新型 コロナ 終息。 新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

新型コロナウイルスの終息へ、求められる「抗体」の正しい理解

新型 コロナ 終息

新型コロナウイルスしゅうそくは「収束」?「終息」? 穏やかな日常が戻るとき、それは新型コロナウイルスがしゅうそくしたとき、と言えるのではないでしょうか。 テレビやネットのニュースやツイッターなどのハッシュタグでも用いられている、コロナしゅうそく。 コロナのしゅうそくは「収束」、「終息」、どちらを使うのが正しいのでしょう? c Shutterstock. また、収まりをつけること。 」(より)を言います。 例えば新薬が開発され、新型コロナウイルスによる混乱状態が落ち着いたという場合に使います。 」(より)を言います。 例えば新薬に加え予防接種も開発され、新型コロナウイルスの新規発症がなくなったという場合に使います。 時系列順で考えると「収束」してから「終息」することになりますね。 いかがでしたか? 結論としては新型コロナウイルスの『収束』も『終息』も我々の願いですよね。 そのため、 どちらのしゅうそくを使っても間違いではありませんし、同じ発言者でも 場面によって使い分けることもあると思います。 最終的な目標はコロナ「終息」ですが、まずは、 目先の目標はコロナ「収束」です。 精神的に息苦しく感じることもありますが、自覚を持った行動をひとりひとりが心がけ、まずは1日も早い『収束』を迎えましょう! TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

【新型コロナ終息時期】SARS・MERSと比較して予想!東京五輪への影響は?

新型 コロナ 終息

読者の皆さんはすでに「感染者の 指数関数的増加」ということばを何度も目にしているのではないでしょうか。 これは、ビジネスでもときどき使われる表現です。 「売上が倍々ゲームで増える」「借金が(複利により)雪だるま式に増える」というのは、いずれも指数関数的増加のケースです。 要は、何らかの変数が一定の倍率で増えていく場合、それは指数関数的増加と呼ばれます。 では、指数関数とは何か、ビジネスにどう関係するのかと少し興味を持たれた方は、ぜひ以下の文をお読み下さい。 新型コロナウィルスへの感染者から売上でも借金でも、指数関数的な変化が起きると、日常の線形的感覚では追いつけなくなります。 それがまさに、新型コロナウィルス感染症をめぐって、少なからぬ人々が直面している問題でもあります。 この記事では、まずは新型コロナウィルスの感染拡大を題材に指数関数的変化をどう捉えるかを説明し、それがどのように終息するかについても言及します。 新型コロナウィルスの感染は指数関数的に増加した 図1には、2020年3月に入ってから感染が急拡大した、中国を除く主要国での新型コロナウィルスへの感染者数の推移が描かれています(データは米国のジョンズ・ホプキンス大学のから入手)。 ここでいう「感染者数」とは、その時点までに感染が確認された人の数で、すでに回復した人や亡くなった人の数も含んでいます。 この図をひと目見てわかるように、最初はゆるやかであった感染者の増大が、時間とともに加速しています。 たとえば米国での感染者数は、3月中旬には欧州の国々を下回っていたのに、3月末には世界でトップに躍り出ました。 上で「指数関数的変化」とは倍率が一定の変化である、と書きました。 つまり、ある会社の売上が毎年同じ%で増加しているなら、それは指数関数的な増加ということになります。 経営者が当社は去年売上が5%成長したから、今年も同様に5%成長したいという目標を掲げることはよくあると思います。 ただし、その目標が達成されるためには、売上の増加分が昨年以上に大きくならなくてはなりません(図2 1 の赤線で示された指数関数)。 一方、毎年の増加分が同じだと図2 1 の青線で示された線形関数になります。 このグラフの縦軸を対数目盛に変換したものは、片対数グラフと呼ばれています。

次の

iPS研究所の山中教授「最低1年は我慢を」 新型コロナ終息へ「専門外」でも情報発信続ける|社会|地域のニュース|京都新聞

新型 コロナ 終息

[画像のクリックで拡大表示] 世界中で急速に拡大している新型肺炎(COVID-19)の流行は、インフルエンザのように春になれば終息するのだろうか。 多くの専門家は、暖かくなってウイルスがどんな動きをみせるかを予測するのは時期尚早とみている。 コロナウイルスには多くの種類があるが、人間に感染するのは7種だけだ。 そのうち4種が、軽い風邪症状を引き起こすことで知られている。 目下流行中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含め、残りは新しいものとされ、致死率が高く、コウモリやラクダなどの動物から人間へ感染したと考えられている。 (参考記事: ) 夏になれば流行も収まるだろう、と考えたくなるのは理解できる。 今月、米国のトランプ大統領は中国のウイルス封じ込め作戦について、「特にこれから暖かい季節になれば」成果を上げるだろうとツイートした。 「季節性」とされるインフルエンザウイルスや、軽い風邪症状を引き起こすコロナウイルスであれば、確かに気温の上昇とともに終息するので、トランプ大統領のツイートにはある程度の科学的根拠はある。 しかし、新型コロナウイルスも同様の反応を見せるかどうかはまだわからない。 現在、この病気を研究している専門家も、ウイルスがこれからどうなるかを予測するのはまだ早いとしている。 (参考記事: ) 米メリーランド大学の研究者スチュアート・ウェストン氏は「これも季節性のものであればいいのですが、今は何とも言えません」と話す。 同大学では、新型コロナウイルスの研究が急ピッチで進められている。 2月25日の時点で、感染者数は世界34の国と地域で8万人を超えた。 専門家は、この先も感染拡大は続くだろうと警告している。 なぜ一部のウイルスは季節性なのか 簡単に言うと、インフルエンザウイルスやコロナウイルスは、タンパク質と脂質の集まりだと考えられる。 直接触れることで人から人へ感染するが、硬い物の表面や、感染者の飛沫のなかにもウイルスは存在する。 だが、いったん人体の外に出たら、ウイルスは外部の力を受けて劣化する。 手指の消毒用アルコールはタンパク質や脂質を分解するため、ウイルスは不安定になり、感染力が弱まる。 なぜ一部のウイルスは季節性なのか。 その答えを探るために、主にインフルエンザウイルスを対象にした研究が過去に数多く行われてきた。 昔からインフルエンザといえば冬と言われるように、その流行はだいたい10月に始まって翌年の3~4月まで続く。 専門家は、様々な理由を挙げている。

次の