ボイド アウト。 成形品のボイド不良

成形品のボイド不良

ボイド アウト

こんにちは、はしゃしんです。 対消滅。 別名「 ヴォイド・アウト」と呼ばれる現象は、 人間がBTに飲み込まれたときに起こる現象です。 じゃあどうなるの。 どうして起こるの。 そんな疑問を解決していきまShow。 物質と反物質は重なり合わない!だから対消滅!! ちなみに、「対消滅」という言葉は、デスストだけのゲーム用語でもなんでもなくて、リアルのほうで使われる言葉なんですよ! 約137億年前の宇宙の誕生まで遡ります。 皆さん一度は聞いたことのある「 ビッグバン」という言葉。 宇宙は、 物質と反物質の粒子が衝突すること、いわゆるビッグバンによって生成されたと言われています。 この世界に存在するありとあらゆるものは物質の粒子で出来ています。 一方で、その 対を成す反粒子は未だに発見されてないんですねぇ。 繋がってきたでしょうか。 先ほど、 この宇宙は物質と反物質の粒子の衝突による爆発で出来たと説明しました。 本来ならば重なり合うことが出来ないはずのものが重なりってしまうことによる現象・・・ スッキリしましたでしょうか。。。 昔、爆発があった この宇宙は、爆発で生まれた 昔、爆発があった この星は、爆発で生まれた 昔、爆発があった この生命は、爆発で生まれた このフレーズは、デスストのティザートレーラーでサムが言っているセリフなのですが、まさにこの事を言ってたわけです。 ちなみに、サムは DOOMS (ドゥームス)と呼ばれる特殊な能力の持ち主のため、 対消滅によって死ぬことはなく、再び戻ってくることができます。 トレーラーでは、対消滅を起こすと、 どでかいクレーターが出来るわけですが、実際のゲーム画面で対消滅を起こすとどうなるのでしょうか。 この記事を執筆するちょっと前に、イイ感じにBTに喰われて対消滅を起こしました。 小島監督曰く、「 対消滅はかなりヤバい状態」という事でしたが、本当にかなりヤバい状態でした。 かなり衝撃の画像になります。 閲覧注意。 じゃじゃーん! ちなみに、クレーターの中には入れない仕様になっていました。 ガチのクレーターでびっくりぽん。 セーブデータのロードでやり直しも利くので焦らずに! BTにかなりビビってた序盤と違い、 グレネードといった武器が手に入ると、私みたいに案外簡単に倒すことができます。 カイラリウムビックバン。 ライクチンと繋がり ここで、 カイラリウムとビッグバンとの関係性についてちょこっと。 興味ある方はどうぞ。 カイラリウムという物質は、デスストだけで設定されているオリジナルの物質。 カイラリウムは、 宇宙の誕生 (ビックバン)と同時の別次元で存在していたという説があるという設定。 「 カイラル汚染」という言葉が出てくるように、 カイラリウムは汚染物質で、時間の影響を受けない粒子とされています。 カイラリウムが発する カイラス線によって、人体や精神に影響を及ぼし、カイラル汚染された人間は悪夢や睡眠障害に悩まされ、最悪の場合死に至る事もあります。 カイラル結晶という目視できる状態になったカイラリウムは、 この世とあの世の境目である「ビーチ」が、その次元を繋いだ為と言われています。 (ちなみに、BTを倒すとカイラル結晶が沢山手に入ります) カイラル汚染された人間の治療法は?という疑問ですが、体力や精神力の低下を回復させるホルモン「 ライクチン」と呼ばれるホルモンの分泌によって、汚染の影響を緩和することが可能。 このライクチンの分泌要件は、 達成感や高揚感といったプラスの感情の発生と言われており、感謝されたり、褒められたり、「いいね」を貰えることによって、プラスの感情を増幅させることができるとされているのです。 つまり、誰かに配達したり、落とし物を代わりに拾ったり、橋を架けたり、いいねをもらえたりと、 あらゆるゲームプレイの場面で私たちは「ライクチン」いわゆる幸せホルモンなるものを分泌していることになるわけです! もう一度、念のために確認ですが、「カイラリウム」も「ライクチン」も、全て架空の設定です。 独自の設定で、細かいところまで「繋がり」という面に重きを置いている感じに「 いいね!」 当ブログでは、「 」というカテゴリーを作って、ゲームの世界観や設定に踏み込んで分からないことを解消していく特集を組んでおります。 是非他の記事もどーぞ! 宣伝になるんですが・・デス・ストランディングの小説も出るようです!!! 買うっきゃないで!.

次の

【Destiny2】ゼロ時間(英雄)「アーク構造」の謎解きの解き方をご紹介

ボイド アウト

成形品のボイド不良 2015年11月2日 成形品の不良のひとつにボイド不良があります。 ボイドとは成形品の内部に出来る「気泡」のことです。 特に肉厚の成形品に多く見られます。 これがあることによって製品に必要な強度が出なかったり、透明品などでは外観不良になったりします。 ボイド不良は発生原因によって大きく2種類に分けられます。 1つは成形時に金型内で空気やガスを巻き込み気泡として成形品に残るものです。 この場合は成形条件でガスの発生を抑えたり、射出スピードで空気の巻き込みを抑えるよう調整するか金型にガス抜きを追加することで対処します。 それでも流動末端に出来てしまうボイドには、成形後に切って捨てる部分を作って、そこにボイドを追い込んでしまう方法もあります。 もうひとつは特に肉厚成形品で樹脂が冷え固まるときに収縮して内部で真空の状態で出来る気泡で、一般に真空ボイドを呼んでいます。 成形品の外側が収縮すればヒケになりますが内部が収縮すると真空ボイドになります。 成形条件で樹脂の充填率を上げるか、金型でゲート位置をボイド近くに変更するか薄肉にするしかありません。 いずれにしても透明の樹脂ならボイドは発生しているかどうかは見てすぐにわかるのですが着色された樹脂だと成形品を割ってみないとわかりません。 同じ成形条件でも発生するものと発生しないものがあり、安定させるのは非常に困難です。 肉厚の製品を設計する場合、真空ボイドは発生するものとして強度設計する必要があります。 どうしても検査が必要な場合は光を透過させてボイドを発見する方法もありますが、ナイロンやPPのナチュラルのような乳白色が限界だと思われます。

次の

成形品のボイド不良

ボイド アウト

成形品のボイド不良 2015年11月2日 成形品の不良のひとつにボイド不良があります。 ボイドとは成形品の内部に出来る「気泡」のことです。 特に肉厚の成形品に多く見られます。 これがあることによって製品に必要な強度が出なかったり、透明品などでは外観不良になったりします。 ボイド不良は発生原因によって大きく2種類に分けられます。 1つは成形時に金型内で空気やガスを巻き込み気泡として成形品に残るものです。 この場合は成形条件でガスの発生を抑えたり、射出スピードで空気の巻き込みを抑えるよう調整するか金型にガス抜きを追加することで対処します。 それでも流動末端に出来てしまうボイドには、成形後に切って捨てる部分を作って、そこにボイドを追い込んでしまう方法もあります。 もうひとつは特に肉厚成形品で樹脂が冷え固まるときに収縮して内部で真空の状態で出来る気泡で、一般に真空ボイドを呼んでいます。 成形品の外側が収縮すればヒケになりますが内部が収縮すると真空ボイドになります。 成形条件で樹脂の充填率を上げるか、金型でゲート位置をボイド近くに変更するか薄肉にするしかありません。 いずれにしても透明の樹脂ならボイドは発生しているかどうかは見てすぐにわかるのですが着色された樹脂だと成形品を割ってみないとわかりません。 同じ成形条件でも発生するものと発生しないものがあり、安定させるのは非常に困難です。 肉厚の製品を設計する場合、真空ボイドは発生するものとして強度設計する必要があります。 どうしても検査が必要な場合は光を透過させてボイドを発見する方法もありますが、ナイロンやPPのナチュラルのような乳白色が限界だと思われます。

次の