パタパタ ママ 歌詞。 生演奏!「パタパタママ」の3番は〇〇ママ?絶妙な歌詞で挑んだ”ミュージシャン”土屋礼央

簡単手遊び〜おけしょうパタパタ〜

パタパタ ママ 歌詞

概要 にからシングル発売。 型番は CX-105。 軽快なポップサウンドに合わせ、歌詞にちょっとした言葉遊びを盛り込んだ楽曲で、紙人形による独特の映像も注目を浴びた。 キャラクターデザイナーは「およげ! たいやきくん」やのデザインも手がけた田島司。 また、子供の視点で家事に勤しむの様子をおもしろおかしく歌い上げた歌詞が、子供だけでなく親からも強く支持され、特に育児に勤しむ主婦層からのリクエストが非常に多かったという。 子供視点の楽曲のため夜8時までで歌は終わっている。 オリジナル歌手はで、彼女の軽快で明るい歌声もあってヒットを遂げ、「」らと共に同番組を代表する楽曲の一つとなった。 姉妹曲として日曜日のの一日と哀愁を歌った「」がある。 なお、シングル盤のB面は、の「 ホネホネ・ロック」であり、この曲も同番組を代表する非常に有名な人気曲である。 作詞:高田ひろお、作曲:。 エフェクトの利いたエレキギターの音に、酋長の太鼓に合わせが躍るという弾けた(今日ではに引っかかる部分もあるため、バージョンでは一部歌詞が刷新され 、オリジナル映像を流す際は2番目だけを放送)歌詞、そして「およげ! たいやきくん」とは全く毛色の違う子門真人の、雄叫びを含め豪快で伸びのある歌唱に惹かれた子供(この曲は男の子に支持された)も多く、同LP盤の売上を後押しした。 音楽ディレクターのによると、「ホネホネ・ロック」を番組内で最初に歌っていたのは作曲者の佐瀬寿一であったが、子門真人の歌う「およげ! たいやきくん」がヒットしたため、キャニオン・レコードの意向により子門真人の歌に差し替えられた。 一方、佐瀬本人は「ホネホネ・ロック」を歌ったのを覚えていないという。 尚、「ホネホネ・ロック」のジャケットには「片面:パタパタママ」と書かれており、事実上同シングルは扱いである。 「およげ! たいやきくん」で子供向けの楽曲が注目されていた社会的背景もあり、この二つの話題曲を収録したシングルは60万枚を売り上げた。 カバー パタパタママ• (発売『ファミリー・ベスト こどものうたヒット・アルバム』CW-7163などに収録。 主にから発売されたLP・CDに収録されている)• (発売『P-kies Oldies New Trax』収録)• 花団(発売『恋のテンテコダンス』収録)• (発売『こどもと歌いたい! ファミリーヒットソング〜おしえて・花の子ルンルン・世界中の誰よりきっと〜』収録)• 大好真々子()(。 「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃ママ」の曲名で、の作詞による替え歌。 テレビアニメ『』エンディングテーマ。 同アニメのBlu-ray&DVD第1巻完全生産限定版の特典CDに収録 ) ホネホネ・ロック• POT SHOT(2000年発売『P-kies Oldies New Trax』収録)• 花団(2005年発売『恋のマグニチュード』収録)• とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、107頁。 そちらの歌唱はフーコ()。 画面にはアナログ時計も表示された。 ともに作詞作曲者名および登場キャラがこの曲とほぼ同じであることが共通している。 『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』120-121頁。 『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』133頁。 「家庭 お子様レコードひとひねり」『』1977年2月18日付朝刊、15面。 、TVアニメ「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」公式サイト - 2020年2月5日閲覧。 、、2019年7月13日。

次の

簡単手遊び〜おけしょうパタパタ〜

パタパタ ママ 歌詞

えっ?MYギター!? 事の発端は、先週のたまむすび(木)。 「パタパタママ/のこいのこ」をオンエア。 「ママ」の前の「パタパタ」が2番になると「パクパク」・・・ママの前の言葉が時間経過とともに変化していこの流れに・・・・ じゃあ、3番以降のママはどうなっていくの!? その「答え」を礼央さんが出す!とのフリが、今週の火曜の放送で外山&山ちゃんコンビから発令! 外山「今週の木曜日作ってくれると思う…」 山里 「とんでもないママ、出てくるんじゃないの!?」「絶妙な境界線を探すオトコですからね」 と、ハードルの上がったフリを「誠実」に受け取ってしまった礼央さん(笑) 本来は、週末5月24日(日)21:30〜の一大イベント、おうちで楽しめる落語会「俳優落語」のための稽古続きで大忙し! そんな大変な中、睡眠時間を削って「パタパタママ3番」を・・・作ってきてくれました!そうなんです、礼央さんはミュージシャンなんですよ、ええ。 番組中、色んなママが登場してきます! 「スケスケママ」「ワイワイママ」「アラアラママ」「カチカチママ」「ピカピカママ」「サセサセママ」「カンカンママ」「メモメモママ」「チンチンママ」「チクチクママ」…いろんなママがいるもんです。 投稿頂いたみなさんありがとうございました!礼央さん!パタパタママ「4番」の歌詞制作のご参考に!(よしなさい!) そして合わせてお楽しみ頂きたいのが、エンディングで披露されたエリツィンの「タマタマママ」(礼央さんのギター伴奏付き!) 3時からのゲストコーナー「おもしろい大人」にはライターで狛犬愛好家のミノシマ タカコさんが登場! 今日は「狛犬さんを愛でる会」という活動、そして「狛犬」の魅力についてのお話でした。 2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 撮影を終えた白濱亜嵐さん(マサ直属の部下・流川翔役)も駆け付け、「M」トークを繰り広げました。 ここでは、ドラマ撮影当時に感じていた不安や苦悩について話が進んでいきました。 おさむ:「奪い愛、冬」(2017年放送:テレビ朝日系)をやって、「会社は学校じゃねぇんだよ」(2018年配信:ABEMA)を作って、今回の「M 愛すべき人がいて」。 三浦:映画っぽかったですね。 クオリティも。 おさむ&白濱:(笑)。 おさむ:いや、でもわかるよ(笑)。 この話は最初、ABEMAのドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」でもご一緒した、サイバーエージェントの藤田(晋)社長からお声がけをいただきました。 三浦:すごいセリフ、いっぱい言ったもん(笑)。 初回オンエア後、藤田さんがメールをくださったんです。 「正直、これ無理ゲーだと思っていました。 よく実写化できた」と。 おさむ:そうそう。 そのときに「これをどうするか?」という議論になり、「僕の気持ちは今こういう感じで作っていきたい」と伝えました。 それで、おさむさんとプロデューサーさん、関係者各位に、「ちょっと正直不安です。 これで本当によかったのか、マジで悩んでいます」というメールを送ったら、全員が「大丈夫だ、大丈夫だ!」って(笑)。 おさむ:「大丈夫だ!」って言うしかないから(笑)。 白濱:確かに。 「大丈夫じゃない」とは言えない。 だって、木村拓哉さん主演のドラマ「教場」(2020年:フジテレビ開局60周年特別企画)での三浦翔平がすごかったから。 そこからの俺の「M」に来たから、めっちゃ不安だろうなと。 三浦:緩急の差がすごい(笑)。 おさむ:木村拓哉って、やっぱりすごいじゃん。 現場の仕切り方も含めて。 「教場」から「M」にきたときは、かなりびっくりしたと思う。 白濱:現場に入る前、翔平くんから久々に連絡が来ました。 「俺も気合い入っているので亜嵐、頼むよ!」みたいなメールが。 三浦:したね。 三浦:そうなんですよ。 (アユ役の安斉)かれんは(演技・主演ともに)初めてなので支えなきゃいけないし、今回は本当に有名な方の作品をやらせてもらうので。 だから、迷惑をかけたくないし、ひどいものにはしたくないという思いがありました。 そのときに1回、心がポキっと折れそうになったんですけど、亜嵐もすごく助けてくれたし、初回放送後に渡部篤郎さんからメールをもらったり。 一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!.

次の

パタパタママ 鈴木より子 歌詞情報

パタパタ ママ 歌詞

えっ?MYギター!? 事の発端は、先週のたまむすび(木)。 「パタパタママ/のこいのこ」をオンエア。 「ママ」の前の「パタパタ」が2番になると「パクパク」・・・ママの前の言葉が時間経過とともに変化していこの流れに・・・・ じゃあ、3番以降のママはどうなっていくの!? その「答え」を礼央さんが出す!とのフリが、今週の火曜の放送で外山&山ちゃんコンビから発令! 外山「今週の木曜日作ってくれると思う…」 山里 「とんでもないママ、出てくるんじゃないの!?」「絶妙な境界線を探すオトコですからね」 と、ハードルの上がったフリを「誠実」に受け取ってしまった礼央さん(笑) 本来は、週末5月24日(日)21:30〜の一大イベント、おうちで楽しめる落語会「俳優落語」のための稽古続きで大忙し! そんな大変な中、睡眠時間を削って「パタパタママ3番」を・・・作ってきてくれました!そうなんです、礼央さんはミュージシャンなんですよ、ええ。 番組中、色んなママが登場してきます! 「スケスケママ」「ワイワイママ」「アラアラママ」「カチカチママ」「ピカピカママ」「サセサセママ」「カンカンママ」「メモメモママ」「チンチンママ」「チクチクママ」…いろんなママがいるもんです。 投稿頂いたみなさんありがとうございました!礼央さん!パタパタママ「4番」の歌詞制作のご参考に!(よしなさい!) そして合わせてお楽しみ頂きたいのが、エンディングで披露されたエリツィンの「タマタマママ」(礼央さんのギター伴奏付き!) 3時からのゲストコーナー「おもしろい大人」にはライターで狛犬愛好家のミノシマ タカコさんが登場! 今日は「狛犬さんを愛でる会」という活動、そして「狛犬」の魅力についてのお話でした。 2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 撮影を終えた白濱亜嵐さん(マサ直属の部下・流川翔役)も駆け付け、「M」トークを繰り広げました。 ここでは、ドラマ撮影当時に感じていた不安や苦悩について話が進んでいきました。 おさむ:「奪い愛、冬」(2017年放送:テレビ朝日系)をやって、「会社は学校じゃねぇんだよ」(2018年配信:ABEMA)を作って、今回の「M 愛すべき人がいて」。 三浦:映画っぽかったですね。 クオリティも。 おさむ&白濱:(笑)。 おさむ:いや、でもわかるよ(笑)。 この話は最初、ABEMAのドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」でもご一緒した、サイバーエージェントの藤田(晋)社長からお声がけをいただきました。 三浦:すごいセリフ、いっぱい言ったもん(笑)。 初回オンエア後、藤田さんがメールをくださったんです。 「正直、これ無理ゲーだと思っていました。 よく実写化できた」と。 おさむ:そうそう。 そのときに「これをどうするか?」という議論になり、「僕の気持ちは今こういう感じで作っていきたい」と伝えました。 それで、おさむさんとプロデューサーさん、関係者各位に、「ちょっと正直不安です。 これで本当によかったのか、マジで悩んでいます」というメールを送ったら、全員が「大丈夫だ、大丈夫だ!」って(笑)。 おさむ:「大丈夫だ!」って言うしかないから(笑)。 白濱:確かに。 「大丈夫じゃない」とは言えない。 だって、木村拓哉さん主演のドラマ「教場」(2020年:フジテレビ開局60周年特別企画)での三浦翔平がすごかったから。 そこからの俺の「M」に来たから、めっちゃ不安だろうなと。 三浦:緩急の差がすごい(笑)。 おさむ:木村拓哉って、やっぱりすごいじゃん。 現場の仕切り方も含めて。 「教場」から「M」にきたときは、かなりびっくりしたと思う。 白濱:現場に入る前、翔平くんから久々に連絡が来ました。 「俺も気合い入っているので亜嵐、頼むよ!」みたいなメールが。 三浦:したね。 三浦:そうなんですよ。 (アユ役の安斉)かれんは(演技・主演ともに)初めてなので支えなきゃいけないし、今回は本当に有名な方の作品をやらせてもらうので。 だから、迷惑をかけたくないし、ひどいものにはしたくないという思いがありました。 そのときに1回、心がポキっと折れそうになったんですけど、亜嵐もすごく助けてくれたし、初回放送後に渡部篤郎さんからメールをもらったり。 一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!.

次の