・家庭教師バイトの実態!平均時給・苦労・学べることまで

塾講師バイトはいつから働くべき?おすすめの募集時期トップ3

塾講師 大学生

塾講師バイトを始めるベストタイミングTOP3 塾講師のバイトはいつから始めるのがベストなのでしょうか。 塾講師を始めるのにベストなタイミングは3つあります。 3月 春期講習・新学期入学生 4月は新しい年度が始まる月です。 新入生が入ってくる時期でもあります。 生徒はもちろん、職場の塾講師も異動や入退職が落ち着き、一緒に働く仲間が揃ったところから始まります。 生徒も講師も打ち解けやすい 生徒とも職場の塾講師とも「お互い関係がまだできあがっていない 」時期です。 しかし、すでに生徒や講師同士の関係ができあがってしまっているところへ新人として入職するよりは、打ち解けやすく、関係づくりがしやすいというメリットがあります。 生徒と打ち解けることで、生徒からの質問を引き出しやすくし、生徒の塾講師への信頼感や勉強のやる気向上にもつながります。 友達が作りやすい また、個別指導であっても集団指導であっても、同じ職場の塾講師と「 連携を図らなくてはいけない 」場面もあります。 塾講師同士の 関係づくりができていると、そうした連携がスムーズに行なうことができます。 1年間を通したイベントを経験できる もう1つのメリットとしては、4月から入職して1年経てば、1年間において「一通りのイベントが経験できる」ことです。 それに伴う仕事の内容や仕事量の増減などを実際に経験することで、次年度以降も継続して塾講師のアルバイトを続ける場合に仕事の見通しがたてやすくなります。 4月に働き始めるためにも、 3月には求人に応募することをおすすめします。 7月 夏期講習 夏期講習は塾にとっても、生徒にとっても特に力を入れて取り組む講習です。 夏期講習は、夏休みが始まる7月下旬から、夏休みが終わる8月下旬にかけて行われます。 夏期講習は、 通塾生だけでなく夏期講習のみを受講する生徒も多いのが特徴です。 短期の塾講師でお試ししてみる価値あり そのため、 「 塾講師の人手が不足する時期 」でもあります。 この時期は塾講師の求人数も増え、 短期の塾講師バイトの募集も出てきます。 気になる塾があれば塾の雰囲気を探るのにまずは短期で入職し、働きやすければ長期バイトとして雇用してもらえるよう交渉してもよいでしょう。 夜だけでなく、昼も働ける また、夏期講習は夏休み中に行われるので、普段は16時から22時しか授業がない学習塾も 昼の12時頃から開校するところが多くなります。 夜間に働くのは難しいけれど塾講師のバイトをしたい主婦や、普段は夕方からバイトをしていて、 夏休み中だけ昼間もバイトを掛け持ちしたい大学生にはおすすめの時期です。 11月 冬季講習 冬季講習は 12月の冬休み頃に行われることが多いです。 受験前に慌てて通いだす 冬季講習の時期には受験生の部活動も終わっており、夏期講習には来なかった生徒も参加したり、 受験を意識して 駆け込み的に参加する生徒もいます。 そのため、 人手が足らず、塾講師のバイトを募集する塾もあります。 短期でやってみたい人におすすめ 塾によっては年末年始返上でバイトをする覚悟はいるものの、夏期講習と同様に、短期でバイトしたい人や、気になっていた塾の様子を探りたい人、昼間に塾講師のバイトをした人はチャンスです。 早めに応募して、講習前に研修を終わらせておく 夏期講習にもいえることですが、受講生の募集を締め切ったあとすぐに講習する講師の編成が組まれることがあります。 確実に講習を担当させてもらうためには、「 講習が行われる前の月には応募したい 」です。 応募して2週間後から働き始める 塾講師の求人に応募して採用された場合、「 2週間後くらいから働き始める」ことになるパターンが多いです。 塾講師の求人に応募しても、 すぐに採用試験や面接が受けられるとは限りません。 どうして? まずは、 採用試験や面接のためにスケジュールを塾側が調整する必要があります。 採用試験と面接を同時に行う塾もありますが、採用試験と面接が別の日程で行われる塾もあります。 採用試験の採点で合否判定を出すのにも数日かかるでしょうし、そこから面接の日程を調整…としていると応募から1週間前後はかかるとみておいたほうがよいでしょう。 即採用されることは難しい 採用試験や面接をクリアして採用が決まっても「明日から来てね」ということは、よほど人材が不足していないか、小さな規模のフランクな塾でない限りほとんどありません。 働き始めるまでにも数日~1週間かかると想定しておきましょう。 採用試験や面接で1週間程度、採用後の勤務開始日までの1週間程度、合計で2週間程度ですね。 結局、いつから始めるべき? 塾講師をいつからはじめるか 自分にとってベストなタイミングが決まったら、「 すぐに応募に取り掛かる 」べきです。 応募から実際に働き始めるまで2週間程度かかることから、始めたい時期に応募したところで出遅れてしまう可能性があります。 求人が打ち切られることに注意しよう また、自分よりも先に他の人が応募して採用された場合、「 求人自体が打ち切られる 」こともあります。 特に、 人手不足の場合は塾側も早く人材を確保したいので、早く応募した人が採用に有利になります。 求人がでたらすぐにでも応募しなければ、採用試験や面接すら受けられないかもしれません。 もし、 行事や他のバイトなどで都合が悪い日などがある場合でも、初勤務日を遅らせたり勤務初月だけは都合の悪い日を休ませてもらったり、面接でいくらでも 交渉する余地があります。 まずは採用試験や面接を受けるためにも、いかに早く求人に応募するかは重要なポイントです。 参考リンク オススメの塾講師応募サイトはこちら.

次の

大学生が塾講師バイトをするときに注意すること!学歴が関係あるの?実質時給の目安とブラック塾の特徴は?(バイトあれこれ)|t

塾講師 大学生

大学生講師のメリットとデメリットを知っていますか? 大学生アルバイト講師は大学1・2年生であることが多いです。 大学3年の終わりからは就職活動が始まるため、責任が大きい塾講師のアルバイトを続けることが困難になるからです。 大学1・2年生であるということはまだ20歳前後。 子どもと感覚的な距離が近く、生徒からすれば本音を気軽に相談しやすい存在です。 また、子どもたちの共感を得やすいたとえ話も自然にできます。 たとえば、いまの子どもたちにマンガ「ドラゴンボール」のキャラクターをもとに説明してもピンとこない。 「ワンピース」を取り上げて説明のネタにしないと通じないわけです。 ジェネレーションギャップの少なさが、コミュニケーションのしやすさになり、講師と生徒の相互理解につながりやすいといえます。 情熱を燃やす、一所懸命な講師が多い 経験が浅いぶん、「わかりやすく教えよう」「生徒の成績を上げよう」と必死になります。 そのような情熱を子どもは敏感に感じ取ります。 生徒もまた、「がんばって理解しよう」という気持ちになり、相乗効果が生まれやすいです。 また、大学生アルバイト講師は自分の指導法が確立していません。 それが、他の先輩講師のアドバイスに耳を傾け、うまい教え方をすぐに取り入れて実践していく柔軟さになります。 そういう講師の授業は生徒からすれば、肩の力を抜いて受けられる印象を受けます。 受験の実体験が新鮮 大学生アルバイト講師は、自分自身が大学受験を終えたばかりです。 それが高校受験でも、中学受験でも、受験勉強の効果を高めるノウハウは等しく通ずることが多いですよね。 例えば、苦手科目の克服法、効率的な暗記方法、ケアレスミスの予防法、試験の得点を高める要領などは受験生ならみんな知りたいことです。 一般論ではなく、苦労して自ら学んだノウハウは、生徒からのウケもよくなります。 それが、結果に結びつけたばかりの講師のホットな実体験から得られたノウハウだったら、なおさら聞きたいですよね。

次の

塾はブラックバイトだからやりたくない……塾講師に対する大学生のリアルな声をTwitterで探る

塾講師 大学生

大学生の講師を採用したい。 しかし昔よりもアルバイトの採用はしにくい…そう感じる塾の経営者は少なくないのではないでしょうか。 理由は時代背景にあります。 アルバイトとして学生が選択できる仕事は増え、さらに「ブラック企業」という言葉が流行りました。 労働基準が適切でない、透明でない企業にはインターネットを通じて世間からの目が厳しくなっているのです。 最近では、部活を中心とした時間外労働に手当のつかない公教育のブラック問題、個別指導塾を中心に「コマ給」を発端としたブラックバイト問題など、教育業界において長く変わっていなかった「暗黙の業界慣習」が批判されることも増えてきています。 今回はそんな「大学生からのリアルな塾バイトの評判」をTwitterで調べてみます。 ネガティブな意見、ポジティブな意見から、大学生講師たちを積極的に採用するヒントを掴みましょう。 「やりがい搾取」は批判の対象に 「ひと昔前はこんな批判はなかった」「昔はコマ給でよかったのに、なんでだめなのか」という批反対意見もあるでしょう。 それに、講師として働く人の中には、効率よくこなしているためコマ給でも問題ない、あるいは条件の悪さは自覚した上で楽しいからやっているという人はいるかもしれません。 もちろん問題のないケースもあるとは思いますが、問題の争点は「コマ給で契約しているのに、時間外の無償労働がある」「高い時給を期待してきたけど無償労働のせいで低賃金」という「契約不履行」の状態です。 正しい契約をせずに、従業員を搾取する姿勢が批判されているのです。 2018年2月22日、ついにこんなニュースが報道されました。 「」()神奈川労働局が塾を運営する100 事業者に改善命令を出したもので、コマ給で支払っている授業時間以外の費用を求めました。 このことに共感する人々も多く見られ、「塾業界はブラック」というイメージがさらに広がりました。 問題の争点を明らかにしたところで、実際にツイートを見てみましょう。 Twitterに多く集まる塾のブラックバイト批判 批判はTwitterで直接見つけることができます。 全てを紹介することはできませんが、一部のコメントを紹介してみます。 生徒を大事に思うならサービス残業も当たり前」って言われて、あの頃は何とも思わなかったけど、今はね… でも、時代遅れなとこ多いからなぁ。 しばらくブラック街道まっしぐらです。 学生の間では有名な話。 — ごんまま tori3kuma3 たぶんここで言ってる所とは違うけど同じような考えの人がいたか。 1対2と説明されて入塾した生徒相手に1対3とか正直無理がある。 元塾講師が語る。 一方で「やりがいはある」という声も見つかりますが、そう話す学生も「しかし給料が安い」と、不満を漏らしています。 」 ・「塾 コマ給」で検索した結果 今日は学生の団体交渉です。 個別指導塾の講師をしている方で、授業時間外の業務に賃金が支払われないという「コマ給問題」です。 未払い賃金の支払いを求めます。 授業報告の作成などを授業時間外に行いますが、真面目に仕事をするほど時間がかかり損をする制度です。 全社的な制度改善も求めます。 コマ給で契約したことによって、契約時点とは異なる給与形態になることで、不満が高まる学生が多いようです。 この問題は、塾側が講師をどのように扱うか、という姿勢が現れます。 学生は授業時間外の労働、給与が発生しない労働に嫌悪感を抱いていますが「コマ給だから」という理由で、業務外労働をさせる塾は多く存在しているのです。 塾講師バイトのポジティブな意見「塾 バイト」で検索した結果 しかし一方で、ポジティブな意見もあります。 塾講のバイト受かったー! — こばやし kobayashi46019 大阪王将、塾講、カテキョと掛け持ちしてる人間なんやねんけど、今日の塾講のバイトで中2担当じゃ無くなるんよなぁ…笑 寂しいねぇ。 授業しながらも、塾長に面白い所・美味しい所に連れてってもらったり、社会の裏側を見せてもらったりと自分の大学生活とは切っても切り離せない4年間でした。 塾長に塾の鍵を返した時に、少し寂しい気持ちになりました。 — いしかつ nao2nao19 上記から、塾講師に関心を持っている人も、塾で働いていたことに魅力を感じていたこともわかります。 しかし条件面で不遇を感じている人が多いため、ネガティブな印象を持ってしまっている人が多いことで、問題が起きているのです。 ブラックバイト批判の中には「時給が高くない」「思ったよりも稼げない」という意見もありますが、それはあくまでも「講師をやりたい」のではなく「稼ぎたい」人の言い分。 塾経営者としては、講師をやりたい人たちにより幸せに働いてもらえる環境をつくることを考えたほうがいいでしょう。 塾の経営を改善するために「業務改革」を実施しよう 塾の経営を改善するヒントはツイートからも見つかりました。 ここで業務改革をして、大学生たちを採用するヒントを記しておきます。 ・コマ給やめてお金は払おう:コマ給を採用し続けるのは、行政指導が入ったことからもリスクがあります。 それに授業外労働があるのであれば、学生たちも不安を感じやすく応募しにくくなります。 時給で条件提示をするようにしましょう。 ・興味がある人は多いからホワイトにして採用しよう:興味がある人は多いです。 大学生の中には教職志望の学生、受験終わりで教える側に行きたい学生が一定数います。 その学生たちに安心してもらって、採用するためにホワイトな条件を整えましょう。 ・指導力も商材力のうち:授業時間以外の予習復習に報酬を払いたくない…という経営者の方は、こう考えてみましょう。 指導力を高めた学生は塾の評判をあげてくれ、結果として塾の経営もうまく回るでしょう。 最低限の準備時間に時給を設定して、授業準備にも報酬を払いましょう。 ・業務時間外の労働は減らす努力をしよう:ただし業務時間外の事務作業は削減する努力をしましょう。 「」でも紹介しましたが、授業報告をはじめとする指導以外の時間には、当たり前になってしまっている無駄が存在します。 無駄を省けば経費削減にも繋がり、コマ給廃止を促進させやすくなります。 問題になるのは「提示条件と現実のギャップ」 現実的には塾講師のバイトは普通のバイトと比べても時給は悪くありません。 勉強が好きな人であれば、時給の高さとやりがいを糧に、一生懸命仕事に打ち込んでくれるでしょう。 批判の対象になっているのは「契約を守らない嘘」の姿勢です。 高時給をうたって講師を集めたにもかかわらず、条件を超えた荷重労働させる。 講師として働いてくれる先生たちを搾取しようという考えに甘えてしまうことで、業界の健全性が疑われることになってしまっているのです。 健全な教育をおこなうために使命感を持って、経営努力に勤めて、講師の人たちも豊かに働くことができる環境を生み出しましょう。

次の