筋肉 は 全て を 解決 し て くれる。 筋肉は本当に全てを解決するのか?

筋肉は本当に全てを解決するのか?

筋肉 は 全て を 解決 し て くれる

シリーズ5作目ともなると話の展開が退屈になりがちですが、『ワイルド・スピード MEGA MAX』はその常識を打ち破ってさらなる進化をみせてくれます。 いまやシリーズのテーマともなったファミリーが初めて描かれることとなる作品でもあり、ファンの間でも人気が高い映画です。 アクション面でも車を使ったカースタントは健在で、車ごと川へダイブしたりと迫力のあるシーンが満載。 さらに今作から加わったドウェイン・ジョンソン演じるホブス捜査官もヴィン・ディーゼル演じるドミニクと激しい肉弾戦を繰り広げるなど、存在感のある演技をみせてくれます。 主演はヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー。 実験は成功し、強靭な身体を得たスティーブ・ロジャースは数々の軍の作戦に参加してやがて「キャプテン・アメリカ」と呼ばれるようになる。 スーパーヒーローチームとして有名な「アベンジャーズ」のリーダーであるキャプテン・アメリカの誕生を描く本作。 もともとは貧弱な身体を持つ設定のスティーブを表現するため、CGを使ってわざと役者の身体を小さく見せている点に注目です。 主演はクリス・エヴァンス。 『ターザン:REBORN』英国紳士となったターザンが再び野生に戻るアクション映画 ジャングルで動物たちに育てられたターザン。 美しい女性ジェーンとの出会いによって2人は結婚し、現在はイギリスで貴族として暮らしていた。 ある日、妻ジェーンとともに外交のため故郷のジャングルへと戻るが、ジャングルは侵略されてジェーンは拐われてしまう。 愛する者を救うためターザンは再び野生の世界へと戻る決断をする。 一般的に知られているターザンのストーリーのその後を描く本作。 ジャングルから離れたターザンが英国紳士として政府の要人として活躍している設定は 驚き。 また、主演のジョン・クレイトンがターザン役をこなすため鍛え上げた肉体も素晴らしいの一言。 主演はジョン・クレイトン。 『ランペイジ 巨獣大乱闘 』巨大化する動物たちが大暴れするアクション映画 宇宙ステーションでおこなわれていた遺伝子実験が失敗し、動物を巨大化させる薬品が地上へと落下してしまう。 霊長類学者デイビスはシルバーバックのゴリラ、ジョージを幼いころから世話しており、親友と呼べる関係となっていた。 しかし、ジョージが巨大化する薬品を浴びて、街で大暴れするようになってしまう。 親友を救うため行動するデイビスであったが、薬品を浴びていたのはジョージだけではなかった… 1986年にアメリカでリリースされたミッドウェイゲームズのアーケードゲーム「ランペイジ」を原作とした本作。 アクション俳優として活躍するドウェイン・ジョンソンが巨大化する動物たちを相手に立ち向かう。 主演はドウェイン・ジョンソン。

次の

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋肉 は 全て を 解決 し て くれる

筋肉、筋肉イェイ。 素晴らしきは筋肉、好きな漫画は『ベルセルク』サークル内でもパワー型寄りのフチヤモリがお送りします。 ただのオタクに成り下がるな。 身体を鍛えよう! 『筋肉は全てを解決する』よく目にするワードですね。 ヤモリも近年筋肉の重要性に気付き、日常的に軽度の自重トレーニングを行っています。 筋トレを行う事で、ストレスの解消やらアンチエイジングやら様々な恩恵を得られますが、何より筆者ヤモリが推したいトレーニングを行う理由は、 『筋肉が付く事によって得られる自信』です。 筋肥大や自身の負荷許容限界が上がる事や、 ムカつく上司に「ご理解」いただくことが出来る思考がポジティブになることで、実際にこれまでサークルからのパワハラを乗り越えて来ました。 筋肉を身につけることによってひっくり返せるシチュエーション こんな時に筋肉があれば……!そんなシチュエーションを実例を交えてご紹介したいと思います。 「イベント帰り、両手にはたくさんの戦利品、ダンボールまで用意したけど、宅配待ちの列が最大手……」 ありますあります。 イベント開催期間中は謎の力によってオタクたちは自身の限界を超えた体力を発揮します。 しかしそれはあくまでイベント期間中のみの話であって、帰り道、現実へと向かうことを脳が認識した途端に、少し前まで身体に満ちていた力は簡単に途切れ、その場に膝をついて しまう事も多々あるかと思われます。 それを見越して、イベント会場から直接自宅へと戦利品を出荷していた経験がヤモリには何度もありました。 しかし、イベント終了後、宅配待機列はサークル参加者、一般参加者入り乱れもう大変です。 でも筋肉があれば大丈夫! 地力さえ上げてしまえばそれだけ余裕が出来ることになります。 重たい戦利品も苦にならず、これもまたトレーニングだね。 と前向きな思考にもなれて最高に最高です! 「不幸にも事故に巻き込まれてしまう。 これはもう助かりませんね……」 どれだけ自分で注意していても、自分に一切非が無くても、事故と言うものは発生するものです。 こればっかりはどうしようもないものだ……。 と諦めるのではなく、身体を鍛える事で、僅かだった生存確率が膨れあがるものです。 実例を挙げると、サークルメンバーのSNさんが過去に交差点で危険運転の原付に突っ込まれた際、無事に弾き返した実績があります。 やっぱり筋肉だったんですかねえ……。 「オフィスの空気が不快……」 最重要案件です。 普段我々が気持ちよく労働に勤しむたの重要なファクターです。 「今日は平和な一日だ」なんて思って作業をしていると、そんな時に限って暇で嫌味な上司がやってくるものです。 こんなやつ、筋肉で解決出来るのに……。 そう思いがちですが、 筋肉は抑止力であって、無闇に振りかざして良いものではありません。 筋肉と理性、両立してこそ真の筋肉となるのです。 こちらも実例から上げましょう。 業務提携中のKBDSさんが、文句のアウトプットしかしない上司に「ご理解」していただく為に、デスクの上に50gのハンドグリップを置き、また、潰したスチール缶をデスクに散らしておく事で、普段よりも早く上司に「ご理解」をしていただけて、オフィス内の空気が良くなったそうです。 「次はお前がこうなる番だ」ですね。 筋肉はなんて素晴らしいんでしょう!! 始めよう、トレーニング! 10数名のサークルメンバーと業務提携サークルだけで、3件の筋肉で解決した案件が上がって来ました。 内2つは簡単なトレーニングで得られる筋肉で十分再現可能な事例ですね。 ヤモリがトレーニングを勧めると、大概この回答が帰って来ます。 「疲れるからいやだ」「場所がない」と。 「疲れるから嫌だ」確かにヤモリも疲れるのは嫌です。 ですが、早々に疲れるような体力でいる内には、いずれ何もする事が出来なくなってしまいます。 ヤモリも、最初は腕立て伏せもろくに出来ないモヤシでしたが、継続すること、目標を立てること、諦めないこと、自分を変えたい想いで現在のパワー思考オタクへと進化する事が出来ました。 これもまたアイカツです 「場所がない」本当にそうでしょうか。 神乃木邸のように足の踏み場の少ない環境ならば口を閉じざるを得ませんが、自身が横になれる幅さえあれば、腕立て伏せや上体起こしが可能なのではないでしょうか。 寝転がって、足を上げる習慣を付けるだけでも、少しずつ身体は変わっていくものです。 ありがたい事に、現代の通販の利用のしやすさ、真偽の程はともかくとして、今この記事を見ているであろう手元の端末や、PCから等、いくらでも情報を探す事が可能です。 安価で提供されているトレーニング器具や、その器具の正しい使い方等、ボタン1つで購入から検索が出来ますね。 筋トレは簡単に始められます。 必要なのは「始めよう」「続けよう」これだけだとヤモリは思っています。

次の

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋肉 は 全て を 解決 し て くれる

筋トレ系自己啓発書の最高峰である本書は13万部を突破するベストセラー。 筆者は全ての人にこう問いかけます。 「なぜ君は筋トレをしていないのか?」と。 今現在筋トレをしていない人、もちろん筋トレをしている人にも騙されたと思って読んでほしい一冊です。 自分が嫌い、疲れやすい、太り始めた、モテない、気分が病み気味... などなど。 科学的に見てもこれは本当なのです。 Twitterフォロワー95万人越えのマッチョ社長と、現役のスポーツ科学者がタッグを組み、「筋トレ=最強のソリューションである」ということが最新の科学的エビデンスを用いて実証されています。 などなど「筋トレが最強のソリューションである」数々のエビデンスが紹介されています。 忘れていた筋トレの大切さを 筋トレソリューションに出会ったのはだいぶ昔になります。 でもこの1年ほど、私は仕事で心身ともに疲弊しており、ジムに行く暇もなく家でダウンしてました。 行かないならジムを解約しないとお金がもったいないのに、でも体を動かすことは大事だとわかっていたので、解約ではなく本当はジムに行くべきだと、その葛藤でまたストレスになるという悪循環でした。 そんな時、買っていなかった新刊が半額だったこともあり、すぐこの本を購入しました。 読み始めると、昔と変わらない相変わらずの筋肉宗教。 面白く、ひたすらに筋トレを推奨し、筋トレを信じさせてくれる。 家で倒れているのではなくて、体を動かせばいいんだと、筋トレが大半の問題を解決してくれると、力強い言葉で奮い立たせてくれました。 私は半分も読み終えずにすぐに体を起こすと、1年ぶりにジムに行きました。 ジムでトレーナーと久々に来たという会話をして、入れ替わっていた最新機器で鈍った体を動かして。 心拍数が向上して、汗をかくだけで、闘争心や気持ちが高まるのがよく分かります。 単に体力が落ちていただけなんだと、浴場で体を洗いながら素直に思いました。 気持ちが落ち込んでも、体力が落ちてなければどうにかなる。 体力ないと本当にどうしようもない。 「筋トレが世の中の問題のほとんどを解決してくれる」その言葉をもう一度信じて、これからを生きたいと思います。 一般人には筋肉信仰はほどほどで十分です 分量的にはとてもあっさりしたもので、言ってみれば読み物としては物足りない。 でもまあ、この本の真価はひとえに、読んだ後筋トレしたくなるかどうかにかかっている。 したくならない人には価値は低いし、したくなる人には価値は高い。 いわゆるボディビルダーのようなレベルは筋肉が目的でもあるだろうが、手段としての話で、筋トレあるいは一定以上の筋肉を備えているということが人生においていかに有用なのかを教えてくれる。 例えば、勉強ができることで人生や生活がどう豊かになるかは説明が難しくても、筋肉をつけることで生活のどんなことが良くなるかは説明がしやすいように思える。 誰でもすぐできて効果が目にも数字にも見える。 外見だけでなく内面、自らの自身にもつながる筋トレ。 その価値はきっと、私たちが想像できるよりももっと高いのかもしれない。

次の