川越 うなぎ ランキング。 小江戸・川越に行ったら寄りたい!名店揃いのうなぎ料理店7選

川越 うなぎの隠れ家的名店『川魚料理 笹船』

川越 うなぎ ランキング

unagi-ichinoya. 鰻を一度蒸してから、身の方だけを炭火で焼いているため、とてもふんわりとした蒲焼に仕上がっています。 タレも濃すぎず甘すぎず、誰が食べても「美味しい」と感じられる丁度良さです。 お店が広いので、会食などに向いています。 座席は座敷と椅子を選択出来ます。 koedo. 蒲焼によく絡んでいる甘辛いタレは、創業当時から一子相伝で受け継がれている、まさに秘伝のタレ。 メニューの片隅に載っている 「かぶと焼き」は隠れた逸品です。 鰻の頭を柔らかく蒸して蒲焼にしたもので、ほろ苦い味わいがクセになります。 蒲焼のタレには様々な野菜や唐辛子が溶け込んでおり、濃厚で深みのある味わいです。 このタレは、他のお店では絶対に味わえないでしょう。 店主が元割烹料理人なので、鰻以外の魚料理も豊富です。 刺身や酢の物、焼き魚など、何でも揃っています。 魚好きにはたまらないお店です! 所在地:埼玉県川越市宮元町35-1 アクセス:西武新宿線「本川越駅」からバスに乗り、「神明町」下車。 徒歩すぐ。 ogatou. 歴史のある鰻店ですが、「うな丼 並(肝吸い・お新香付き)」を1600円で提供してくれるお客さん想いのお店です。 建物は市の都市景観重要建築物に指定されています。 しかし、お店からはそんな威厳は微塵も感じられず、まるで食堂の様な雰囲気。 「ランチにうな丼食うかー」という気軽なノリで入ることが出来ます。 所在地: 埼玉県川越市宮元町35-1 アクセス:西武新宿線「本川越駅」からバスに乗り、「松江町2丁目」下車。 徒歩すぐ。

次の

埼玉県川越市のうなぎ一覧

川越 うなぎ ランキング

特製うな重(松)• エリア:本店は大正浪漫夢通り付近、アトレ店は川越駅東口のすぐそば• 味の傾向:しょっぱめ• 順番待ち:トップの人は 開店30分前には名簿に名前を書いていました• 持ち帰りメニュー:あり 1832年(天保3年)創業。 川越市内に2店舗、東京・渋谷に1店舗(神泉いちのや)を構える、規模の大きい鰻屋です。 本店には2~4人向けのテーブル席だけでなく、個室や大きな広間もあります。 大人数での会食にもおすすめです。 いちのや 本店の順番待ちシステム いちのや本店の順番待ち名簿は、メインストリートに面している出入り口側(建物の南側)にはありません。 駐車場のある出入口側(北側)にあるので注意しましょう。 建物の南側。 この店先に並んでいれば良いように見えますが、建物の裏側にまわりましょう。 駐車場側の出入口。 矢印の場所に順番待ち名簿があります。 この名簿に名前を書いて順番を待ってください。 開店時間になると、店内の順番待ちスペースに入れてもらえます。 かなりの人数が座れるベンチや、テーブル付きの座席、雑貨・お土産の陳列棚などが設置されているので、退屈することはないでしょう。 ちょっとした観光冊子などもテーブルの上に置かれています。 本店の店舗情報 アトレ店の店舗情報 うな吉 埼玉県S級グルメは、埼玉県が推し進めている「食」の推進事業のひとつです。 認定条件は以下3点。 「埼玉県産の食材または伝統的な地域のグルメとして定着している食材を使っており、料理人の工夫や店舗の雰囲気などから豊かさを実感できる、埼玉ならではのグルメ」を提供していること• その料理が店舗の代表的なメニューであること• 認定を受けた後も、その代表的な料理を提供すること 小川菊の順番待ちシステム 休日はもちろん、平日も大混雑するお店です。 店頭で順番待ちをするのが嫌な人は、開店1時間前を目安にお店へ向かいましょう。 自分の順番が近くなると、スマホにメールが届く仕組みです。 うな重(松)• エリア:大正浪漫夢通り付近• 味の傾向:タレ自体は甘め。 ただし、 タレの味よりうなぎの香ばしさの方が勝る。 順番待ち:比較的短め• 持ち帰りメニュー:なし(出前可) 1923年(大正12年)創業。 かつて小川菊に勤めていた初代店長が独立して開業したお店です。 備長炭でじっくりと焼いた鰻の味わいが魅力的。 「もっと気軽に鰻を」という思いから、小川藤では「うな丼」を1,000円台から提供しています。 「鰻は食べたいけど、うな重の出費は正直痛い」という方におすすめです。 なんと、うな重(松)のご飯の下には、鰻の蒲焼きがもう1枚入っています!かなりボリュームたっぷりなので、お腹ペコペコな人はぜひ。 お酒を注文すると、サービスで枝豆が付いてきます。 お酒によく合う塩加減でした。 建物は市の都市景観重要建築物に指定されています。 店舗情報 林屋 うな重(上)• エリア:蔵の町付近• 味の傾向:頬張った瞬間は甘い。 後から醤油の味が来る• 順番待ち:開店直後や平日は比較的空いています。 休日は 大混雑。 持ち帰りメニュー:なし 栃木の老舗川魚店「林屋」が運営している、2010年にオープンしたかなり若い鰻料理店。 歴史の浅いお店ではありますが、「王様のブランチ」や「ぶらぶらサタデー」「旅グルメ」など、テレビでもよく取り上げられているお店です。 特に注目すべきは、店舗を縦断しているトロッコのレール跡。 林屋の店舗は、川越市から伝統的建造物に指定されている旧米蔵を改装したもので、今でもその名残が店内の至るところに残されています。 もちろん、このレール跡もそのひとつ。 定食メニューや、鰻と野菜がたっぷりのった丼メニューも提供しているので、「うな重」を食べることにあまりこだわっていない人にもおすすめのお店です。 林屋の順番待ちシステム 店頭に順番待ち名簿があります。 休日の12時~13時頃は大混雑しているので、それよりも前の時間を狙った方が良いでしょう。 店舗情報 【持ち帰り専門】ぽんぽこ亭 川越まるひろ店• エリア:観光エリア外、東武東上線「新河岸駅」から徒歩15分• 味の傾向:かなり甘い。 お弁当向けの味付けなので、 冷めても美味しい。 順番待ち:なし 「お土産に鰻を買って帰りたい」「新幹線の中でうな重弁当が食べたい!」という方におすすめのお店です。 川越まるひろ店は、ぽんぽこ亭の支店にあたります。 本店は東武東上線「新河岸駅」から徒歩10分。 クレアモール沿いの丸広百貨店の地下1階にあります。 持ち帰り専門店なので、飲食用のスペースはありません。 鰻の蒲焼きは4種類。 それぞれ大きさが異なります。 蒲焼きだけ購入することもできますが、今回は追加料金を払ってうな重弁当にしていただきました。 プラス200円で通常の箱に、プラス80円で電子レンジ対応の紙箱に詰めてもらえます。 漬物と山椒、追加のタレはサービス。 肝吸いやお吸い物の素、カップは別売です。 店舗情報 次のページでは、ランチにおすすめの 安い鰻屋ランキングをご紹介します!.

次の

川越の鰻屋で味比べ!ランチにもぴったりな美味しい&安い店はココ

川越 うなぎ ランキング

unagi-ichinoya. 鰻を一度蒸してから、身の方だけを炭火で焼いているため、とてもふんわりとした蒲焼に仕上がっています。 タレも濃すぎず甘すぎず、誰が食べても「美味しい」と感じられる丁度良さです。 お店が広いので、会食などに向いています。 座席は座敷と椅子を選択出来ます。 koedo. 蒲焼によく絡んでいる甘辛いタレは、創業当時から一子相伝で受け継がれている、まさに秘伝のタレ。 メニューの片隅に載っている 「かぶと焼き」は隠れた逸品です。 鰻の頭を柔らかく蒸して蒲焼にしたもので、ほろ苦い味わいがクセになります。 蒲焼のタレには様々な野菜や唐辛子が溶け込んでおり、濃厚で深みのある味わいです。 このタレは、他のお店では絶対に味わえないでしょう。 店主が元割烹料理人なので、鰻以外の魚料理も豊富です。 刺身や酢の物、焼き魚など、何でも揃っています。 魚好きにはたまらないお店です! 所在地:埼玉県川越市宮元町35-1 アクセス:西武新宿線「本川越駅」からバスに乗り、「神明町」下車。 徒歩すぐ。 ogatou. 歴史のある鰻店ですが、「うな丼 並(肝吸い・お新香付き)」を1600円で提供してくれるお客さん想いのお店です。 建物は市の都市景観重要建築物に指定されています。 しかし、お店からはそんな威厳は微塵も感じられず、まるで食堂の様な雰囲気。 「ランチにうな丼食うかー」という気軽なノリで入ることが出来ます。 所在地: 埼玉県川越市宮元町35-1 アクセス:西武新宿線「本川越駅」からバスに乗り、「松江町2丁目」下車。 徒歩すぐ。

次の