アニポ リニューアル。 映画『聲の形』公式サイト

アニメ動画YouTube無料まとめ【アニ動】

アニポ リニューアル

原作を読んだ時に、すごく心をかき乱されました。 人間というのは人のことを完全に理解したと思っていても、全然わかっていなかったりする。 「聲の形」は普遍的なテーマを描いていて、誰にも思い当たる部分を突き付けてくる。 自分が変えられてしまう怖さを感じる作品でした。 高校生という同じ目線で観させていただきましたが、友達や周りへの繊細な感情にとても共感できました。 臆病になったり逃げようとしたり、きっと同じことを思っている高校生は多いんじゃないかなって。 だからこそ、作品を観ていて胸が苦しくなって、涙が止まらなかったです。 でも、その涙が凄くあたたかいものに感じて、清らかになっていく心がとても心地よかったです。 同世代の方に沢山広めたい!観てほしい!と思うようなとても素敵な作品でした。 いろんな気持ちが湧き出てくる映画です。 原作が大好きで何度も読み直したこの作品が綺麗な映像と素敵なお芝居で生きていると思うと幸せです。 生まれてきてくれてありがとう!• ボクがずっと考え続けている『友達の定義』、 この映画を観て少し解った気がしました。 劇場を出た後は、周りの人達にきっと素直になれると思います。 高校生の、憎らしいほどに裏腹に揺れ動く自意識をこれほど繊細に描き、そのうえで「そのすべてを愛したい」と願う映画は他にあるのだろうか。 山田尚子監督の、そんな無防備なほどの愛情はあまりに稀有で、存在そのものが感動的だと僕は思う。 そして、aikoの「声」。 その声は、監督の愛に形を与える無二の代弁者であり、エンドロールの余韻までをメッセージにしてしまう素晴らしいものだった。 「聲の形」の原作は、雑誌の読み切りが話題になっているのを知り、すぐに買いに行ったんです。 絵が綺麗なのにずしっとくる、こんな漫画があるんだ!と思ったのを覚えています。 単行本も発売を待ちワクワクして読んでいたので、そのキャラクターたちが動いて喋っていることに本当に感動しました。 「聲の形」の登場人物は濃いキャラクターなのに、なぜか「いるよなぁ」って思う人ばかりなんです。 誰もが共感して感情移入出来る。 でも心のどこかにトゲが刺さる。 そんな作品だと思います。 原作を読んだことがない方もある方も、たくさんの色がついたこの世界にぜひ浸ってみて頂きたいと思います。 ほのぼのとした可愛らしい絵、子供の世界でありながら 人間の本性がリアルに描かれていて胸を締め付けられました。

次の

【アニポ】全アニメ一覧(無料動画まとめ)【50音順】

アニポ リニューアル

新連載! そうだ、売国しよう〜天才王子の赤字国家再生術〜 予想外だらけの弱小国家運営譚!! 性別「モナリザ」の君へ。 もし、あなたに性別がなかったら? 本格ダークファンタジー、開幕! 装備枠ゼロの最強剣士 でも、呪いの装備 可愛い なら9999個つけ放題 呪いのチート装備で世界最強! 英雄教室 最強だって青春したい!! 英雄過ぎる少年の学園ライフ!! 最新単行本好評発売中! エルフと狩猟士のアイテム工房 年上幼女と純朴ハンター。 たった二人の工房暮らし。 兄の嫁と暮らしています。 この世界はきっと、悪い事ばかりじゃない。 通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー ヤンキーの皮かぶった優しさの権化• 氷属性男子とクールな同僚女子 クールな二人のピュア過ぎラブコメ• おじさまと猫 猫とおじさまの、心温まる日々• ダストボックス2. 5 注意!! 私のおっとり旦那 正反対夫婦のほっこりエッセイ! 砂漠の町へと舞い降りた『美の神』の思惑とは!? ガンガンGA• 新刊フェア情報 7月発売タイトルのフェア情報公開! わたしの幸せな結婚 第二巻 小冊子付き特装版•

次の

【アニポ】動画リニューアル

アニポ リニューアル

原作を読んだ時に、すごく心をかき乱されました。 人間というのは人のことを完全に理解したと思っていても、全然わかっていなかったりする。 「聲の形」は普遍的なテーマを描いていて、誰にも思い当たる部分を突き付けてくる。 自分が変えられてしまう怖さを感じる作品でした。 高校生という同じ目線で観させていただきましたが、友達や周りへの繊細な感情にとても共感できました。 臆病になったり逃げようとしたり、きっと同じことを思っている高校生は多いんじゃないかなって。 だからこそ、作品を観ていて胸が苦しくなって、涙が止まらなかったです。 でも、その涙が凄くあたたかいものに感じて、清らかになっていく心がとても心地よかったです。 同世代の方に沢山広めたい!観てほしい!と思うようなとても素敵な作品でした。 いろんな気持ちが湧き出てくる映画です。 原作が大好きで何度も読み直したこの作品が綺麗な映像と素敵なお芝居で生きていると思うと幸せです。 生まれてきてくれてありがとう!• ボクがずっと考え続けている『友達の定義』、 この映画を観て少し解った気がしました。 劇場を出た後は、周りの人達にきっと素直になれると思います。 高校生の、憎らしいほどに裏腹に揺れ動く自意識をこれほど繊細に描き、そのうえで「そのすべてを愛したい」と願う映画は他にあるのだろうか。 山田尚子監督の、そんな無防備なほどの愛情はあまりに稀有で、存在そのものが感動的だと僕は思う。 そして、aikoの「声」。 その声は、監督の愛に形を与える無二の代弁者であり、エンドロールの余韻までをメッセージにしてしまう素晴らしいものだった。 「聲の形」の原作は、雑誌の読み切りが話題になっているのを知り、すぐに買いに行ったんです。 絵が綺麗なのにずしっとくる、こんな漫画があるんだ!と思ったのを覚えています。 単行本も発売を待ちワクワクして読んでいたので、そのキャラクターたちが動いて喋っていることに本当に感動しました。 「聲の形」の登場人物は濃いキャラクターなのに、なぜか「いるよなぁ」って思う人ばかりなんです。 誰もが共感して感情移入出来る。 でも心のどこかにトゲが刺さる。 そんな作品だと思います。 原作を読んだことがない方もある方も、たくさんの色がついたこの世界にぜひ浸ってみて頂きたいと思います。 ほのぼのとした可愛らしい絵、子供の世界でありながら 人間の本性がリアルに描かれていて胸を締め付けられました。

次の