エクスペリメント 映画。 エクスペリメントの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

エクスペリメント (2010年の映画)

エクスペリメント 映画

背もたれに身を預けたエリザベスは、「素敵な男との出会いを夢見た」と思っていました。 運転席に座って車を運転しているのは、エリザベスと年の離れた初老の男性博士ヘンリー・カレンバーグです。 ヘンリーにいざなわれ、花嫁のエリザベスはドレス姿のまま、山の中の一軒家に移動しました。 待ち受けていたのは、使用人の中年女性クレア・ストラットンと、若い男性・オリバーです。 (冒頭から、盛大にネタバレ) ・エリザベス…若い女性。 金髪碧眼。 実は、若くして亡くなったヘンリーの妻のクローン。 ・ヘンリー…ノーベル生物学賞を受賞した医学博士。 妻を再生したいために、一線を退いて山奥で研究している。 ・クレア…使用人というのは表向き。 実は中年女性博士で、ヘンリーの助手的役目。 エリザベス再生の手伝いをしている。 ・オリバー…若い男性。 目が不自由。 実はヘンリーとエリザベスの息子。 夕食を屋敷でとった後、ヘンリーは使用人2人をさがらせると、花嫁のエリザベスの衣装をハサミで切り、初夜を終えます。 ヘンリーはエリザベスを連れて、屋敷の中を案内しました。 屋敷の中は、指紋認証で扉が開くようになっています。 エリザベスの指紋で屋敷の中を動けますが、屋敷の外へ出る扉は、エリザベスの指紋では駄目でした。 屋敷内を見せたヘンリーは、すべて君のお気に入りをそろえたと言います。 宝石、福、芸術品、金庫の中の金もみんな、エリザベスの好きにしていいと言いながら、ヘンリーは1つだけ条件を出しました。 それは、屋敷の「ある部屋だけは見るな」というものです。 そこだけは立ち入り禁止だと、ヘンリーはエリザベスに言い聞かせます。 ハネムーン中にもかかわらず、ヘンリーは「翌朝、仕事で出かける」と言いました。 不満を持つエリザベスには、屋敷を探検しておけと指示します。 その翌日。 ヘンリーは本当に出かけていきました。 エリザベスが朝起きると、もう姿がありません。 プールで泳ぎ、読書をし、着替え、ダンスをし、風呂へ入ったエリザベスは、それでもひとりで退屈します。 チョコシェイクを出すクレアに、エリザベスは「なぜヘンリーは、自分のような女と結婚したのだろう」と疑問をぶつけますが、クレアは笑って「わからない」と答えました。 退屈を持て余したエリザベスは、目の不自由なオリバーの手を取り、クレアが離れに移動するのを見て、こっそりと部屋を抜け出します。

次の

フィラデルフィア・エクスペリメント

エクスペリメント 映画

解説 第二次大戦中の海軍の秘密実験に端を発したタイム・ワープを描く冒険SF。 当初ジョン・カーペンターが監督するはずだったが、彼は別の映画に取りかかったので、「アイス・パイレーツ」のスチュアート・ラフィルが監督に起用され、カーペンターはエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされている。 製作はダグラス・カーティス、ジョエル・B・マイケルズ。 ウォーレス・ベネットとドン・ジャコビーの原作に基づき、ウィリアム・グレイとマイケル・ジャクヴアーが脚本を執筆。 撮影はディック・ブッシュ、音楽はケン・ワンバーグ、特殊効果はマックス・W・アンダーソンが担当。 出演はマイケル・パレ、ナンシー・アレン、ボビー・ディ・チッコなど。 ユタ州ウェンドーバーとソルト・レーク・シティでロケ撮影された。 日本版字幕は清水俊二。 CFIカラー、ビスタサイズ。 1984年作品。 1984年製作/102分/アメリカ 原題:The Philadelphia Experiement 配給:松竹富士/東北新社 ストーリー 第二次大戦中の43年、米海軍はフィラデルフィア水域でロングストリート博士指揮の秘密実験を行なった。 味方の船を敵レーダーに探知されないようにする実験で、水兵のデイヴィッド(マイケル・パレ)とジム(ボビー・ディ・チッコ)が実験機械のスイッチを入れると、駆逐艦エルドリッジはレーダーのみならず、実際に海上からも姿を消してしまった。 しばらくして、再び出現したが、エルドリッジでは乗組員が大火傷を負ったり、艦の壁や甲板に身体がめりこんだりしていた。 デイヴィッドとジムは、時空間をトリップして84年のネヴァダ州の砂漠に出現する。 とある町でヘリコプターに威嚇射撃をされて、あわてて逃げ出した。 2人は軽食堂に入り生まれて初めて見るTVに驚く。 ジムの手が異常に赤くなり、2人はいあわせたアリソン(ナンシー・アレン)を人質にして逃げ出した。 一方、へリが2人を威嚇した現場ではロングストリート博士が、軍艦のレーダーを発見し、衝撃を受ける。 博士は41年前と同じ実験を今度は砂漠のゴースト・タウンを対象に行なったのだ。 ジムは病院に運び込まれたが、激しい痙攣を起こし、赤い電磁波に包まれて消滅した。 今回の実験のエネルギーがあまりに膨大なものだったので、時空の連続体にひずみが生じ、巨大な裂け目が現出し、さまざまな異常気象を発生させた。 軍は秘密を守るため、デイヴィッドとジムを追う。 いつしかデイヴィッドを愛するようになっていたアリソンは、彼と一緒に彼の故郷カリフォルニア州サンタポーラに向かった。 父はすでになくなっていたが、ジムは生きていた。 年老いたジムは、彼を見ても無視しようとする。 「彼は気違い扱いされたのよ」とパメラ夫人がいう。 デイヴィッドとアリソンは、実験場であるドライウェルズ基地へ乗り込んだ。 実験の影響で空にできた渦があらゆるものを吸い込み、地球とそのものにも危機が迫っていた。 エルドリッジ号にもどり、実験エネルギーのスイッチを切らないことには、ひずみは直らないとロングストリートは語る。 デイヴィッドは愛するアリソンに別れを告げて、渦の中に入っていった。 彼はエルドリッジ号内に降りると、スイッチを切ることに成功する。 そして、再びドライウェルズ基地に帰還することにも成功し、アリソンと固く抱きあうのだった。 が、実験は失敗し、二人の水兵が1943年から1984年にタイムスリップしてしまう…。 実際に行われたと言われる実験に着想を得て作られた一作。 実験の全貌に迫る…という興味深い内容ではなく、何故か奇想天外なタイムトラベルSF物に。 タイムトラベル物としてはその辻褄や時空の歪みによって危機が訪れるなど設定は悪くない。 特撮は低予算である事が分かってしまい、もっと一捻りすれば面白くなれそうな題材をちょっと上手く活かし切れなかった点も感じる。 メインストーリーはマイケル・パレ演じる主人公の逃走劇に現代で出会った女性とのロマンス。 B級として見ればそれなりに。 Powered by• 1993年• 1984年 フィラデルフィア・エクスペリメント• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• ニュース•

次の

フィラデルフィア・エクスペリメント : 作品情報

エクスペリメント 映画

『』シリーズの4作目。 監督はジェラルド・マクムーリー。 脚本はこれまでの3作品の監督を務めた。 主演はイラン・ノエル。 共演は ()、 ()、、ら。 前3作、『』『』『』は、パージ制定後の世界を描いていたが、本作では、パージ制度がいかにして成立したかを描く。 あらすじ [ ] 21世紀のある年、政権を奪取した「新しいアメリカ建国の父たち」 NFFA は、犯罪行為の減少のためすべての 殺人を含む 犯罪が合法化される夜 "パージ"を、ニューヨーク州限定で実験的に行うと発表する。 島内に留まりパージに参加することを申告した住民には映像送信が可能なコンタクトレンズが配られ、パージを島内でやり過ごし生き残れば5000ドルを手にすることができると説明を受ける。 パージ2日前、ドラッグディーラーの元締めディミトリは配下に島外離脱を禁止する。 ドラッグディーラーの一人、アイザイアは薬物依存のスケルターに切り付けられ、反パージ活動に熱心なディミトリの元彼女でもある姉、ナイアに問い詰められるがパージ参加を申告する。 パージ当日、人々がスタテン島から逃げ去った後、ナイアはドロレス、ルイーザとその娘セリーナと教会でパージを待つ。 テレビではブラッケン大統領がパージ開始の声明が流れ、島内ではサイレンが鳴り響いた。 ATMを破壊しようとする男を殺害したスケルターが最初の殺人と認定されコンタクトレンズからの映像も放送される。 キャスト [ ]• ディミトリ - ()• ナイア - ()• イザヤ - ()• Luisa -• メイ・アプデール博士 -• Juani - ()• フレディ -• Elsa - () 製作 [ ] 2016年9月、は第4作目は以前の3部作の前日譚となり、パージの設立を描く話になると語った。 2017年2月17日、デモナコは『』シリーズの4作目をと製作すると正式に発表した。 同時に、ら、前作の製作陣がカムバックするが、デモナコは監督を務めないことも分かった。 2017年7月、監督をジェラルド・マクムーリー、脚本をデモナコが務めることが分かった。 2017年9月19日、主演を新人のイラン・ノエルと ()が務めることが分かった。 撮影 [ ] 主要な撮影は、2017年9月中旬にで開始し、2017年11月8日に終了した。 興行収入 [ ] 本作は『』と同じ週に封切られ、公開初週末に2200万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを下回るものであった。 2018年7月4日、本作は全米3031館で公開され、公開初週末に1737万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった。 この数字は前作『パージ:大統領令』の初動成績(3151万ドル)を大きく下回るものであった。 出典 [ ]• 2018年11月27日閲覧。 Cinemablend. 2016年9月29日. 2018年6月21日閲覧。 Kit, Borys 2017年2月17日. The Hollywood Reporter. 2018年6月21日閲覧。 Kit, Borys 2017年7月20日. The Hollywood Reporter. 2018年6月21日閲覧。 Sneider, Jeff 2017年9月19日. The Tracking Board. 2018年6月21日閲覧。 Perlman, Marissa 2017年9月25日. wivb. com. 2018年6月21日閲覧。 NewYorkUpstate. com. 2017年9月26日. 2018年6月21日閲覧。 2018年11月27日閲覧。 2018年11月27日閲覧。 2018年11月27日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の