南海 トラフ 地震 いつ。 【保存版】南海トラフ地震とは? 場所/いつ/規模/予言/最新情報などの徹底検証!!|かんさいべんどっとじぇーぴ

【保存版】南海トラフ地震とは? 場所/いつ/規模/予言/最新情報などの徹底検証!!|かんさいべんどっとじぇーぴ

南海 トラフ 地震 いつ

南海トラフ地震はあなたが生きている間に必ず起きる地震です。 でも、今年起きる、や、発生が近い、という話はウソだと思ってよいです。 気象庁はそんなことは言っていません。 いつ起きるか分かると言っている人は、あなたをだまそうとしている人です。 地震のことを心配している人はたくさんいます。 その人達の関心を引こうとして、目立ちたい人が地震のウソをたくさん流しています。 大きな地震が来るというと注目されるので、そういうウソを流します。 ネットでも雑誌でもテレビでも同じです。 目立ちたい人が地震のウソを言っています。 ウソをお金もうけに使っている人もいます。 知恵袋にもおかしな回答があります。 気象庁が何も言っていない、あるいは、NHKが何も言っていないときは、その地震の話はウソだと考えてよいです。 信頼できる情報がどこにあるのか、を考えてネットを使うことがとても大事ですね。 この機会に、気象庁がまとめた南海トラフ地震の話を見ておくことをおすすめします。

次の

南海トラフ地震はいつで確率は?震源地や被害想定・予言・前兆を解説【2020最新版】

南海 トラフ 地震 いつ

この記事の目次• 南海トラフ地震とは 南海トラフ地震とは、「南海トラフ」によって発生する巨大地震のことです。 南海トラフとは、日本列島のある陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいる溝のような地形のことで、静岡県沖~九州沖にあります。 出典: この南海トラフは陸側のプレートに海側のプレートが沈み込んでいる溝のことですが、この2つのプレートがぶつかっている部分には、少しずつ「ひずみ」が溜まっていきます。 この溜まったひずみが限界を迎えると、一気にプレートがずれ動きます。 そうすると、南海トラフ地震が起こるんです。 この 南海トラフ地震は、マグニチュード8クラスの地震が100~200年の間隔で繰り返し起こっていることがわかっています。 そして、歴史的にみると、そろそろ南海トラフ地震が起こる時期なのではないかと予想されているんです。 東日本大震災ではマグニチュードは9. 0、津波の高さは15m以上(最大遡上高40. 1 m)でしたが、南海トラフ地震が起こったら、次のような規模になると考えられています。 ・マグニチュード:8~9(東日本大震災は9. 0) ・津波の高さ:30m以上(東日本大震災は15m) これを見ると、どのくらい南海トラフ地震がヤバイのかがわかると思います。 地震の規模であるマグニチュードは東日本大震災と同程度ですが、津波の高さは東日本大震災の倍以上と予測されています。 南海トラフ地震が起こったら、日本は壊滅状態になるのではないかとも言われているんです。 南海トラフ地震の震源地 南海トラフ地震は、南海トラフに沿って地震が起こりますので、予想されている震源地は非常に幅広いものです。 出典: 南海トラフ地震の震源地は静岡県~九州まで非常に幅広くなっています。 静岡県から九州までの太平洋沿岸地域と言って良いでしょう。 出典: ただ、南海トラフ地震の想定震源地は、3つに分けられます。 南海トラフ地震の想定震源地は、なぜこの3つに分けられるのかと言うと、過去の南海トラフ地震からのデータもありますが、南海トラフのひずみが溜まっている量からもはじき出されています。 出典: この上の画像を見るとわかりますが、ひずみが溜まっている部分には差があるんです。 ひずみが多く溜まっている部分が震源地になり得るということですね。 出典: 南海トラフ地震の震源地は、あまりにも幅広いことが特徴なんですね。 南海トラフ地震はいつ起こる?確率は? 南海トラフ地震はいつ起こるのか?どのくらいの確率で起こるのか?気になる人は多いと思います。 特に、震源地付近に住んでいる人は、南海トラフ地震がいつどのくらいの確率で起こるのかを知っておきたいですよね。 南海トラフ地震は30年以内に70~80%に起こると日本政府は予測しています。 南海トラフ地震はいつ起こるのか? 出典: 南海トラフ地震は、約90~150年間隔で起こっているのがわかります。 今までわかっている南海トラフ地震の記録を見ると、中世以前は200~250年間隔で起こっていますが、戦国時代以降は90~150年間隔で南海トラフ地震が起こっているんです。 最後に起こった南海トラフ地震は1946年(1944年)です。 それからすでに70年以上が経過していますので、これまでのサイクルを見ると、いつ南海トラフ地震が起こってもおかしくないということになるんです。 今までの南海トラフ地震が起こったサイクルと、想定された南海トラフのひずみの状態を考えると、南海トラフ地震発生の切迫性は高まっていて、「30年以内に南海トラフ地震は起こる可能性が高いとされています。 南海トラフ地震が起こる確率 出典: 政府の地震調査委員会が2019年に発表したところによると、南海トラフ地震が起こる確率は、30年以内に70~80%ということです。 この数値を見る限り、30年以内にほぼ確実に南海トラフ地震が起こるということですね。 ちなみに、2018年までは南海トラフ地震が起こる確率は30年以内で70%とされていました。 201年になって南海トラフ地震が起こる確率が引き上げられたということです。 南海トラフ地震の発生はすぐそこまで迫っている。 切迫性が高まっているということになります。 南海トラフ地震がヤバイとされる理由 南海トラフ地震は、ハッキリ言ってかなりヤバい地震です。 「ヤバい」という表現は不適切だとは思いますが、本当にヤバいんです。 東海~九州までの太平洋沿岸の地域は、南海トラフ地震によって多大な被害が出るとされています。 一概に比べることはできませんが、東日本大震災の主な被災地域は東北~北関東の太平洋沿岸だったことを考えると、南海トラフ地震による被害の大きさがよくわかると思います。 日本の約半分が被災地になる可能性があるんです。 東日本大震災の最大津波は約15mで、多大な被害をもたらしましたよね。 それに対し、南海トラフ地震による津波は最大34m超と予想されているんです。 東日本大震災の倍以上の高さの津波が襲えば、どれだけの被害がでるかなんて考えたくないですよね(考えなければいけませんが)。 しかも、津波到達までの最短予測時間は3~4分。 マグニチュード8~9(震度7)の地震が起こってから3~4分で30m超の津波が襲ってくるということになります。 震源地のところで説明しましたが、南海トラフ地震は主に3つの震源地に分けられます。 そのうちの1つで地震が起こった場合、ほかの震源地に影響を与え、またすぐに地震が起こる可能性があるということです。 実際に、1854年の南海トラフ地震(安政東海地震)では、32時間後に安政南海地震が起こっています。 32時間の間にマグニチュード8. 4の地震が2回も起こったということです。 また、最後の南海トラフ地震である1944年の昭和東南海地震では2年後の1946年に昭和南海地震が起こりました。 だから、南海トラフ地震が起こると、その後すぐにまた同じような大地震が起こる可能性が高いということになります。 南海トラフ地震の被害想定 南海トラフ地震が起こると、どのくらいの被害が出るのか?被害想定を見てみましょう。 東日本大震災でも同じように被災地の物資不足が問題になりましたが、南海トラフ地震では被災地がそれ以上の物資不足になることは確実視されています。 被害想定:経済的な金額 出典: 南海トラフ地震では経済的な打撃も計り知れないとされています。 南海トラフ地震が起こると、 220兆3000億円の経済的な被害が想定されています。 日本の国家予算は2019年度で101兆4564億円ですから、南海トラフ地震による経済的な被害は日本の国家予算の2倍以上にもなるということです。 日本の国家予算の2年分が1回の地震で失われるということです。 南海トラフ地震は被災地が広範囲に及びます。 しかも、名古屋・大阪という日本の経済上の重要都市も被災地になります。 火力・原子力発電所もたくさんあります。 だから、南海トラフ地震による経済的な損失・打撃はとんでもない規模になるとされています。 ちなみに、東日本大震災での経済的な被害は16. 9兆円ですから、その10倍以上の損失があるということですね。 南海トラフ地震によって、日本は世界最貧国に転落する可能性もあるとすら言われているんです。 地震によって日本の国家予算の2倍以上の損失がある。 しかも人的な被害も大きい。 となれば、世界最貧国になるのも大袈裟なことではないんです。 パッと目につくだけでもこれだけの中居トラフ地震に関する予言があります。 全部外れていますが、このような予言がSNSで発表されると、一気に拡散されてしまいます。 予言は絶対に嘘とは言いません。 でも、現在の科学では、地震が起こることを事前に予知できないとされています。 気象庁は次のように述べています。 現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。 引用: また、2019年5月11日には南海トラフ地震が起こると、複数の預言者が予言していたそうですが・・・。 ちなみに、次にご紹介するTwitterアカウントは、2019年5月11日の南海トラフ地震の予言を否定しています。 その予言を検索してみました。 イギリスの雑誌エコノミストの表紙に3. 11と5. 11の数字と隠し絵で日本地図が描かれていて、2019年5月11日に南海トラフ地震が人工地震で起こされるとの噂ですね。 5月11日の天球図には、日本に巨大地震トリガーは入っていませんので、その予言はハズれます。 ご安心ください。 — 預言者 天瀬ひみか Speak amasehimika147 このTwitterアカウントの人が、現在のTwitterでは一番信じられる預言者とされているようです。 南海トラフ地震の予言を信じて、地震に対する備えをしておくことは良いことです。 南海トラフ地震の前兆は? 南海トラフ地震がいかにヤバイ地震なのかがわかったと思います。 南海トラフ地震の予知はできない。 また、予言に関しても外れているものばかりです。 でも、なんとか南海トラフ地震がいつ起こるのかを知りたいと思うものですよね。 出典: 南海トラフ地震には、3つの前兆があるとされています。 ・地鳴り ・地盤の隆起・沈降 ・海面の変動 ・井戸水や温泉の混濁,枯渇,異常湧出 ・ナマズなどの生態異常 ・発光現象 ・電磁気異常 ・火山の噴火 これらの地震の前兆を知っておくことは、南海トラフ地震への備えをする上で大切なことになります。 まとめ 南海トラフ地震の震源地やいつどのくらいの確率で起こるか、被害想定や予言、前兆などをまとめました。 南海トラフ地震は、30年以内に70~80%の確率で起こるとされている地震です。 そして、南海トラフ地震が起これば、今までにないほどの甚大な被害をもたらす可能性が高いのです。 地震が起こっても、しっかり備えがあり、さらに迅速に非難することができれば、被害を最小限に収めることができますので、南海トラフ地震の震源域に住んでいる人はもちろん、それ以外の人も一度、地震への備えを再確認しておくようにしましょう。

次の

7月11日に首都直下地震・南海トラフが直撃!?予言した人と信憑性は?

南海 トラフ 地震 いつ

南海トラフ地震とは? 南海トラフ地震とは分かりやすく言うと、 上の画像の赤枠の部分が「南海トラフ」と呼ばれています。 もう少し詳しく言うと、• フィリピン海プレート• ユーラシアプレート が接する海底の溝状の地形となります。 この範囲が震源地となる地震が 「南海トラフ地震」と呼ばれているのです。 また、「南海トラフ地震」は過去100~150年間隔で起こってきた大地震であり、 前回の昭和南海地震(1946年)から70年以上が経っています。 このことから、次の南海トラフ地震を恐れられているということです。 南海トラフ地震の被害想定(震度・津波) 政府の中央防災会議では、 「南海トラフ地震」が発生した際の被害想定が出しています。 被害想定は、• 静岡県から宮崎県にかけて一部で震度7の可能性• それに隣接する周辺の広い地域では震度6強から6弱• 関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸で10mを超える大津波 となっています。 また、生活に及ぶ被害想定は、 国の被害想定によりますと、津波と建物の倒壊、火災などで、最悪の場合、全国でおよそ32万3,000人が死亡し、238万棟余りの建物が全壊や焼失するおそれがあるほか、避難者の数は、地震発生から1週間で最大950万人に上るなど影響が長期化するとしています。 nhk. html) と、非常にネガティブな予想がされています。 南海トラフ地震はいつ起こるのか? 南海トラフ地震の発生時期には様々な説があります。 「ひずみが生じている」という理由は、 地殻に力が加わって圧迫されてきている証拠です。 そして圧迫され続けた地殻はいつか破壊し、 破壊されたときに放出するエネルギーが地震になります。 他にも、• 2020年~2022年の間に起きる• 30年以内に起きる といった予言や予想があります。 また、地震の発生時期については、過去の「南海トラフ地震」は7月〜2月の夏から冬にかけて発生きたので、 この時期に発生する確率が高いと言われています。 南海トラフ地震が起こる前兆について 南海トラフ地震は突然起こるのではなく、 ある程度「前兆」が起きるとも言われています。 今現在で言われている前兆については、• 紀伊水道付近の地震• 日向灘付近の地震• ニュージーランドの地震• サクラエビの不漁 の4つが言われています。 その前兆について分かりやすく解説した動画があったので、 是非とも参考にしてみてください。 南海トラフ地震が起こる確率は? 結論から先に言うと、南海トラフ地震が今後30年以内で起こる確率は、 2020年時点で「80%」と政府の地震調査委員会より公表されています。 南海トラフ地震は100~150年の周期で起こる大地震となり、 少しずつ発生確率は上がってきているのです。 過去のデータを見てみましょう。 684年:白鳳地震• 887年:仁和地震• 1096年:永長地震• 1099年:康和地震• 1361年:正平地震• 1498年:明応地震• 1605年:慶長地震• 1707年:宝永地震• 1854年:安政地震• 1944年:昭和地震• 1946年:昭和地震 このように、最後に起こったのは1946年の「昭和地震」であり、 ここから70年以上たった現在は 「南海トラフ地震」の確率が年々上昇しております。 その証拠に政府の地震調査委員会は2018年2月に、 今後30年以内に南海トラフ地震が起こる確率を「70%から80%」に引き上げました。 南海トラフ地震の発生確率は過去に比べて上がってきています。 2002年・・・40%• 2005年・・・50%• 2009年・・・50~60%• 2010年・・・60%• 2013年・・・60~70%• 2014年・・・70%• 2018年・・・70~80%• 2019年・・・70~80% 2002年からの情報ですが、これを見ると本当に恐ろしいです。 また、南海トラフ地震の確率は、• 今後40年以内で「80%から90%」• 今後50年以内で「90%程度もしくはそれ以上」 とも言われております。 実際のところ、地震に関する研究はまだ分かっていないことも多いのですが、 この数値を見せられるとタダゴトではないですよね。 まとめ 南海トラフ地震は自然現象の一部なので、 実際にいつ起こるのかの確証は100%は分かりません。 ただ、年々確率は増加してきており、 2020年時点では今後30年以内に起こる確率は「80%」となっています。 大きな災害が起きた場合は回りじゃどうにもできないこともあるので、 そのときに備えて、自分がどう行動して切り抜けるのかが大事です。 起こらないのが一番ですが、自分の身を守ることは考えていきたいですね。

次の