スナップ えん どう 冷凍。 スナップエンドウの保存方法、冷凍や冷蔵庫で保存期間は?栄養豊富で新鮮さが大事!

えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

スナップ えん どう 冷凍

また、さやの色がみずみずしい緑の物が美味しく、白っぽい物は成熟した木になっていたもので風味が落ちていることが多いようです。 乾燥しないようにサヤのままビニールかポリの袋などに入れ、野菜庫の野菜室に入れておきます。 それでも2~3日位で調理してください。 サヤから取り出した豆の状態であれば、水に浸して冷蔵庫に入れておきましょう。 この時、よく水気をきり、それぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密封袋などに入れて冷凍しておくと使いたい時に必要な分だけを取り出しやすくなります。 使う時は流水にさらすかレンジで解凍します。 炒め物の場合は凍ったままでも出来なくはないですが、他の材料などの温度が一気に下がるのであまりお勧めはしません。 開くのはナイフなどは使わず、指先だけで簡単に開けます。 先のほう(花が付いていたほう)を親指と人差し指で上下から軽く挟むように力を入れると、パカッと口が開くので、そこから裂くように口を広げて開きます。 でも、じつは食べられるんです。 昔の人は食べてたんだよっておばあちゃんの教えです。 とはいうもののウスイエンドウのさやには固い筋と、右の写真のように、さやの内側に薄い膜があり、これが加熱しても固く口に残ってしまいます。 これをはがすには、写真のように端を内側に向けて折り、引くと皮が一緒に剥けてきます。 この薄皮を綺麗に剥いて行くと柔らかいさやの部分だけになり、炒め物などにして食べる事が出来ます。 とても面倒です。 冷凍する場合はシワがよるほどまで火を通さず、沸騰している熱湯に投入し、さっと色が変わったらすぐにザルにあげてそのまま冷まします。 優しい豆の風味が楽しめる季節限定ご飯になります。 仕上げにバターを加える。 そのまま煮汁に少しずつ水を加え冷ましていく。 鍋に昆布と冷ましたエンドウ、水を加えて火にかけ沸騰させ、昆布を取り出し、砂糖、みりん、醤油を加えて煮る。 固さを見ながら煮あがったらフタをせずにそのまま冷ます。 一気に冷やすと表面にしわができやすいので注意する。 もちろん、色々な豆類の煮物に加えてもいいでしょう。 煮物は色を残したいので煮すぎないよう、最後の方で加えると良いですよ。 エンドウ豆は卵とも合わせやすく、卵焼きやスペインオムレツなどに入れても美味しい。 エンドウ豆(グリーンピース)はそのままだとパスタになじまないので、ソースにする分として半分ほどはミキサーにかけて使用する。 食べる時にミルクを少し加えて温め、味を調えて仕上げに生クリームを加えればレストランの味になります。 エンドウ豆だけでも美味しいが、小エビやさいの目に切ったホタテ貝柱などと合わせて揚げると一層美味しい。 参考にされると良いでしょう。

次の

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

スナップ えん どう 冷凍

また、さやの色がみずみずしい緑の物が美味しく、白っぽい物は成熟した木になっていたもので風味が落ちていることが多いようです。 乾燥しないようにサヤのままビニールかポリの袋などに入れ、野菜庫の野菜室に入れておきます。 それでも2~3日位で調理してください。 サヤから取り出した豆の状態であれば、水に浸して冷蔵庫に入れておきましょう。 この時、よく水気をきり、それぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密封袋などに入れて冷凍しておくと使いたい時に必要な分だけを取り出しやすくなります。 使う時は流水にさらすかレンジで解凍します。 炒め物の場合は凍ったままでも出来なくはないですが、他の材料などの温度が一気に下がるのであまりお勧めはしません。 開くのはナイフなどは使わず、指先だけで簡単に開けます。 先のほう(花が付いていたほう)を親指と人差し指で上下から軽く挟むように力を入れると、パカッと口が開くので、そこから裂くように口を広げて開きます。 でも、じつは食べられるんです。 昔の人は食べてたんだよっておばあちゃんの教えです。 とはいうもののウスイエンドウのさやには固い筋と、右の写真のように、さやの内側に薄い膜があり、これが加熱しても固く口に残ってしまいます。 これをはがすには、写真のように端を内側に向けて折り、引くと皮が一緒に剥けてきます。 この薄皮を綺麗に剥いて行くと柔らかいさやの部分だけになり、炒め物などにして食べる事が出来ます。 とても面倒です。 冷凍する場合はシワがよるほどまで火を通さず、沸騰している熱湯に投入し、さっと色が変わったらすぐにザルにあげてそのまま冷まします。 優しい豆の風味が楽しめる季節限定ご飯になります。 仕上げにバターを加える。 そのまま煮汁に少しずつ水を加え冷ましていく。 鍋に昆布と冷ましたエンドウ、水を加えて火にかけ沸騰させ、昆布を取り出し、砂糖、みりん、醤油を加えて煮る。 固さを見ながら煮あがったらフタをせずにそのまま冷ます。 一気に冷やすと表面にしわができやすいので注意する。 もちろん、色々な豆類の煮物に加えてもいいでしょう。 煮物は色を残したいので煮すぎないよう、最後の方で加えると良いですよ。 エンドウ豆は卵とも合わせやすく、卵焼きやスペインオムレツなどに入れても美味しい。 エンドウ豆(グリーンピース)はそのままだとパスタになじまないので、ソースにする分として半分ほどはミキサーにかけて使用する。 食べる時にミルクを少し加えて温め、味を調えて仕上げに生クリームを加えればレストランの味になります。 エンドウ豆だけでも美味しいが、小エビやさいの目に切ったホタテ貝柱などと合わせて揚げると一層美味しい。 参考にされると良いでしょう。

次の

スナップエンドウの保存方法、冷凍や冷蔵庫で保存期間は?栄養豊富で新鮮さが大事!

スナップ えん どう 冷凍

シャキシャキの歯ごたえが特徴のスナップえんどうは、大人から子どもまで大人気の春野菜。 彩りがきれいなのでお弁当やサラダにも映え、行楽の季節にもってこいです。 でも、筋取りや下茹でなど、「下ごしらえ」がちょっと面倒そう…なんて人もいるのでは? そこで今回はスナップえんどうが格段においしくなる茹で方と、簡単に下処理するコツをご紹介します! *** スナップえんどうの筋取り方法は? 下ごしらえの基本 食卓やお弁当のおかずとしておいしくスナップえんどうを食べるために、絹さやよりも太い「筋」を丁寧に取ってあげましょう。 コツをつかめば、簡単にできちゃいますよ。 〜筋取りの方法〜 1. ヘタが付いていないほうの先端を爪を立てて曲げ折り、そのままスーッと引っ張って短いほうの筋を取る。 続いて、ヘタのある頭も同じように曲げ折り、ゆっくり引っ張って長いほうの筋を取っていく。 シャキッと食感を楽しむための「茹で時間とポイント」 筋を取ったら、次は茹でていきましょう。 この、茹で時間がとっても大事! スナップえんどうはシャキッとした食感が命。 茹ですぎるとおいしさを十分に楽しめなくなってしまう可能性も。 【POINT】 茹で時間は、スナップえんどう10本に対して2分を目安にするといいですよ! 2分茹でたら鍋から取り出し、少し隙間を空けながらザルやバットに並べて冷ます。 【POINT】 これは「陸揚げ」 (おかあげ)といって、10分ほど自然に冷めるまで待つ方法です。 水に浸けて冷ますと水っぽくなりがちな野菜も、この方法なら保存期間が長くなりやすく、お弁当のおかずや作り置きにぴったり!陸揚げする時間がなければ、冷水に1分ほどさらして冷ましましょう。 スナップえんどうをおいしく茹でるポイント 茹でるときのポイントは、適量の塩加減にし、短時間で茹であげること。 適量とは、しょっぱくならずに素材の甘さと旨みを引き出すのに最適な塩加減のこと。 この塩加減で茹でると冷めても味がぼやけず、そのままお弁当に入れてもおいしく食べられます。 また塩には緑色の色素を引き出す作用があるので、茹であがりの色が鮮やかになるんですよ。 塩水が沸騰したら、強火で一気に茹であげましょう。 冷ます時の予熱で火が通るので、通常の温野菜より短めに茹でるのがポイントです。 【POINT】 下ごしらえで取り除いた筋を一緒に入れて茹でると、お湯にスナップえんどうの香りが移って、より香り豊かな仕上がりになるのだとか…。 ぜひやってみたいですね! 下ごしらえと茹でる際のほんのちょっとしたコツで、格段と食べやすく、おいしくなるスナップえんどう。 【関連記事】 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の