急性 腎盂 腎炎。 急性腎盂腎炎について

急性腎盂腎炎の特徴・症状と治療法について【医師監修】救急病院一覧あり

急性 腎盂 腎炎

hashimoto masayoshi こんにちは。 からだプラン代表医師の橋本です。 普段は内科医として働いています。 さて今回は、腎盂腎炎(じんうじんえん)についてのお話です。 患者さん 「……先生、お腹が痛い。 あと、だるいし、気持ち悪い……。 」 橋本 「大変! 何か心当たりはありますか!? 」 患者さん 「前に、腎盂腎炎になった時の辛さと同じ痛さです」 橋本 「なるほど、その時に何と言われましたか?」 患者さん 「えっと、水分を普段からとって、きちんとおしっこをするようにと。 そういえば最近忘れてました……。 腰・わき腹の痛み、発熱や震えといった症状があらわれ、尿に膀胱炎に似た異常が見られます。 男性よりも女性に多く見られるのも特徴です。 「腎盂腎炎ってなに?」という方や、「腎盂腎炎かもしれない……」と心配されている方、「診断を受けたけど、どんな病気なの?」と腎盂腎炎について知りたい方のために、症状・原因・治療についてや、普段から何を意識したらいいのかを、簡単に解説していきます。 腎臓は、血液から余計なものを取り除いて、尿にして捨てる働きをしています。 この途中で詰まってしまうと、尿は出ていきません。 詰まる原因としては、尿管や尿道に石が出来てしまっていることが多いです。 このことを、尿路結石と呼んだりします。 水分不足で尿が濃くなって、石ができてしまうんです。 初期治療が遅れると慢性腎盂腎炎に移行したり、敗血症 はいけつしょう を起こして命の危険に繋がることもあります。 それが何らかの原因で細菌が侵入してしまい、炎症を起こすのです。 細菌の侵入経路によって、大きく3つの感染タイプに分けることができます。 尿路上行性感染 何らかの原因で、尿管から細菌が腎盂まで達してしまう感染。 これが、もっとも多い感染経路です。 原因としては、• 腎盂・尿管の形態異常• 膀胱尿管逆流現象• 前立腺肥大症• 尿路結石• 腎盂・尿管の悪性腫瘍• 神経因性膀胱 しんけいいんせいぼうこう などが考えられます。 リンパ行性感染 膀胱、尿管、腎盂の周囲にあるリンパ腺を伝っての感染。 細菌の種類は多岐に渡りますが、主に大腸菌感染が多いです。 血行性感染 体の別の感染部位から、血液の流れを通じて感染。 別の臓器に細菌が感染していて、それが腎臓にも感染してしまうケースです。 元々の疾患への治療を同時に行っていく必要があります。 腰や背中の痛み• 尿がにごる、頻尿、残尿感などの膀胱炎に似た症状• 先天性に尿路の形態異常がある小さなお子さん• 妊娠している方• 前立腺肥大(ぜんりつせんひだいしょう)がある方• 尿路結石のある方• 他の病気で細菌への免疫力が落ちている方(糖尿病など)• ステロイド剤、抗がん剤などの使用で、免疫力が低下している方• 大人は〈泌尿器科〉か〈内科〉を受診してください。 診断 問診と触診、加えて検査が行われます。 検査 腎盂腎炎が疑われた時には、一般的に次のような検査が行われます。 尿検査• 血液検査• また、腎臓の形が異常であったり、尿路結石があったりなど、他の疾患がベースになっている場合には、それらにアプローチしないと、腎盂腎炎も治りません。 したがって、ベースとなる疾患に対する治療を行います。 予防 水分を普段から十分に飲むことが一番です。 水分不足で固まった石(尿路結石)が、直接腎盂腎炎の原因になる事もあります。 さらに、水分不足が尿路を洗い流す回数を減らしてしまって、菌が逆流しやすくなってしまうことも原因の一つです。 水を飲みすぎることの弊害が最近言われるようになりましたが、1日に1〜2Lほどの常識的な量を飲む分には心配ありません。 常温の水や、暖かい飲み物をとる方が、体が冷えず、吸収も良いため健康的です。

次の

腎盂腎炎について

急性 腎盂 腎炎

腎臓の病気|腎盂腎炎(腎盂炎) 腎臓の病気の1つで、細菌による感染症です。 感染によって「腎盂」、もしくは「腎実質」に炎症が起きて、様々な症状が現れます。 では、「腎盂腎炎」と「腎盂炎」という病名、どう違うのでしょうか? 厳密に言えば、細菌感染が「腎盂」で起きていれば腎盂炎、感染がさらに「腎実質」にまで及ぶと腎盂腎炎と云います。 実際、細菌が入ってくると、感染は腎盂だけにとどまらず、腎実質まで広がる為、腎盂炎と腎盂腎炎はあまり区別されてません。 一般的には腎盂炎と云われ正式名を腎盂腎炎としている様です。 この病気は膀胱炎同様、女性がかかる事が多いです。 それは、膀胱炎と同様に身体の構造にあり、男性に比べ尿道が短い事と、尿道口が膣や肛門に近い事が、細菌が侵入しやすい理由となります。 なお、腎盂腎炎を発病した女性の約3割が、膀胱炎を併発しています。 ですが、高年齢になると、男性にも増えてきます。 それは、高年齢になると「前立腺肥大」にかかる人が増える為です。 前立腺が肥大すると尿道を圧迫し、尿の流れが悪くなる為、腎盂腎炎になりやすくなると云われています。 そら豆を縦にしたような形で、お互いにへこんでいる方を背骨側に向けています。 なお、皮質と髄質と合わせて「腎実質」と云います。 腎臓に運ばれてきた時点の血液には、それまでに体内で作られてきた栄養素の残りカスや老廃物が含まれています。 それをそのまま体内に留めておくと、身体には有害なので、血液から取り除かなければなりません。 その為に、腎臓は血液をろ過して、身体に有害なものを血液から取り除き、その分を尿として作り換えます。 血液をろ過するのは、「糸球体」と云われるものによって行われます。 糸球体にはきめ細かいフィルターがあり、そのフィルターで血液をふるいにかけます。 ろ過された血液は、「腎静脈」を通って心臓に戻ります。 ですが、尿細管へ流れていったものが全て尿になる訳ではありません。 なお、尿細管と集合管で再吸収した成分や水分は血液に戻し、腎静脈を通って心臓に戻ります。 <症状> 腎盂腎炎には、「急性腎盂腎炎」と「慢性腎盂腎炎」と2種類あり、それぞれ症状は異なります。 その症状も、風邪に似てい たり、ほとんど感じられないという所から、腎盂腎炎と気づかず、放置して悪化してしまうケースもあります。 腎臓は左右に1つづつありますが、炎症を起こした方に痛みが現れます。 両方に炎症が起こる事はあまりなく、通常、左か右かのどちらか片方です。 炎症を起こしている方の背中を"トントン"と叩くと、激しい痛みを感じます。 排尿痛や残尿感といった膀胱炎の様な症状も現れます。 また、尿に白血球が混じるので、白く濁ります。 ですが、自覚症状がないという事もあり、その場合、判断するのは難しいと云われています。 <原因> この病気は細菌による感染症ですが、原因は細菌の侵入経路によって3タイプに分かれます。 一番多いのは「上行性感染」です。 細菌は「大腸菌」が大半を占めますが、2種類以上の細菌で感染している場合もあります。 その誘因としては、尿路の構造上の異常、前立腺肥大、尿路結石、膀胱炎、痛風、妊娠などが挙げられます。 通常、膀胱と尿管のつなぎ目は「弁」の機能を持っており、尿が尿管に流しないようになっています。 ですが、元々、このつなぎ目に異常があったり、膀胱や尿管の異常があってその影響でこのつなぎ目が弱くなったりする事があります。 その為に、弁の機能が働かなくなって(弱まって)、尿が逆流していくのです。 なお、1歳以下の子供が腎盂腎炎になった場合、半数以上がこの膀胱尿管逆流症であると云われています。 <血行性感染> 別の臓器にあった感染源となる細菌が、血液によって運ばれ、腎臓にて感染したものを云います。 <リンパ性感染> リンパ管を通って、細菌が運ばれ、腎臓にて感染したものを云います。 尿道から膀胱、尿管、腎盂の周りにあるリンパ節(腺)より感染します。 風邪などで体の抵抗力が低下している時には、この感染にてかかる事が多いようです。 <治療法> 治療方法は、急性と慢性とで異なってきますが、基本的にはどちらとも抗生物質の投与となります。 <急性腎盂腎炎> 原因となっている細菌を特定し、その細菌に有効な抗生物質を用いて治療を行います。 症状を抑える為に、消炎鎮痛剤を用いる事もあります。 通常、4〜7日ほどで症状は治まってはきますが、治療は1〜2週間程かかります。 また治療が終了した後にも、更に1〜2週間あけて、再発していないか確認する為に検査を行います。 なお、治療で一番気を付けないといけない事は、お薬の服用です。 症状が治まったからといって、勝手に止めてはいけません。 症状が治まったとしても、細菌はまだいるのです。 中途半端な飲み方をすると、細菌が繁殖して、ぶり返したり、また急性は慢性化したりします。 処方されたお薬は、必ず飲みきりましょう。 <慢性腎盂腎炎> 急性腎盂腎炎と同様に、抗生物質にて治療を行います。 ですが、再発を繰り返している場合、尿検査で反応がない事もある為、症状が治まったとしても、一ヶ月以上続けなければなりません。 そして、持ってる基礎疾患が原因で慢性腎盂腎炎となっている場合には、基礎疾患の治療も必行わなければなりません。 また、これらは再発予防策ともなります。 ・安静腎臓への血流量は、体を横にしている状態(寝ている姿勢)で一番多くなります。 血流量を増やす事によって、腎臓機能の回復を早める事が出来ます。 ・保温体を冷えると、腎臓への血流量は減ってしまいます。 季節が寒い時の防寒はもちろん、暑い時には冷房にて冷え過ぎない様にします。 ・水分補給排尿には器官に付いてる細菌を洗い流すという役割を持っています。 ですので、尿の量が少ないと十分に洗い流せず、細菌は繁殖しやすくなります。 また量があっても、尿意があるのに我慢してしまうと、その分、尿の中の細菌が繁殖してしまいます。 ですので、たくさん水分を取って、我慢せずにトイレに行き、たくさんの尿で細菌を体から出す様にします。 <予防> 膀胱炎の予防ポイント「菌を入れない・増やさない、抵抗力を落とさない」が、そのまま腎盂腎炎の予防となります。 ・排便後のふき取りは、前から後ろに拭く。 ・セックス前は、シャワーを浴びて清潔にし(自身だけでなく相手もです)、セックス後は、排尿する事。 但し、トイレに行くのを我慢してしまうと、細菌が繁殖してしまうので、なるだけ我慢せずに行く事。 尿意がなくても、3〜4時間毎にトイレに行くようにする。 もし、冷え性であれば、下半身を冷やさない様にしましょう。 冷え性だと膀胱炎になるリスクが高いと云われています。

次の

腎臓の病気:腎盂腎炎

急性 腎盂 腎炎

sponsored link 急性腎盂腎炎の発症原因、症状は? 原因として挙げられるのは・・・ ・膀胱炎の慢性化による細菌感染。 ・他の臓器にあった細菌が、血液を通じて流れてきて感染する血液性感染。 ・大腸菌などがリンパ管を通って感染する、リンパ行性感染。 この3通りが主な発症原因です。 また、膀胱炎が起こっている時に疲労やストレスが重なると、急性腎盂腎炎を引き起こしやすくなるようです。 注意が必要ですね。 代表的な症状は? 風邪のような症状が現れることが多く、寒気や身体の震え、さらには高熱に見舞われることもあります。 また、膀胱炎と似たような症状も見られ、残尿感や血の混じった尿が出る場合もあるようです。 腰や背中に痛みが出ることもあるのが、この急性腎盂腎炎の特徴です。 また、治療法も抗生剤や点滴によるものが主流で、手術の必要もありません。 症状自体も、適切な治療を施せば1週間程度で 完治する場合がほとんどです。 しかし、この急性腎盂腎炎は再発の可能性があります。 その為、1度治ったからといって楽観視せずに、日頃から気をつけて生活する必要があります。 再発を繰り返してしまうことで、 慢性腎盂腎炎へと進行してしまうことにもなります。 慢性腎盂腎炎になると、どうなっちゃうの? 症状は急性腎盂腎炎と似ているんですが、進行した結果「高血圧」や「腎不全」を引きこします。 こうなってしまうと、症状が重い場合は手術や透析治療の必要性が出てきます。 そうならないように、ストレスをためない生活を常にしていく必要がありますね。 いかがでしたか? 急性腎盂腎炎は急性なので、まだ治る余地がありますが、 慢性化してしまうと治療も大変になってしまいます。 初期の膀胱炎の時から、それ以上悪化しないように早めに医療機関を受診することが大事なようですね。 24時間以内で人気の記事!• カテゴリー• 121• 最近の投稿•

次の