ごぼう 牛肉 玉ねぎ。 ごぼうのレシピ

ごぼうのレシピ

ごぼう 牛肉 玉ねぎ

しょうゆ、砂糖、酒、みりんを混ぜ合わせる。 2、フライパンにごま油を熱し、水気を切ったごぼうを強めの中火で炒める。 3、ごぼうは透き通って少し焼き目がついたら牛肉、種を除いた赤唐辛子を加えて炒める。 お肉の色が変わったら調味料を加えて炒め煮にする。 完全に汁気がなくなるまでではなく、少し汁気が残る程度まで炒めたら完成です。 心平さんのおすすめは、卵かけご飯に乗せて食べる食べ方。 実際にやってみましたが毎日食べたい美味しさでしたよ。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 唐辛子を入れても全体的には辛くないのでお子さんでも食べられる味です。 心配な場合は抜いてください。 ごぼうを太めに切ることで歯ごたえと食べ応えがしっかりあり、満足度も高いです。

次の

ごぼうのレシピ

ごぼう 牛肉 玉ねぎ

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の

牛ごぼう(牛肉とごぼうの甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ごぼう 牛肉 玉ねぎ

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の