ハンバーグ コーヒー ゼリー。 コーヒーゼリーでハンバーグが美味しくなる?意外な材料で隠し味

ゼラチン派?アガー派?本当においしいコーヒーゼリーレシピ

ハンバーグ コーヒー ゼリー

ハンバーグに小麦粉をまぶすのはアリ? ハンバーグの表面に小麦粉をまぶす調理法は、 昔からある焼き方。 ハンバーグのプロもこう言っています。 裏技ってほどの事ではないですが、焼く直前にハンバーグ全体に小麦粉を薄くまぶします。 そして、ハンバーグ両面に中火でしっかりと焼き色をつけます。 つまり、しっかりと焼くことで表面が覆われ、肉汁を閉じ込めることが出来ます。 引用: でも、その反面「そんなの意味ねーよ」とか「低温で焼いた方がいいんじゃね?」など、いろんな意見があるのも事実。 料理の世界って、ワケのわかんない論説が入り乱れていますよね。 「デカいカレーの鍋に、小さいコンソメを1個いれると美味しくなる」とか。 はたから見ると「ムリじゃん?」って感じなんですが、実際に食べ比べると「なるほどー確かに違う!」って事もあります。 じゃハンバーグに小麦粉は? そりゃ、食ってみりゃ分かりますよ・・・ 小麦粉でハンバーグの肉汁は閉じ込まる? それじゃ、実際に作ったハンバーグの 食べ比べレポートをはじめます。 上の写真は 「 左がノーマル」 「 右が小麦粉付き」。 ぶっちゃけ、見た目はどーでもいいですよね。 とくに焼上がりに差はないし、火の通り加減も同じくらい。 んで、ひとくち食った印象は・・・ 「 ほとんど一緒!おなじハンバーグじゃね?」って感じ。 そりゃ、そーかも? タネと焼き方が同じで、小麦粉が表面に付いているだけの違いですから。 ただ、よーく味わうと若干肉汁の感じが違う。 小麦粉付きのほうが 肉汁がバシャバシャあふれる…と思います。 よーく味わうと。 「 肉汁5%増量」って感じですかね~ 例えば「ポテトチップス10%増量」とか言われても微妙じゃないですか。 あれ以下の僅差。 超微妙です。 (僕には分かりづらかった) サクッとした食感 あと、 小麦粉付きの ハンバーグは表面がサクッとしている。 このサクッとした感じが、肉汁のバシャバシャ感を強調します。 「肉汁命!」の人なら、割りと気に入るんじゃないでしょうか。 でもその反面 、肉のかみごたえが肉汁に溺れている感じもナキニシモアラズ。 超微妙な違いですが… ま、その辺は「お好みでお選び下さい」 ですね。 普通のハンバーグは普通のハンバーグで全然美味しいし、小麦粉を付けなくても十分にジューシーな仕上がりになります。 小麦粉をつけるかどうかは、 ダメ押しの一手で採用するかどうかって話。 「 ウチのハンバーグのレシピには、バシャバシャした肉汁感が必要」 とか「 表面にパリッとした食感が欲しい」など。 こだわり派の人が「さりげない隠し技」で小麦粉を使うのは、ナイスなやり方だと思います。 ちなみに 「ウチのハンバーグいつもパサパサになっちゃうんですけど」みたいなケースだったら、小麦粉を付けるよりも焼き加減を調整した方がいいです。 小麦粉には、パサパサハンバーグを救済するほどの力はありません。 もっと言うと、コーヒーゼリーとかパン粉を使っても、それ以上に大事なのはハンバーグの焼き加減です。 小麦粉まぶしハンバーグの作り方 ハンバーグに小麦粉をまぶすのに、特別なテクニックは使いません。 バットにたっぷりの小麦粉を敷いて、ハンバーグの裏表にまぶすだけ。 それだけです。 焼き方もふつうのハンバーグと同じ。 ただ、気をつけたいのは「 横着をすると面倒なことになりますよ」ってこと。 って言うのは「お皿で少量の小麦粉でもいいじゃね?」とか「まな板の上で小麦粉をふりかける」など、ついやっちゃいがちですよね。 でも、そのノリで行くとハンバーグのタネがお皿とかまな板にくっついて、 グチャグチャに崩壊する可能性があります。 ハンバーグに小麦粉をつけるのは簡単なんですが、バットを用意したり小麦粉をたくさん使うのが、若干めんどいところなんですね~.

次の

ハンバーグの隠し味でおすすめは?作り方の工夫でも味が変わる!

ハンバーグ コーヒー ゼリー

まさにプロの味!?ハンバーグの驚きの隠し材料とは 子供から大人まで世代を超えて愛されている「ハンバーグ」。 でも家庭ではお店で食べるようなあの肉汁あふれるジューシーなハンバーグを作るのってうまく再現できないしボロボロになっちゃうことが多いですよね。 でもあるものを隠し材料として使うだけで簡単にプロが作るジューシーなハンバーグを作ることができます! その隠し材料とは…なんと 「コーヒーゼリー」なんです!異色の組み合わせすぎて「どんな味するんだろう」「本当に美味しくくなるの?」「コーヒーゼリーの味がしそう」と思う方のためにコーヒーゼリーを入れるとハンバーグはどのようになるのか、今回私が実際に作って検証してみました! 今回参考にさせて頂いたレシピはこちら。 種を作る まずは初めに玉ねぎの皮をむいてみじん切りにします。 みじん切りにした玉ねぎをフライパンで玉ねぎが半透明になってしなってくるまで炒め、お皿に取り出して少し熱を冷まします。 こんな感じです。 炒めることで玉ねぎは甘みが出てきます。 このひと手間もプロの味を再現するためには必要なひと手間ですよ! 次に、さきほどの牛豚合挽き肉、卵、パン粉、炒めた玉ねぎのみじん切り、そしてコーヒーゼリーをボウルに入れます。 ボウルの材料を手でしっかりとこねます。 目安としては コーヒーゼリーが見えなくなるまで、です。 見た目では全くコーヒーゼリー入れたかどうかわかりませんが、ほのかにコーヒーの香りがこの段階ではまだ香っていました。 4等分の印をつけて… ハンバーグの形にまとめます。 美味しく作るためにはこの工程がまず1つ目のポイントです!ふっくらジューシーに仕上げるために なるべく厚みがある丸い形にするのが良いということで、しっかりとハンバーグの種の空気を抜きながらいつもより厚くて丸い形にすることを心がけてください! 大きさは手のひらに収まるくらい。 1つ1つの分量も多いのでどーんとしたボリューム感がありました。

次の

【林修の今でしょ講座】ステーキとハンバーグのウラ技!/クイズスクール・お肉編(2020.1.28)

ハンバーグ コーヒー ゼリー

ハンバーグの隠し味• マヨネーズ• 麩 1つずつ理由と入れることによってどうなるかをお伝えしますね。 ハンバーグの隠し味 その1. 味噌 どこの家庭にもあるお味噌。 ハンバーグに入れたら和風になるんじゃない?って思うかもしれません。 味噌にはうまみ成分のグルタミン酸がたくさん含まれています。 そのグルタミン酸がお肉の旨味をさらに引き出してくれて、安いお肉でもなぜか高級なハンバーグのお味になってしまうんですよね。 もちろん塩分がたくさん含まれているので、入れすぎは禁物です。 2人前(ひき肉)に対して大匙1杯程度で十分です。 特に焼きあがったハンバーグが和風になることもないので、もちろんデミグラスソースなどにもぴったり合いますよ。 本当に不思議なのですが、絶対に美味しくなるのでぜひ入れてほしい隠し味です。 ハンバーグの隠し味 その2. マヨネーズ もう一つの隠し味が、マヨネーズです。 これもどの家庭の冷蔵庫にもありますよね。 マヨネーズをハンバーグに加えることで、マヨネーズの乳化された油がお肉の間に混じります。 そうすると肉同士のタンパク質の結合する力を弱めてくれて、ふんわりとジューシーな仕上がりにしてくれるんです。 いつもハンバーグを作ると、どうしてもカチカチで肉団子のようなハンバーグになってしまうという人は、ぜひマヨネーズを隠し味に入れてみてくださいね。 マヨネーズも2人前に対して大匙1杯程度でOKです。 つなぎや卵を追加するタイミングで、一緒に入れてこねればいいですよ。 ハンバーグの隠し味 その3. 麩 最後の隠し味が、お麩です。 これはつなぎのパン粉の代わりに使うことで、これまたジューシーなハンバーグに仕上がるんです。 理由は麩の吸水力です。 パン粉に比べても、お麩の吸水力はかなり高いので、お肉の中に美味しい肉汁をしっかりと閉じ込めてくれるんですよね。 麩の使い方は、お水などで戻さなくてOK。 乾燥した麩をそのまま、袋に入れて綿棒などでたたいて細かくするか、大根おろしを作るようなおろし金で細かくしてもいいです。 細かくなった麩を、パン粉の代わりにつなぎとして使いましょう。 面倒な時には、そのまま牛乳で戻して手で細かくしても大丈夫。 パン粉よりも量も少なくて大丈夫ですよ。 大体2人前(お肉300g)に対して10g程度です。 必ず麩を入れるときには、パン粉は入れないように気を付けてくださいね。 まだまだ、各家庭によっては違うものを入れている人もいるかもしれませんね。 また、ヘルシーに仕上げるために豆腐やおからを入れたり、鶏ひき肉で作るハンバーグの時にはしょうがを入れる人などもいました。 隠し味ではないですが、そういった普段と違うハンバーグを作ってみるのもいいですよね。 けれど何を入れるにしても隠し味なので、味が隠れていないと意味がありません。 その味が前面に出てしまうくらいたくさんの量を入れるのではなく、どれもほんのちょっと入れるくらいです。 ハンバーグ2個分の量に対して、大匙1杯以上入れてしまうと味が強くなってしまうので気を付けてくださいね。 また美味しくなるはずと思って、全部の隠し味を入れてしまうと味が複雑になりすぎて、まとまりのない味になってしまいます。 もし調味料を隠し味として入れるのであれば、多くても1~2種類にとどめておくのがポイントです。 ぜひ自分好みのハンバーグになるように、いろいろな隠し味を試してみてくださいね。 スポンサーリンク ナツメグって必要? もう一つ隠し味ではなく、ハンバーグに入れる定番のスパイス『ナツメグ』について書いておきますね。 なかなかナツメグって、ハンバーグ以外の料理に使う機会もないので、レシピなどに書かれていても必要かな?って迷ってしまいますよね。 ナツメグをハンバーグのスパイスとして使用する理由は、ずばり 肉の臭みを消すため です。 味付けの理由ではないので、入れるとしてもほんの少し、瓶のまま2~3振り入れる程度です。 けれどもしナツメグがないのであれば、入れなくても問題はありません。 お肉に臭みがなければ必要はないですし、もしナツメグがなくて肉の臭みが気になる場合はニンニクのすりおろしやコンソメを少量入れることで、臭み消しになるので試してみてくださいね。 ナツメグがない!と、慌ててスーパーへ走る必要はないので安心してください。 ハンバーグの基本の作り方 隠し味についてお伝えしましたが、そもそもハンバーグの基本の作り方って知ってますか? いくら隠し味を入れたって、作り方が間違えていれば美味しくなるはずのものも、失敗しやすくなってしまいますよ。 基本のハンバーグのレシピや作り方は、こちらを参考にしてみてくださいね。 ハンバーグの作り方のポイント• すべての材料を冷やしておく• 先にひき肉と塩だけでこねる• 形を作ってから、冷蔵庫で寝かす すべての材料を冷やしておく まずはお肉を含めた材料は、すべて作る寸前まで冷蔵庫に入れて冷やしておくのが鉄則です。 特に注意してほしいのが、炒めた玉ねぎ。 どうしても炒めて冷めていないうちや、常温くらいで加えてしまいたくなりますよね。 けれど、なるべく炒めた玉ねぎも冷蔵庫に入れて冷やすのがおすすめです。 理由は一つ。 肉の脂は15度を超えると溶けてしまう為、こねているうちに温度が上がってしまうと焼いた時に脂がすべて流れ出てしまうんです。 箸を入れたときに肉汁があふれ出てくるようなハンバーグには、ならなくなってしまうんですよね。 なのでとにかく、お肉を含めて材料の温度は冷たいままの状態で形を作れるのがベストです。 もし夏場などで、いくら冷やしても温かくなってしまう場合は、ボウルの底に氷をあてて冷やしながらこねたり、また手の温度が温かいときはスプーンや箸などで体温が伝わらないように混ぜてもいいですね。 とにかく冷たいままの状態で、しっかり粘りが出るまでこねて、俵型にまとめられるようにするのがポイントです。 先にひき肉と塩だけでこねる 材料を加える順番は、最初からお肉や卵、調味料などを一緒に混ぜないのがポイント。 まずはひき肉と塩だけで、粘りが出るまでこねてください。 塩の効果でお肉の脂が出ない為の膜を作ります。 しっかりと粘りが出た時点で、他の材料を一気に加えてさらにこねます。 この順番を守ることで、肉の脂をしっかりと閉じ込めたままのハンバーグを作ることができます。 スポンサーリンク 形を作ってから、しばらく冷蔵庫で寝かす 材料を混ぜて俵型に成形したら、そのまま焼いてしまう人がほとんどだと思います。 けれど、時間があるならなるべく一度冷蔵庫で寝かすのがおすすめです。 できれば2~3時間、短くても1時間程度は寝かしたいところ。 もしどうしても時間がなければ、10分ほど冷凍庫へ入れて凍る寸前まで冷やすだけでも大丈夫です。 冷やすことでまた脂を固まらせて、焼いた時に脂が外に流れ出るのを防ぎます。 このもう一度冷やすということも、かなりポイントになるので覚えておいてくださいね。 冷えたハンバーグは、フライパンで焼いてもいいのですが、おすすめはオーブンで焼くこと。 フライパンで両面に焼き目をつけたら、そのままオーブンに入れることで表面全体に均一に熱が入るので、ふっくらとジューシーに焼きあがります。 ハンバーグの隠し味 まとめ ハンバーグの隠し味についてまとめてみました。 気になる隠し味は見つかりましたか? ただのお肉とは言えども、奥が深いハンバーグ。 調味料や作り方、焼き方ひとつで美味しくなりますよ。 ぜひ家族が喜ぶ、美味しいハンバーグを作ってみてくださいね。

次の