ロズレイド 相性補完。 ロズレイド育成論 : 有利対面を継続する先発アタッカーロズレイド|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン初心者です

ロズレイド 相性補完

カイオーガ,トゲキッス,ディアルガ カイオーガ トゲキッス ディアルガ みず フェアリー ひこう はがね ドラゴン SCP:3825 SCP:3243 SCP:3687 総評 SCPが高く技範囲が優秀な カイオーガを中心に組んだパーティ。 二体目にはカイオーガの水技に耐性がある ギラティナ・ディアルガに強い トゲキッスを採用した。 またトゲキッスが弱い鋼タイプにカイオーガが強いためこの二体は相性補完が良い。 そして三体目には 電気の一貫を切ることができてタイプ・技範囲が優秀な ディアルガを採用した。 オプション カイオーガの技構成は水タイプのミラーに強くしたい場合はふぶきを かみなりにする選択肢もある。 ディアルガの技構成はトゲキッスの苦手な鋼タイプを消耗させるためにかみなりにしているが、等倍で最高打点となる りゅうせいぐんにする選択肢もある。 ディアルガ,グラードン,カイオーガ ディアルガ グラードン カイオーガ はがね ドラゴン じめん みず SCP:3687 SCP:3825 SCP:3825 総評 技範囲が優秀で対面性能が高い ディアルガを中心に組んだパーティ。 二体目にはディアルガが弱い メルメタルに強くSCPが高い グラードンを採用。 またグラードンが弱いカイオーガにディアルガが強いためこの二体の相性は良い。 そして三体目にはここまで一貫している相手の グラードン・トゲキッスとの打ち合いに強い カイオーガを採用した。 オプション カイオーガの技構成はグラードンの天敵である相手のカイオーガに強く出られるかみなりにしているが、 ギラティナやディアルガへの有効打が欲しい場合は ふぶきにする選択肢もある。 ギラティナ オリジン ,グラードン,メルメタル ギラティナ オリジン グラードン メルメタル ゴースト ドラゴン じめん はがね SCP:3709 SCP:3825 SCP:3585 総評 技の一貫性に優れタイプが優秀な ギラティナを中心に組んだパーティ。 二体目にはギラティナが弱い ディアルガに強い グラードンを採用。 またグラードンが弱いカイオーガにギラティナが強いためこの二体は相性が良い。 しかし、ここまで相手の トゲキッスに対するケアが甘いため三体目に メルメタルを採用した。 メルメタルとグラードンを並べることでマスターリーグのトップメタであるディアルガを対処しやすくなっている。 オプション ギラティナの技構成で相手の カビゴンへの打点を確保したい場合はあやしいかぜを りゅうのはどうにする選択肢もある。 メタグロス,カイリュー,カビゴン メタグロス カイリュー カビゴン はがね エスパー ドラゴン ひこう ノーマル SCP:3549 SCP:3499 SCP:3449 総評 タイプ・技範囲ともに優れている メタグロスを中心に組んだパーティ。 そして二体目には メタグロスとの相性補完が良い カイリューを採用(メタグロスが弱い地面・炎・水タイプに対してカイリューが強く、カイリューが弱いフェアリー・岩・氷タイプにメタグロスが強い)。 三体目には同じように 対面性能が高く広範囲に対応できる カビゴンを採用した。 オプション 相手の メタグロスやジバコイルなどの鋼タイプを対策したい場合はカビゴンを ラグラージにする選択肢もある。 カビゴンは不利な戦況での引き先として、ラグラージはジバコイル・メタグロスへの明確な回答としてそれぞれ優秀だ。 ガブリアス,メタグロス,トゲキッス ガブリアス メタグロス トゲキッス ドラゴン じめん はがね エスパー フェアリー ひこう SCP:3718 SCP:3549 SCP:3243 総評 SCPが高く技範囲が優秀な ガブリアスを中心に組んだパーティ。 二体目には ガブリアスと相性補完の良く技範囲にも優れている メタグロスを採用(ガブリアスが弱い氷・フェアリータイプにメタグロスが強く、メタグロスが弱い炎タイプにガブリアスが強い)。 しかしここまで相手の ギャラドスへのケアが甘いため二体との相性補完に優れている トゲキッスを三体目に採用した。 オプション 相手の ギャラドスを更に対策したい場合はメタグロスを ジバコイルにする選択肢もある。 トゲキッス,ラグラージ,カビゴン トゲキッス ラグラージ カビゴン フェアリー ひこう みず じめん ノーマル SCP:3243 SCP:2924 SCP:3449 総評 通常技が強力でドラゴン・格闘タイプに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスと相性補完の良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い岩・電気・鋼タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 この二体で相性補完はとれているため、形を崩さないために三体目には 弱点が少なく対面性能の高い カビゴンを採用した。 オプション 相手の トゲキッスの一貫を切りたい場合はカビゴンを メタグロスや ジバコイルなどの鋼タイプにする選択肢もある。

次の

技範囲考察(相性補完)

ロズレイド 相性補完

はじめに• 初投稿です。 至らない点や気になった点があればご指摘いただけると幸いです。 すべてのポケモンの参照する能力の個体値はV 最高 とします。 ダメージ計算はポケマス様のサイトとダメージ計算SSのアプリを使用させていただいております。 ロズレイドについて 第4世代から登場した草・毒タイプのポケモンです。 同じ複合タイプにはフシギバナがおりますが、あちらは高めの耐久と優秀な夢特性により晴れパのエースとして活躍しているのに対して、こちらは素の状態で高めなCとSを活かして立ち回ります。 採用理由 現環境で増加傾向にある水ロトム、アシレーヌに強く出ることができ、なおかつ花春丼、ピクシーなどの対策も持ち前のCとSで自然にできる点を評価しました。 同タイプのポケモンとの差別化点• 前述したとおり、あちらとは違ってSが高いので、素の状態で環境に多いドリュウズ、トゲキッス、ギャラドス、FCロトムの上から行動できるのが非常に大きなポイントです。 あちらは晴れパでの運用がほぼ前提となりますが、こちらは色々なパーティーに採用できる汎用性の高さがあります。 草ロトム 役割対象はほぼ同じです。 あちらはボルトチェンジや電気技を使えるため飛行タイプに強く出られる点、補助技を豊富に覚える点で優れていますが、こちらはやに有効打を持てる点、の上を取れる点、他のロトムを使えるという点で優れています。 特性 後述の脱出パックと相性のいい自然回復を選択しています。 調整意図 C:余り HB:無補正A252の地震確定耐え HD:無補正C252の大文字確定耐え S:最速抜き あまり耐久に振りすぎるとの劣化になってしまいますが、対面で勝てる相手を増やすために最低限の耐久調整を施しました。 最速ルカリオに抜かれてしまいますが、そもそもこちらから有効打を持たないので、このポケモンで見る必要はないと判断しました。 持ち物 後述のリーフストームとの相性のいい脱出パックを採用しました。 ガオガエンやウインディに出し負けた際、威嚇に反応して有利なポケモンを投げられる点も評価しています。 技構成と与ダメージ• リーフストーム 威力130、命中90の最大打点です。 持ち前のCと合わせて、弱点をつければほとんどの相手を1発で落とせます。 Cが2段階下がるというデメリットがあり、後続の起点にされてしまうリスクがありますが、脱出パックによりそれを解消することが出来ます。 H4ミミッキュ皮ダメ込み 88. ヘドロ爆弾 威力90、命中100の癖のないメインウエポンです。 主にフェアリータイプや草タイプに撃ちます。 H4 80. エナジーボール 草技はすでにリーフストームがあるので、神通力やシャドーボールなどのサブウェポンにしたほうがいいだろ、と思った方もいらっしゃると思いますが、そこまでこのポケモンでドヒドイデやGサニーゴを見たいと思わなかったのと、役割対象に技外しが負けに直結するポケモンが多かったのでこちらを採用しました。 眠り粉はありかもしれません。 H4 55. また、草4倍勢はダイマックスしても全員確1です。 マジカルシャイン ドラゴンタイプに撃つサブウェポンです。 こちらは神通力やシャドーボールと違い、を確1にできるため採用しました。 H236D4ドラパルト 54. 砂かき カバルドンをしばきつつ、砂嵐の場に無償降臨する動きが非常に強力です。 苦手なにはが強いので相性がいいです。 火ロトム 相手はやアーマーガアなどのダイジェットエースを通すにあたってこのポケモンが非常に重いので、やを誘うことが出来ます。 そこをでしばくことができれば、後続からどついてくるダイジェットエースをで安全に狩ることが出来ます。 、、 単純に相性補完として。 後続に控えさせておくことで、との対面を恐れずに初手にを投げられます。 カジリガメ このポケモンでどつきにいく際、相手のや水地面勢が城塞の如く立ちはだかります。 しかし、残念ながらこれらのポケモンはの養分にすぎません。 積み構築全般 積みの並びをみるやいないなや、相手は意気揚々と天然アッキを選出してきますが、この美しい花束を見た瞬間、相手はDに振っていないことを後悔することになるでしょう。 スカーフを誘い、大文字を耐えてマジカルシャインでイキり散らかしましょう。 いつもこのようにうまくいく訳ではないでしょうが、色々なポケモンと組み合わせて強くなる可能性を秘めたポケモンだと感じました。 最後に ここまで読んでいただいてありがとうございました。 この育成論での強みを伝えることが出来たら幸いです。 しかし、なんと僕自身まだ回してないので、これから実際に回してチューンを重ねていこうと思います。 調整の改善案や文章についての指摘など、何かありましたらコメントでよろしくお願いします。 回していないことが原因のミスです。 申し訳ありません。 採用基準としては、ラム、命中不安を嫌う場合にわたほうしを、S調整を必要としない相手により強く出たい場合に眠り粉を選択といった形ではどうでしょうか?.

次の

技範囲考察(相性補完)

ロズレイド 相性補完

霊がメインの場合と闘がメインの場合の両方がある。 特に前者は霊半減以下の無悪の両方に闘で弱点を突ける完璧な組み合わせ。 後者でも闘が半減以下の超霊毒虫飛妖のうち2つに弱点をとれる。 シャドークローの威力や気合玉の命中率など、物理特殊どちらにしても 威力や命中に難があるため使用者が少ないが、優秀な組み合わせであることに変わりはない。 水がメインの組み合わせ。 大半の水タイプが使用できる。 水を半減する、水竜草のうち2つに弱点を突ける。 水タイプのポケモンが冷凍ビームなどをサブウェポンとして採用することが多い。 水に両方半減される。 習得者は少ないが、氷技にフリーズドライを採用する場合は水にも弱点を突けるため、範囲が非常に広くなる。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性の弱点を突ける。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に炎で弱点をとる。 非常に止めるのが難しい組み合わせ。 ドラゴンタイプのポケモンが大文字や炎のパンチなどをサブウェポンに持ちこの技範囲を扱うことが多い。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に地で弱点を突く。 「ドラゴンタイプ+鋼対策技」の組み合わせではとが両方とも一致で扱える。 電を半減以下にできる地草竜電のうち、3つに弱点をつける。 氷から見た場合は対水のみだが、フリーズドライを覚えず、電気タイプの技を覚えるポケモンが対水を想定して採用されることも。 単純な抜群範囲はそれほど広い部類ではないものの、補完が極めて優秀な組み合わせ。 電タイプのポケモンが「めざめるパワー氷」をサブウェポンに持ちこの技範囲を扱うことが多い。 妖がメインの組み合わせ。 妖を半減する、炎毒鋼の全てに地で弱点が突ける完璧な組み合わせ。 この範囲を扱える妖は少なく、特殊ならばめざめるパワー地面が使われる。 地面ポケモンから見ると苦手タイプへの補完が一切無いため、優先度は高くない。 飛がメインの場合と、地がメインの場合の両方がある。 前者の場合、飛を半減する電岩鋼の全ての弱点を突く完璧な組み合わせ。 後者の場合、地を半減以下にする飛虫草のうち2つに弱点を突く。 飛闘の組み合わせの影に隠れがちだったが、飛闘を半減以下にするギルガルドに地が抜群であるため、採用率は上がっている。 毒に耐性を持つ毒・岩・鋼に地が抜群。 地半減の草に毒が抜群となる。 基本は毒メインのポケモンが相性補完を求めて地を採用する。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 超がメインの組み合わせ。 超を半減以下にする悪超鋼のうち、1つに弱点を突く。 主に超タイプが鋼を相手取るためにこの範囲を持つ。 かつて高威力の炎技を扱える超ポケモンは少なかったが、第8世代では技マシンでマジカルフレイムが配られ、この範囲は一般的になった。 炎ポケモンから見ると苦手タイプへの補完が一切無いため、こちらはこの範囲が取られることはまずない。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に闘で弱点を突く。 虫鋼複合のハッサムや超鋼複合のメタグロスに竜半減闘等倍となるため、竜炎の組み合わせの影に隠れがち。 妖に両方半減以下にされる。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性に弱点を突ける。 飛行半減の鋼に炎で弱点を突く、飛行がメインの相性補完。 等倍範囲の広い飛行技の一貫性が高まるうえ、双方半減の岩タイプがマイナーなので止まりづらい。 鋼タイプをメインウェポンとするポケモンが炎電鋼の弱点を突くために採用する。 地面タイプが不一致鋼技を採用することは少ない。 草半減の炎・飛行・虫に岩で弱点が突け、岩半減の地面に草が抜群を取れる。 岩タイプで草技を扱えるポケモンは少ないため、草タイプがサブとして岩技を採用するケースが多い。 両者鋼に半減されるが、岩技を覚えられるポケモンは地面・格闘技も覚えることが多いため、比較的対策しやすい。 特殊岩技の威力が低いため、採用するポケモンの大半は物理型である。 妖半減の炎に岩が、岩半減の闘に妖が抜群。 双方に無効タイプが存在せず一貫性が高いが鋼に半減される。 相性補完と等倍範囲の両面で優れた組み合わせだが、双方とも威力100未満の技が多い。 タイプ一致でないと等倍だと十分な火力が出ないうえ、現状では双方をタイプ一致で扱えるポケモンが限られる。 また、岩メインのポケモンで高威力の妖技を覚えるポケモンは非常に少ない。 主にストーンエッジなどの高威力物理岩技をサブで扱える妖主体のポケモンが補完で採用する範囲。 主に物理鋼が炎・水・電へ等倍以上の打点を求めて岩技を採用する。 両タイプに無効化手段が無いため、鋼に双方半減という点を加味しても等倍範囲が広い組み合わせ。 実戦では双方との補完に優れる地や闘を同時採用し、鋼への打点とするのが一般的。 竜をメインとするポケモンが妖に鋼で弱点を突く目的で採用する。 共に鋼に半減されるので、サブやもう一つの一致技で鋼に高打点で弱点を突ける竜で採用する。 竜が覚えられる鋼技が威力が低いことと、メジャーな妖複合の水妖・電妖に鋼が等倍な点がネック。 双方一致で扱えるポケモンが禁止伝説ののみであることもあり、採用率はあまり高くない。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 4属性に弱点をつける。 無半減の鋼に炎で打点を得る、無をメインとする相性補完。 主にだいもんじなどの高威力特殊炎技を使用できる特殊メインの無が採用する範囲。 双方半減の岩が少ないため等倍範囲も広い。 物理でも採用価値はあるものの、無が覚える物理炎技はほのおのパンチやほのおのキバ止まり。 炎弱点を持つ鋼が多いとはいえ威力が低く、4倍ピンポイントの採用になりがち。 物理メインの無の場合は地や闘といった技威力の高い組み合わせに落ち着く場合が多い。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 電気は草対策に炎技を、炎が水対策に電気技をそれぞれ採用する。 双方が竜に半減されるが、多くのポケモンが止まりやすいすべての鋼複合に対して等倍以上を取れる組み合わせ。 実戦ではめざめるパワー氷や格闘技・地面技をあわせて採用するケースが多く、突破力をさらに高めやすい。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 7属性に弱点をつける。 妖半減の鋼に炎で、炎半減の竜に妖で弱点をつける。 炎タイプに双方半減以下となる。 現状双方をタイプ一致で扱えるポケモンは存在せず、主に妖が鋼への打点として炎技を補完採用する。 高威力の炎技を習得できる妖は少なかったが、第8世代ではマジカルフレイムを覚えるポケモンが増えた。 などの炎4倍鋼には効果てきめんで採用率は高い。 妖半減の鋼に闘で弱点をつく、妖メインの相性補完。 両半減の毒がマイナーなうえ、やといったメジャーな高耐久無に対する打点にもなる。 きあいだまやばかぢからといった高威力闘技を習得できるポケモンに特に人気のある組み合わせ。 めざめるパワーでも選択肢となるタイプだが、格闘4倍筆頭のには妖で2倍弱点が突ける。 環境には闘等倍以下の鋼も多いので、特殊妖のめざめるパワーの選択タイプとしては炎・地に比べると少数派。 また、闘メインのポケモンからすれば等倍範囲はそれなりだが補完がない。 高威力の妖技を習得できる闘も現状いないため、闘メインのポケモンが採用することはまずない。 竜をメインとするポケモンが妖に毒で弱点を突く目的で採用する。 共に鋼に半減以下にされるので、採用する竜のほとんどは持ち物や特性・積み技による威力補強を施す。 威力補強が十分であれば、高威力の竜技により半減でも鋼にゴリ押しが狙える。 サブやもう一つの一致技で鋼に高打点で弱点を突ける場合も多く、鋼による安易な対策が通用しない場合が多い。 超無効の悪に妖が抜群で、妖半減の毒に超が抜群になる。 等倍範囲でみても炎に超が、超に妖が通りやすいので、抜群範囲の狭さを加味しても優秀な相性補完。 物理で両タイプの高威力技を習得するポケモンはいないので、特殊型での採用が主。 鋼に双方半減されるので、実戦ではきあいだまやめざめるパワー炎・地面などを組み合わせることが多い。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性に弱点を突ける。 単タイプで見ると双方半減の岩タイプがマイナーなので通りはまずまず良い。 主に毒無効の鋼に対する打点として、毒メインのポケモンが炎技を採用する。 毒技の範囲が狭いので炎メインのポケモンが毒技を積極的に補完採用することは少ないが、 など炎耐性を持つ妖複合へのピンポイント打点として採用することはありうる。 特殊な例に言及するとを筆頭にどくみがまも戦術を扱うポケモンが、鋼対策として炎技を同時採用することも多い。 状態異常の毒と炎技双方に耐性を持つポケモンは非常に少なく、高いハメ性能を持つ。 超がメインの組み合わせ。 超を半減以下にする鋼悪超のうち、2つに弱点を突く。 エスパータイプのポケモンがきあいだまなどをサブウェポンとして採用することが多い。 闘が使っても毒対策にはなるが、それなら地震でいいのであまりつかわれない。 超に両方半減される。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 7属性の弱点を突ける。 炎がメインの場合と、草がメインの場合の両方がある。 前者の場合、炎を半減する炎水岩竜のうち2つに弱点を突くことができ、さらに炎の弱点である水岩地の全てに弱点を突ける、 ソーラービームをもととしたZ技も検討される程優秀な組み合わせ。 後者の場合、草を半減する草虫炎飛竜毒鋼のうち3つに弱点を突け、めざめるパワーを使ってでも習得させる程。 特に晴れパーティでは 炎技とソーラービームとウェザーボールの性能が上がるため脅威となる。 炎や竜に半減される。 虫半減の炎、毒、鋼に地面が抜群で、地面半減の草には虫が刺さるので計4タイプを補完できる組み合わせ。 双方の抜群が被らないので抜群範囲も非常に広いが、飛行に両者半減以下にされる。 等倍以下に抑えるポケモンは多いが、耐性を持つポケモンはややマイナー寄りな飛行複合タイプが多い。 主に虫タイプが相性補完を求めて、じしんやめざめるパワー地面を搭載する。 電無効の地に水で弱点を突き、水に対しては電で弱点を突く。 両者をタイプ一致で使えるポケモン、もしくは水主体の特殊ATが同タイプへの有効打として電を採用する。 電主体のポケモンは地対策としては草にも弱点を突ける氷を優先するケースが多く、採用率は低め。 共に草・竜に半減されるため、相性補完に氷技を同時採用する場合がほとんど。 水半減の同タイプに草が通り、草半減の炎に水で弱点を突ける。 主に水主体の特殊エースが同タイプへの有効打として草技を採用する。 草・竜に共に半減されるが氷技が双方に一貫するので、れいとうビームを同時採用することでそれらにも容易に対策ができる。 電無効の地に草で弱点を突き、草半減の飛には電が刺さる。 主に電メインのポケモンが地に対する打点を求めて、くさむすびやめざめるパワー草などを採用する。 共に草・竜に半減されるので、範囲の狭い草メインのポケモンが電を補完採用するケースは少ない。 例外として、攻撃技ではないがなどの草が地を呼びづらいことを利用して、でんじはを搭載することはある。 氷半減の氷・鋼に炎が抜群で通り、炎半減の竜には氷が刺さるので計3タイプの補完が見込める。 炎・水に双方半減以下に抑えられる。 両タイプとの補完に優れる電メインのポケモンが両者をサブ技に仕込むケースも多い。 草半減の炎・毒・鋼に地で弱点を突き、3タイプの補完ができる。 草・虫・飛の3属性に半減以下にされるが、いずれもマイナー気味なポケモンが多い。 逆に水・鋼などのメジャー相手に等倍以上を狙いやすいため、耐性を持つ相手が多い割に扱いやすい。 地からすると相性補完が無く、そもそも草技を覚える地が少ないので採用率は低い。 草が範囲を広げるために地を補完採用することがほとんど。

次の