妊娠超初期 食事。 妊娠中の食事の疑問!OK・NGな食べ物・飲み物は? [妊娠の基礎知識] All About

妊娠超初期~妊娠初期の食事内容や食べ方で知っておきたいこと

妊娠超初期 食事

妊娠すると、気持ちの悪さや吐き気、食欲がなくなるなどの変化が現れることがあります。 いわゆるつわりですね。 明確なメカニズムは解明されていませんが、妊娠すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が一因となっているとも言われています。 つわりの症状そのものや重さは人それぞれ。 妊娠の影響で今まで大好きだった好物が食べられなくなったり、特定の食べ物ばかりが欲しくなるなど、食欲に変化が見られる妊婦さんは少なくありません。 吐き気や胃のむかつきがあまりにもひどいときは「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」でOKです。 でも、元気なときやいくらか食べられるときにも「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」を当てはめてしまうのはちょっと待って! 次の項目では、具体的に妊婦が食事でどう気をつけるべきかというポイント、積極的に取り入れたい食べ物、極力避けたいNGな食べ物を紹介しますのでチェックしましょう。 毎日の食事は、1日3食、栄養バランスのよい食事をして、適切な栄養とカロリーを摂りましょう。 一日に摂る食品が多すぎたり、少なすぎたりすることがないよう、いろいろな食材をまんべんなく食べることが大事です。 また、食事の時間が不規則になると食べ過ぎてしまいがち。 そうなると太りすぎてしまい、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気を引き起こしやすくなります。 これらは難産の原因になるだけではありません。 妊娠高血圧症候群は、悪化すると母子ともに命の危険にさらされますし、の場合、赤ちゃんが巨大児となるリスクを高めたり、生まれてすぐに赤ちゃんが低血糖症を引き起こしたりすることがあるのです。 また、体重の増加が気になったからといって絶食するのはNG。 特に健診前日に絶食をすると、尿や血液などの数値が変化してしまって、正確な結果が出せなくなります。 なるべく普段通りの食生活をしましょう。 妊娠中、1日2Lの水分摂取を心がけましょう。 非妊娠時は、1日の目標水分摂取量は1Lから1. 5Lぐらいが目安になりますが、お腹に赤ちゃんがいる時はいつもより500ml~1L増やしましょう。 むくみが気になるからといって、水分補給を控えてしまう妊婦さんは少なくないようです。 しかし、水分をしっかり取ることで血液の流れが良くなり、赤ちゃんにも健康的な血液を届けることができます。 逆に不足すると脱水症状を起こしたり、膀胱炎になりやすくなったりします。 妊娠中の水分補給には水かノンカフェインのお茶が適しています。 同じ水分でも清涼飲料水やジュースは糖分過多になり、妊娠中に必要な体重コントロールの妨げになる可能性があるので控えましょう。 緑黄色野菜には、妊娠中だけでなく普段から健康的に過ごすために必要不可欠なビタミン類や葉酸、鉄分、食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。 旬の時期は栄養価が高まるので、季節の野菜を積極的に取り入れるといいですね。 特にモロヘイヤ、ほうれん草、春菊にはお腹の中の赤ちゃんの成長を促し、授乳中には母乳作りのサポートをしてくれる葉酸が豊富。 血液の流れを良くして体を温める作用があるビタミンEも、妊婦さんと赤ちゃんの健康を支えてくれますよ。 生のまま食べるよりも、加熱してかさを減らしたほうがたくさん食べられます。 さっぱり食べられる温野菜サラダや、汁に溶け出した栄養も摂取できるスープや味噌汁がオススメです。 カフェインを含むコーヒーや紅茶といった飲物を、妊娠前から楽しんできた方は多いと思います。 気持ちを落ち着かせ、ストレスを和らげる等の効用もあります。 しかし、大量のカフェイン摂取は、低体重児として出生するなど胎児の発育や妊娠の経過に悪影響を与える可能性も示唆されています。 WHO(世界保健機構)では、一日のカフェイン摂取量が300mg(200mlカップならばコーヒー2. 総合して考えると、コーヒーは1日2杯程度なら問題ないようですが、カフェインレスのコーヒーや紅茶がスーパーや赤ちゃん用品店等で買えますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。 できれば、カフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選ぶようにしましょう。 妊娠中の食事は、妊活中の食事と気をつけたい点に大きな違いはありません。 基本的には栄養バランスのとれた食事を三食きちんととることが大切です。 ただ、妊娠期間はホルモンバランスの変化の影響などで味覚が変化し、食事の好みが変わることもあります。 特にかもしれません。 妊娠中の食事はママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても重要ですが、過剰に気にしすぎるとかえってそれがストレスとなってよくない影響を及ぼすことも。 「あのレシピは辛いものだからNG、あの食材はダメ」と神経質になりすぎることなく、まずは少しずつ、できることから取り入れてみましょう。 小さなことでも信頼できる相手に相談しながら、マタニティーライフと美味しい食事を楽しんでくださいね!.

次の

妊婦の食事!妊娠初期から摂りたい食べ物は?

妊娠超初期 食事

生理がこなくて意識し始める「妊娠」。 「もしかして妊娠してかもしれない・・・」と思った時から、検査薬などで調べますよね。 検査薬で陽性が出るころにはすでに「2ヶ月」なんです!「妊娠したばかりなのに2ヶ月??」と思ってしまいますが、週数の数え方でそうなっているのです。 妊娠週数の数え方や、「妊娠初期」の症状についてみていきたいと思います。 妊娠週数の数え方 妊娠週数は、最後にきた生理の始まった日を0週0日と数えます。 生理周期によって排卵日は人それぞれですが、平均的に28日周期の人の例だと生理開始日から2週間後に排卵日として、排卵日が2週0日です。 生理予定日の頃が4週目になります。 その頃から妊娠検査薬で妊娠したかどうかがわかります。 4週目は妊娠2ヶ月に入ります。 そして妊娠初期というのは、2ヶ月から4カ月のことを言います。 まだ妊娠したかどうかはっきりしないころから、赤ちゃんの成長は始まり、すくすく育っています。 妊娠の初期症状や体の変化 妊娠の初期症状は妊娠なのか、生理前の症状なのかよくわからないこともありますよね。 妊娠するとホルモンの変化によって様々な症状がでてきます。 妊娠すると黄体ホルモンが出続けることにより、生理を止めたり、おなかの赤ちゃんを温めるために体温を上げたりします。 そして黄体ホルモンは平滑筋を緩める作用があり、子宮以外の胃腸や血管の収縮も抑えるので、胃腸の不快感や貧血、頭痛などが起こることがあります。 ・体温が高い、熱っぽい 風邪のような症状(頭痛・関節痛)が見られたり、体が熱っぽくなる。 ・眠気が強い いつもより眠気が強く、体がだるい。 常に眠い。 ・胸が張る 乳首が下着とすれただけでも痛い。 胸が張り、大きくなる。 ・胃がむかむかする、吐き気がする 急に食欲がなくなったり、胃の調子が悪くなる。 吐き気がする。 ・立ちくらみ・めまい 急にクラクラしたり、立ちくらみがでる。 妊娠の初期症状は個人差があるので、必ず以上のような症状が出るわけではありませんが、普段と違うと感じるような症状があるときは無理をせず、体を休めるようにしましょう。 関連記事 妊娠中、身近にある気をつけなきゃいけない食べ物 知らず知らずのうちに食べてしまって、後で気づいて後悔しやすいのが食べ物かもしれません。 身近な食べ物にきをつけなくてはいけないものなどが意外とあります! お肉類では・・・• 生ハム• レアステーキ(牛、豚、鶏、ジビエ含む)• 肉や魚のパテ• スモークサーモン• など、十分加熱されていないため、リステリア菌に感染してしまい食中毒になったりトキソプラズマという原虫に感染して胎児に障害がでる危険性もあります。 ただし、 しっかり加熱してあれば大丈夫です。 妊娠中に食べる場合にはしっかりと加熱して食べるようにしましょう。 ナチュラルチーズ(ブルーチーズ、カマンベールなど) 加熱殺菌していないナチュラルチーズには、リステリア菌が潜んでいる危険性があります。 妊娠中は食中毒の危険性が高いので、十分に加熱して食べてください。 なお、スーパーなどに売っているプロセスチーズは加熱殺菌しているので、食べても大丈夫です! チーズのパッケージの裏面などにナチュラルかプロセスか書いてあるので、迷ったら食品の裏をチェックしてみましょう。 注意したいお魚関係・・・ ミナミまぐろ、マカジキ、キダイなど 胎児に影響を与えてしまうくらいの水銀が含まれている可能性があるため、1日に80g程度(刺身で約1人前)週に2回くらいまでに抑えた方がいいと言われています。 キンメダイ、クロマグロ、メバチマグロ こちらも胎児に影響を与えてしまうくらいの水銀が含まれている可能性があるため気をつけたい魚です。 1日に80g程度(刺身で約1人前)、週に1回くらいにしましょう。 刺身、魚卵 新鮮なものであれば問題はありませんが、生魚には食中毒の原因菌が存在していることがあります。 妊娠中はなるべく加熱処理してある料理の方が安心かもしれません。 関連記事 薬・サプリ・エックス線など 薬やサプリの中には、赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうものや影響がないとは言い切れないものがあります。 これまで服用していたものは主治医に相談したほうが安全だと思います。 市販の薬も同様ですので、独断で服用してはいけません。 この時期は特に口に入れる物に敏感になっている時期だと思いますので、無添加の『ベルタ葉酸』がおススメです。 妊活時から「葉酸」を摂取するようにと言われます。 特に、妊娠初期に重要なビタミンB群の栄養素で、2002年からは母子手帳にも葉酸摂取の必要性の記述があります。 妊婦さんは、1日400㎍の葉酸摂取を国か推奨されているのですが、普段の食事だけではなかなかこの量を摂るのは難しいです。 (食品に含まれる葉酸は熱に弱く、調理などで失われてしまうため) 更に、つわりなどの時期は食事が思うようにとれない…という悩みも出てきます。 また、外からの刺激として気になるのは湿布です。 赤ちゃんに影響を与える薬剤が含まれていることが多いので、必ず相談しましょう。 エックス線は、場所によっては影響がないと言われていますが、影響を与えてしまう危険性が全くないわけではないので、必ず事前に妊娠していることを伝えてください。 エックス線の影響がないようにおなかを保護するものをつけて撮影するなど工夫をしてくれたりします。 服装 妊娠に冷えは大敵で、流産の原因になることもあります。 体が冷えないように工夫することも大切です。 妊娠初期だと、まだまだ腹部は変わりませんが、腹部を圧迫してしまうようなきついものは身につけないようにしましょう。 また、靴はローヒールの靴にすると転倒の危険性も減り安心です。 関連記事 日常生活 いつもしていた生活の中のことが、流産につながってしまうこともあります。 特に気を付けてほしいのは• 重いものを持ち上げない• おなかを圧迫しない• ストレスを避ける• 過労を避ける• 体を冷やさない もし以下のような症状があるときには受診をした方が安全です。 おなかが頻繁に張る• 腹痛がある• 月経より多い量の出血がある• むくみがひどい など、いつもと違う異変があった時は気を付けてくださいね。 そして、車の運転は妊娠中は眠気が強かったり、体調不良で集中力が低下したりするので、いつも以上に慎重にし、休憩をとりながらするようにしましょう。 長時間の運転は避けた方がいいです。 関連記事 2ヶ月~妊娠したかもしれないと気付いた頃 産婦人科に受診を 次の月経が来るか来ないかという時期で「妊娠したかな?」と気付く頃です。 いつもの生理前と違う妊娠初期の症状を感じる人もいます。 2ヶ月の赤ちゃんは体重4gくらいで子宮はこぶし大くらいです。 妊娠検査薬の使用 生理が来なくなり、妊娠を意識した頃、妊娠検査薬をつかうと思います。 では妊娠検査薬はいつからつかえるのでしょうか? 妊娠検査薬は、妊娠した時にでるhCGホルモンに反応します。 このホルモンは妊娠8週ごろがピークになります。 妊娠検査薬が「生理予定日から1週間後を目安に使用してください」となっているのはこのためです。 あまり早く使用するとホルモンの数値が低く、反応しないことがあります。 使用方法をよくみて使用しましょう! 妊娠検査薬で陽性がでたら産婦人科へ 妊娠検査薬で陽性が出たら、産婦人科に受診しましょう。 産婦人科では、子宮内で正常に成長しているかを確認します。 あまりはやいと小さすぎて確認できないこともあります。 妊娠5~6週頃であればだいたい胎嚢を確認できる頃です。 胎嚢を子宮で確認できると、正常妊娠ということになります。 初診では、問診、内診、超音波検査などを行います。 それぞれ病院によって内容が多少違いますが、内診などの時に脱ぎやすいボトムなどでいくとスムーズかもしれません。 お母さんの体の様子 妊娠2ヶ月ごろのお母さんの体は赤ちゃんがまだまだ小さくても、少しずつ変わっています。 胸が張る、大きくなる• 乳房が張ったり、チクチクする。 乳首が黒ずんでくる 子宮は一回り大きくなる 少しずつおおきくなり、違和感を感じたり、張りを感じたりする。 つわりが始まる人もいる においに敏感になったり、胃もたれや吐き気が起き始める。 この他に妊娠初期の症状が出て、体調不良を感じる人が多いと思います。 具合がわるかったら、休憩したり、ねたりして無理をせずに過ごしましょう。 3ヶ月~妊娠がはっきりした頃 母子手帳やつわりについて 妊娠3カ月は妊娠8~11週です。 赤ちゃんは30gくらいに成長しています。 このころのお母さんは、ホルモンの影響で体に様々な変化が現れてきます。 そして妊娠のはっきりとした確定ができるころです。 産婦人科にかかり、胎嚢を確認できた後、妊娠7週以降に心拍の確認ができます。 この心拍の確認ができ、医師の指示によって母子健康手帳をもらいにいきます。 母子健康手帳をもらったら 妊娠が確定したら、居住地域の役所や保健センターに「妊娠届」を提出して受け取ることができます。 そして、「妊婦健康診査受診票」が一緒にもらえます。 これは妊婦健診の助成券になるので、氏名を記入し、産科に受診する際に母子手帳と一緒に持っていきます。 里帰り出産や引っ越しなどで県外受診をする場合は一旦自己負担になることもあるので、各自治体に確認しておくと安心です。 妊婦検診について 妊婦検診は、妊娠3~6カ月まではだいたい4週間に1度です。 お母さんと赤ちゃんの健康を管理する為に、かかさずいく必要があります。 内診、血圧測定、尿検査、問診、体重測定、超音波検査などが行われます。 わからないことがあったら、主治医の先生に聞くようにして不安なことを残さないといいと思います。 また、妊娠初期は4週間に1度の健診なので、健診まで日にちがあってなにか気になること、体の異変があった場合は、産科に電話をして受診の必要があるかどうかなど指示を仰ぐようにしてくださいね。 お母さんの体の変化 妊娠3カ月のお母さんは、ホルモンの影響で体にどんどん変化が起こっています。 つわりの症状 つわりはほとんどない人から、出産まで続く人など個人差がとても大きいです。 つわりは個人差が大変大きいので、一概には言えませんが7~10週ごろにピークがくる人が多いようです。 吐きづわり• 食べづわり• 食欲不振• 胸焼け• 胃の不快感• においづわり など様々な種類があります。 なるべく消化のいいものを少量ずつ食べて胃に負担をかけないようにしたり、食べられる物を食べるようにしましょう。 まだ赤ちゃんはお母さんの体の栄養で育つ時期なので無理して体にいいものばかり食べようとしなくても大丈夫です。 吐き気が強くて水分さえとれない、トイレの回数が減り脱水症状などが見られてきた時は病院に相談して受診してください。 関連記事 4ヶ月~流産の不安が減ってくる頃の体調と体型の変化 4ヶ月は12週~15週のことを指します。 まだ体調が不安定で、つわりがひどいお母さんや、常に具合が悪くてしんどいお母さんもると思います。 4ヶ月過ぎるとつわりが落ち着いてくる人も多いようですが、個人差が大きいので無理をしないで過ごしてください。 そして4ヶ月に15週頃になると胎盤が完成し、母体のホルモンの状態が安定してくるので流産の可能性が減ってきます。 この頃赤ちゃんは体重100gくらい。 まだまだ小さいですが、羊水の量が増えてきて、その中で手足を動かす様子が見られます。 子宮の大きさは幼児の頭くらいですので、そろそろ下腹部が膨らんでくる頃です。 今までの下着が窮屈に感じたら、マタニティ下着&ウエアに替えましょう 妊娠4ヶ月以降になるとおなかが少し膨らんできたり、乳腺が発達することによってバストも大きくなってきたりと今までの下着や、服だと窮屈に感じることがあります。 窮屈に感じた時は、マタニティ下着やウエアに替え時です!締め付けないので、マタニティ下着やウエアに替えると快適に過ごせますよ。 体重管理の重要性 つわりが落ち着いてきて食べられるようになると、どんどん食べたくなりますよね。 ただ、この頃から食べすぎる習慣がついてしまい、 体重が急増すると「妊娠高血圧症」や「妊娠糖尿病」のリスクが高くなってしまいます。 そしてお産に時間がかかり、難産になってしまう可能性もあります。 また、体重を増やさないようにしてしまうと赤ちゃんが低体重になってしまったり、赤ちゃんが将来生活習慣病になるリスクが上がるということもいわれており、赤ちゃんに影響を与えてしまうことも・・・。 体重は1ヶ月に1kgペースで8~10kg程度増やすのが理想です。 塩分・糖分は控えめに、三食規則正しい時間にとるようにして、バランスのとれた食事を心掛けましょう。 お母さんの体の様子 4ヶ月はホルモンの影響でどんどん体に変化が出てきます。 つわりが少しずつ落ち着いてくる つわりが少しずつ落ち着いて、食欲が出てくる人もいます。 食べすぎには注意してくださいね。 胎盤が形成される 胎盤が形成されて、赤ちゃんとへその緒で結ばれます。 流産の危険性が減ります。 頻尿になる 子宮が骨盤の下の方に下がるので、膀胱への圧迫が増えて頻尿になる人もいます。 妊娠初期は無理をせずに体と向き合う 妊娠初期は、初めてだとなおさらわからないことが多くて不安になることが多いですよね。 不安を一人で抱えてしまうとストレスで余計に体調が悪くなったりすることもありますので、わからないことは産科の担当の先生になんでも聞きましょう。 なるべくストレスを抱えずに無理をしないで安静に過ごしてくださいね。

次の

妊娠初期におすすめの食べ物・注意したい食べ物は?つわりや貧血時の食事も紹介

妊娠超初期 食事

野菜は、食物繊維が豊富なものが多く、便秘気味のママの強い味方です。 また、カロリーが低いため体重管理が必要なママにもおすすめです。 ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、枝豆などに多く含まれる「葉酸」は妊活中や妊娠初期に積極的に摂ることで胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを減らせる可能性があります。 優しい甘みのかぼちゃも栄養バランスが良く、妊娠初期におすすめの食べ物です。 つわり中でも食べることができると人気の野菜がトマトです。 さっぱりとした口当たりが好まれるようですね。 ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維などをバランス良く含んでいる食材です。 しかし、トマトやきゅうりなどの夏野菜は身体を冷やす作用があるといわれているため、冷え性の人は食べ過ぎないようにしましょう。 基本的に「食べてはいけない野菜」というものはありません。 どの野菜もバランス良く摂取すべきですが、にんにく、にら、ねぎ、らっきょうなどはにおいが強く、つわりがひどくなる場合もあります。 刺激が強いため、生で食べたり、食べすぎたりした場合は消化不良につながることもあるので注意しましょう。 赤味のお肉はタンパク質や鉄を多く含むため、積極的に摂取しましょう。 脂身は消化が悪いため、過剰摂取は避けたほうが良いですね。 肉類を食べるときは、食中毒を防ぐため、中までしっかりと火を通す必要があります。 生ハムや生ベーコン、馬刺し、ユッケ、市販のパテなどは食べないように努めましょう。 加熱が十分ではないため、ローストビーフやレアステーキも避けたほうが良いですね。 焼肉も両面をしっかりと焼いてから食べましょう。 レバーは鉄分を多く含み、栄養満点ですがビタミンAの含有量も多いため、妊娠初期は摂りすぎに注意です。 ウインナーやソーセージは加熱処理されたものであれば問題ありませんが、塩分が多くむくみの原因にもなるので、食べ過ぎには注意しましょう。 魚介類の多くは良質なタンパク質を含み、健康的な食事には欠かせない食材です。 しかし、一部の魚や調理方法には注意が必要です。 食中毒を起こすと赤ちゃんに影響を与えることもあるため、お寿司など、生魚や生の魚卵はなるべく食べないようにしましょう。 キハダマグロ、鮭(さけ)、あじ、鯖(さば)、いわし、さんま、鰹(かつお)などはDHAも豊富ですから、しっかり火を通して食べると良いですね。 ツナ缶も食べて大丈夫ですが、塩分や油が控えめなものを選ぶと良いかもしれません。 明太子やたらこはしっかり火を通せば食べられますが、塩分が多いため少量にしておきましょう。 牡蠣などの貝類も火を通せば大丈夫ですが、生で食べるのは止めたほうが良いですね。 食物連鎖の上位にいる大型の魚は、胎児に影響を与える「メチル水銀」が含まれている可能性があるので、妊娠中は大量に食べないほうが良いでしょう。 きんめだい、めかじき、本まぐろ、めばちまぐろ、マッコウクジラなどが該当します。 また、うなぎはビタミンAが多く含まれているため、妊娠初期は食べ過ぎに注意してくださいね。 大豆製品は、タンパク質やカルシウムなど、さまざまな栄養素をバランス良く含んでいます。 とくに納豆はナットウキナーゼ、ビタミンB2、カルシウム、葉酸、鉄分など、妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれています。 つわり中は、さっぱりとした豆腐料理もおすすめです。 高野豆腐は豆腐の栄養が凝縮されているため、少量でも栄養満点ですね。 牛乳の代わりに豆乳を取り入れても良いでしょう。 ただし、大豆製品に含まれる「イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きをするため、サプリと併用して過剰に摂取するとホルモンのバランスが崩れることもあるようです。 普通に大豆製品を食べる分には問題ないといわれていますが、サプリを飲んでいるママは注意しましょう。 20~40歳代の日本人女性は、カルシウムが不足しているといわれています。 妊娠中はカルシウムの吸収率がアップしますから、赤ちゃんの丈夫な歯や骨のためにも、積極的にカルシウムを摂っていきましょう。 カルシウムを手軽に摂ることができるのは、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品です。 ヨーグルトはカルシウムが多く、腸内環境を整えてくれる効果もあります。 加熱せず、そのまま食べても問題ありません。 プロセスチーズも加熱処理されているので、そのまま食べられますが、塩分には注意しましょう。 加熱処理されていないナチュラルチーズは、そのままでは食べないほうが良いですね。 ピザなど、火を通したものなら問題ありません。 クリームチーズは加熱しなくても大丈夫ですが、カロリーが高いため食べすぎないようにしたいですね。 フルーツは加熱処理の必要がなく、取り入れやすい食材です。 ビタミンやミネラルが豊富なものが多いですが、糖分も含まれているため、過剰摂取は避けましょう。 いちごやみかんなどは酸味があるので、つわりのときでも食べやすいかもしれません。 りんごやバナナは食物繊維とカリウムが豊富です。 余計な塩分を排出し、便秘の解消につながるため、間食にもおすすめです。 キウイは食物繊維、カリウムに加えて葉酸も豊富で、血糖値が上がりにくいといわれています。 スイカやメロンは、水分が多くつわり中でも好まれますが、身体を冷やす作用があるといわれているので、冷え性のママは食べ過ぎに注意が必要です。 アーモンドなどのナッツ類も、栄養価が高くおすすめの食材です。 できれば塩分が入っていないものを選びましょう。 アルコールは胎盤を通って赤ちゃんまで届き、胎児の成長や発達に影響をあたえる可能性があります。 妊娠中は禁酒しましょう。 アルコール度数が0. 00%の「ノンアルコールビール」は飲んでも問題ありませんが、念のため担当の医師に確認してからのほうが安心です。 酒粕で作られた「甘酒」にもアルコールが残っている可能性があるので注意が必要です。 「ハーブティー」は種類によっては子宮収縮作用があるため、妊娠初期は避けたほうが良いでしょう。 栄養ドリンク、コーヒー、緑茶、紅茶などはカフェインが含まれるため、何杯も飲むのは避けたほうが良いですね。 「麦茶」はカフェインが含まれていないので、ママにもおすすめです。 つわり中に炭酸飲料を飲むと、吐き気がおさまったというママもいます。 カロリーや糖分が気になる人は、無糖炭酸水を飲んでも良いでしょう。 きのこは食物繊維が豊富なため、便秘改善に役立ちます。 また、うまみ成分が含まれているため、きのこをいかせば塩分控えめで、おいしい料理を作ることができます。 低カロリーのため、体重管理に困っているママにもおすすめの食材です。 辛い料理は、適度に食べる分には問題ありませんが、スパイスを多く使った料理は胃に負担がかかることもあります。 妊娠初期にはちみつを食べても問題ありません。 1歳未満の赤ちゃんは、ボツリヌス菌感染のリスクがあるため食べてはいけませんが、ママが食べたはちみつから胎児に感染することはないようです。 はちみつはお砂糖よりも甘みが強くGI値(食品が糖に変化して血糖値が上昇する速さのこと)が低いので、味付けにもおすすめですが、摂りすぎると体重増加につながるので注意しましょう。 つわりで食べられない日が続き、赤ちゃんに栄養面の影響がないか気になるママもいるでしょう。 妊娠初期では赤ちゃんはまだ小さく、卵黄嚢(らんおうのう)という器官から必要な栄養をもらっているので、ママはそれほど栄養バランスを気にする必要はないといわれています。 食べられないときでも、「葉酸」は妊娠前~妊娠初期に十分に摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らせるといわれているため、積極的に摂っていきたい栄養素です。 緑黄色野菜などで摂れない分は、サプリで補っても良いですね。 空腹になるとつわりがひどくなる場合は、一度の食事量を減らし、こまめにつまめるものを用意しておくと良いでしょう。 小さめのおにぎりを作っておくと便利ですよ。 酸味や冷たいものをうまく利用すると、吐き気や胸やけが治まる場合もあります。 梅干のおにぎりや、トマトサラダ、いちごやパイナップル、アイスなどを少しずつ食べてみましょう。 炭酸水を飲むと、胃がスッキリすることもあるようです。 妊娠すると赤ちゃんに栄養を送り届けるため、ママの血液量が増えます。 そのうえ、つわりで十分な量の鉄分が摂れなくなると、貧血になるリスクが高まるといわれています。 貧血の改善には、肉や魚などに多く含まれる「ヘム鉄」と、野菜や海藻類などに含まれる「非ヘム鉄」をバランス良く摂取する必要があります。 ヘム鉄はレバーに多く含まれますが、レバーはビタミンAも多く含まれるため、過剰摂取には注意しなくてはいけません。 あさり、しじみなどの貝類にも豊富に含まれるため、お味噌汁などで取り入れてみましょう。 非ヘム鉄は小松菜やほうれん草、ひじき、卵黄などに多く含まれます。 ビタミンCと一緒に摂取すると鉄分の吸収率を高めてくれるので、レモン、パセリ、ブロッコリーなどを付けあわせにすると良いでしょう。 食の好みがガラッと変化 筆者は妊娠すると、食の好みがガラッと変わってしまいました。 もともと野菜が好きだったのに、食べたくなるものは、ポテトやから揚げなど脂っこいものばかり。 体重が増えないか心配でしたが、すぐにつわりが始まったため、結果としては痩せていきました。 つわりで献立をきちんと考える気力もなかったため、「すぐできる簡単レシピ」を検索して試していましたが、作っても食欲がわかずに食べきれないこともよくありました。 結局、野菜を切ってから冷凍保存し、朝にミキサーでジュースにして飲むことで最低限の栄養を摂っていました。 野菜ジュースをベースに、あとは食べたいものを食べたいときに食べるという生活で、なるべくストレスをためずにつわりを乗り切りましたよ。

次の