キャンプ少女不明。 キャンプ場で女児が行方不明になった事件を霊視していた霊能者 | 正しい霊的知識を学ぶブログ

キャンプ場で女児が行方不明になった事件を霊視していた霊能者 | 正しい霊的知識を学ぶブログ

キャンプ少女不明

山梨・道志村のキャンプ場で、小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が行方不明となって11日目。 9月30日に辛い胸の内を語った、母親・とも子さんは10月1日、美咲ちゃんの行方が分からなくなった当日の行動を詳細に記したメモを公開した。 小倉美咲ちゃんの母・とも子さん: もし私があのときちゃんと一緒に付いていってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています 美咲ちゃんの両親は警察と相談した上で、美咲ちゃんの写真の公開に踏み切っている。 そして... 【とも子さんが公開したメモ】 15時50分 子どもたちを迎えに大人が迎えに行く 16時 美咲ちゃんがいないので、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める キャンプ初日、小倉さん一家は正午過ぎにキャンプ場に到着。 美咲ちゃんの父親は仕事の関係で翌日に合流する予定で、初日はとも子さん、美咲ちゃん、姉の3人で訪れていたという。 その後、美咲ちゃんの姿が見えなくなったことから午後5時に警察に連絡。 父親にもこのことが伝えられ、警察や他の大人たちが捜索したが.... 【とも子さんが公開したメモ】 20時 警察、消防、当日の捜索終了 深夜1時30分(ここから9月22日) 仕事を切り上げて移動してきた父到着。 到着後、父、母、友人とで周辺を捜索 深夜3時 捜索を終了 最後の目撃から20分... 美咲ちゃんはどこへ? この不安な夜のことを、とも子さんはこう話した。 小倉美咲ちゃんの母・とも子さん: 夜中、娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い、同じ服装でずっと外にいましたが、暗くて寒くて不安ですごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした。 そんな思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです 今回のメモで改めて浮かび上がったのは、美咲ちゃんがごく短時間のうちに姿を消してしまったこと。 午後3時40分ごろに美咲ちゃんが子どもたちの後を追いかけ遊びに行き、10分後の午後3時50分には大人たちが迎えに行った。 さらにその10分後の午後4時ごろには、美咲ちゃんがいないことに気付いて、付近の捜索を始めている。 美咲ちゃんの姿が最後に確認されてから、わずか20分足らずの間に行方が分からなくなっていることになる。 下流のダム捜索も... 手がかりは得られず 山梨県警は10月1日朝、美咲ちゃんが行方不明となったキャンプ場近くを流れる川の下流にある、神奈川・道志ダムの捜索を開始。 キャンプ場から約13km離れたダムを調べたが、有力な手がかりは得られないまま、捜索は終了した。 キャンプ場周辺の地区では、「クマが出没した」との防災無線が流れ、ボランティアが遭遇したとの情報もあるという。 (「Live News it! 」10月1日放送分より).

次の

山梨のキャンプ場、7歳女児が行方不明 21日午後から:朝日新聞デジタル

キャンプ少女不明

連日放送されている、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になっている女の子のニュースは皆さんご存知かと思います。 一日でも早く無事に見つかることを祈るばかりですが、ふと思い出したことでちょっと気になることがあるのでお話ししたいと思います。 などの記事で度々書いていますが、本当に霊視ができる本物の霊能者、下ヨシ子さんは著書で今回の山梨県のキャンプ場で行方不明になった女児の事件を予知していたかのような未来予知の霊視をされています。 下ヨシ子さんは毎年、霊視で1年先の未来予知をされていて、霊視で見た様々な未来予知を1冊の本にまとめています。 1年先の日本の未来、世界の未来、そして個人個人の未来予知をしている著書「あなたの流生命」は累計200万部超えの大ベストセラーですが、ふと、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になっている女の子のニュースを見て思い出しました。 下ヨシ子さんは2018年の8月に発売された「2019年あなたの流生命」の「日本はどうなる?何が起こる?」の未来予知で、 『可愛らしい白いワンピース姿にサンダル履きの幼稚園生ぐらいの女の子が、キョロキョロと何かを探している光景も視えました。 どうやら親を探している様子。 』と霊視されています。 続いて、 『なかなか見つからずに大騒ぎになったり、怖い事件につながったりする恐れもなきにしもあらずです』『アウトレジャーに出かける際はいつも以上に注意深くなるべき』『軽い気持ちで行くのはやめてください』『女の子の服装から考えるに夏場は特に注意が必要です』と霊視されています。 1年先の未来を霊視する流生命の本を私は2002年に初めて刊行された時から17年間、毎年買って読んでいますが、このように女の子が行方不明になって大騒ぎになるとか、アウトレジャーに出かける際はいつも以上に注意深くなるべきだとか、軽い気持ちで行くのはやめてくださいなどという霊視をされたのは初めてのことです。 一刻も早く無事に見つかって欲しいです。 北海道の置き去り男児の大和君が自衛隊の倉庫で見つかった時は涙が出るほど嬉しかったです。 自衛隊が大和君を見つけ、おにぎりを夢中に頬張っている写真を見た時、本当に涙が出て笑顔が零れました。 下ヨシ子さんの霊視では、「幼稚園ぐらいの女の子」と霊視していますが、山梨県のキャンプ場で行方不明になった女の子は小学一年生になってまだ半年なので幼稚園ぐらいと言って良いですし、また、山梨県のキャンプ場で行方不明になった女の子の服装はジーパンに黒のシャツですが、お気に入りの格好や印象強い服装が白いワンピースであった場合、霊視では一時の休日の服装よりその子を印象付ける服装が色濃く視えるので霊視の精度を調べるならそこまで調べる必要があります。 山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になっている女の子の無事を祈るばかりです。 下ヨシ子さん級の本物の霊能者.

次の

山梨県のキャンプ場で行方不明になった女児の現在は?誘拐の可能性は?|SollaStudio

キャンプ少女不明

テレビなどのニュースを見て、勘違いして電話か 「現在発生している女児行方不明の件で、当キャンプ場の電話に多数、問い合わせがきていますが、違うキャンプ場です」 「道志の森キャンプ場」は2019年9月24日、ツイッターでこう訴えた。 クレームもあって困っているとしながらも、「必死の捜索が続いています。 無事に見つかる事を祈っています」と女児の安否を気遣った。 実際、女児が行方不明になったのは、同じ道志村でもまったく違う「椿荘オートキャンプ場」だ。 テレビなどで、「道志村のキャンプ場」と報じられることもあることから、勘違いして問い合わせてくるらしい。 道志の森キャンプ場の訴えは、反響を呼び、9000件以上もリツイートされている。 そもそも「他人が何を問い合わせるんだ」といった疑問が上がり、「無事を祈るにも電話したら邪魔でしかないでしょ」「キレる意味もわからない」などと書き込まれていた。 道志の森キャンプ場の運営担当者は25日、女児が4日前に行方不明になってから、1日で数十件の電話がかかってくるとJ-CASTニュースの取材に答えた。 「大丈夫ですか?」といった電話が大半というが... その内容は様々で、女児の安否などを心配して「大丈夫ですか?」といった電話が大半を占めるという。 「営業していますか?」との問い合わせもあった。 しかし、女児がいなくなったことへのキャンプ場の責任を一方的に問う電話もあるといい、最初からキレた様子で「女の子を早く捜せ!」「何をやってるんだ」と難癖を付けるケースもあるという。 「『こちらはそのキャンプ場ではないです』と丁寧に説明するようにはしています。 とはいえ、長い電話もあって、お客さまの問い合わせにも迷惑がかかると考え、ツイートすることにしました」 その効果もあってか、9月25日になって電話は減ったそうだ。 女児不明の影響がこれから出るかもしれないものの、キャンプ場の利用状況は普段と変わらないとしている。 なお、不明の女児は、25日に自衛隊も加わって捜索が続いているが、正午現在で発見されたという報道はないようだ。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の