凱旋 天井 いくら。 パチスロ店には、いくら持っていけば良い?

【凱旋】万枚・大事故契機ランキング ~万枚の出し方をまとめました

凱旋 天井 いくら

その既定ゲーム数は、 機種によって様々ですが、 GODシリーズで人気の、 アナザーゴッドハーデスの場合は 天井が、 1,600ゲームです。 アナザーゴッドハーデスは、 1,000円あたり20数ゲーム回せますが、 0ゲームからノーボーナスで、 天井までいってしまうと 7〜8万円かかります。 このように、天井を加味した場合は、 5万円では足りませんので、 余裕をもって、 10万円の軍資金が必要です。 この10万円という軍資金は、 あくまでも、ハーデスなどの 一発が見込める台の話です。 1,000ゲーム程度が 天井の台であれば、5万円でも充分です。 ただ、10万円持っていた方が 選択肢が広がるので、 爆裂機種をやるのであれば、 そのくらいは、持って行きたいところです。 コイン持ちが良くなってハードルが下がる? 6号機時代を迎え、 どこの店舗でも6号機のパチスロ台が 設置されるようになってきました。 その影響で、これまでに比べて、 コイン持ちが、かなり良くなっています。 1,000円で、40回転は当たり前、 中には、50回転以上回る台もあります。 初当たりは重くなったものの、 天井は、さほど変わっていません。 そのため、これまでよりも、 少ない投資金額で、天井に到達します。 例えば、6号機のHEY! 天井は950ゲームで、 1,000円あたりの回転数は 約50ゲームです。 単純計算をすると、 19,000円の投資で天井に到達し、 ボーナスに当選します。 天井恩恵も用意されており、 うまくいけば、純増5枚の、 ATに突入することでしょう。 約1,000枚のメダルを獲得できれば、 天井までの投資金は回収できますので、 6号機では、すぐに回収可能です。 0ゲームから天井まで回したとしても、 ダメージは、さほどではありません。 6号機の台を実践する場合は、 10万円を持って行ったら、 余ることになりそうです。 ノーマルタイプなら2〜3万円で充分 ジャグラーなどの、 ノーマルタイプには、天井がありません。 何回転ハマろうと、 当たらないものは当たらない、 そんな機種です。 人によっては、 ノーマルタイプの投資は、 5,000円までと決めている人もいます。 ジャグラーで、 3万円以上勝つのは、わりと難しく、 数万円使ってしまった場合は、 取り返すのが大変です。 ノーマルタイプの台を実践するなら、 1万円でも充分と言えますが、 余裕を持って3万円程度は 持っておきたいところです。 ジャグラーを実践するつもりで 店舗に行ってみたら、 別の台を打ちたくなることもあるので。 ジャグラーを運試しとして実践する人は 1,000円だけ遊ぶ人もいます。 もし、1,000円で、 BIGボーナスを引けば、 5,000円ほど勝てるからです。 もし、1,000円で、REGボーナスでも、 ちょっとしたプラスにはなります。 爆発的な出玉が望めない機種で、 何万円も使うのは、 あまり良いと言えません。 用意したお金は全て使う必要はない 爆裂機種をやるのであれば、 10万円は用意しておくのがベストですが、 何も、全て使う必要はありません。 パチスロの怖いところは、 コインが切れるタイミングで 熱い演出に入ることです。 パチンコは、保留玉を消化すれば、 実は当たっていたという事は無いですが、 パチスロは、 特定の小役を引いた後、 10回転以上回して、当たる機種もあるので、 やめてしまったけど、 実は当たっていたという事もあります。 ただ、演出が続いてるけど、 軍資金が切れたので、 【仕方なく】席を立つ人は結構います。 それを狙うお客さんが 急いで、その台を確保して、 当たりを引く姿。 あなたならどうですか? 悔やんでも悔やみきれない という気持ちになるはずです。 10万円は用意しておくけど、 その前に、ヤメるポイントを決めて、 その範囲で、楽しむのがおすすめです。 ヤメ時は必ずあるので、 今日は、無理そうだという場面や、 もうここで充分といったタイミングで サクッと撤退するのが健全です。 キリのいいヤメ時ってどんな時? ノーマルタイプは別ですが、 どの機種でも、 一撃2,000枚は十分に可能です。 6号機なら、 一撃2,400枚がマックスであり、 5. 9号機なども、ほぼ同様です。 旧基準機だと、ヒキが良ければ、 一撃万枚も、確かにあり得る数字ですが、 現実的に、考えにくいのが実情。 となると、 2,000枚という数字を 意識した立ち回りをすれば、 引き際も分かるはずです。 現時点で2,000枚分、 4万円負けていたとすれば、 今から投資をして、 仮に、2,000枚出たとしても、 投資分がマイナスになります。 しかも、 2,000枚出るとは限らないので、 取り返せない可能性が濃厚。 もちろん、2,000枚出すためには それなりの時間も必要です。 閉店間際から取り返そうにも、 時間切れになって 悔しい思いをするだけです。 4万円負けた時点で、 実はキリのいいヤメ時に 突入していると考えるのもアリ。 ただ、天井間近の台を見つけた、 天国の可能性がある台を見つけた、 といった場合は、話が変わってきます。 その場合は、天井や天国モードを ケアする打ち方をしましょう。 これなら、数千円〜1万円程度を 追加投資するだけで済む場合もあり、 うまく行けば、リターンも大きいです。 4~5万円分負けて、 今、実践している台の挙動が悪ければ、 そこが、ヤメ時かもしれません。 傷口を小さくするという発想が重要 軍資金とは、 軍事に用いるお金が由来であり、 その戦いで勝つために 必要なお金のことです。 潤沢な軍資金を用意する以上は、 確かな兵法、教育の下で、 勝たなければなりません。 ところが、パチスロになると、 軍資金の概念が、 忘れられることがあります。 特に、 5万円ぐらいを負けた段階から、 傷口を小さくしようと考える人が出てきます。 負け幅を小さくしようという 気持ちは分かりますが、 果たして成功するでしょうか? 本当に傷口を小さくするなら、 高設定のジャグラーを見つけて 打ち続けるなどがおすすめです。 ところが、5万円を負けた人が、 ジャグラーを打ち続ける光景は、 あまり見られません。 傷口を小さくしようと思いながら、 一発逆転台に賭けているのです。 うまくいくこともあるでしょうが、 多くの場合、うまくいかないものです。 お守りとして財布に10万円を入れておき、 最大の負け額は5万円に決めておく、 これが良い方法かもしれません。 まとめ 爆裂機種のミリオンゴッドでは、 資金切れで席を立ったら、 別の人がすぐGODを引くなんてことも。 パチスロは、 最後まで やり切らないと後悔しか残りません。 また、パチスロには、 天国モードと呼ばれる、 ボーナスに当選しやすいモードがあり、 32ゲーム、128ゲームなど、 機種によって様々ですが、 そこまでは、やり切る人が多いです。 常に、そのモードで当たり続ければ、 数万円の負けは一気に回収できます。 見切りをつけにくいという人は、 天国モードをスマホなどで調べて、 最低でも、そのゲーム数までは、 回すことをおすすめします。 また、ハーデスのように、 特定の回転数の ゾーンで 当たりやすいという台もあります。 そこに近づいたら、 そのゾーンを意識するのもいいでしょう。 なお、5スロなら20スロの4分の1、 2スロなら20スロの10分の1の資金で遊べます。

次の

ゴッド凱旋【天井までの投資額計算ツール】 天井までいくら?

凱旋 天井 いくら

G-ZONE突入ゲームから天井までのカウントを開始。 設定変更で天井までのゲーム数はリセット。 【設定変更時の天井ゲーム数振り分け】 設定 510G 1000G 1480G 1~3 10. 4~1. 5倍ほどとなりそうです。 高ループ率というのがどれくらいの継続率を指しているのかは定かではありませんが、神々の系譜と同様50%ループ以上、現状までの実戦報告を聞いた限りでは80%以上のループ率振り分けも現実的なのかもしれません。 天井の狙い目もこの解析と実践値データを元につけておきます。 【神々の系譜】 50%ループ:66. 43% 75%ループ:21. 36% 80%ループ:12. 21% 【神々の系譜-ZEUSver. -】 50%ループ:50. 00% 75%ループ:43. 75% 80%ループ:3. 13% 88%ループ:3. 01個。 79個、ゼウスver. の場合は 約3. 17個) いざ解析が出て見ると中々に強力な恩恵でしたね。 1480Gの振り分けは設定4以上しか存在しないため設定変更確定台が1000G天井でGG当選しなかった時点で高設定確定となります。 前日までの累計ハマリを確認するのも忘れずに。 天井狙い目 天井到達時の恩恵は高ループ(50%ループ以上)が確定ではないので神々の系譜ZEUSver. よりは抑えられているようですが、到達時の期待獲得枚数は 約1200~1300枚程度にはなるんではないかと思います。 天井狙い目も 通常時750Gから狙っていけばまず問題ないでしょう! もちろんGOD揃いやSGGなどのフラグが引けるかどうかで結果がかなり左右される機種ですが、それらのバランスを考えても750G付近から狙っていけばOKかと(^^) 積極的に打ち込むのであれば700G~でもいいかと思いますが、 コイン持ちが悪い分投資はかさむし荒れやすいということを承知の上で打っていってください。 リセット後の天井狙い目はホールの打ち手のレベルにもよりますがリセット確定台は 300Gからということで。 リセット後の天井到達時にもしっかりと恩恵は発動するようですし、モード不問という条件であればリセット後は0G~打ってもプラスになるでしょう(爆) 宵越し天井狙いの場合にもトータルで750G付近ハマっている時点でとりあえず確保しておいてもいいですね。 ほぼ予想通りの数値に落ち着いていますし、今更特に言えることはないですが(笑)、やはり元々のAT性能が高いことに加えて天井恩恵が強力なので、新基準機とは比べものにならない天井期待値です。 慎重にやめどきを見極めるにはGG後30G程度は様子を見るのがベター。 液晶演出や演出出目にも注意しつつストックと上位モードの取りこぼしは絶対に防ぎましょう! 液晶出目や主要な上位モード示唆演出は下記の通りとなっているので実戦前に確認しておきましょう。 ・枠揺れが第3停止まで連続した場合にはGG当選確定。 ・鏡演出が4G以上連続した場合は激アツ。 ・遅れ発生時点で上位モードに期待。 ・ブラックホール演出1G終了は天国準備以上期待度アップ。 法則崩れのパターンが確認できれば上位モードに期待が持てるので暫く様子を見たほうがよさそうです。 天井狙い目・やめどきまとめ 【天井狙い目】 ・通常時 750G~。 【やめどき】 ・GG後の上位モード・潜伏なしを確認後(最大で30G程度は様子見)。 GG中のペナルティは数ゲーム間上乗せ抽選が冷遇されることはあっても、GG終了後の天井ゲーム数に影響することは考えにくいです。 (神々の凱旋のペナルティ詳細は現状も不明ですが・・・) またセット消化毎にG-ZONEを挟むので、「鬼武者-再臨-」のようにAT中ペナルティでデータ表示機が誤カウントを始めるいうことも考えにくいですね。 黄7の4連でのGG非当選については過去も何件かコメント頂きましたが、ペナルティをしていないのであれば薄い振り分けで非当選となることもあるとしか考えようがないです(><) ペナルティもなくデータ表示機の誤作動もないのであれば天井を超えてもGG当選とならなかった理由は全く分かりませんが、私の場合でも1000Gハマっている時点でGG当選まで全ツッパしますね。 どの機種にせよ想定外の状況に遭遇することは考えられるので、もし私が今回のようなシチュエーションに遭遇した場合は運が悪かったと思って諦めます。

次の

ゴッド凱旋のリセット天井狙いで期待値底上げ実践!

凱旋 天井 いくら

ヤメ時 G-ZONE終了後28G以内にやめ。 *ただし、ループストックを獲得していない or 高モード示唆無しの場合はもっと早くにやめてOK。 天井解析 天井恩恵解析• 天井恩恵 AT確定+ 50%で80%のループストック確定!! 天井ゲーム数が510Gor1000Gに短縮• 500G選択率は10%• 青七で確定 右からでUP確定。 左リール上段に赤7停止時 中・右リール赤7狙い 中段青七揃い… 中段リプレイ 赤7ハズレ… 弱チャンス目 赤7揃い… SGG確定• 左リール中段に赤7停止時 中・右リールに赤7狙い 赤7ハズレ… 強チャンス目 赤7揃い… SGG確定• 左リール下段に赤7停止時 中・右リールに赤7狙い 赤7ハズレ… 弱チャンス目 赤7揃い… SGG確定• 左リール中段に黄色7停止時 中・右リール適当打ち 中段黄色7揃い… レア小役• 2 ゴッド凱旋のATストックを翌日に持ち越す方法 方法・解説 G-ZONE中に中押し・逆押し等の変則打ちで全ゲーム消化すると ATストックがあっても強制的に通常時に転落する。 8 98. 6 99. 4 102. 0 106. 9 112. 5 119.

次の