チャーハン 作り方 初心者。 激うまチャーハンレシピ!人気のご飯料理の作り方 [男の料理] All About

美味しいチャーハンの作り方【簡単】|お料理まとめ

チャーハン 作り方 初心者

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

【みんなが作ってる】 チャーハンの作り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

チャーハン 作り方 初心者

圧力鍋がある場合の作り方と、ない場合の作り方を紹介します。 [圧力鍋がある場合] 圧力鍋に豚バラブロックを入れ、濃口醤油とコーラを豚バラブロックがひたひたになるまで入れます。 濃口醤油とコーラの比率は5:5です。 あとは、火にかけて完成を待つだけです。 チャーシューの固さは好みによりますが、目安は豚バラの皮の部分から箸を通して「スッと」通ればOKです。 もし、まだ固いなぁと思ったら再度圧力鍋で加熱してください。 出来上がった焼き豚は、細かく刻んでおいてください。 [圧力鍋がない場合] 鍋に豚バラブロックを入れ、濃口醤油とコーラーを豚バラブロックがひたひたになるまで入れます。 濃口醤油とコーラーの比率は5:5です。 途中、豚バラのアクとコーラの炭酸が泡のように吹いてきますので、気になる場合は取り除いてください。 豚バラの皮の部分から箸を通して「スッと」通るようになれば完成です。 大きさはだいたい1cm角位です。 切った人参をフライパンに入れ、砂糖を大さじ2杯入れます。 あとは、加熱して人参を揚げれば完成です。 「人参に砂糖を入れて揚げるの?」と思ったかもしれませんが、この人参の甘みがアクセントになります。 [油の処理が面倒くさい場合] フライパンに油を入れて揚げる場合だと、油の後処理が少々面倒くさいです。 そんな場合は、油の代わりに水を入れて茹でても大丈夫です。 揚げた時の人参のカリッとした食感はありませんが、甘みは同じようにあるので味にはあまり影響ありません。 特に下味や処理はなく、炒めるだけです。 チャーシューや人参が出来上がったら、炒めて味付けをしていきましょう。 ・塩 ・コショウ ・味の素 ・酢醤油(酢 1:醤油 2 の分量で混ぜ合わせたもの。 1人前につき小さじ1杯分~2杯分しか使用しません) どの手順で調理していくかを紹介します。 ただ、チャーハンは炒め方や調味料の微妙な味加減によって大きく完成度が変わります。 今回の紹介した作り方が、チャーハンの美味しい作り方の参考になれば幸いです。

次の

パラパラチャーハンの作り方 卵を先に混ぜる?!

チャーハン 作り方 初心者

チャーハンの効果について 油で炒めたチャーハン。 食べたら太りそう、というイメージを持っている方も多いでしょう。 チャーハンは白米で調理されますが、炭水化物の白米は糖質を多く含んでいます。 糖質は体内に取り入れられると血液中のブドウ糖が増加します。 このブドウ糖の量を数値化したものが血糖値と呼ばれ、エネルギーとして使われます。 一度の食事で大量の糖質を体内に摂取すると、血糖値が急上昇します。 エネルギーとしてすぐに使われなかった分は体脂肪として蓄えられ、これが肥満の原因になります。 じゃあチャーハンも太るのではないか、と思われますが、油で炒めることによって白米がオイルコーティングされているために糖質の吸収が緩やかになるのです。 白米をそのまま食べるよりも、オイルや卵などの脂肪やタンパク質でつつまれていれば、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。 チャーハンの栄養について チャーハンの材料と言えば白米、オイル、卵、ネギ、チャーシューなどでしょう。 栄養のバランスから見ると炭水化物である白米は糖質を多く含み、オイルの脂質も含まれています。 足りないものと言えばビタミン、カルシウム、鉄などが挙げられます。 余った食材で作れるのがチャーハンの魅力。 野菜などは積極的に加えて調理するようにしましょう。 血糖値の急上昇を防いでくれる食物繊維も一緒に摂取するといいでしょう。 油はオリーブオイルなど良質なものを使うのがおすすめです。 糖質をとらなければ太らない、という極端な糖質カットでのダイエットは危険です。 体脂肪を燃焼させるためにも糖質は必要不可欠なので、必要最低限の糖質は摂取するよう心がけましょう。 作り方は小松菜は荒いみじん切りにし、フライパンにサラダ油を引いて中火で炒めます。 小松菜がしんなりしたらご飯、溶いた卵を加えて炒めます。 卵が固まってきたら鰹節、醤油、塩で味付けして完成です。 炊き込みご飯は、「五目ご飯」や関西では「かやくご飯」とも言われており、ご飯を炊く時に具を米と一緒に炊き込んでつくる料理。 通常はだし、塩、しょうゆなど調味料を入れて炊きあげます。 旬の食材を使ってつくることが多く、おいしいご飯だけの味だけではなく、季節も一緒に味わうことができるのが魅力ですよね。 この記事では、炊き込みご飯の基礎知識に加えて、魚の炊き込みご飯、貝の炊き込みご飯、海藻の炊き込みご飯、きのこの炊き込みご飯、山菜の炊き込みご飯、変わり種炊き込みご飯のレシピ・作り方のカテゴリに分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の