バンギラス 育成 論 ソード シールド。 【ポケモン剣盾】バンギラス(ヨーギラス)の入手方法【ポケモンソードシールド】

バンギラス育成論 : 【砂パ】砂撒きさら岩バンギ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バンギラス 育成 論 ソード シールド

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 耐久調整は自由度が高い 火力でねじ伏せるならHAに全振りとなるが、Aの分をBDに回すのもおすすめ。 例えばBに20振れば、いじっぱりドリュウズの地震を確定耐えできるようになる。 仮想敵を決めて、自由にカスタマイズしてみよう。 強引に耐えて反撃する バンギラスは弱点が多いが、それを補えるだけの耐久種族値を持つ。 極端な不利対面以外は居座り、あえて抜群技を受けて弱点保険を発動させよう。 ダイマックスさせれば、大抵の攻撃を耐えた上で全抜きも狙える。 引き際はしっかり考えよう いくら耐久力があるとはいえ、タイプ一致の4倍弱点インファイトなどは耐えられない。 また弱点保険発動後でも、物理受け相手は少々分が悪い。 Sが低いこともあり苦手な相手にはとことん弱いので、引き際は考えよう。 特に すなあらし化における特殊耐久は圧巻なので、守りが薄くなりがちなハチマキと相性抜群。 有利対面で相手にかかる圧力は相当なもので、交代読みの行動が取りやすい。 ダイマックスなしでも高火力 弱点保険型との違いは初撃からの火力。 ダイマックスして技を受ける必要がなく、繰り出したターンから高火力を出すことができる。 弱点保険を警戒して等倍技から入ってきた相手にも致命傷を与えられる。 苦手な相手に注意 耐久に全く振っていないため、苦手な物理相手にはほぼ無力。 弱点保険型以上に引き際を考える必要がある。 Dはチョッキとすなあらしにより恐るべき耐久となるため、努力値振りは過剰と言える。 特殊アタッカーとの対面を意識 チョッキとすなあらし下のバンギラスのDは、 特化眼鏡ルカリオのきあいだまを確定耐えするほど。 特殊アタッカーには無類の強さを発揮するので、積極的に対面させて交代を強要しよう。 火力は決定打に欠ける 持ち物の補正がない分他の型より火力は劣ってしまう。 目の前の相手を倒しにかかるより、 対面を避けた相手の交代先への攻撃を意識すると良い。 岩技の中では、Sを下げられるがんせきふうじの採用優先度が高め。 メガネなら4倍弱点を突けば確定1発を取れることが多いので、2倍弱点の相手を仮想敵に定めると良い。 意表を突いて物理受けを崩す 特殊型の最大の利点は、本来バンギラスが苦手な物理受けを倒せるところ。 露骨な後出しをすると読まれるが、対面で悟られる可能性は低い。 幅広い技範囲から相手へ想定外のダメージを与えられることができる。 純粋な火力はかなり落ちる 攻撃と比べた際の特攻の低さや一致技の威力不足から、物理型のような突破力はない。 常に弱点を突けるような立ち回りを意識しよう。 とつげきチョッキを持たせた場合は、必要最低限の火力しか出なくなるので注意。 いくら耐久力が高いとは言え致命傷となる。 ただしダイマックス時は耐えられる可能性が高く、弱点保険なら反撃で倒されるので注意。 すなあらし下では特殊技は平然と耐えてくる点にも気をつけよう。 物理受けにも弱い バンギラスは物理型が多いため、物理受けに弱い。 特におにびやねっとうによるやけどを狙えば、ほぼ機能停止するのでおすすめだ。 先手を取られる可能性は低い バンギラスは素早さが低いため、スカーフでもなければ先手を取られる心配がない。 回復技も持っていないので連戦に弱く、消耗させれば後続で倒しやすい。 1体目で削って2体目で倒し切るのがおすすめだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の

行動保証粉砕型 おうじゃのしるし なげつける バンギラス 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソードシールド

バンギラス 育成 論 ソード シールド

もくじ• 【きんちょうかん 夢特性 】 すべての相手は『きのみ』を使用できなくなる。 ワイルドエリアには「砂塵の窪地」に固定シンボルで出現します。 覚える技も強力なものも多く、技範囲もそれなりに広いですね。 特性「すなおこし」のすなあらし状態で、 「いわタイプポケモンの特防が1. 5倍」になるので、かなりの耐久力を得られます。 すなあらしの効果でじわじわとダメージも与えられますし、きあいのタスキを自然に潰せるのもメリットと言えます。 バンギラスは弱点が少し多めですが、 ダイマックスによりHPが倍になるので一撃で落とされる心配はほぼ無いでしょう。 その弱点の多さと耐久力を利用するために、 持ち物「じゃくてんほけん」を使います。 じゃくてんほけんは、 「弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にする」というアイテムです。 これにより化け物じみた火力になりますし、だいもんじを採用しても十分な火力を出せるようになります。 そこまで喰らわない程度の弱点が飛んでくるタイミングで受け出しし、上手く発動させるのが強いですよ! バンギラスの育成論 特性 【すなおこし】 戦闘に出ると5ターンの間、天喜が『すなあらし』になる。 このバンギラスは、 高い耐久力と多めの弱点を利用した「じゃくてんほけんバンギラス」です! 弱点を突かれても、インファイトなどのかくとう技が来ない限りは落ちることはありません。 ダイマックス込みであれば、より安全に「じゃくてんほけん」を発動し、居座ることも可能です。 初手出しで、いきなりダイマックスするのもおすすめです。 安全に発動させるのであれば、「ナットレイ、アーマーガア」のジャイロボールやアイアンヘッドに対してですね。 ジャイロボールは素早さの差が大きく無いので威力が減少し、アイアンヘッドはアーマーガア程度の攻撃力であれば平気です。 ナットレイは「ほのおのパンチ」で確1で、アーマーガアは確2となっています。 「じゃくてんほけん」発動後に、ほのおのパンチorだいもんじでアーマーガアも楽に倒せますし、受け出しするにはおすすめの相手です。 ナットレイを想定する場合は、「ゴツメ&てつのとげ」のダメージが痛いので、だいもんじの方が良いでしょう。 タイプ一致「ストーンエッジ」は命中不安でしたが、ダイマックスであれば必中なのも強みとなります。 「アイアンヘッド」はオーロンゲなどのフェアリー対策に。 「かみくだく」はタイプ一致のメインウェポンであり、ドラパルトやサニーゴに有効です。

次の

バンギラス

バンギラス 育成 論 ソード シールド

概要 剣盾の新要素であるダイマックスを最高に活かせるポケモンがこの、バンギラスだと私は思います。 なぜならば、すなあらしや高い種族値による耐久力をさらに引き上げ抜群を取られても余裕を持って耐えることができ、また今までどうしても命中不安であったタイプ一致の岩技を安定して出すことができるからです。 この「抜群を取られても余裕を持って耐えることができる」という点とバンギラス自身あまり速くない点から持ち物は じゃくてんほけんが最も相性のいいものだと考え、この記事ではそれを採用しました。 以上よりこの型は「 受けて返す」がコンセプトになります。 また、努力値振りは一例でありお好みにあわせて調整をお願いします。 以下の略称使用します。 登場するポケモンは全て理想個体とします• 初めて育成論を投稿させて頂きます。 至らない点ばかりですがどうかご容赦ください。 技構成• ストーンエッジ ダイロック 威力130 天気をすなあらし状態にする タイプ一致のメインウエポンであるため威力の高いものを選びました。 ダイロックのすなあらし状態にする効果がタスキ潰しとして非常に有効で、相手の大ストリームなどで天気を変えられても下からまたすなあらし状態に変えることができます。 これによって相手の水技の威力を下げ、また自身の特殊耐久も上げられます。 主にギャラドス、ウォッシュロトムなどに打ち込みます。 かみくだく ダイアーク 威力130 相手の特防を一段階下げる こちらもタイプ一致のメインウエポンです。 イカサマでもいいかもしれません。 主にサニーゴ ガラル やドラパルトなどに打ち込みます。 アイアンヘッド ダイスチル 威力130 自身の防御を一段階上げる 主にミミッキュ、オーロンゲなどに打ち込みます。 またダイスチルの自身の防御を一段階上げる効果も非常に優秀です。 ほのおのパンチ ダイバーン 威力130 天気をひざしがつよい状態にする 主にナットレイ、ゴリランダーなどに打ち込みます。 だいもんじの方が良いかもしれません。 その他の技 じしん ドヒドイデ対策として 調整 H252振りは確定で残りをA、B、Dに振るといいと思います。 B196で陽気ミミッキュの剣舞ダイフェアリーを確定耐えします。 B無振りでもあと投げで役割対象であるドラパルトのダイドラグーン+ダイスチルを確定で耐えるので処理できます。 この記事では安易な受けを許さないA252B4振りで計算を行います。 被ダメージ ダイマックスしたポケモンの頭に「D」を付けて表記します。 バンギラスはダイマックスした数値です A252ギャラドス たきのぼり 29. 拙い育成論でしたがおつきあいありがとうございました。 ただ、今作の環境ポケモンで積んでくる相手がギャラ、ミミ、ドリュとそこまで多くはないのかなと思います… 最後の与ダメージに関して、こちらだけダイマックスを切った状態で不公平なのは自分自身も感じておりました。 ただ、与ダメージは受けポケモンに対して何割入るか、というのを火力の目安として見て頂くという目的で掲載したまでで、必ずしも倒せるわけではないというのは承知しています。 そこは裏も含めて考えたり、弱点保険をうまく発動させた状態で対面を作ったりと工夫が必要ですね。 貴重なご意見ありがとうございました。 ご意見をふまえて記事、考察の向上をさせて戴きます。 もちろんバンギでミミッキュを見ているわけではありません。 言うまでもなく不利です。 ただ努力値振りやダイスチルを絡めれば対面でも勝つことができるといったことを伝えたかったのです。 ご意見ありがとうございました。 おっしゃる通りバンギラスミラーやアーマーガアに強くなりますね。 ただやはり環境に多いナットレイを一撃で落とすために私は炎のパンチに切り替えました。 この辺りは好みだと思います。 と書いてあるのですが、ほんとに耐えますか? 計算してみたところ耐えないようなのですが。。

次の