めばちこ 抗菌目薬。 子供がものもらい(めばちこ)になる原因と、その対処方法

自宅でできる「ものもらい」の治し方、市販の目薬、自宅・病院のケアについて

めばちこ 抗菌目薬

春先はほこりが多く、花粉も飛散し、ものもらいや結膜炎など目のトラブルを招きやすい季節といわれます。 特に毛先が目にかかりやすい髪型をしていたり、おしゃれでコンタクトを多用する女性は、目の炎症を起こしやすく、1年を通して気を使わなければならないのです。 瞳は大事なチャームポイントのひとつ。 メイクがバッチリ決まっていても、目が腫れてたり、充血していたりすると全てが台無しです。 「あ~もう、なんでこんな時に限って…」 と思ったことは誰にでもあるはず。 ものもらいは、誰でもかかる目の病気ですが、できれば早いうちに治したいですよね。 そんな辛い症状を取り除くためには、正しい知識を持って、適切な薬を使うことが重要です。 ここでは、ものもらいの種類と症状、治し方から、炎症やかゆみ解消に役立つおすすめの抗菌目薬をご紹介します。 ものもらいの基礎知識 ものもらいは、まぶたにある皮脂や汗を分泌する腺に細菌が感染して起こる、急性の化膿性炎症です。 医学用語では、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と呼ばれる症状の総称なのですが、一般的には、「ものもらい」のほかに、「めばちこ」「めばち」など地域によってさまざまな呼び名が使われています。 一般的な症状としては、まぶたの一部がはれて赤くなり、かゆみをともないます。 時間の経過とともに痛みが出て、最初は指で押したとき、まばたきをした時などに痛み、しだいに痛みが強くなります。 悪化するとはれがひどくなり、目やにが増え、膿が出ます。 ものもらいは、人間にとって身近な菌である黄色ブドウ球菌がおもな原因菌となっています。 黄色ブドウ球菌は、化膿した傷を好みますが、普段から、のどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸内にも住んでいます。 感染力は弱い菌ですが、抵抗力が落ちていると、目をこすっただけでも発症することがあるのです。 ものもらいの種類と原因 ものもらいの種類は、上述のように、医学的には2種類あります。 それぞれについて、どのような症状なのか?もっと詳しくみてみましょう。 1)麦粒腫 まぶたの表面についた細菌が、分泌腺や毛穴に入り込み、炎症をおこすのが、麦粒腫と呼ばれるものです。 さらにいうと、まぶたの外側にできるのが、「外麦粒腫」内側(結膜面)にできるのが「内麦粒腫」です。 どちらとも初めはかゆみをともない、しだいに痛みが出るのが特徴です。 目が充血し、ゴロゴロするという症状も出ます。 進行すると膿点が生じ、破れて膿が排出されると治ります。 2)霰粒腫 霰粒腫は、まつげの生え際にできるものもらいです。 まつげの根元には、目を保護するために、皮脂を分泌する腺「マイボーム腺」があります。 このマイボーム腺に、何らかの原因で皮脂が詰まり、炎症を起こします。 軽い場合は、まぶたがはれ、しこりができるものの、脂肪が自然に吸収されて治癒します。 ところが、皮脂詰まりの状態に細菌が入り込み、繁殖すると、化膿して赤くはれ、痛みも出ます。 この状態でも、自然に吸収されて治ることもあるのですが、場合によっては悪化し、いぼのように固まり、いつまでも残ってしまうこともあります。 ものもらいと結膜炎の見分け方 ところで、ものもらいだと思っていたら、じつは結膜炎だったということもよくあります。 細菌性の結膜炎は症状が軽いですが、ウイルス性の場合は注意が必要です。 感染力が強く、人から人へうつりますので、かかった場合は注意が必要です。 ウイルス性の結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれますが、医学的には3種類あります。 流行性角結膜炎• 咽頭結膜炎(プール熱)• 急性出血性結膜炎 流行性角結膜炎と咽頭結膜炎は、アデノウイルスによる感染、症状の激しい急性出血性結膜炎は、エンテロウイルスの感染が原因となって起こります。 いずれも感染力が強いので、タオルを介しても感染する可能性があり、症状が出ている目を触った手で、自分の目を触ると確実に感染すると言われています。 はやり目の場合は、学校や仕事は休み、家族の間でも感染防止に注意します。 入浴も最後に入るようにしましょう。 ものもらいと結膜炎の見分け方は、次のようになります。 まぶたが赤くはれ、しこりがあるものの、充血していない場合は「ものもらい」です。 結膜(白目)が充血していると「結膜炎」です。 細菌性結膜炎は、比較的症状が軽く、抗生物質による点眼をすると1週間ほどで治ります。 一方、ウイルス性結膜炎の場合は、痛み、ひどい充血、耳前のリンパ腺のはれなどの症状も出ます。 感染力も強いので、衛生管理に注意し、すみやかに眼科を受診しましょう。 また、目やにで判断する方法もあります。 ・黄色い粘り気のある目やに ものもらいや細菌性結膜炎の可能性があります。 市販薬の場合は、抗菌目薬を使いましょう。 それでも改善されない場合は、すみやかに眼科を受診してください。 ・涙のようなさらさらの目やに 花粉や動物毛などのアレルギー性結膜炎の可能性があります。 ・白い粘り気のある目やに ウイルス性結膜炎の可能性があります。 これは、感染力が強く、市販薬では対応できないので、すぐに眼科を受診しましょう。 ものもらいを予防するには ものもらいの原因で最も多いのは、細菌感染です。 通常の健康な状態なら感染しない程度の弱い細菌でも、抵抗力が落ちていると最近に感染し、炎症を引き起こします。 ものもらいの予防には日常生活のなかで以下のことに注意をしておくのが効果的です。 ・目の周りを清潔にしておく 洗顔の際に目の周りをよく洗います。 とくにまつげの根元は雑菌がたまりやすいので、きれいにしておきましょう。 タオルでごしごしこすると、かえって雑菌が入り込むきっかけになるので、水気をやさしく拭き取る程度にしておきます。 ・コンタクトレンズのお手入れ コンタクトレンズを使用している場合は、管理に気を遣いましょう。 使い捨てレンズ以外は、いつも清潔にしておくことが大切です。 使用期限やレンズの洗浄を適切にしていないと、慢性的に目に負担をかけることにもなります。 ・入浴では十分に温まる シャワーだけで済ませていると、目の周りは温まりません。 湯船につかって温まると、まつ毛の根元の皮脂腺も開き、皮脂がつまりにくくなります。 ・前髪がかからないようにする 前髪が目にかかっていると、雑菌が入り込みやすくなります。 ものもらいを繰り返し発症する原因にもなるので、前髪は目にかからない髪型にしたほうが安全です。 ・濃いアイメイクを避ける アイメイクを濃くしていると、メイク剤が皮脂腺や毛穴に入り込み、皮脂詰まりを起こしやすくなります。 ものもらいになりやすい人は濃いメイクを避け、夜はしっかりメイク剤を洗い流すようにしましょう。 ・健康管理のポイント 抵抗力が低下していると、普段は何でもない細菌に負けてしまい、感染してしまいます。 栄養バランスの良い食事、たっぷりの睡眠、適度な運動など、日ごろの生活習慣を整えておくことも大切です。 たとえば、食事に気をつけるだけでも、ものもらいの症状を抑えることにつながります。 刺激の強い食品、エビ・カニのような甲殻類、アルコールなどは、炎症を悪化させる要因になります。 目が疲れている時などものもらいになりそうな時は、栄養バランスを考えた和食中心の食事のほうが良いでしょう。 ものもらいの治療と処方薬 ものもらいにかかった場合は、眼科を受診します。 眼科では、症状に合わせて抗菌性薬物を投与してもらえます。 黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬、抗菌眼軟膏、場合によっては抗菌内服薬を用います。 適切に治療を受ければ、1~2週間で治癒しますが、膿がある場合は、外科的治療として、切開して膿を取り除いて治癒を早めます。 症状が軽い場合は、市販薬で改善することもできます。 ここでは、眼科で処方される、ものもらいに効く目薬、抗菌性点眼薬をご紹介しましょう。 クラビット点眼薬 主な成分は、レボフロキサシンです。 黄色ブドウ球菌などの殺菌作用が高いのが特徴です。 ものもらいの点眼薬として定番の目薬です。 フルオロメトロン点眼薬 主な成分は、フルオロメトロンです。 ステロイド剤なので、抗炎症効果は高いのですが、細菌感染を助長する原因になるので、炎症がひどくなければクラビット点眼薬のほうが適切です。 市販の目薬の種類 眼科にかかるほどではない場合は、ドラッグストアで目薬を購入し、様子を見ましょう。 その場合には、どのような基準で選べば良いのでしょうか。 市販の目薬は、用途により、次の5種類に分けられます。 ・洗眼薬 目の洗浄、水泳の後やホコリなどが入ったとき このうち、一般点眼薬や人工涙液は、ものもらいの改善には不十分です。 コンタクトレンズ装着液も用途外ですね。 間違って使ってしまいがちなのが、洗眼薬です。 これは、アイボンのような、洗浄液で目を洗うタイプです。 目のごみを洗い流すような場合には役に立ちますが、ものもらいの場合、目全体に感染を広げてしまう可能性もあります。 また、洗浄液を入れた容器も汚れてしまいますので、容器を水で簡単に洗っただけで繰り返し使うのもNGです。 これは、結膜炎などのほかの目のトラブルにも当てはまります。 ものもらいの場合に有効な目薬は、抗菌性点眼薬になります。 ものもらいに効く成分 ものもらいに効果的な成分を、目薬に配合されている成分からチェックしてみましょう。 ・スルファメトキサゾール(ナトリウム) ものもらいの炎症を抑える成分として代表的な成分です。 ほとんどの抗菌目薬に配合されています。 この成分は、持続性のサルファ剤で、細菌の感染で引き起こされる眼病全般に効果的です。 逆に言うと、スルファメトキサゾールのようなサルファ剤が配合されていなければ、抗菌目薬とは言えません。 サルファ剤とは、スルフファミンという成分を基本とする、細菌感染症に有効な化学療法剤の総称です。 スルファ剤、スルファミン剤、スルホンアミド剤とも呼ばれます。 抗生物質が広く使われるようになるまでは、サルファ剤が治療の主流だったそうですよ。 そのほか、以下のような成分がサルファ剤とともに配合されます。 消炎成分:グリチルリチン、イプシロン・アミノカプロン酸、アズレンスルホン酸ナトリウム• 抗ヒスタミン剤:クロルフェニラミン• 角膜の乾燥予防:コンドロイチン• 疲れ目改善:タウリン、アルギン酸• サルファ剤のサポート成分:ヒプロメロース ものもらいに効く目薬は、メーカーによって少しずつ違いがありますが、中心となるサルファ剤は共通で、そのほかの成分も、消炎、抗ヒスタミン剤、サルファ剤のサポート成分などが調合されています。 成分を見ても、細菌性の炎症を抑える効果が期待できる内容になっていますね。 花粉症による目の炎症には、みかんと飲むヨーグルトが効果的 ちなみに、花粉によって引き起こされる目のかゆみや炎症はアレルギーが原因ですが、その都度目薬などを使用するよりも、もっと効果的な方法があります。 それは「飲むヨーグルト」の中に「みかんの皮」をすりつぶして入れて飲むだけ。 これは愛媛大学の農学部が発表しました。 学会でもこの成果を発表。 2015年3月30日付の読売新聞電子版によると、スギ花粉症患者26人に、牛乳成分を含む飲むタイプのヨーグルト150ミリリットルにすり潰したミカンの皮を混ぜたものを1日1回飲ませた。 2週間後に花粉症の原因物質を両目に点眼し、30分後の症状を見たところ、飲み始める前と比較してかゆみなどの自覚症状が大きく低下。 結膜炎の指標になる眼球表面の温度上昇も、約半分に抑えられたという。 最適な分量は1日にみかんの皮1個分を飲むヨーグルトと摂取すること。 一度に大量に皮を入れると苦いので、朝昼晩、と3回に分けて食事と一緒に飲むのがベストです。 すでにみかんをつかった「花粉症対策スイーツ」を出しいているカフェもあるそうですが、自分で簡単にできる方法なので、花粉に敏感な方は試してみてはいかがでしょうか。 おすすめの抗菌目薬はコレ! 先ほど、目薬の種類についてお話しましたが、ものもらいや花粉対策には抗炎症、アレルギー成分が含まれている「抗菌目薬」の中から選ぶべきです。 ここでは市販さているものから評判の良い5点をご紹介します。 眼科用薬・第2種医薬品• 有効成分全てが過去最大の濃度• 抗アレルギー・ヒスタミン・炎症のトリプル処方• 花粉症からハウスダストまでトータルにケア 花粉症による目の充血やかゆみを過去最大の有効成分がシャットアウト! また、さし心地も清涼感レベル4と、爽快感を感じやすい目薬です。 一般用のアレルギー点眼薬よりも効果が高いので、花粉飛散のピーク時よりも1~2週間前から使用しておくと症状の悪化を防いでくれます。 まとめ ものもらいの症状と原因、目薬についてご紹介しました。 ものもらいは、ウイルス性の結膜炎などに比べると症状がゆるやかで、適切に対処すればひどくならずに治癒できます。 様子を見る間は市販の抗菌目薬を使い、症状が改善されないようであれば眼科を受診して、処方薬をもらいましょう。 予防には、規則正しい生活習慣や清潔さもポイントになります。 花粉が多い、ほこりっぽい季節には、日ごろから生活習慣に気を遣い、目のトラブルを予防したいものですね。 \ SNSでシェアしよう! / ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの 注目記事を受け取ろう•

次の

ものもらいを早く治す方法!自然治癒で何日かかる?目薬での治し方!

めばちこ 抗菌目薬

まぶたの一部が赤くはれて、まばたきをしたり指で押したりすると痛い!ものもらいは、日常生活で最も起こりがちな目の病気かもしれません。 地域によっては「めばちこ」「めいぼ」とも呼ばれるこの病気は、特に疲れがたまったりして免疫力が低下している時によく起こります。 気になるのが、ものもらいの症状がある時に、コンタクトレンズをつけていてもいいのかどうか。 今回は 「ものもらい」ができる原因と対処法、そしてコンタクトレンズ装用における注意点をまとめてみました。 ものもらい、めばちこ、めいぼ?結膜炎とはどう違う? 「ものもらい」とは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことを言います。 この呼び方は、主に東日本で呼ばれる通称で、関西では「めばちこ」や「めいぼ」と呼ばれることもあります。 医学的には、 まぶたが菌に感染して膿がたまる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに脂肪がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」などに分類されますが、いずれも原因は細菌です。 麦粒腫は細菌がまぶたの皮脂腺やまつげの根元に入り込むことで化膿性の炎症が起こり、まぶたが赤く腫れたり、まばたきの時に痛んだりします。 霰粒腫は、まぶたのマイボーム腺が詰まることで起こり、まぶたが腫れたり白いできものやしこりができたりします。 これに対して、ウイルス性結膜炎は、その名の通りウイルスに感染して起こります。 炎症を起こすのは目の中の結膜で、目が充血してめやにが増え、かゆみが出たり目がゴロゴロしたりします。 ものもらいが起こりやすい人の特徴ってあるの? ものもらいの原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌など誰の皮膚にもいるありふれた細菌(雑菌)ですが、発症しやすい人としにくい人がいます。 ・お年寄りや子供など、もともと免疫力が弱い人 ・不規則な生活で、疲れやストレスがたまって免疫力が弱くなっている人 ・目をさわったり、こすったりする癖がある人 ・コンタクトレンズの使い方が正しくない人 ・前髪が目にかかっている人 こうした、免疫力が弱くなっている人や、細菌が繁殖しやすい状態の人ほど、ものもらいにかかりやすい傾向にあります。 ものもらいの原因は、常在菌によるものと、外部から侵入した細菌によるものがありますが、 汚れた手で目をこすったりすると雑菌が侵入し、すぐにものもらいができてしまいます。 ものもらいができた!コンタクトレンズはどうするべき? 「コンタクトレンズを使いはじめたら、ものもらいができた!」という方がいるかもしれませんが、正確にはコンタクトレンズ自体に原因はありません。 コンタクトレンズの取り扱いに問題があり、雑菌に感染した結果です。 雑菌の付いた手でコンタクトレンズを扱ってしまうと雑菌が目の中に入り込み、ものもらいの引き金になります。 では、すでにものもらいになっている場合、コンタクトレンズはつけても良いのかどうか。 結論としては、よくもあり、悪くもあります。 ただし、下記のような症状がある場合の使用はおすすめしません。 ・化膿している場合 ・痛みがある場合 ・異物感がある場合 ・腫れがひどい場合 ・まぶたの内側に炎症がある場合 また、これらの症状がなくても、コンタクトレンズを装用した途端に 痛みやかゆみ、異物感を感じた場合はただちに使用を中止するようにしましょう。 痛みにたえながら無理してコンタクトレンズを装用していると、ものもらいの症状を長引かせることにもなってしまします。 とはいえ、コンタクトレンズをつけて出かけたい!という場合は ものもらいの治療中は、患部を休ませるためにもメガネに切り替えた方がいいのは言うまでもありません。 ただし、治療中でも工夫次第でコンタクトレンズを使うことはできます。 初期の段階なら、ものもらい用の目薬を点眼してからコンタクトレンズを装用することをおすすめします。 目薬をさすと薬の成分が涙と一緒に目の上に充満し、ある程度の時間がたてば組織中に吸収されていきます。 薬によって吸収される時間に違いがあるので注意は必要ですが、まず清潔にして目薬をさしてから外出の支度をはじめ、なるべく出かける直前にコンタクトレンズを装用しましょう。 ただし、市販の目薬にはいくつかの種類があり、症状によって正しい目薬を選ばなければいけません。 とくに、ものもらいの場合は抗菌成分が入ったものでなければほとんど効果はありません。 また、1本1本が使い切りになっているタイプの目薬のほうが、衛生的にも保存の点からも安心して使えるのでおすすめです。 ものもらい対策で注意すべき5つのポイント ものもらいは目の病気ですが、栄養がかたよったり、睡眠不足などによる体調不良にも大きく影響されます。 ・目が乾燥すると症状が悪化するので、加湿器などで湿度を高めにする ・冷房を使う場合は湿度を高めに設定し、直接風があたらないようにする ・アルコールは控え、休養と睡眠を十分にとる ・甘いものや辛いものなどの刺激物をひかえる ・ストレスは症状を悪化させるのでストレス解消を心がける 要は、バランスの良い食事と十分な睡眠が対策の基本なのです。 【まとめ】日々の生活を見直すことが、悩み解決の最短ルート 一度治ったと思ったものもらいが、すぐにまたできてしまうこともあります。 そんな時は、疲れがたまっている証拠です。 慢性的な疲労は免疫力を下げ、常在菌を暴走させてしまいます。 ものもらいを繰り返す時は、自己免疫力の向上につながるように、 十分な睡眠を取る、手洗いと洗顔を欠かさず清潔に保つように心がけましょう。

次の

目薬、9割の人がやる「間違ったさし方」は危険!かえって悪化や失明寸前も

めばちこ 抗菌目薬

麦粒腫 ものもらい・めばちこ に効く市販の目薬 麦粒腫 ものもらい・めばちこ になった時、多くの方がその対処のために薬局などで目薬をお買い求めになると思います。 ここで大切なのは、市販の目薬の中でもしっかりと 抗菌作用のある目薬を選ぶことです。 当然ですが、疲れ目やカスミ目に効く目薬を麦粒腫 ものもらい・めばちこ ができた目に点眼しても効果はありません。 ここではそんな市販の目薬の中で、 麦粒腫 ものもらい・めばちこ に効く目薬を紹介していきます。 どんな成分が効果があるのか 麦粒腫 ものもらい・めばちこ に対して効果のある目薬には、必ず抗菌作用のある成分が含まれています。 日本における市販の目薬において比較的使用されているのは、 「スルファメトキサゾール」という成分です。 これはサルファ剤と呼ばれる化学療法薬の一つとなっていて、 細菌のDNA合成を阻害することで抗菌作用を示します。 真菌やウイルスには効果はありません。 スルファメトキサゾールという成分が含まれた目薬は基本的に麦粒腫 ものもらい・めばちこ に効果があると言えるでしょう。 あくまでも口コミなので ご参考程度にどうぞ。 ティアーレ抗菌目薬の口コミ 抗菌成分であるサルファ剤を基準内最大配合した麦粒腫 ものもらい・めばちこ に効く目薬です。 使い切りタイプのため清潔に使える上、小さなお子様にも使用していただけます。 麦粒腫 ものもらい・めばちこ ができた時は必ず使用。 しみないので使いやすい。 一回ごとの使い切りなので雑菌などの心配もなく目薬が無駄にならない ロート抗菌目薬iの口コミ こちらもロートから発売されている麦粒腫 ものもらい・めばちこ のための目薬です。 抗菌成分であるサルファ剤に加えて、 抗炎症成分も配合。 一回使い切りなので衛生的に使えます。 使用から二日で目の赤みがとれ、三日目には腫れと痛みが引いた。 即効性を感じた。 その効果に驚き、麦粒腫 ものもらい・めばちこ が出来たら必ず使用しているお守りのような存在。 使い始めて一日目で腫れが引き、二日目には見た目が元通り、三日目には完全に治った。 サンテ抗菌新目薬の口コミ 参天製薬から発売されているスルファメトキサゾール配合の麦粒腫 ものもらい・めばちこ に効く目薬。 HPMCを配合することで目の中での 滞留時間を長くし抗菌力をアップさせています。 目のかゆみや炎症にも効果のある成分も合わせて配合されています。 買って良かった。 一日でかなり改善した。 市販品と期待していなかったが、翌日には腫れが引いていた。 目の粘膜が弱い私にとっては手放すことができない目薬。 新サルファグリチルアイリスの口コミ スルファメトキサゾールナトリウムに合わせて、炎症やかゆみをしずめる成分も配合。 麦粒腫 ものもらい・めばちこ ができていく過程に合わせて処方設計されている、 しみないソフトなさし心地の目薬です。 目の違和感がとれた。 病院に行く時間が無い時にも使えて便利。 刺激もなく腫れの引きも早かった、一週間ほどで完治した。 常備しておかないと不安、何個リピートしたかわからない。 病院で処方される薬 麦粒腫 ものもらい・めばちこ ができた時に病院に行った場合、それがはっきり細菌が原因による麦粒腫 ものもらい・めばちこ と診断されれば 点眼薬が処方されます。 その際に処方されることがある点眼薬について紹介しておきます。 もちろんここに紹介したもの以外の点眼薬もありますのであくまでも 参考程度にご覧ください。 クラビット点眼液 レボフロキサシンを成分として使用した目薬で、黄色ブドウ球菌などの グラム陽性菌に対して殺菌効果を発揮します。 麦粒腫 ものもらい・めばちこ の際に処方される薬としてはかなりメジャーです。 オフロキシン点眼液 オフロキサシンを成分とした点眼液で クラビット点眼液のジェネリック薬品です。 クラビット点眼液の方が抗菌作用が強いと言われているようです。 麦粒腫 ものもらい・めばちこ とは まぶたの部分が赤くはれ、痛みやかゆみをともなう、いわゆる「ものもらい」に悩まされたことがある方は決して少なくないでしょう。 そもそもこの「ものもらい」というのは一体なんなのでしょうか。 まず「ものもらい」には 麦粒腫と 霰粒腫という二つの種類があり、ここでは麦粒腫の方に関して解説していきます。 人間の目のまぶたの縁には マイボーム腺と呼ばれる特殊な皮脂腺があります。 これは涙液膜が蒸発、涙が頬へ垂れ流れることを防止し、まぶたの中の気密性をたもつための皮脂の供給を行っています。 またマイボーム腺の付近にある 毛穴や脂腺が化膿性の炎症を起こした状態のことを「ものもらい」といい、学術的には麦粒腫といいます。 麦粒腫 ものもらい・めばちこ の原因 麦粒腫 ものもらい・めばちこ は、まぶたにあるマイボーム腺や毛穴が化膿性の炎症を起こすことで発生しますが、なぜ炎症が起きてしまうのでしょうか。 その原因はおもに 黄色ブドウ球菌によるものです。 黄色ブドウ球菌が上記のような脂腺や毛穴に入りこみ炎症を起こすことによって麦粒腫 ものもらい・めばちこ が発生します。 ちなみに、黄色ブドウ球菌は多くの健康な人の鼻腔内などに常在しています。 普段は感染力はそこまで強くなく発病することはあまりありませんが、 免疫力が低下した時などに炎症を引き起こします。 麦粒腫 ものもらい・めばちこ の症状 麦粒腫 ものもらい・めばちこ になると、まぶたの一部分が 腫れてきます。 その部分を指で押すなどの圧迫することによって痛みが生じます。 腫れがまぶた全体に広がることもあり、目やにが出始める場合もあるでしょう。 そのほかには目がかゆくなったり、目がゴロゴロするなどといった違和感を感じることもあります。 数日中に皮下部分に膿が表れ始め、皮膚が破けるとそこから膿が出て症状は鎮静化することが多いでしょう。 ただし時として膿が出た後に 重症化することもあります。 また、よく似た症状に冒頭でも少し触れた 「霰粒腫」という目の病気があります。 こちらも非常に症状は良く似ているのですが、無菌性のものなので麦粒腫 ものもらい・めばちこ とは違ったものになります。 時として重症化した麦粒腫 ものもらい・めばちこ には飲み薬を使う場合もあります。 抗菌作用がある目薬などを使うことによって、これ以上の黄色ブドウ球菌などの繁殖を抑え、化膿を抑えていきますが、その間に新たな菌の感染を防ぐためにも、 目の周りを清潔に保つようにしましょう。 そのためには不潔な状態の手で目をこすったりしないように注意が必要です。 また、 コンタクトレンズやアイメイクもなるべく控えるようにしましょう。

次の