インテリア コーディネーター 独学。 インテリアコーディネーター資格試験に独学で合格するには!おすすめの過去問・テキスト・本も紹介します

【インテリアコーディネーター資格試験】に独学で一発合格する勉強方法と時間は?

インテリア コーディネーター 独学

独学の学習時間 大手通信教育のインテリアコーディネーター講座の場合は、履修期間をおおむね8ヵ月程度に設定しています。 独学の場合は、通信教育の履修期間を目安にして試験の対策をするとよいでしょう。 インテリアコーディネーターの試験は毎年秋から冬にかけて行われるので、できればこの時期に間に合うように逆算してスケジュールを組むのが理想的です。 自分の生活サイクルをよく考えた上で、計画的に試験対策のスケジュールを立てるとよいでしょう。 独学のメリット 独学のメリットは、まずコストがかからないことです。 市販の問題集や参考書を繰り返し勉強すれば、学校や講座に通うよりも安く勉強することができます。 また、独学は自分のペースで勉強できるため、仕事を抱えながら勉強したり、家事や育児などをしながら取得を目指したりすることも可能です。 場所や時間が問われないため、地方にいてなかなか学校や講座に通うことができない場合にも有効です。 さらに、主体的に勉強することで知識がより身につきやすいという点が挙げられます。 学校でただ先生の話を聞いているのとは違い、自分で明確な意思をもって勉強することで、より頭に入りやすくなります。 独学のデメリット 独学の場合のデメリットは、業界未経験者の場合、専門用語を理解するのが難しいということです。 ある程度業界の基礎知識があれば苦にはならないかもしれませんが、実務や関連法規などの問題は、経験がないとイメージしづらく、習得に時間がかかったり、理解できなかったりということがあるかもしれません。 こうした疑問点があっても、すぐに質問できる先生や仲間が身近にいないということも大きなデメリットとなります。 また、最新の出題傾向など資格試験に関する情報が手に入りにくいということもあります。 学校では毎年資格試験の対策をしているため、自然と対策もとりやすくなりますが、独学の場合は自主的に試験の傾向や対策のための情報を集めなければなりません。 さらに、モチベーションの問題があります。 誰でも何ヵ月も先の目標に向けて勉強をし続けるのはとても大変なことで、いくら強い意志を持って勉強を始めても、途中でリタイアしてしまう人も少なくないようです。 仕事をしながら、もしくは未経験者でこの資格試験をめざそうと思う場合には、強い意思とモチベーションを保つ工夫が必要になるでしょう。

次の

インテリアコーディネーターの勉強方法、合格のコツ

インテリア コーディネーター 独学

インテリアコーディネーター試験を独学で勉強したいと思っている人は、やはり お金に制約がある人ですよね。 スクールや通信講座を利用せず、自分で本を買って勉強するスタイルでやりたいというところでしょうか。 この記事では、インテリアコーディネーター試験勉強を独学で進めるためのポイントを以下の流れで説明しますね。 標準学習期間• 必要な勉強時間• スケジュールの立て方• 勉強方法• 一次試験対策• 二次試験対策• テキスト• 参考書 参考にしてください。 標準学習期間は? 標準学習時間は 6か月。 通信講座でもだいたい半年くらいを目安にスケジュールが立てられています。 もちろん、日々の勉強時間を多くとれるようであれば、もっと短期間で合格を目指すこともできます。 ちなみに、わたしは 通信講座を利用し 1ヵ月半くらいの期間で1次試験に受かりました(未経験&知識なしからのスタートです)。 ですから、1次試験まで1ヵ月半くらいあれば何とかなるかと思います。 必要な勉強時間は? 必要な勉強時間については、 試験まで残り半年だとすると 1日30分くらい。 もちろん、試験が近くなればもっと長い時間集中した方が良いです。 わたしは 残り1ヵ月半でスタートし、 平日夜は平均すると1~2時間、休日のうち1日は3~4時間くらいをインテリアコーディネーター試験に向けて勉強してました。 必要な勉強時間は個人差があるかと思いますので、次に説明するスケジュールの立て方を参考に自分で計画を立ててみましょう。 スケジュールの立て方 10月の1次試験、12月の2次試験を見据えて逆算してスケジュールを立てましょう。 短期間で合格を目指すスケジュール(目安)• ~8月:テキストにひと通り目を通しておく• 9月:1次試験の過去問に取り組む(最低5年分)• 10月:1次試験を受験。 2次試験の勉強をはじめる• 11月:製図の練習をする• 12月:2次試験を受験 1次試験についてはできるだけ早くテキストをひと通り読んで、過去問を解く時間にあてると良いです。 9月末までに過去問5年分を最低3回はやっておきましょう。 1次試験が終わり次第、2次試験に向けて製図の練習をはじめましょう。 1次試験の合否が気になるところですが、受かったことを想定して2次試験に向かっておくと後々楽です。 一次試験対策(勉強方法) まずはテキストを読み込みます。 太字や赤字になっているキーワードを記憶するつもりで集中します。 ノートを作る必要はありません。 どういう問題が出題されるかわかったら、過去問を解いていきます。 過去問の答え合わせをしたあとに、自分の弱点やしっかりと覚えていないところを確認する意味でテキストを振り返ります。 必要な部分はとにかく暗記していきましょう。 一次試験の勉強方法の詳細はこちらの記事をどうぞ。 まったくの未経験者は、テキストを読んで図面を真似して描きます。 過去問にもチャレンジして、何度も何度も練習を繰り返すだけです。 論文対策は、それほど時間をとらなくてもOKですが、普段あまり文章を書く機会のない人は、過去問を見ながら文章の流れや書き方を覚えておきましょう。 二次試験の勉強方法の詳細はこちらの記事を参考にしてくださいね。 独学者に必要なのは、• テキスト• 過去問題集 です。 あとは、 自分で足りないと思うところを参考書で補完していきます。 どのようなテキストが良いのか分からないという人はこちらの記事も参考にどうぞ。 特に、製図のプレゼンテーション問題が出題される2次試験は未経験者には難関です。 独学でやって結局、不合格になってしまっては受験料が無駄になります。 1回で合格できなければ、次年度も受験することになり、受験料がかさんでしまいますからね……。 <受験料>• 一次試験のみを受験:受験料11,300円(税込)• 二次試験のみを受験:受験料11,300円(税込)• 一次試験と二次試験の両方を受験:14,400円(税込) 独学で合格できる自信のある方は独学で、不安な方は通信講座を利用すると良いかと思います。

次の

合格者が選んだインテリアコーディネーター試験の勉強法・教材・道具とは?

インテリア コーディネーター 独学

インテリアコーディネーターは今の仕事に直接関係ある資格ではないのですが、いつか取ってみたいなと思っていた資格の一つです。 たとえば、自分の家を建てるとき、リフォームするとき、部屋の模様替えをするとき、家具を買うとき、カーテンやクッションなどを買い替えるとき。 インテリアコーディネーターの知識があれば、選択肢がぐんと拡がってたくさんの商品から広い視野で選ぶことができるようになるかもしれません。 現在の超高齢化社会において、高齢者にはどんな家が住みやすいのか、今の家の問題点や改善点はどこなのかを考えていくのにとても役に立つ資格だと思います。 オーダーメイドの家具などを注文するときなどにも役に立ちます。 たとえば、チェアの背もたれが手すりになっていたり、壁面一体型の靴箱の一部がベンチになっていたりと、高齢者に優しい家具はこれからどんどんと誕生してくると思います。 インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること インテリアコーディネーター誕生の背景となった住まいへの意識変化や住宅・インテリア産業の発展の経過、その後のインテリア産業の進展とインテリアコーディネーターの職域の拡大等に関する基礎知識を有していること 2. インテリアコーディネーターの仕事に関すること インテリアコーディネーターとしての役割、職能、必要な実務内容・手順および職域等に関する基礎知識を有していること 3. インテリアの歴史に関すること 古代から現代に至る日本及び西洋のインテリアの歴史に関する基礎知識を有していること 4. インテリアコーディネーションの計画に関すること インテリアコーディネーションのための基本的な検討事項(生活像、規模計画、寸法計画、人間工学、造形原理、色彩計画、安全計画、性能計画、維持管理)、生活場面の構成手法、リフォームの計画等に関する基礎知識を有していること 5. インテリアエレメント・関連エレメントに関すること インテリアエレメント(住宅家具、造作部品、システム・ユニット製品、ウインドートリートメント、カーペット、インテリアオーナメント等)、各種品質表示、エクステリアエレメント等に関する基礎知識を有していること 6. インテリアの構造・構法と仕上げに関すること 建築の構造・構法、インテリア 床・壁・天井 の構法、造作と造作材、機能材料と構法、建具、仕上げ材と仕上げ等に関する基礎知識を有していること 7. 環境と設備に関すること 室内環境 熱、湿気、換気・通風、音、光)、住宅設備(給排水、換気・空調、自然エネルギー、電気、照明、水回り設備機器)に関する基礎知識を有していること 8. インテリアコーディネーションの表現に関すること 建築等設計図書、二次元・三次元表現技法、CAD表現・レンダリング、プレゼンテーションに関する基礎知識を有していること 9. インテリア関連の法規、規格、制度に関すること インテリアに関連する建築・住宅、省エネ・環境・リサイクル、高齢者・障害者配慮、品質・安全性等分野の法規制・規格・制度・表示に関する基礎知識を有していること テキストは最新のものを選ぶのじゃぞ! 選んだ理由は、インターネットでの評価が高かったのと、本屋で立ち読みしてみた感じでは上手に要点がまとめられており読みやすそうだったからです。 また連動した過去問題集や予想問題集もしっかりと用意されているので、勉強を進めていく上で安心です。 決め手になったのは、2冊とも 電子書籍化 されていたということです。 重いテキストを持ち運ばなくても、iPadやKindleで勉強することができます (Kindle版だと2割ほど安く購入できます)。 インテリア産業協会の公式ハンドブック(・)は、テキストというより資料集といった感じです。 試験問題はこの公式ハンドブックの中から出題されます。 合格教本では心配な方は、公式ハンドブックを購入するようにしましょう。

次の