生理中 体重増える。 医師が回答! 生理前に体重が増える理由と対処法|「マイナビウーマン」

生理前に体重が増加して太る、本当の原因&対応策!

生理中 体重増える

目次 [開く]• ダイエットに関係している主なホルモンは、生理と深い関わりを持つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つ。 エストロゲンは妊娠の準備を整えたり、女性らしい体を作ったり、髪や肌のツヤ、心の安定にも関わります。 さらには代謝をよくするなどの役割を持っていて、排卵期(生理終了から約1週間後)を過ぎたあたりから、徐々に量が減少していくと言われています。 プロゲステロンは、排卵期から生理前までに多く出され、妊娠に備えて栄養や水分を体内に備蓄する役割があります。 大人ニキビ、皮膚の老化、イライラしたりやる気がでない、生理中にむくみの原因となると言われているホルモンはこれなんです。 生理周期のホルモンに合わせてダイエットするのが体重増加を抑える秘訣 生理周期と痩せやすさの関係性からわかる通り、ホルモンバランスによって体重にも影響が。 痩せやすいときと痩せづらいときがあるので、生理周期でどういう関係性があるのか見ていきましょう。 生理前 黄体後期 この時は体重の増加は気にしなくて大丈夫! 生理前は余計なものをため込みやすく、便秘やむくみなどが起きやすいです。 また、女性ホルモンが分泌され食欲が暴走しがちに。 誰でも体重が減りにくくなるので、1kg程増えても当然の時期です。 生理が終われば自然と水分代謝もよくなり体重も戻るので、この時期の体重の増加は気にしなくても大丈夫です! 食欲が増したり肌荒れしたりしても、生理周期を理解して仕方ないことなのだと割り切れれば、苦になりません。 私はむくみ予防や過食だけは気をつけるように意識しています。 生理中 月経期 この時は体重が落ちにくい時期 体が重くお腹も痛くて、とてもつらい時期。 基礎体温が下がり、体も冷えやすくなります。 そんな生理中は体重が落ちにくい時期でもあるので、食事制限や無理な運動は逆にストレスとなってしまいます。 無理に運動せず、リラックスして過ごすのが正解! むくみの解消となる軽い運動や、リラックス効果のあるストレッチを行いましょう。 生理中のおすすめの過ごし方 また、食事もなるべく暖かい飲み物や汁物を食べるようにして、体を温めましょうね! 私は、お風呂につかってまったり過ごし、お風呂上がりは『WELEDA(ヴェレダ) アルニカマッサージオイル』を使って、むくみをとる軽いリンパマッサージを行っています。 この時期の運動にぴったりなのはランニングなどの有酸素運動。 また、有酸素運動をするだけでなく脂肪が燃えやすい体になることも大事ですので、姿勢を正して骨盤と背骨の位置を整えましょう。 体幹トレーニングを行うのもおすすめです。 私はいつもよりも重点的に絞りたい部分は筋トレをしたり、食事制限も始めます。 脂肪を燃焼しやすくするためにお風呂上がりにストレッチをプラス。 生理後の運動で痩せた分をキープするように、栄養バランスの整った食事をして、激しすぎない軽い運動をしましょう。 もっと痩せたい! と思っていても過度なストレッチは避けて生理後に行っていたダイエットメニューを自分のペースに変えて引き続き行いましょう。 過度なダイエットをしなくても、ストイックに毎日運動しなくても、自分の体内リズムを理解して生活するだけで楽しくラクに痩せやすい体作りができますよ。 生理周期がよくわからないって方でも、生理周期を記録してくれるアプリなどで管理すれば問題ありません。 生理周期を理解して、体重を落としやすい時期をしっかり見極める 体重が落としやすい時期、落ちづらい時期を理解するためには生理周期を知っておくことが重要です。 生理を記録するアプリでおすすめなのは「ルナルナ」。 こんな風に生理周期によって体重が増加してしまう時期やダイエットにおすすめな時期などを教えてくれるし、お肌のコンディションも教えてくれるのでその時々によって適切なケアを心掛けることができます。 手軽に生理開始日と終了日を記録するだけで分かるので、面倒な手間がかかりません。 生理周期をもとに、自分の体のコンディションを把握して、無理せずダイエットしてみてくださいね! 「ストレスはダイエットの敵」ともいわれるように、悩みは禁物。 生理中に体重が増えてしまっても「そういう時期なんだ」と割り切ることも大切です。 食欲増加はヘルシーなものでカバーして! 生理中は妊娠初期と同じで、食欲がいつもよりも増加する傾向にあります。 食べても食べても満たされない……! そんなことを感じたことはないでしょうか? また、この時期にダイエットを意識し過ぎて、ストレスを蓄積させるのも禁物。 肌荒れやPMSの悪化につながります。 そんな悪循環を防ぐためにも、生理中はヘルシーフードを取り入れてストレスフリーな生活を心がけるように工夫しましょう。 ウォーキングで体も心もリフレッシュ! 生理中はなんとなく体がだるくなるもの。 生理痛などがひどい方は尚更アクティブに行動できなくなってしまいますよね。 いつもジムに通っているけど、今日はいいや……そんな後ろ向きな気持ちが出てきて、どうしても家でゴロゴロしがちに……。 いつもの運動量よりも少なくなるので、うまくカロリー消費が行われません。 だからこそいつもの日常にちょいウォーキングをプラスしてみて。 出勤、登校時に一駅分歩く、コンビニまで散歩に出てみる、など本当にちょっとした心がけウォーキングでOK。 お散歩時間を作って心と体をリフレッシュしてみて。 生理中の体重増加を防ぐポイント3. 胃腸をいたわる生活を心がけて 生理中、もしくは生理前になるとお腹の調子がよくない! お腹を壊してしまったり、便秘を繰り返している……そんな方も多いのではないでしょうか。 実はこれホルモンが体に影響しているせいなのです。 胃腸が弱り気味になっているので、普段の生活よりも体をいたわった食生活を心がけるようにしましょう。 また、常温のお水をいつもよりたくさん飲んで、体の巡りを循環させデトックスするのもおすすめの方法です!.

次の

生理前、生理中体重増加の原因とは?体重管理で気をつけるべきこと

生理中 体重増える

【監修】 イシハラクリニック副院長 石原新菜 先生 小学校は2年生までスイスで過ごし、その後、高校卒業まで静岡県伊東市で育つ。 2000年4月帝京大学医学部に入学。 2006年3月卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。 クリニックでの診察の他、わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。 著書に、13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸し生姜健康法』(アスコム健康BOOKS)をはじめ、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(PHP研究所)等30冊を数える。 どうやら、 ホルモンがもたらす 3つの影響が関係しているようなのです。 体内に水分を蓄えようとするため女性の体は周期的にホルモンバランスが変化します。 生理前になると、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の関係から濃度が上がるホルモンがあります。 それは、副腎皮質から分泌されるアルドステロン。 アルドステロンは、水分やナトリウムを体内にためこむ働きがあります。 生理中に体重が増えたのなら、それはホルモンの影響で体に水分がたまっているからかもしれません。 実はこの体脂肪の増減は、食事や運動量だけではなく、月経の周期とも関係しているのです。 生理中は、おなかや太ももの皮下脂肪がもっとも厚くなる時期。 体脂肪率が測定できる体重計にのった時、身に覚えがないのに体脂肪率が高くなっていたら生理中のせいかもしれません。 しかし、ご心配なく! 生理が終わってから排卵するまでには、皮下脂肪の厚みも元に戻るでしょう。 adobe. com 「がんばっても体重は増えるし、ダイエットしたって意味がない」。 そう思うのも無理はありませんが、ちょっと待ってください。 生理中にどう過ごすかによって、体重の変化だって違ってきます。 アメリカの女子大生を対象とした調査では、月経中はチョコレートを食べたくなる人が多いという報告があります。 このように、生理中には食べ物の好みが変わることも。 ホルモンの変化で、いつもとは違うコンディションなのですから、体重を減らすことを考えるのは少しお休みしてもいいかもしれませんね。 このような行動こそが生理中に体重が増える大きな原因となっているかもしれません。 生理中で無理をしないと決めたからといって、好き放題していいわけではありません。 生理が終わった時に体重を元に戻したいのであれば、生理中に余分なお肉を蓄えることのないようにコントロールすることを意識しましょう。 adobe. com 生理が終わると体重だって自然と戻ります。 体重の増加が月経によるホルモンバランスのせいだとわかれば、あえて生理中は体重を気にしないで過ごしてみるのもいいでしょう。 生理中はイライラしたり、落ち込んだりと、ただでさえ心の動きが大きいもの。 体重計の表示を見てがっかりするより、気分良く過ごしたいものです。 adobe. com 生理中に太ってしまうのは自然なことだとわかってはいても、それでも体重を増やしたくないのが女心。 ほんの少し意識することで、体重増加を防ぐことができるかもしれません。 【体重を増やさない対処法】 1)いつもよりよくかんで食べる「食事はよくかみましょう」とはよく言ったもの。 よくかむことは消化を助けるだけではなく、やせやすい体を作ることにもつながるのだとか。 食べ物をよくかむことで刺激が脳に伝わり、分泌された脳内物質によって、脂肪の分解と脂肪の燃焼を促します。 これを「食事誘発性熱産生」といい、食事をすることで内臓の動きを活発化させ、エネルギーを消費してくれます。 太ることに直結するはずの食べるという行為が、食習慣や食事内容によってエネルギーの消費につながるというのは驚きですね。 生理中ではなくても、よく噛んで食べることを習慣にしたいですね。 参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット 【カリウムを多く含む食品】 りんご、キウイ、こんぶ、きゅうり、キャベツ、トマト、アボカド フルーツならそのまま食べられますし、野菜ならサラダにするだけの簡単調理! 手軽に取り入れることができそうですね。 ただし、カリウムは水に溶けやすいので洗いすぎないように気をつけて。 ただし、しっかりと水分をとることも大切です。 むくみのせいで水分を控えたくなる気持ちもわかりますが、実は逆効果。 水分を多めにとって新陳代謝をよくしたほうが、むくみを解消するのにはいいでしょう。 無理は禁物! 体重が減らない時期と思って過ごそう生理中は体重をキープすることを目標にして。 やせるためにハードな運動をするというよりも、ストレスをためないために適度に体を動かすことを心がけましょう。 生理中に運動をする気が起こらない人もいるでしょうが、生理中の運動はPMS(月経前症候群)や生理痛の緩和にもなるという研究結果もあるそうです。 ダイエットをがんばるなら、生理が終わってからがベター。 エストロゲンの分泌が増えることで、食欲が抑えられたり代謝が上がってやせやすい時期でもあります。 参考書籍: 大和書房「美人は『食べて』綺麗になる。 そのホルモンに逆らって生理中に体重を減らすのは少しむずかしそうです。 生理中はやせる努力をするよりも、太らないことを意識した生活を送ることのほうが大切です。 生理中に太るのはホルモンのせいなのですから、生理が終わってホルモンバランスが整えば元通り。 むしろ、生理中の過ごし方によってはダイエットが成功しちゃうなんてうれしい結果になるかもしれません。 参考資料: ・ ・ ・中公新書「月経のはなし」(著者:武谷雄二) ・主婦の友社「主婦の友新実用BOOKS 最新版女性の医学大全科」(監修:女性の健康週間委員会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会) ・PHP研究所「正しく知れば体が変わる! 栄養素の摂り方便利帳」(監修:中村丁次) ・大和書房「美人は『食べて』綺麗になる。 この栄養素があなたをつくる」(著者:木下あおい).

次の

気になる生理前の体重増加!いつから増える?いつから減る?

生理中 体重増える

生理中のダイエットは意味がない?生理前に体重が増える理由があります 生理前になると、イライラして甘いものが食べたくなったり、食欲が止まらなくなったりして「これまでのダイエットの成果が水の泡に」ということも多いようです。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、生理前はホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 この時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので、2kg前後体重が増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後の体重が3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 生理周期を利用することで、ダイエットに差をつけましょう。 生理中(1日目~7日目) 生理中の約7日間は、体重が落ちにくい期間なので無理なダイエットはNG。 無理な食事制限や激しい運動はストレスをためることになり逆効果です。 この時期は体重を減らすよりも現在の体重をキープすることを意識してダイエットをしていきましょう。 生理後~排卵期(8日目~14日目) 生理後から排卵日までの約7日間は、代謝もよく一番痩せやすい期間なので、この生理後の1週間に集中してダイエットに取り組めば結果もついてきます。 排卵後(15日目~21日目) 排卵後の約7日間は、ダイエット期で落とした体重がリバウンドしないように定着させていく時期。 ダイエット期のバランスのよい食事を引き続き心がけ、ストレッチなどの軽い運動もプラスしていきましょう。 生理前(22日目~28日目) 生理前の約7日間は、便秘やむくみなどが起こりやすく、余分なものをため込みやすい時期です。 ダイエットの効果が出にくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を排出モードにしていきましょう。 体が必要としているものを拒んで無理に「食べない」ことを続けていると、体は飢餓状態を感じて食べたものを体の中に蓄積し、極力エネルギーを消費しないように代謝の力を落としてしまいます。 普段はご飯などの主食の量をセーブしている人も、生理前は食欲に従って主食をきちんと食べましょう。 血糖値が下がりやすい生理前は、食事回数を増やすことでなるべく血糖値を一定に保つようにすると、空腹感が強くならないので無駄な間食や過食を防げます。 一気にたくさんの量を食べることを防ぐため、朝食と昼食の間に1食、昼食と夕食の間に1食を入れて、1日計5回の食事がベストです。 四六時中食べないように食欲をコントロールするのではなく、体の欲する時に欲するものを与えてあげ、心身のリラックスをはかりつつ、ダイエットを頑張る時と休憩する時のメリハリをつけることが、女性のダイエットを成功させる秘訣です。 すると代謝を低下させて、水分や塩分、脂肪を溜め込みやすくします。 女性ホルモンは2つのバランスが大切。 大豆に含まれるイソフラボンは、特にそのエストロゲンと似た働きをします。 豆乳には、小腸での脂肪吸収を抑えてくれる「大豆サポニン」、基礎代謝を活発にする「大豆たんぱく質」、むくみの原因となるナトリウムを排出する「カリウム」、腸内環境を整え老廃物の排出をサポートする「オリゴ糖」が豊富なので、必要以上に体に水分を溜め込まなくなります。 生理前の体重増加を防いで、異常な食欲や体のだるさを抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前豆乳ダイエットの期間は、生理が始まる7日~10日前から生理が来るまで。 なるべく無調整の豆乳を1日200ml、食前や間食時に飲みます。 摂り過ぎは逆に生理不順等を起こすので注意しましょう。 生理前の運動におすすめ ダイエットの効果を出すには、生理前であっても運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない人は、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、軽いウォーキングなどから最適な運動量を探りましょう。 生理前2週間にやると効果的な運動は、ゆったりとしたペースの20分以上のジョギング。 自転車で30分走ったり、短時間でも高い運動効果を得られる水泳や水中ウォーキングは、血流が良くなってマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にもおすすめです。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 血行が良くなるだけでなく、運動がストレス解消になることも。 ただ、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 生理後から排卵前の徐々に骨盤が閉じていく時期は、骨盤が締まっていくことで体がよく動き、運動の効果が出やすいチャンス期。 逆にこの時期に骨盤が閉じていかない人は、なかなかダイエットが成功しません。 排卵後から生理前の徐々に骨盤が開いていくこの時期は、骨盤が開くと眠気や食欲が強くなるため、ついつい食べ過ぎになりがちです。 この時期に骨盤が開かないと、生理不順や肌荒れになる可能性もあります。 骨盤の状態と生理による体調の変化に適したエクササイズはダイエット効果だけでなく、生理痛や生理不順、ひどい冷え症、低体温に悩んでいる方には特におすすめです。

次の