ドットライブ 炎上。 「芸人差別」を指摘、お笑い評論家が差別発言のAマッソ擁護で炎上 過去にはさんまを『老害化』と評し物議(リアルライブ)

「芸人差別」を指摘、お笑い評論家が差別発言のAマッソ擁護で炎上 過去にはさんまを『老害化』と評し物議(リアルライブ)

ドットライブ 炎上

カバー株式会社(以下「当方」といいます。 )は、会員にご登録頂いた個人情報について、その重要性を認識した上で本ポリシーにしたがって適切に管理いたします。 個人情報の範囲 hololiveでは、次の各号に該当する情報のうち、利用者個人を識別することができる情報を個人情報として扱います。 1)hololiveの会員登録のための画面や商品の購入を申し込むための画面、その他の画面等に利用者が記入し、当方に提供された情報 2)その他hololiveに関して、当方が利用者から提供を受けた情報 hololiveでは、事前に利用者に通知した上で当方が収集業務を委託する会社(当方と守秘義務を締結します)を除き、当方以外の第三者が個人情報を収集することはありません。 hololiveのリンク先など、当方以外の第三者が個人情報を収集するウェブサイトでは、本プライバシーポリシーは適用されず、当方では一切の義務や責任を負いかねます。 それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーなどをご確認くださいますようお願いします。 なお、hololiveにおいて公開される情報は、利用者個人が識別されない範囲に限っております。 情報の収集 ・hololiveでは、hololiveをご利用いただくのに必要な情報のほか、利用者の皆様によりhololiveを楽しく、便利に使って頂けるよう活用する目的で個人情報を収集させていただくことがあります。 ・hololiveでは、キャラクターのなりきり機能のために、Appleが提供するTrueDepth API等を利用して顔の表情データを取得しますが、キャラクターへのなりきり以外の目的では使用せず、取得したデータを保存したり、第三者に共有することはありません。 ・hololiveや提携企業が提供する懸賞やその他のアンケートを目的としたページまたはイベントで、個人情報をお聞きすることがあります。 ・会員がhololiveにログインした場合、当該会員がどのようにサービスを利用しているのかが当方にわかるようになります。 ・利用者がhololiveのサービスのページを閲覧したり利用したりする際に、IPアドレスやクッキー情報などを自動的に取得します。 情報の利用と開示 当方は、hololiveを通じて収集した個人情報を以下の目的のために利用します。 ・利用者ひとり一人の利用状況や趣味嗜好に適合したサービスや広告を提供、表示するため。 ・利用者の興味を知り新規サービスを開発するため。 ・プレゼント企画で当選した場合に、その商品を配送するため。 ・サイト運営上必要な告知を利用者に対して行うため ・統計分析の為 なお、統計分析の結果については第三者に広く公開することがありますが、個々の個人情報が統計分析の結果に含まれることはありません。 当方が利用者の個人情報を第三者に開示することはありません。 但し以下の場合を除きます。 利用者本人の同意がある場合 2. 利用者に製品やサービスを提供する目的で、当方からの委託を受けて業務を行う会社(当方と守秘義務契約を締結します)が情報を必要とする場合(運送業者へのお届け先情報などの開示等を指します。 これらの会社が、当該業務に必要な範囲を超えて情報を利用することはできません。 ) 3. 裁判所、弁護士会及び警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合 4. 当方の権利、財産やサービス等を保護するために必要と認められる場合 5. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合 また、提携企業がイベントなどでhololiveを通じて利用者の情報を収集・利用する場合には、都度その旨を利用者に明示し、本人の同意を得た上でhololiveから提携企業に情報を提供します。 クッキーについて hololiveの一部では、利用者がより満足いただけるサイトに改良/変更等するために、クッキー(Cookie)を利用しています。 クッキーとは、ウェブの閲覧等をした際に、ブラウザとサーバの間で送受信される小さなファイルです。 利用者が、ご利用のパソコンでクッキーを受け取る設定にしている場合に、お使いのパソコンの所定の場所に保存されます。 クッキーを使用することで、hololiveのサーバは特定のコンピュータがhololive内のどのページを訪れたか等(以下「クッキー情報」といいます。 )を記録することが可能となります。 ただし、利用者が、利用者自身の個人情報をhololive内に入力されない限り、利用者個人を識別することはできませんのでご安心ください。 また、利用者がご自身でクッキーの受取を拒否する、或いは、クッキーを受け取った場合に警告を表示させるようブラウザの設定を変更することができます(詳しくはご使用のブラウザの説明をご参照下さい)。 ただし、クッキーの受取を拒否された場合、hololiveのサービスの一部がご利用できなくなる場合もございます。 hololiveでは、クッキーを以下の目的で使用します。 ・不正な利用を確認するために使用することがあります。 ・よりカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、会員を確認しhololive内の登録情報にアクセスするためにクッキーを使用します(会員が登録またはログインするときに設定されます。 ) ・効果的に広告を表示するために使用することがあります。 ・利用者数を計り、統計分析を行うために使用することがあります。 アクセスログについて 当方は、利用者の皆様がhololiveのウェブページにアクセスした際に、その情報を当方サーバにアクセスログという形で記録し一定期間保存しています。 アクセスログに記録される内容は、アクセスされた日時、IPアドレス、使用しているブラウザの種類、クッキー情報などです。 これらは当方のサーバの運用情報としてサーバの利便性の向上、サーバ管理、不正な利用に対する調査の目的で利用いたします。 登録情報に関するお問い合わせ窓口 会員登録の際などにご登録いただいた個人情報は、hololive内の所定のページにて、ご自身で随時ご変更いただけます。 なお、なんらかの理由によりご自身で変更がうまくいかない場合や、ご自身の個人情報に関しては、当方へお問い合わせください。 改訂 当方は各規約、ガイドライン及び約款(以下「規約等」といいます。 )を会員に対しての予告なしに改訂できるものとします。 また改訂された規約等は、改訂以前、以後に関わらず全ての会員に対して適用されるものとします。 改訂された規約等については、サイト上あるいは電子メールで告知されるものとします。

次の

三条市・燕市、県央・燕三条の情報「ケンオー・ドットコム」www.worldfranchising.comの公式サイト

ドットライブ 炎上

バンド(男性ボーカル) newcomer LAMP IN TERREN松本大の炎上とは?2chの噂やTwitter発言が話題! ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティストのコンテスト第13回『RO69JACK』の優勝者『LAMP IN TERREN』。 4人体制となって初のアルバムのツアーに注目が集まっています。 独特の音楽性や歌声は若い女性を中心にとても人気で、ライブやフェスも大盛り上がりです。 ただ気になるのがLAMP IN TERRENをネットなどで検索すると必ず、炎上や女性問題、ツイッターの発言についての問題などが出てくることです。 そこで今回はそんな彼らのフロントマン松本大さんの炎上、2chの噂そしてTwitter発言についてまとめていきたいと思います。 Contents• 松本大のプロフィール それではまず、松本大さんのプロフィールを見てみましょう。 生年月日:1992年7月9日 出身地:長崎県大村市 身長:175cm 松本大さんは、中学生のころ、両親の影響で聴いていた浜田省吾さんのライブを見に行った際にギターを始めようと決意し、練習を始めたそうです。 ただ、前身のバンド結成時にはドラマーを志望していたそうですよ! しかし、現在はギター・ボーカルを担当しており、その甘いマスクと特徴的な髪型、そしてハスキーな声が魅力的ですよね。 心地の良いサウンドとそれにうまく乗った歌声は聴く人を魅了する要因のひとつなのではないかと思います。 また、すべての楽曲の作詞作曲も手掛けており、王道のギター中心のロックチューンの中に切なさを感じさせるサウンドを作成するセンスも光っています。 バンドの雰囲気としては、BUMP OF CHECKENやRADWINPSなどにも通ずるものがあるのではないかと聞いて取れます。 1992年生まれ、ということでそれらのバンドに影響をもろに受けた世代なのではないか、という印象を強く感じます。 それと同時に、彼らの独自性も組み込んでおり、新しい形としてのアーティスト性を感じることもできます。 これからどのような楽曲を世に放つのか、期待できますよね! 次に、松本大さんの炎上に関してまとめてみたいと思います。 これはどういうことなのか調べてみました。 調べたところによると、 TwitterのDMで女性に手を出そうとして断られ、その後、連絡を絶ったところ、その際にやり取りが行われていたDMを晒されることとなり炎上したそうです。 これは、Twitterまとめサイト『Togetterまとめ』でも取り上げられていた(現在ではなくなっています)ようで、当時はだいぶ話題となったようです。 これが、2015年の末の話とのことなので、およそ1年半以上も尾を引いているという形になっています。 ネット環境によって拡散も早くなりましたが、過去の過ちも長期間にわたって取り上げられてしまうのもきついものがありますよね。 当時、22歳という若さで人気が出てきていたということもあり、羽目を外しすぎてしまったのかもしれませんが、その反省も込めてどんどんいい曲を出して汚名返上としてもらいたいものですね! 続いて、松本大さんの2chでの噂やTwitter発言に関して調べてみました! 松本大話題の2chの噂やTwitter発言とは 2chではどのように噂をされているのでしょうか。 それについても調べてみました。 2chでは、以前、 炎上することとなった際に口説いていた女の子がガールズバンドに所属していたということや、松本大さんの好みがガールズバンドを組んでいる子だそうで、ねごとや赤い公園といったバンドのメンバーと色事があるのではといったことが取り上げられていました。 まぁ、根も葉もない噂も2chでは飛び交うことがあるため、何とも言えませんが、恋愛の傾向がそのようであることは正しいのかもしれませんね。 また、Twitter発言に関しては、ファンの方のTwitterでの擁護が話題になっており、前述したDMの問題をめぐり、擁護派とそうでない派に対立して激しく争っていたとのことでした。 その様子が信者と揶揄されたりするほどの様相を呈していたようで、たびたびこの件に関しても2chで話題に上っていたほどでした。 まとめ 今回は、『LAMP IN TERREN』松本大さんの炎上、2chの噂そしてTwitter発言についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。 炎上や2chでの噂など様々な問題が見られますが、これはある意味、バンドの人気の大きさを暗に表しているのではないでしょうか。 彼らの活躍を目にしたい方々は足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

イラストをドット絵に変換するコンバータツール15選|ソフト/サイト

ドットライブ 炎上

そして同日と翌日のメンバーの配信を中止する事態になりました。 その時点ではファンたちはまだ好意的な意見のほうが多かったのです。 またその当時はもこ田めめめちゃんのファーストライブや、 ちえりーらんどの開催、中国の動画サイトbiribiri放送でのコラボなど、 どっとLIVEさん側も多忙を極めていた時期でもあり、 おそろかにするのは良くないがタイミングが悪かった。 という意見も散見されましたし、 同時に夜桜たまちゃんの心配する声のほうが多く、 炎上はしていてもファンの方々は「アイドル部」の子たちの心配が先にありました。 10月12日どっとLIVE「話し合っている」とツイート。 以前から報連相が上手くいっていないということを指摘されていたどっとLIVEさん側も、 10月12日に経過報告をツイッターで発表。 内容はアイドル部との話し合いを引き続き行っているということ。 その話し合いに時間がかかる可能性があるということをお知らせすると同時にお詫びとしてツイートされました。 この対応にファンの方は「時間はかかってもかまわない」「円満な解決を」という肯定的な意見のほうがまた多かったのです。 もちろん厳しい意見もありましたが、早い段階での報告が好印象と安心を与えてくれたのは間違いありません。 しかしここから報告が途切れます。 ファン同士の対立。 煽る者、諭す者、去る者。 そのツイートから一週間、二週間……。 どっとLIVEさん側からの報告が途絶え、 現状どうなっているのかが分からない状況が続きます。 さらにアイドル部は一時間ずつ配信して、相手につなげるという 「リレー配信」が特徴として挙げられますが、 それまでは4人から多くて6人のリレー配信が行われてましたが、 ここにきて多くても3人、少ないときは1人と減少。 しかもその配信が同じメンバーなのです。 なにが起きているのか分からない不安からファン同士でも「まだ見守るべきだ」という意見と「早く報告しろ」といった対立が見えてきます。 また中には「もうドル部(アイドル部)追いかけるのやめる」と言ってしまうファンの方まで出てきます。 たしかに現状が分からない上、配信するアイドル部のメンバーが減ることに私も少なからず不安を持っていました。 ただし企業ですし明るみに出せない部分もあるのも事実でその取捨選択に時間がかかっているのかな、とも。 すべてを透明化することは企業として難しい部分があるのだろう、とも。 しかしそれでも配信予定やBiribiri動画のアーカイブなどは行われ、 少し不気味な状況が続くことになります。 そして10月中にマシュマロやお問い合わせに回答をするという約束の日が近づいてきます。 そしてそれが第二次炎上へとつながることになります。 10月31日に文章にて回答。 本来なら配信にて回答というころでしたが、 急遽、文書にての回答となり10月31日にHPにて公開されました。 これに対し、ついに本格的に炎上することになります。 というのも今まで炎上しつつも「抑えていたモノ」がこの回答で爆発してしまったわけです。 つまり一線を越えてしまった、ということですね。 どうしてそうなったのか。 それは文書の中にあります。 回答の文書は曖昧で中身が無かったのです。 簡単に言えば、頑張ります、努力します、検討します。 と、まるで具体性のないものばかりで、 肝心の夜桜たまちゃんたち「アイドル部」に関しても、「まだ話し合いに数週間はかかる」「もう少しお待ちください」とのこと。 進捗状況さえ曖昧なそれにさすがにファンも激怒と呆れが入り混じってしまったようです。 激怒しているファンをなだめるファンの方や、対立してしまうファンの方々。 ただし私はそれがすべて「アイドル部」のファンであるかどうかは懐疑的でもあります。 語弊を恐れずに言えば、ファン以外の方が愉快犯として炎上に乗っかっている可能性も十分あります。 それはアイドル部だけではなく他の炎上案件でもよく見かけますからね。 直近だととある方の結婚に関してもファン以外の方が遊び半分で炎上を煽っていたとかいないとか。 しかしどちらにせよ、この回答にショックを受けてしまったファンは多く、 「結局いつまで待てばいいの?」「だったら年内には無理って言ってほしい」という意見が飛び交いました。 そして今回の「お詫び」ツイート。 そしてつい先日、このようなツイートがされました。 10月31日以来の「報告」となります。 この時点でも「まだ時間がかかる」という旨が記載されています。 炎上して時間が経ち、さらに引き伸ばしを報告してしまって、 ファンの方々は怒り心頭、といた具合です。 ただ、なぜ怒っているのかといえばそのどっとLIVEさん側の態勢だけではなく、 誰もが「アイドル部」が好きで、そのメンバーが大好きで、だからこそ心配をしているんです。 もちろん過度に過激な意見はいけません。 それはアイドル部ファンとして恥ずべき行為ですし、そんな方はいないと私は思っています。 また私の意見は一貫していて、Vチューバー界はまだ地盤がゆるく、至らない部分があるのは仕方ありません。 ですが「仕方ない」を企業が言うのは間違っています。 しっかりと報連相を続けていってほしいですね。 なので私はこれまで通り「アイドル部」を応援します。 一番最悪な結末は、このまま「アイドル部」が消えてしまうこと。 それを回避するには企業の体制の見直しとファンの協力が不可欠です。 長くなりましたが今回の一件が今後に活かされること、 こんな時だからこそ、ファン同士の結束。 そしてなによりまた12人に「おかえり」と言える日を待っています。

次の