山崎 雅弘。 「歴史戦」と「思想戦」の驚くべき共通点とは? 山崎雅弘×内田樹対談<後編>

竹田恒泰が山崎雅弘を名誉毀損で訴えた裁判で訴状に自ら「明治天皇の玄孫」と書き上級アピールしてしまう

山崎 雅弘

歴史の研究家を自称する山崎雅弘という人は、いちおう進歩的な立ち場から発言をしているが、その中身はかなりひどいものだ。 彼の著書を読んだら典型的な「司馬史観」だったという指摘があり、また、NHKを批判する内容はいちおうごもっともだが、それに比べてBBCはエライとか言うのでずっこけてしまう。 しかし、デタラメを書いて特定人を中傷することは、単に意見の違いではすまされない。 著書の内容を正反対にして紹介して誹謗しているのだ。 山崎雅弘は、ちいおう歴史修正主義を批判しているが、そうしながら朝日新聞に連載されて後に単行本となった本多勝一記者の『中国の旅』や『南京への道』などの著書について、中国側の話を鵜呑みしたような記述が多いので歴史修正主義者たちに突っ込まれているとツイートに書いていた。 まるで事実と違う。 本多勝一は同著でもその他の著でも繰り返し書いているが、あの当時の日本では、大本営発表のように軍の広報であったり、在野の新聞でも権力の統制下にあったり、ということで武勇伝ばかり垂れ流されていて、これとは異なる証言や報道があっても弾圧されたり圧力がかけられたりして発表できなかった。 そして、同じ事実を異なる視点から観ることでより本質に迫れるという趣旨だから、対立する言い分の片方だけをただ紹介したのとは全然違う。 また、中国の庶民が日本軍の暴虐を様々に証言しながらも、しかし戦争は過去のことだからこれからは前向きになろうとか、戦争中は苦労したが今は平和になってよかったとかいう態度で、最後は必ず異口同音に取って付けたように、これもすべて中国政府と中国共産党と毛沢東主席のお陰様であると言い添えるから、明らかに中国政府の意向を気にしているし、もしかすると言わされているのだろうと明記している。 こうした、中国の庶民の証言に最後は必ず付け加えられる空々しいほどのお世辞について、本多記者は、記録だからそのまま収録したと断り書きし、そうすることで中国政府を直接批判するのではなく、逆に意向のとおりにした形をとり、これによって中国の政府と庶民との乖離や齟齬を浮き彫りにしている。 つまり、中国政府の公式見解と今後の外交方針とは違い、中国の庶民がほんとうに語りたいのは生々しい戦時中の記憶のほうであるということが読者に伝わってくる。 そして最後の衝撃となる。 本多記者は帰りぎわに、日本の新聞記者が戦争の取材に来たと聞いた老人が走って来て、駆け寄ると当時に戦火で負傷した手の変形した指を、無言で突きつけられる。 これが『中国の旅』の凄まじさだ。 だから、同じような記事本は他にもあるのに、特に注目されて、攻撃もされたのだ。 それなのに、ということだ。 一見は進歩的な発言をしている人が実は無茶苦茶というのは、珍しくないのだ。

次の

竹田恒泰が山崎雅弘を名誉毀損で訴えた裁判で訴状に自ら「明治天皇の玄孫」と書き上級アピールしてしまう

山崎 雅弘

貴殿をはじめ、名誉毀損ツイートをリツイートした方への訴訟はまとめて行う予定です。 竹田恒泰 takenoma 裁判費用を募集しているとか笑わせる。 私はしがないラーメン屋だが自分の裁判費用を他所様に出してもらうほど耄碌していない。 必勝の裁判なら大阪のご友人弁護士に依頼すれば良かったものを、著名な先生に依頼したから高くついたか。 自分を裕福でない人間に見せかけたい時だけ「しがないラーメン屋」を名乗るのは、ラーメン屋を経営する方々に失礼な態度だろう。 作家は職業なので普通だと思いますが、誰々の子孫という家柄の話は本人の能力と関係ない偶然の産物ですから、裁判の訴状に書く人はあまりいないのでは、と想像します。 ーーーーーーーーーーーーーー junko-in-kyoto JunkoKyoto 訴状の原告自己紹介に「明治天皇の玄孫」😳。 平成帝なら安倍を助けるためにいろいろ「お気持ち」やりそうだが、平成帝にしてみたら「小室婿入りでマコカコ女系宮家」は譲れないだろうし。 30 ID:XX7340PL0 「明治天皇の玄孫」って書いたら、 裁判官が「ははーーーっ、明治天皇の玄孫様でしたか。 91 ID:kcCsSzKkr おれは皇族になんぞ憧れれなんかないがなあ。 眞子さま見てても目茶苦茶監視されてるし恋愛や結婚関係ではマスコミに面白おかしく書かれるしな 自由に女いる飲食店や風俗も行けないんだろ。 62 ID:F8EspGlD0 チョンモメンまた負けたんかw.

次の

山崎 雅弘(@mas__yamazaki)

山崎 雅弘

竹田恒泰氏が山崎雅弘氏を名誉毀損で提訴する準備に入りました。 山崎氏のツイートをリツイートした人に対しても訴訟提起を検討中とのことです。 何が原因でしょうか?• 根拠はBuzzapが取り上げたYouTubeアカウントBAN事件 根拠はBuzzapが取り上げた、 YouTube竹田恒泰チャンネルのアカウントBAN事件。 現在はとして活動していますが、その前のアカウントはBANされたままです。 Buzzapの記事では「差別的な言動」としていますが、そのような事実となる発言をまったく示しておらず、唯一以下の指摘があるのみです。 アイドル刺傷事件の犯人について何の根拠もなく「日本国籍ではないと思われる」と言い放つなど、もともと差別的な言動が多かった竹田氏。 これが法的な意味でも国語的な意味においても差別ではないことは明らかです。 「YouTubeが差別的言動だとしてBANしたから」 要するに「YouTubeが差別的言動だとしてBANしたから」というのが山崎雅弘氏が竹田恒泰氏が差別的発言をしたと考える根拠のようです。 しかし、竹田恒泰チャンネルがBANされた経緯からすると、言動が原因というよりは 通報が一時期に集中したことによる機械的な対応だった可能性が高く、竹田恒泰氏も以下でまとめています。 私のYouTubeチャンネルがバンされた経緯の詳細はここに書きました。 buzzapの記事が虚偽であることは、この記事からも分かって頂けることと思います。 この記事を先にある読んで下されば、このような引用はなさらなかったことと思います。 — 竹田恒泰 takenoma 「韓国人への差別的言動」とも言い始める山崎雅弘氏 貴方はご自分が私に対して行った名誉毀損をごまかすために、加害者と被害者を逆転させて自分を被害者に見せるという、歴史修正でよくあるトリックをお使いですね。 件のツイートは貴方の「自分が差別的発言の常習者という根拠を示せ」との求めに応じた対応です。 山崎雅弘氏は「韓国人への差別的言動」とも言い始めたわけですが、どこかで聞いたことがあるような展開ですね。 おやっ?どこかで見たことがあるアカウントが… 差別主義者・人権侵害常習犯とされた竹田恒泰チャンネルの動画 私が「差別主義者」「人権侵害常習犯」などである根拠を求めましたが、未だ一つも根拠が示されていません。 お示しになった動画は、文政権への政治批判の範囲。 引用カ所は、韓国人が日本ビールが「狂おしいほど」好きであることを述べたもので、韓国人を侮蔑していないことは明白です。 — 竹田恒泰 takenoma 警告、訴訟予告 【警告】先日貴殿に謝罪と削除を求めましたが、貴殿はその後も私の名誉を毀損する投稿をしています。 今後斯様な投稿をすると貴殿の責任はより重いものになります。 これ以上名誉毀損の投稿をしないよう警告します。 閲覧者におかれましても、名誉毀損を含む投稿をRTしないよう求めます。 — 竹田恒泰 takenoma 【訴訟予告】山崎雅弘殿 本日24時までに、私の名誉を毀損する記事を投稿したことにつきTwitterで謝罪し、該当する箇所を全て削除してください。 これが実行されない場合は名誉毀損の訴訟を提起します。 — 竹田恒泰 takenoma いきなり訴訟提起したのではなく、警告、訴訟予告と段階を踏んでるのが分かります。 リツイートも訴訟提起の準備、一般人は発信者情報開示請求から 【訴訟経過】山崎雅弘氏と一般人1名につき、訴訟手続きを進めています。 山崎氏は著述家なので氏名と住所の特定が容易ですから直ぐに訴訟に入れます。 一般人については発信者情報開示で氏名と住所を特定する必要があり、多少の時間を要します。 リツイートした人については検討中です。 — 竹田恒泰 takenoma 竹田恒泰氏は、山崎雅弘氏のツイートをリツイートした人に対しても訴訟提起の準備も検討していることを明言しています。 これは、橋下徹氏の岩上安身氏に対する訴訟において、リツイートが賛同の意であるとされて名誉毀損が認められた裁判例があるためです(大阪地裁令和元年9月12日)。 この判決は事例判断だろうと言われていますが、リツイートが賛同の意であると認定されるような発信をしていたならば、別の事案でも名誉毀損と認定される可能性はあると思います。 また、一般人についても発信者情報開示請求で住所を特定してから訴訟提起する予定とのことです。 争点はYouTubeのアカウントBANの信頼性か 竹田恒泰氏と山崎雅弘氏の訴訟の争点は「 YouTubeによって差別的であることを原因とするアカウントBANがあったという事実の存在が、差別的な発言があったと誤信する程度の真実性を担保するか否か」だと思います。 参考:夕刊和歌山時事事件最高裁 昭和44年6月25日大法廷判決 私の予想としては、おそらくYouTubeの判断はYouTube内部の判断として、世の中一般に言う「差別」判断とは一致しないと考えられるから、「YouTubeが差別的だとしてBANした」ことをもって差別発言があったと認定することはできず、別の具体的な言動を指摘しなければならないという判断になるのではないかと思います。

次の