オリコ フォレント。 0522182845はオリコフォレントインシュア

オリコフォレントインシュアの審査は厳しい?評判も含めて解説|最強のお部屋探しブログ

オリコ フォレント

家賃保証会社の中でも知名度の高いオリコフォレントインシュア。 ミニミニ• ハウスメイト• タウンハウジング など… 多くの有名な不動産会社が入居審査にオリコフォレントインシュアを利用しています。 実際にこれからオリコフォレントインシュアの審査を受けられる方も非常に多いのではないでしょうか。 しかし、タイトルでもお伝えしていますように、 オリコフォレントインシュアの審査は厳しいです。 今回はオリコフォレントインシュアの審査の厳しさにフォーカスを当てながら、賃貸不動産会社に勤める筆者が オリコフォレントインシュアの審査について詳しく解説をしていきます。 この記事をお読みいただくことでオリコフォレントインシュアの審査について詳しく知ることができます。 ぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。 オリコフォレントインシュアの審査が厳しいたった1つの理由 オリコフォレントインシュアの審査は厳しいと評判ですが、審査が厳しい理由は大きく 1つとなります。 その理由は、 個人信用情報を元に審査を行う ということです。 オリコフォレントインシュアは、• クレジットカードの滞納歴• 携帯代の滞納歴• 自己破産歴 など 株式会社シー・アイ・シー(CIC)や、株式会社日本信用情報機構(JICC)といった信用情報機関から滞納歴などを確認して審査を行います。 個人信用情報を元に審査を行う保証会社を 「信販系の保証会社」と呼んだりもしますが、 それ以外の家賃保証会社は個人信用情報を元に審査を行わないため、信販系の保証会社はその他の家賃保証会社と比べて 審査基準が厳しくなるという訳です。 また、クレジットカードの滞納歴がある方や個人信用情報を元に審査を行う信販系の保証会社については下記の記事にて詳しく解説をしています。 よろしければ参考にご覧ください。 個人信用情報にキズがある方• 収入に見合わない家賃を選択する方• 言葉づかいや態度、身なりが悪い方• 犯罪歴、前科のある方 それぞれ解説をしていきます。 個人信用情報にキズがある方 先程お伝えいたしましたとおり、 クレジットカードや携帯代の滞納歴などがある人はオリコフォレントインシュアの審査に落ちてしまう可能性が高いです。 オリコフォレントインシュアの審査に落ちてしまう理由のほとんどは、 個人信用情報にキズがある場合となります。 個人信用情報にキズがある方の場合は、 信販系の保証会社を利用しない物件に切り替えるか、契約者名義を変更するしかありません。 収入に見合わない家賃を選択する方 収入に適していない家賃を選択すると審査に落ちてしまうこともあります。 また、収入と適正な家賃については下記の記事をご参照ください。 オリコフォレントインシュアの審査日数 オリコフォレントインシュアの審査に掛かる日数は おおよそ2日~3日程です。 しかし個人信用情報にキズがあり審査がNGとなる場合は 即日で結果が出てくることが多いです。 審査NGとなる基準が明確ですぐに判断ができるからですね。 ただし、審査に必要な書類が不足していたり、入居申し込み書の内容に不備があると審査の結果が遅れてしまうこともあるのでご注意ください。 また、不動産会社の定休日をまたぐ場合はその分審査の結果が遅れてしまう可能性があります。 入居審査の結果が3日以上経っても出ない場合は一度担当スタッフに確認をしてみましょう。 入居申し込みの不備が発生している可能性もありますし、不動産会社側・オリコフォレントインシュア側で連絡をし忘れている可能性もあります。 また、入居審査に掛かる日数に関して詳しく解説している記事もございます。 よろしければ下記の記事も参考にご覧ください。

次の

0227229818はオリコフォレントインシュア

オリコ フォレント

最短3日後スピード入金で安心の賃貸経営をサポート 賃貸ライフの安心を提供することを理念とする家賃保証会社です。 全国18拠点で展開し、2019年3月末現在、年間の申込件数が約 32万件、協定会社数は累計 35,000社、社員数 640名以上と 安定した実績と規模を誇ります。 更新料の有無により初回のみプランと毎年プランがあり、住居だけでなく事務所・店舗、駐車場、トランクルーム・倉庫も対象です。 また保証内容が非常に充実しており、原状回復費用やハウスクリーニング費用なども標準保証範囲内です。 保証範囲 家賃 〇 共益費 ・管理費 〇 駐車場料金 〇 更新料 〇 カギ交換 費用 〇 畳表替費用 〇 ハウス クリーニング 費用 〇 残置物撤去・ ごみ処理費用 〇 修繕費 〇 解約予告通知 義務違反による 違約金・損害金 〇 早期解約 による違約金 〇 債務不履行に よる明け渡し 訴訟費用 〇 全保連では集金回収代行サービスを行っています。 入居者が滞納している家賃について、家主である管理会社などに代位弁済をおこないます。 入居者に対して請求から督促までを一連の流れで実行し、それでも支払いがなされない場合は保証人に督促を行います。 家主に保証人がおらず、さらに家賃を滞納してしまった場合でも、全保連が家賃を立て替えて管理会社に支払うため、家主が督促をする手間が省けるというメリットがあります。 入居者にとっては、個人の保証人がいない場合でも家賃保証システムを利用して滞納リスクを保証してもらえるので、家や部屋が借りやすくなります。 賃貸保証制度のしくみを日本で初めて作った歴史ある会社 日本で初めて賃貸保証制度のしくみを構築した 20年の歴史を持つ会社です。 公平で公正な社会づくりを理念としていて年齢や国籍、性別、職業などで区別することなく支払能力の有無に注目して 厳正に審査を行います。 プラン数は全 7種類。 住居の他に事務所や倉庫、駐車場も対象で集送金サービス付きのプランがメインですが、家財保険を付けたものや保証料を毎月の賃料と一緒に分割支払いできるプランもあります。 突然の病気や失業などで家賃の支払いが滞った場合、契約者の生活をサポートするサービスを用意。 さらに家主に対しては滞納理由や今後の家賃の支払い見通しなどを詳しく話し合い、詳細を報告します。 何らかの理由で入居者が不動産会社と連絡が取れなくなった場合でも、家主に連絡を取ってやり取りができるように対応するため、契約更新などでトラブルが起きやすい場合でも安心です。 3段階に分けて効率よく行う家賃滞納処理に優れたノウハウ 賃貸保証に特化して 20年以上の実績がある会社で全国 17箇所に営業展開。 これまで 42,000店以上の不動産会社と取引実績があります。 保証人ありとなしの 2つプランが用意され、初回保証料は家賃によって6段階に分かれていますが、年間更新料は一律 10,000円なので安心です。 家賃滞納処理に関して優れたノウハウを持っていて、様々な家賃受領方法に対応。 立替えた家賃は日本セーフティーから借主に直接請求する流れになります。 入居者の銀行口座などから引き落とした家賃は、家賃保証会社を通さずに分別保管をすることで、スムーズに家主に届けられるようになっているため、家賃の振り込みトラブルを防ぐことが可能。 銀行口座が使えない場合でもコンビニエンスストアでの振り込み(コンビニ決済)が可能なので、スムーズに集金回収を受けることができます。 集金代行付き保証で家賃決済から滞納時立替えまでカバー 家賃の決済から滞納時の立替えまでトータルな保証サービスを提供する会社です。 住居用と事務所・店舗用で分かれていますが、家賃保証プランは保証人無しの毎年更新プランのみのシンプルな内容になっています。 最近は リコーリース株式会社と提携して集金代行付き保証サービスをスタート。 滞納報告が不要で、口座振替ができなくても必ず月末に家賃分の金額が送金されるので、オーナーは常に安定した家賃収入を得ることができます。 一つは口座引き落とし前の家賃から管理会社へ自動送金を行うプラン、もう一つは物件での事故(孤独死など)があった場合に備えて、孤独死保険を付帯したプランとなります。 万が一のトラブルによる家賃の滞納は、家主だけでなく入居者側にとっても大きな負担となりかねませんが、保証サービスを適切に選ぶことで滞納リスクを防ぐことができます。 オリコグループのコンプライアンス基準でサポート オリコフォレントインシュアは、オリコグループの賃貸保証サービスを担っています。 ブランド力の強いオリコグループのコンプライアンス基準のサポートを受けられる 安心感の高さが魅力です。 オリコグループでは、コンプライアンスの基礎となる「個人情報取扱主任者資格取得者」や「貸金業務取扱主任者資格取得者」など、各種資格の取得を推進。 行動規準は「The Orico Group Code(オリコード)」に明文化され取り組まれています。 ちなみにこちらの会社は、旧「株式会社リクルートフォレントインシュア」より名称変更(2017年10月より)され、保証人を探すのが困難でも居住者が自由に住み替えができ、オーナーが安心して貸すことができる社会の実現を目標としているとのこと。 入居者にとってもオーナーにとってもメリットがあるサポート オリコフォレントインシュアでは、毎月の家賃収納業務を行っています。 入居者は口座振替による自動引き落としで賃貸物件の家賃を支払い、不動産管理会社へ一括入金した後にオーナーへ送金される仕組みです。 賃料の滞納が発生した場合でも、オリコフォレントインシュアが滞納賃料を立替払いし交渉を行います。 保証限度額は最大で48ヶ月相当で、 原状回復費用が標準対応で保証されるのもオーナーにとってメリットが大きく魅力です。 また、保証人がいない入居者に対してオリコフォレントインシュアが保証人代行となり空室のリスクを軽減します。 保証人を探すのが困難な場合や、親が高齢で保証人になれない入居者にとって大きなメリットです。 管理会社にとってのメリット オリコフォレントインシュアのサポートは管理会社にとってもメリットがあります。 毎月の家賃収納業務の代行で管理会社をサポート。 また、滞納賃料が発生した際は立替払いだけでなく、入居者に対する督促や、延滞状況を解消し正常化に向けての交渉もオリコフォレントインシュアが行います。 法的な手続きをサポートしてくれるのは大きなメリットです。 オリコグループ基準のコンプライアンスによって、管理会社のブランド価値も守られます。 毎月の支払いは口座振替を利用するので、クレジットカード作成も必要なく、入居者の負担を減らしながら安全に賃貸契約が結べるよう対応。 滞納が発生した場合は滞納賃料の立て替え払いを行い、入居者への督促や延滞状況の正常化を目指した交渉を行います。

次の

保証人がいない! 「保証人なし」で賃貸物件を契約するには

オリコ フォレント

株式会社オリコフォレントインシュアは東京都港区に本社を置く家賃保証・賃貸保証を行なっている会社です。 オリコフォレントインシュア(07028288924)からなぜ着信があるの? なぜ オリコフォレントインシュア 070-2828-8924 から、あなたの電話に着信があったのでしょうか? まず、あなたは現在家賃の支払いが遅れていたり滞納が続いている、または誰かの入居の際の保証人になっているという事はありませんか? もしそうであれば 07028288924からの着信は 家賃の支払いについての督促電話の可能性が高いです。 突然、知らない番号から着信があると不安になってしまいますよね。 この着信が営業電話、間違い電話のような迷惑電話なら無視しても良いですが、この番号からの着信は重要な電話連絡の可能性がありますので、無視や放置はしないほうがよいでしょう。 家賃保証や賃貸保証の会社からの連絡ですので、督促電話以外にも様々な理由が考えられます。 オリコフォレントインシュアからの連絡は様々な理由が考えられます。 npa. mlit. lgo. kokusen. jpm. nichibenren. shiho-shoshi. houterasu.

次の