トイレ 掃除 使い捨て。 流せるトイレブラシとは?使い捨てのコスパや掃除のコツは?

便器の掃除はブラシいらず!使い捨てグッズを使ってピカピカ

トイレ 掃除 使い捨て

たくさんのトイレブラシ難民を救済した画期的な商品() このブラシは、従来のブラシに比較すれば、随分とたくさんのストレスを解消してくれた。 最も雑菌が付着するであろう「ブラシの毛」の部分が使い捨てなので、清潔に保ちやすい。 濃縮洗剤が付いているので、このブラシだけでトイレ掃除ができる。 しかし流せるトイレブラシでも、 「ブラシの本体ハンドル」は、便器内に触れるものとして残っている。 それが、無意識下ではあるものの、結構なストレスを私に与えていた。 それも含めて、「絶対にNG」というほどではないけれど、感じていたデメリットは下記の通り。 本体ハンドルが不潔に感じる• 付属ブラシ・洗剤の汚れ落ちがあまり良くない• 替えブラシのラーニングコストが高い ちなみに、3番目の「替えブラシのラーニングコスト」については、「 半分にして使う」という技を駆使して、コスト削減することもあった。 1個使うほどでもないけれど、ちょっとした汚れを落としたいときには、このやり方が適していた。 トイレブラシの本体ハンドルさえなくしたい 数年の間、流せるトイレブラシをせっせと愛用していたものの、やはり、「 本体ブラシに感じる不潔感」は払拭することができず、他にもっと良いやり方はないか?と物色し始めた。 結論から書いてしまうと、私の今のトイレ掃除は、「 ブラシレス」で、使うアイテムは、• 流せるトイレシート• ブラシ不要の超強力トイレクリーナー のふたつ。 大きすぎる() 使い捨てトイレブラシさえ使わない究極のトイレ掃除のやり方 「」は、「ブラシ不要!」を謳っている。 そんな強気の広告、• 「うそ〜?ほんとに〜?」 と言いたくなるところだけれど、実際にこの商品の評判はかなり良くて、Amazonのレビューも ……という具合にとても良い。 なので、これだけでもいけちゃうところ、私は、• 使用済みトイレシートによるパック というやり方を導入することで、万全を期している。 使用済みトイレシートによるトイレパックのやり方• 流せるタイプのトイレシートを使って、便座・便器・床などを拭く。 使用済みのトイレシートを広げて、便器の中に覆うようにかぶせる。 その上から超強力トイレクリーナーをかける。 上側の縁部分はパックできないので入念にクリーナーをかけておく。 そのまま放置する(1時間〜半日程度)。 ものすごくカンタンで、かつすべてが使い捨てなので、この上なく清潔。 このやり方で、トイレが、• ピッカピカ になるのだ。 我が家の場合は、この掃除というまでもないトイレ掃除を、なんと週に1回するだけ。 それで、以前よりもピカピカ度を保てているのだから、驚いてしまう。 不思議なもので、トイレがキレイだと、おなかの調子もなぜかいい。 キレイなトイレで、快腸な生活は、気持ちがいい。 追記 その後、さらにトイレ掃除を進化させた。 その様子は下記記事に書いた。

次の

便器の掃除はブラシいらず!使い捨てグッズを使ってピカピカ

トイレ 掃除 使い捨て

家族で使うトイレはいつも清潔に保ちたいですよね。 商品2 スコッチブライト トイレクリーナー スリーエムジャパンから販売されている「スコッチブライト トイレクリーナ」 取り替え式トイレクリーナーが3つ付いています。 ブラシの違い 「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」の最大の魅力が、最後にこのブラシをトイレに流せること。 毎回新しいブラシを使用できるので、ブラシを清潔に保ててお手入れも楽。 ブラシの青い部分は濃縮洗剤付きで、簡単きれいに洗うことができます。 緑の部分は、イオンのコートが汚れを防ぐ役割を果たします。 キッチンやお風呂のスポンジを多く開発しているスリーエムジャパンの「スコッチブライト トイレクリーナ」は、ブラシの部分がスポンジになっています。 ブラシは水に濡らすと洗剤が溶け出すようになっていて洗剤いらず。 これだけでお掃除がラクラクです。 二つを比べると、 左の「スコッチブライト トイレクリーナ」の方がスポンジが大きく、トイレのふちの裏に入り込む特殊な形状になっています。 このスポンジはかき取り力が抜群で、しっかりと汚れが落ち、ごしごしと力を加えて汚れを落とすこともできました。 右の「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」は少し小さめ。 便器の奥までしっかりと洗うことができます。 洗剤成分をしみこませているため、水に濡れるとブラシについている濃縮洗剤が溶け出し、力を入れずに汚れを落とすことができます。 掃除の後の違い 「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」は使い終わった後、ワンタッチで便器に流すことができます。 汚れたブラシは手で触らずにトイレにサッと流せて清潔です。 「スコッチブライト トイレクリーナ」は大き目のスポンジなので、便器に捨てるのはNG。 水をよく切ってゴミ箱などに捨ててください。 こちらもワンタッチで簡単に捨てることができるのが魅力的です。 収納サイズの違い 左の「スコッチブライト トイレクリーナ」の方は縦30センチ、全体がまっしろなので、トイレを白で統一したい!といった方にはおすすめ。 右の「スクラビングバブル流せるトイレブラシ」は縦48センチと高さはありますが、スリムで場所を取りません。

次の

【口コミ】流せるトイレブラシのデメリットとは?本体汚い?詰まる?よくある質問に回答

トイレ 掃除 使い捨て

お掃除ブログをやっているとよく聞かれるのが「おすすめの掃除道具を教えてほしい!」ということ。 例えば、トイレブラシなら、家庭によってトイレの形や掃除頻度、汚れ具合が違うので、すぐには答えられないんですよね。 また、人によっては「長持ちしてコスパが良い」「使い捨てで清潔」「シンプルなデザインが良い」など重要視するポイントも違ってくるので、おすすめするブラシは変わってきます。 私は新婚時代から約10年。 トイレブラシに迷い、いろいろと買い替えてきました。 今は我が家のトイレにも、自分の性格にもぴったりなブラシに出会えて満足しています。 今回は、現在にたどりつくまでの我が家のトイレブラシの歴史をご紹介します。 使い捨てにこだわった流せるトイレブラシ時代 トイレブラシの使い捨てを知った新婚時代。 スクラビングバブル流せるトイレブラシを使用しました。 こちらの魅力は1度使用したらブラシごとそのまま便器に流せるところ。 実家の汚いブラシを見ていたので、我が家には使い捨てがベストだと思ったのです。 流せるトイレブラシの素材 ブラシの素材はセルロース、レーヨン、合成繊維。 厚い紙が何層も重なっている柔らかいブラシです。 青と緑の洗剤(界面活性剤と防腐剤)が染み込ませてあります。 流せるトイレブラシで「ふち裏」掃除 ブラシの柄が湾曲しているので、ふち裏には簡単に届きました。 ただ頑固な汚れには柔らかい素材では太刀打ちできませんでした。 トイレ内の水たまり掃除 水たまり内を掃除する時は、繊維がコシのない状態になっていて、頑固な汚れは取りづらくゴシゴシ磨きたい私には不向きなブラシでした。 汚れをためずに小まめに掃除ができる方にはおすすめです。 流せるトイレブラシを使用した感想 コンパクトなので保管スペースを取らず、洗剤が不要ということもあって、トイレ内がすっきりしました。 気に入っていましたが、交換ブラシを購入するのがもったいなくて掃除回数が減り、汚れをためるようになっていきました。 「もったいない」気質の私には使い捨てのトイレブラシは合わないと実感しました。 他にもトイレットペーパーを挟んで掃除する商品を使用しましたが、やはり力が入らず手放すことにしました。 安さにこだわった100均のトイレブラシ時代 その後は100均のブラシを使い捨てにしようと決断。 100均商品ならすぐ手に入るし、月に一度交換してしまえば安くすむ!と思いました。 気に入った形のブラシを購入して、保管は綿棒のケースにしました。 100均のトイレブラシの素材 私が購入したものは、ポリプロピレンでした。 酸素系漂白剤や塩素系漂白剤で定期的に汚れを落としながら使用しました。 100均のトイレブラシで「ふち裏」掃除 ブラシを仰向けにすると届きました。 少し水はねが気になりますが、ブラシはこしがあるので頑固な汚れにも向いています。 トイレ内の水たまり掃除 ヘッドが小さめなので水たまりも洗いやすかったです。 ただ、底の角が少し洗いにくいと感じました。 100均のトイレブラシを使用した感想 最初のうちは気軽に買い替えればいいと、気持ちよく使用していましたが、「捨てるのがもったいない」「買いにいくのが面倒」となって結局1本を何か月も使用するように。 私の性格上、こまめに買い替えることは難しかったんですね。 漂白剤を使用して、定期的にブラシを掃除して使用しましたが、その後、ブラシの汚れが取れにくくなったのを機に半年ほどでやめました。 保管している時、トイレブラシが倒れやすく、綿棒ケースが貧乏くさく見えるのも気になりました。 使い勝手にこだわったお値段高めのトイレブラシ時代 捨てられない性格であることに気づき、使い勝手の良いブラシを長く使いたいと思うようになりました。 ブラシの形状は、汚れのたまりやすいふち裏にも届くものを希望。 ヘッドが小さく水たまりの細部までこすれるものを探しました。 そこで出会ったのがマーナのスリムブラシです。 マーナのトイレブラシの素材 ポリプロピレン。 酸素系漂白剤や塩素系漂白剤を使ってブラシの掃除ができます。 マーナのブラシでトイレの「ふち裏」掃除 ブラシの形状に特徴があって、今までみたことのない形をしていました。 我が家のふち裏にぴったりだと思い、今も漂白除菌しながら愛用しています。 トイレの水たまり掃除 ブラシの角度が270度ほどあるので、水たまりの裏までブラシが届きます。 もちろん底の角にもあたるので、隅々まで掃除したい私にはピッタリのブラシでした。 マーナのブラシを使用した感想 保管時は、ブラシが宙に浮いているので乾きやすいのが気に入っています。 またケース内でブラシとケースが一度に漂白できるので清潔を保てます。 狭いトイレなので保管場所を取らないのも気に入っています。 大切なのはトイレと向き合うこと 「ふち裏はどんな形をしているかな?」「汚れがたまりやすい場所はどこ?」というように、まずはトイレをしっかり観察するのが大切です。 覗きこむのに抵抗がある時は手鏡で見るのがおすすめ。 そして、汚れの状態を把握して、その汚れにしっかり届くトイレブラシを探してみましょう。 また、使い捨てにするのか、長く使用したいのかを決めると、理想的なトイレブラシに出会えるのではないでしょうか。

次の